民主党_(日本_1998-2016)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 民主党_(日本_1998-2016)の意味・解説 

民主党 (日本 1998-2016)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/07 15:43 UTC 版)

民主党(みんしゅとう、英語: Democratic Party of Japan)は、かつて存在した日本の政党。略称は民主DPJ。国際組織の民主主義者連盟に加盟していた。




注釈

  1. ^ 党の基本理念を採択する際、前身の民主党が「中道左派」を、民政党が「保守中道」を主張した結果編み出された妥協的理念だが、実際にはしばしば中道左派寄りと評される[2]
  2. ^ しかし、党内にも保守系議員(主に自民党・旧民社党・旧自由党の流れをくむ議員)が一定数存在した。

出典

  1. ^ a b c d “1998年綱領(基本理念)” (プレスリリース), 民主党, (1998年4月27日), http://www.dpj.or.jp/about/dpj/principles_1998 
  2. ^ a b “選挙:衆院選 民主大勝 鳩山民主、欧州は期待 「中道左派」「大きな革命」伊前首相”. 毎日新聞. (2009年9月2日). オリジナル2011年9月28日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/20110928035400/mainichi.jp/select/seiji/09shuinsen/archive/news/2009/09/20090902ddm007010051000c.html 2009-11-01 閲覧。 
  3. ^ a b c d e “民主党綱領” (プレスリリース), 民主党, (2013年2月24日), http://www.dpj.or.jp/about/dpj/principles 
  4. ^ デジタル大辞泉プラス コトバンク. 2018年9月26日閲覧。
  5. ^ デジタル大辞泉 コトバンク. 2018年9月26日閲覧。
  6. ^ 結成決まった新「民主党」 選挙対応より、まず理念の一致 読売新聞・東京(朝刊) 1998年3月13日(19面)
  7. ^ 『朝日新聞』 2001年8月7日
  8. ^ NHKスペシャル「証言ドキュメント・永田町 権力の興亡」/小沢一郎著「日本改造計画」
  9. ^ 岡田克也著『政権交代』(講談社、2008年)
  10. ^ NHKスペシャル「証言ドキュメント・永田町 権力の興亡」
  11. ^ [1] MSN産経ニュース 2011年7月21日[リンク切れ]
  12. ^ 日経世論調査 日本経済新聞 2010年6月10日[リンク切れ]
  13. ^ 毎日新聞7月26日号 世論調査
  14. ^ [2] 朝日新聞 2011年6月1日[リンク切れ]
  15. ^ [3] 朝日新聞 2011年6月1日[リンク切れ]
  16. ^ [4] 産経ニュース 2011年6月2日[リンク切れ]
  17. ^ “菅首相「一定のメドがつくまで」続投を強調”. 日テレNEWS24. (2011年6月10日). http://www.news24.jp/articles/2011/06/10/04184300.html 
  18. ^ “菅首相の退陣時期、今週が山場に”. 日テレNEWS24. (2011年6月13日). http://www.news24.jp/articles/2011/06/13/04184434.html 
  19. ^ “菅首相、正式に退陣表明”. 日テレNEWS24. (2011年8月26日). http://www.news24.jp/articles/2011/08/26/04189348.html 
  20. ^ 日本経済新聞 2011年8月28日朝刊
  21. ^ 日本経済新聞 2011年8月30日朝刊
  22. ^ 新党大地・真民主は新党大地時代から引き続き与党として民主党と協力する姿勢だった。
  23. ^ 辻恵、階猛2衆院議員が離党届を撤回 提出者は50人に”. 朝日新聞 (2012年7月2日). 2012年7月4日閲覧。
  24. ^ a b c 小沢氏ら37人除名処分へ 鳩山氏は党員資格停止6カ月”. 朝日新聞 (2012年7月4日). 2012年7月4日閲覧。
  25. ^ a b 民主党:小沢元代表ら衆院37人除名、鳩山氏党員資格停止”. 毎日新聞 (2012年7月3日). 2012年7月4日閲覧。[リンク切れ]
  26. ^ a b 民主:鳩山元首相の処分半減 増税法案反対で”. 毎日新聞 (2012年7月9日). 2012年8月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月10日閲覧。
  27. ^ 反原発掲げ女性4人新会派「みどりの風」設立へ 読売新聞 2012年7月19日閲覧[リンク切れ]
  28. ^ 民主また1人離党 衆院比例の中津川氏で55人目 スポニチアネックス 2012年7月19日閲覧[リンク切れ]
  29. ^ 参院民主3氏が離党届、輿石氏「政権崩壊する 読売新聞 2012年7月19日閲覧[リンク切れ]
  30. ^ 史上最低内閣・横暴…3陣営登用ゼロ、離党も 読売新聞 2012年10月2日[リンク切れ]
  31. ^ 民主・杉本氏が離党届=単独過半数割れへあと5人 時事通信 2012年10月5日[リンク切れ]
  32. ^ 後に「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」を経て、「日本未来の党」へ合流した。
  33. ^ 民主離党者 100名超え! 産経新聞 2012年11月23日[リンク切れ]
  34. ^ 鳩山元首相が引退表明=消費増税、TPP従えぬ 時事通信 2012年11月21日[リンク切れ]
  35. ^ 2012衆議院選挙NHK選挙速報 NHK 2012年12月17日[リンク切れ]
  36. ^ 藤村氏ら6閣僚落選 現憲法下で最多 MSN産経ニュース 2012年12月17日[リンク切れ]
  37. ^ 田中文科相ら8閣僚落選、現憲法下で最多 読売新聞 2012年12月17日
  38. ^ 仙谷・平野・鉢呂・山岡氏ら、閣僚経験者も落選 読売新聞 2012年12月17日
  39. ^ 首相の敗北会見10分「同志失い、痛恨の極み」 読売新聞 2012年12月17日
  40. ^ “連合会長、民主敗因は「内部抗争」 参院選は支援へ”. 日本経済新聞. (2012年12月17日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1702X_X11C12A2PP8000/?dg=1 
  41. ^ 民主政権の1198日に幕…野田内閣が総辞職 読売新聞 2012年12月26日[リンク切れ]
  42. ^ 民主党「次の内閣」発足 命名「党再生内閣」 朝日新聞 2012年12月28日[リンク切れ]
  43. ^ 2議員の民主離党届、受理の見通しと輿石氏 読売新聞 2013年2月23日[リンク切れ]
  44. ^ 今日をもって離党…鳩山氏、東アジア外交に軸足 読売新聞 2013年2月26日[リンク切れ]
  45. ^ a b “前原氏、維新との共闘断念に不満 「戦略明確に」”. 日本経済新聞. (2013年4月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS05030_V00C13A4PP8000/ 2013年4月6日閲覧。 
  46. ^ “維新との選挙協力断念 前原氏が執行部に苦言”. テレ朝ニュース. (2013年4月6日). http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000003180.html 2013年4月6日閲覧。 
  47. ^ 「みんな敵」の結果考えろ…野党共闘をと前原氏(読売新聞 2013年4月5日19時35分配信 2013年4月6日閲覧)[リンク切れ]
  48. ^ a b 民主・海江田万里代表が落選 読売新聞 2014年12月15日
  49. ^ 民主党規約 民主党公式サイト 2014年12月25日閲覧
  50. ^ 新代表に岡田氏 決選投票で細野氏を逆転 産経新聞 2015年1月18日
  51. ^ “民主・維新が統一会派届け出 会派代表には民主の枝野幹事長”. 産経新聞. (2015年12月18日). http://www.sankei.com/politics/news/151218/plt1512180011-n1.html 
  52. ^ a b 民・維合流で合意 両代表 北海道新聞 2016年2月22日
  53. ^ “民維新党、トップは岡田氏=参院選後に代表選-合流、26日にも正式合意”. 時事通信. (2015年12月18日). http://www.jiji.com/jc/ci?g=pol&k=2016022400712&pa=f 
  54. ^ “「民主」有無で新党名2案選定 民主方針、世論調査も”. 日本経済新聞. (2016年2月25日). http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXLASFS24H3G_U6A220C1PP8000/ 
  55. ^ “民維、合流打診拡大へ 元気、無所属議員を想定”. 神奈川新聞. (2016年2月25日). http://www.kanaloco.jp/article/154851 
  56. ^ 民主と維新 新しい党名の案をあすから募集NHK 2016年3月3日
  57. ^ 新党は「民進党」…「民主」20年で幕毎日新聞 2016年3月14日
  58. ^ 民進党が27日結党 代表代行に維新・江田氏産経ニュース 2016年3月25日
  59. ^ 改革結集の4人、民進に合流=小沢鋭氏はおおさか維新へ”. 時事ドットコム (2016年3月22日). 2016年3月23日閲覧。
  60. ^ a b 「民進党」は国民の意思 民主党結党メンバー・赤松広隆氏に聞く東京新聞 2016年3月16日
  61. ^ 民主115→308、自民300→119/衆院選 日刊スポーツ(共同) 2009年8月31日[リンク切れ]
  62. ^ 新党は「民進党」…「民主」20年で幕毎日新聞 2016年3月14日
  63. ^ a b c d e f g h i j k l [ https://www.dpj.or.jp/about/dpj/policy 基本政策]
  64. ^ 党改革検討本部を開催、「綱領」「規約」「代表選挙」について議論していく方針を確認
  65. ^ 基本理念
  66. ^ 日本の財政関係資料(財務省)[5]
  67. ^ AFP2009年12月25日
  68. ^ 共同通信2011年3月29日
  69. ^ http://mainichi.jp/select/seiji/indicator/nenkin/061.html
  70. ^ http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111229-OYT1T00824.htm
  71. ^ 2013年2月12日(火) 予算委員会”. 衆議院インターネット審議中継 (2013年2月12日). 2013年2月13日閲覧。
  72. ^ H25/2/12 衆院予算委員会・後藤祐一【三本の矢を言い出したのは私です】” (2013年2月12日). 2013年2月13日閲覧。
  73. ^ a b 日本再建126 - 127ページ
  74. ^ a b 基本政策 民主党公式ホームページ
  75. ^ (日本語) 民主党の海江田代表が安倍首相を批判、「戦後秩序を戦前に戻そうとしている」―中国紙”. 新華社 (2013年8月16日). 2013年8月17日閲覧。
  76. ^ 廃止のはずの「後期高齢者」当面維持…長妻厚労相 (読売新聞)
  77. ^ 後期医療制度廃止法案、首相が提出先送り認める朝日新聞デジタル 2012年7月18日
  78. ^ “レセプト訴訟取り下げへ オンライン義務化撤回で”. 共同. (2010年2月13日). http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010021301000503.html 
  79. ^ 産経新聞 2012.3.15 22:14 [6]
  80. ^ 1998年基本政策 - 民主党
  81. ^ 1999年 政権政策委員会提言 - 民主党
  82. ^ 2003年マニフェスト - 民主党
  83. ^ 2005年マニフェスト - 民主党
  84. ^ 2009年 政策集 - 民主党
  85. ^ 2007年政策リスト - 民主党
  86. ^ 2010年マニフェスト
  87. ^ 海江田氏、2年前に遮水壁先送りを容認していた”. 読売新聞 (2013年9月18日). 2013年9月18日閲覧。
  88. ^ 自然エネ割合20%へ 首相、OECDで公約福井新聞 2011年5月26日
  89. ^ 提言「『原発ゼロ社会』を目ざして」を了承 - 民主党
  90. ^ 2012年マニフェスト - 民主党
  91. ^ 有用微生物群を活用した環境改善の取組に対する国の支援に関する請願:付託された同趣旨の請願一覧 参議院ウェブサイト. 2018年10月2日閲覧。
  92. ^ a b “新聞の社説――現在「知る権利を守れ!」 3年前「尖閣ビデオ流出は許せない!」”. ガジェット通信. (2013年11月25日). http://getnews.jp/archives/462748 2013年11月25日閲覧。 
  93. ^ “映像流出、確認急ぐ=菅首相、徹底究明を指示-政府”. 時事通信 (WSJ). (2010年11月5日). http://jp.wsj.com/layout/set/article/content/view/full/144493 2010年11月7日閲覧。 
  94. ^ “中国政府「関心の表明と憂慮の意」…尖閣映像”. 読売新聞. (2010年11月5日). http://archive.is/oWAUY 2010年11月6日閲覧。 
  95. ^ a b 秘密保護法とは、そもそも何?なぜ国会は迷走したのか”. ハフィントン・ポスト (2013年12月13日). 2013年12月27日閲覧。
  96. ^ 仙谷長官、秘密保護法に意欲 尖閣映像流出”. 琉球新報 (2010年11月9日). 2013年12月27日閲覧。
  97. ^ “「秘密法案違うよ、と国民は声を」大畠・民主幹事長”. 朝日新聞. (2013年11月30日). http://www.asahi.com/articles/TKY201311300246.html 2013年12月7日閲覧。 
  98. ^ “共産など野党、秘密保護法廃止法案を通常国会に提出へ”. 日本経済新聞. (2014年1月4日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0401I_U4A100C1PE8000/ 2014年1月5日閲覧。 
  99. ^ 【09衆院選】民主がマニフェスト原案 外国人への地方参政権付与も 産経新聞 2009年7月23日
  100. ^ 挺身隊問題対策協、日本に慰安婦問題解決要請書伝達 聯合ニュース 2009/03/06
  101. ^ 『朝日新聞』2007年3月27日夕刊
  102. ^ 【民主党解剖】第4部 新体制の行方(3)どうなる外国人参政権 MSN産経ニュース 2009年6月4日
  103. ^ 2010/07/16 09:02 朝鮮日報 韓国併合100周年:日本政府が「謝罪談話」を検討
  104. ^ 韓国併合100年、「反省とお詫び」の首相談話を閣議決定AFP 2010年8月10日
  105. ^ 園田耕司、吉村治彦 (2009年11月2日). “小沢幹事長「族議員的癒着なくす」民主、党が陳情管理”. asahi.com (朝日新聞社). http://www.asahi.com/politics/update/1102/TKY200911020311.html?ref=reca 2009年11月27日閲覧。 
  106. ^ 道路ほしいなら「民主応援を」副幹事長、陳情の知事らに 朝日新聞 2009年11月26日
  107. ^ “外国人参政権「日本滅ぼす」=都内で反対集会-国民新の亀井氏”. 時事ドットコム(時事通信社. (2010年4月17日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010041700274 2010年4月18日閲覧。 
  108. ^ “枝野幹事長インタビュー 外国人参政権法案「拙速にできない」 複数擁立見直さず (1/2ページ)”. MSN産経ニュース(産経新聞). (2010年6月10日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100610/stt1006102200018-n1.htm 2010年6月12日閲覧。 
  109. ^ 難民認定、「新形態の迫害」追加=申請乱用は国外退去も-法務省
  110. ^ 人権救済法案提出を閣議決定
  111. ^ 「婚外子の相続差別撤廃 改正民法が成立」、朝日新聞、2013年12月5日
  112. ^ a b c 「『西川農水大臣の辞任は当然であり、遅すぎた』定例記者会見で細野政調会長」、民主党ニュース、2015年2月24日
  113. ^ “民主党:公約、修正か堅持か ポスト菅の対立軸に”. 毎日新聞. (2011年6月7日). http://mainichi.jp/select/seiji/news/20110607ddm002010081000c.html 2011年6月30日閲覧。 
  114. ^ “民主都連が土屋都議を除名”. MSN産経ニュース (産業経済新聞社). (2009年12月5日). http://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/091205/tky0912052213009-n1.htm 2009年12月6日閲覧。 
  115. ^ 組織規則第2条。
  116. ^ 規約第3条の8。
  117. ^ 党員は組織規則第5条、サポーターは同8条で1人につき1,000円とされている。
  118. ^ 谷亮子議員ら厳重注意 党員サポーター集められず
  119. ^ a b c d “民主サポーター27万人超/過去最高、代表選も影響?”. 四国新聞. (2008年6月29日). http://news.shikoku-np.co.jp/national/political/200806/20080629000167.htm 2010年7月20日閲覧。 
  120. ^ “民主代表選有権者、党員・サポーターは34万人”. 読売新聞. (2010年8月25日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100825-OYT1T01064.htm 2010年8月25日閲覧。 
  121. ^ 規約28条の2。
  122. ^ 規約28条の4。
  123. ^ 組織規則10条。
  124. ^ 組織規則13条。
  125. ^ 組織規則13条の5。
  126. ^ 組織規則18条の4。
  127. ^ 規約31条。
  128. ^ 本部が狭い!民主党に思わぬ悩み「引っ越しが重要課題」 朝日新聞 2009年9月3日[リンク切れ]
  129. ^ 国会議員秘書給与法20条の2。
  130. ^ 民主党役員一覧(2016年2月2日)2016年2月15日閲覧
  131. ^ 白鳥浩『都市対地方の政治学―日本政治の構造変動』芦書房-(ISBN 9784755611766)
  132. ^ “福岡市長に自公系・高島氏 36歳、現職ら7人破る”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年11月14日). http://www.asahi.com/politics/update/1114/SEB201011140007.html 2011年1月25日閲覧。 
  133. ^ “1/4ショック 県議選 民主 地方組織の弱さ露呈”. 東京新聞 (東京新聞). (2010年12月15日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/ibaraki/20101215/CK2010121502000069.html 2011年1月25日閲覧。 
  134. ^ “統一選へ懸念強める=西東京市議選で惨敗―民主”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年11月14日). http://www.asahi.com/politics/jiji/JJT201012270120.html 2011年1月25日閲覧。 
  135. ^ 減税日本34%、民主は半減の18% 得票数・率中日新聞
  136. ^ 特に公務員組合は、労働条件の決定にあたり公権力のコントロールを直接に受ける性質上、政治的関心の度合いが高い。
  137. ^ 大島九州男は立正佼成会信者[7]
  138. ^ 2006年12月28日付日本経済新聞「民主、立正佼成会との関係強まる・参院選へ候補擁立」
  139. ^ ただし一部の地方では、谷畑孝(日本維新の会所属、記事当時は自民党所属)など他党議員を支援2007年3月4日付『しんぶん赤旗』
  140. ^ 民団、民主・公明支援へ 次期衆院選 選挙権付与めざす2008年12月12日 朝日新聞
  141. ^ 2004年6月30日付民団新聞[8]
  142. ^ 2004年7月14日付民団新聞
  143. ^ 2007年5月16日付民団新聞[9]
  144. ^ 2012年7月11日に結党した新党名にもなった
  145. ^ 「生活起点。」「地域起点。」で日本の再生を 民主党
  146. ^ 民主党の新しいロゴマーク発表(民主党HPニュース、1998年04月15日)
  147. ^ 国旗切り民主党旗、首相「許し難い」…鳩山代表は謝罪 読売新聞 2009年8月17日
  148. ^ 堀江元社長、民主党を提訴「偽メール問題で名誉棄損」 朝日新聞 2009年6月17日[リンク切れ]
  149. ^ 偽メール問題:堀江被告が民主党提訴 賠償と謝罪広告求め 毎日新聞 2009年6月18日[リンク切れ]
  150. ^ “民主、堀江被告と和解 偽メール問題 300万円支払い、謝罪”. 産経新聞. (2009年12月31日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/091231/trl0912310130000-n1.htm 2010年1月2日閲覧。 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「民主党_(日本_1998-2016)」の関連用語

民主党_(日本_1998-2016)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



民主党_(日本_1998-2016)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの民主党 (日本 1998-2016) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS