軽自動車とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > > 自動車 > 軽自動車の意味・解説 

けい‐じどうしゃ【軽自動車】

読み方:けいじどうしゃ

長さ3.4メートル以下、幅1.48メートル以下、高さ2.0メートル以下、総排気量660cc以下の自動車軽トラック軽乗用車・オートバイ・スクーターなど。


軽自動車

英語 K-car

道路運送車両法上、自動車には普通自動車小型自動車、軽自動車、大型特殊自動車および小型特殊自動車種別がある。軽自動車とは長さ3.4m以下、幅1.48m以下、高さ2m以下で総排気量660cc以下の3、4自動車をいう。また、2輪車の場合は長さ2.5m以下、幅1.3m以下、高さ2m以下で総排気量125ccを超え250cc以下をいう。軽自動車は当初長さ3m、幅1.3m以下、総排気量360cc以下でスタートしたが、1976年に、長さ3.2m、総排気量550cc以下に98年長さ3.3m以下、幅1.4m以下と、3次にわたって規格拡大が行われ、現在は4代目規格になる。4代目99年拡大軽がその年販売台数で、史上最高記録した検査(車検)なし、車庫証明なし、税金は安いと、多くの特恵を受けていた軽自動車も1972年車検実施され車庫証明91年から東京特別区大阪市適用開始96年全国127市、99年人口20万人以上の33都市20万人未満県庁所在地5市を追加2001年には人口10万人以上の市にも拡大された。軽自動車は、高年者女性ユーザー多く、とくに女性就労者公共交通機関のない地域での交通手段として重宝されている。

参照 軽自動車税
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

軽自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/02 04:03 UTC 版)

軽自動車(けいじどうしゃ)は、現行の道路運送車両法からすれば、日本自動車の分類の中で最も小さい規格に当てはまる、排気量660 cc以下の三輪、四輪自動車のこと。125 cc超250 cc以下(側車付きの場合は、50 ccを超え250 cc以下)の二輪車も指す。自動車は軽三輪軽四輪、二輪車は軽二輪ともいう。一般的には単にと呼ばれる事が多い。


  1. ^ 定格出力および最高出力については2012年現在定められていない。参考として三菱・i-MiEV電動機定格出力は25 kWである。また日本メーカーの軽自動車の最高出力は64psであるが、これは業界における自主規制で、ケーターハム160は80 HPで発売されている
  2. ^ 各地の自動車検査登録事務所で登録を行う自動車
  3. ^ 輸入された当初のモデルは全幅が1,515 mmあったため、「排気量1.0リッターの小型車」扱いで登録されていたが、2001年になって軽自動車で登録可能な「スマートK」も発売された。
  4. ^ 開発陣は車両本体価格35万円以下を目指したが、発売当初は42万5000円だった。それでも当時の"本格的乗用車"としては破格の廉価だった
  5. ^ 実際、いわゆるスモールミニバン、およびトールワゴン、一部の3ナンバーボディを除くフルBセグメント以下の国産小型車(ハッチバックセダンステーションワゴン)で衝突被害軽減ブレーキの標準装備、およびメーカーオプションでの設定があるのはパッソブーンノートデミオフィットシャトルグレイスヴィッツカローラアクシオカローラフィールダーアクアスイフトしかなく軽自動車よりも選択肢が限られる(2017年4月現在)
  6. ^ 国内が360 cc規格の時代には450 ccや600 ccも見られたが、この頃の仕向地は日本よりも所得水準の高い欧米であった
  7. ^ 2代目ダイハツ・オプティ。2002年販売終了。
  8. ^ 2015年現在新車として発売されている現行モデルにおいてはごく一部に限り1000kg以上ある重量のモデル(2015年現在における一例:ダイハツ・ウェイクの2WD車の最廉価グレードを除く全グレード、およびホンダ・バモスの全グレード)があるが、これは1990年代後半 - 2000年代前半までの1,300〜1,500ccクラスの大衆向け小型4ドアセダンとほぼ同じ重量に相当する数値である
  9. ^ 「KC」グレード(5MT車のみの設定であり、エアコンやパワーステアリングは非搭載)の場合。
  10. ^ 2021年2月現在新車として販売されている軽自動車の例:ホンダ・N-BOXホンダ・N-VANダイハツ・タントダイハツ・ウェイク(OEMのトヨタ・ピクシスメガを含む)、ダイハツ・アトレーワゴンダイハツ・ハイゼットキャディースズキ・ジムニースズキ・エブリイワゴン(OEMのマツダ・スクラムワゴン日産・NV100クリッパーリオ三菱・タウンボックスを含む)、日産・ルークス三菱・eKスペース三菱・eKクロス スペース三菱・ミニキャブ・ミーブ
  11. ^ 近年、ホンダ・フィットアリア日産・マーチ日産・ラティオ三菱・ミラージュトヨタ・タウンエース/ライトエーススズキ・バレーノ(部品レベルになると一部のトヨタ・AZ型エンジンスズキ・K型エンジンなどもある)などのように安価な世界戦略車タイインドネシアインドなどの新興国で生産されているケースがある
  12. ^ アメリカの自動車ビッグスリーであるGMフォードクライスラーの3社からなる組織
  13. ^ 道路交通取締法が施行されていた1960年12月19日までは小型自動四輪車免許も16歳以上で取得可能であった(翌日から道路交通法施行に伴い小型自動四輪自動車免許は普通自動車免許に統合)
  14. ^ 継続生産車は1971年1月1日から
  15. ^ 48年規制は軽自動車は2ストロークと4ストロークの区分のみが存在し、乗用と貨物の分類はなかった
  16. ^ この項に限定した場合、規制が発動する1973年4月以前に製造された車両全般を指す
  17. ^ NOxは1973年4月以前比で約71%
  18. ^ COHCの排出量を1970年式比で少なくとも1/10以下とするというもの
  19. ^ 識別記号はA(軽乗用車)またはH(軽貨物車)
  20. ^ 翌年登場の550ccは4ストロークに移行し、1981年まで継続生産された360ccの旧規格免許対応車のみ2ストロークを継続
  21. ^ 識別記号はB(4ストローク軽乗用車の内、NOx排出量が10モード法で0.84g/km以下のもの)またはC(4ストローク軽乗用車の内、排出量がB以上のもの)
  22. ^ 正確には、1977年9月30日までに製造される2ストローク軽乗用車に対して適用される暫定値昭和50年暫定規制)である
  23. ^ ZM型2ストロークエンジンを搭載した最後の車種でもあった
  24. ^ 識別記号はE
  25. ^ 識別記号はJ
  26. ^ 識別記号はM
  27. ^ 識別記号はV
  28. ^ 元はミニキャブバン
  29. ^ 元はタウンボックス
  30. ^ 元はミニキャブトラック
  31. ^ 初代はスズキ・パレットのOEM車種
  32. ^ 2018年4月のマイナーチェンジ(実質的に仕様変更扱い)で全長が85 mm延長された(3,395 mm→3,480 mm)ことにより登録車(小型自動車)扱いに変更された
  33. ^ ただし、初代モデルの場合、オーバーライダーが装着されたモデルは登録車(小型普通車)扱いとなっていた
  34. ^ 国土交通省のWebページ上では電気バスなどを含めて「環境対応車(超小型モビリティをはじめとする電気自動車など)」と呼んでおり、公式に「超小型車」と呼んでいるわけではない。
  35. ^ 同社の2011年当時の正式な社名富士重工業だった。
  36. ^ 排気量125cc以下の第二種原動機付自転車の電動機定格出力が1kW以下であることから緩和されている。



軽自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/08 05:45 UTC 版)

セミキャブオーバー」の記事における「軽自動車」の解説

スズキ・エブリイワゴン/エブリイキャリイFCシリーズを除く10代目のみ) マツダ・スクラム/スクラムワゴン/スクラムトラック(バン/ワゴンスズキ・エブリイ/エブリイワゴンOEMトラック3代目のみで11代目スズキ・キャリイOEMダイハツ・アトレー/ハイゼットカーゴ スバル・ディアスワゴン/サンバーバン(7代目以降)(ダイハツ・アトレー/ハイゼットカーゴOEMトヨタ・ピクシスバンダイハツ・ハイゼットカーゴOEM三菱・タウンボックス/ミニキャブミニキャブの場合はMiEVを含む6代目、および7代目バンガソリン車のみ) 日産・NV100クリッパー/NV100クリッパーリオ/NT100クリッパートラック(初代のみ三菱・ミニキャブOEM2代目以降よりスズキ・エブリィOEM。ただし旧クリッパートラック時代を含むNT100クリッパー初代のみ)

※この「軽自動車」の解説は、「セミキャブオーバー」の解説の一部です。
「軽自動車」を含む「セミキャブオーバー」の記事については、「セミキャブオーバー」の概要を参照ください。


軽自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/14 14:54 UTC 版)

日本の発明・発見の一覧」の記事における「軽自動車」の解説

乗用車バンピックアップトラックなどを含む小型自動車カテゴリー1949年規格成立地方税保険料低くなるために設計されており、地方では、車両十分な駐車場所有証明要件免除されている。

※この「軽自動車」の解説は、「日本の発明・発見の一覧」の解説の一部です。
「軽自動車」を含む「日本の発明・発見の一覧」の記事については、「日本の発明・発見の一覧」の概要を参照ください。


軽自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 00:00 UTC 版)

トヨタレンタリース」の記事における「軽自動車」の解説

予約不可で、利用当日店舗赴く形となる。

※この「軽自動車」の解説は、「トヨタレンタリース」の解説の一部です。
「軽自動車」を含む「トヨタレンタリース」の記事については、「トヨタレンタリース」の概要を参照ください。


軽自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 14:17 UTC 版)

ミッドシップ」の記事における「軽自動車」の解説

詳細は「日本オートサンダル自動車」、「ホープ (企業)」、および「愛知機械工業を参照 日本国内の例では、1952年少数ながら市販もされた日本最初の軽四乗用車である、日本オートサンダル自動車フリクション変速機仕様車・オートサンダルFS型が最初の例である。運転席後方後車軸の前方空冷単気筒エンジン搭載しており、当時はリアエンジン」の範疇として捉えられいたものの、構造的にミッドシップである。変速機構造の特殊性によりこのようなレイアウトになったとみられ、FS姉妹車である手動変速機タイプFN型は完全なリアエンジン式である。 その後の軽自動車では、ホープ自動車愛知機械工業一連の貨物車愛知機械工業#かつての車種などを参照)、本田技研工業ホンダ・TN360初代バモスがある。その後モデルとしては、軽トラックではTN360後継として位置づけられるアクティスズキ・エブリイ3代目などが挙げられる1998年平成10年)に発売軽乗用車ホンダ・Z2代目)は、前述のアクティエンジン等を流用する形でミッドシップ化している四輪駆動)。2006年発売軽乗用車三菱・i四輪駆動)は、リアシートラゲッジ下にエンジン配置し、リアミッドシップと称している(後車軸よりもクランク軸若干前にある)。 2021年現在S660やアクティシリーズの生産終了公式発表されたことにより、2022年3月をもって軽自動車のミッドシップ車は姿を消す見込みとなっている。

※この「軽自動車」の解説は、「ミッドシップ」の解説の一部です。
「軽自動車」を含む「ミッドシップ」の記事については、「ミッドシップ」の概要を参照ください。


軽自動車(検査対象)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 13:47 UTC 版)

日本のナンバープレート」の記事における「軽自動車(検査対象)」の解説

上1桁が「4」と「6」 - 貨物 47480 - 482ひらがなが「ら」と「る」は字光式に使われる483 - 499680 - 699希望番号使われる上1桁が「5」と「7」 - 乗用 57と580 - 582ひらがなが「ら」と「る」は字光式に使われる。583 - 599780 - 799は希望番号使われる一部管区人気の高い一部一連番号で、「5」が埋まり「7」発行されている。 上1桁が「8」 - 特種用途自動車 87880 - 882ひらがなが「ら」と「る」は字光式に使われる。883 - 899希望番号使われる分類番号3のものは、抽せん必要な車両番号除かれる1974年12月31日までに登録された軽自動車には小板ナンバープレート用いられ分類番号次の通りである。 「3」「33」 - 三輪 「6」「66」 - 四輪貨物 「8」「88」 - 四輪乗用 「0」00」 - 四輪特種用途

※この「軽自動車(検査対象)」の解説は、「日本のナンバープレート」の解説の一部です。
「軽自動車(検査対象)」を含む「日本のナンバープレート」の記事については、「日本のナンバープレート」の概要を参照ください。


軽自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 13:47 UTC 版)

日本のナンバープレート」の記事における「軽自動車」の解説

軽自動車については、自家用の「・・・1」「・・・7」「・・・8」「・・88」「・333」「・555」「・777」「・888」「11-11」「33-33」「55-55」「77-77」「88-88」は抽選指定番号とされ、毎週行われる抽選で当せんした者のみに払い出される。当せんするのは週1組のみで、前述した特定地域のみ抽選になっている番号抽選は、軽自動車では不要である。また登録車同じく抽選対象番号一般払い出しと同じ分類番号から始まるため、偶然取得することができない。つまり、一般払い出し最初の番号は「・・・2」で、一般払い出し車両番号数は9,786通りとなる。 2014年6月16日以降登録車と同様すべての地名に対し20-20」が抽選番号追加された。2017年2月13日以降すべての地名に対し「20-19」抽選番号追加された。 登録車同様、一部車両番号で払底する恐れ出たため、全国一律の抽選指定番号に加え特定の地域名表示限った抽せん指定番号として払い出される車両番号が以下のように変更された。 開始日地番号出典2008年5月15日払い出し開始2008年5月7日受付開始2008年5月5日ネット申し込み開始和泉・京都・奈良・岡山 ・・・3 和泉・京都・岡山 ・・・5 和泉111 岡山123 熊谷 11-22 熊谷 25-25 和泉 80-08 2009年5月14日払い出し開始2009年5月7日受付開始2009年5月4日ネット申し込み開始岐阜滋賀 ・・・3 岡山 ・・33 京都111 岡山 10-01 岡山 11-22 大宮・所沢 25-25 富士山 37-76 滋賀京都 80-08 2011年5月19日払い出し開始2011年5月9日受付開始2011年5月9日ネット申し込み開始岡山 ・・・2 岐阜 ・・・5 京都岡山 ・・11 京都和泉 10-00 和泉広島 10-01 姫路 25-25 岡山 80-08 2014年6月16日払い出し開始2014年6月9日受付開始滋賀 ・・・5 京都 ・・77 神戸 25-25 姫路 80-08 2016年6月13日抽選開始滋賀 ・・11 岐阜滋賀京都岡山 25-25 神戸 80-08 2017年7月31日抽選開始奈良 ・・・5 札幌水戸宇都宮奈良 25-25 岐阜 80-08

※この「軽自動車」の解説は、「日本のナンバープレート」の解説の一部です。
「軽自動車」を含む「日本のナンバープレート」の記事については、「日本のナンバープレート」の概要を参照ください。


軽自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:22 UTC 版)

スズキの車種一覧」の記事における「軽自動車」の解説

外観車種初登場販売終了備考スズライト スズライト 1955年 1968年 同社初め生産した市販型4輪自動車である。2008年に「その後の軽自動車のあり方示唆歴史に残る名車」と評価され日本自動車殿堂歴史車に選ばれたフロンテ スズライト・フロンテ 1962年 1967年 フロンテシリーズスズライトバンTL型1959年9月登場)の乗用車版『スズライト・フロンテ』として登場フロンテセダンフロンテセダン1967年 1989年 フロンテシリーズ フロンテバン フロンテバン 1969年 1973年 フロンテシリーズ フロンテクーペ フロンテクーペ 1971年 1976年 フロンテシリーズ フロンテハッチ フロンテハッチ(FR1973年 1979年 フロンテシリーズ フロンテ7-S フロンテ7-S 1973年 1979年 フロンテシリーズ セルボ/セルボモード セルボ/セルボモード 1977年 2011年 車名イタリア語牡鹿を指す「Cervo」(チェルヴォ)に由来する系譜上はフロンテクーペ始祖とする、パーソナル・ユーズをコンセプトとした2ドアの軽スペシャルティカーである。 4代目と5代目の間生産停止時期あり。 マイティボーイ マイティボーイ 1983年 1988年 2代目セルボベースに、Bピラーより後方のルーフ切り取りピックアップトラックにしたモデルである。 アルトハッスル アルトハッスル 1991年 1994年 カプチーノ カプチーノ 1991年 1998年 キャラ キャラ 1993年 1995年 マツダからのOEMによる車種オートザムAZ-11992年 - 1995年)と共通。 Kei Kei 1998年 2009年 Keiスペシャル Keiスペシャル Keiスポーツ Keiスポーツ Keiワークス Keiワークス MRワゴン MRワゴン 2001年 2016年 ツイン ツイン 2003年 2005年 パレット パレット/パレットSW 2008年 2013年 MRワゴンWit MRワゴンWit 2009年 2016年 アルトエコ アルトエコ 2011年 2014年 アルトターボRS アルトターボRS 2015年 2018年 アルトバン アルトバン 1979年 2021年 アルト ワークス アルト ワークス 1987年 2021年 アルトのホットハッチモデル2000年12月から2015年12月の間は販売中断

※この「軽自動車」の解説は、「スズキの車種一覧」の解説の一部です。
「軽自動車」を含む「スズキの車種一覧」の記事については、「スズキの車種一覧」の概要を参照ください。


軽自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 14:42 UTC 版)

自動車馬力規制」の記事における「軽自動車」の解説

軽自動車においては1980年代メーカー間のパワー競争激化し1987年2月発売されスズキ・アルトワークスが550ccで64馬力達成する至りそれ以降メーカー間の自主規制により64馬力上限となっている。なお、軽自動車の業界団体である全国軽自動車協会連合会公式サイトにおける「軽自動車の規格」には、「64馬力上限とする」旨の言及はない。 2014年4月1日英国ケーターハム輸入元が、スズキの軽自動車向けターボエンジン(660cc、80馬力)を搭載したセブン160」を、軽自動車として日本国内発売したそれ以前64馬力落とした車種輸入販売していた)。2019年現在輸入販売しており、64馬力上限縛られない唯一の軽自動車(国外からの輸入車唯一の軽自動車)となっている。

※この「軽自動車」の解説は、「自動車馬力規制」の解説の一部です。
「軽自動車」を含む「自動車馬力規制」の記事については、「自動車馬力規制」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「軽自動車」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

軽自動車

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 13:49 UTC 版)

名詞

 自動車 (けいじどうしゃ)

  1. 道路運送車両法において排気量660cc以下の四輪三輪自動車排気量125cc250cc以下(電動機の場合は定格出力1.00kW超)の自動二輪車
  2. 1.の内、特に全長3,400mm以下、全幅1,480mm以下、全高2,000mm以下、排気量660cc以下、定員4名以下、貨物積載量350kg以下の四輪自動車

関連語

語義1

「軽自動車」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



軽自動車と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「軽自動車」の関連用語

軽自動車のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



軽自動車のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの軽自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのセミキャブオーバー (改訂履歴)、日本の発明・発見の一覧 (改訂履歴)、トヨタレンタリース (改訂履歴)、ミッドシップ (改訂履歴)、日本のナンバープレート (改訂履歴)、スズキの車種一覧 (改訂履歴)、自動車馬力規制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの軽自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS