大型自動車とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > > 自動車 > 大型自動車の意味・解説 

おお がたじどうしゃ おほ- [6] 【大型自動車】


大型自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/01 14:15 UTC 版)

大型自動車(おおがたじどうしゃ)とは、日本における自動車の区分のひとつで、車両総重量11,000kg以上、最大積載量6,500kg以上、または乗車定員30人以上の、四輪以上の車輛を指す。




  1. ^ 1933年11月1日から小型免許が存在している。(1948年に小型自動車(第一種)、1949年に小型自動四輪車免許に名称変更。
  2. ^ 道路交通取締法施行令附則2項の1(1956年7月31日政令255号)ただし、この時点で満21歳未満の者は大型免許に免許区分が変更され、21歳になった時点で大型二種免許に変更された。
  3. ^ 乗車定員30名以上、車両総重量8,000kg以上、最大積載量5,000kg以上で特殊自動車、自動三輪車、自動二輪車、軽自動車以外の自動車(道路交通法施行規則第2条(1960年12月20日施行))
  4. ^ ただし、自衛官に限り特例で19歳以上で普通自動車の運転経験がなくとも受験可能とされた。この場合、当該自衛官は一定の年数を経るまでは自衛隊用でない一般の大型自動車は運転できない。
  5. ^ 自衛官のみ特例で19歳以上である。これは、自衛隊で使用されている73式大型トラック法改正後は本来中型免許の範囲となるところ、部隊運用の関係上[疑問点]特例により自衛隊自動車訓練所で教習する場合に限り改正後も大型免許として取得するためである。この場合、免許の条件欄に「大型車は自衛隊用自動車に限る」と記載され、民間の大型自動車に乗るためには自衛隊車両の限定解除を公安委員会で受ける必要がある。
  6. ^ 特定大型車の運転資格が満たせない場合、(新)大型自動車は運転できずに中型自動車までとなる。
  7. ^ 公道試験が導入されたのは平成13年4月受講開始者以降であり、平成13年3月末受講開始者は構内のみの試験で2種を含む大型免許を取得できた
  8. ^ トレーラーが「重被牽引車」(車両総重量が750kgを超えるもの)である場合。
  9. ^ 基本的な料金車種区分表 ドラぷら(東日本高速道路が運営)


「大型自動車」の続きの解説一覧



大型自動車と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大型自動車」の関連用語

大型自動車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大型自動車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大型自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS