凌雲会とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 凌雲会の意味・解説 

凌雲会

読み方:りょううんかい
別名:前原グループ

民主党政策団体会長仙谷由人前原誠司民主党政調会長、および、枝野幸男経済産業相が結成時からの主要メンバーとなっている。会計責任者は枝野幸男。「前原グループ」と通称されることも多い。

政策的には、凌雲会は野田佳彦・第95内閣総理大臣が率いる「花斉会」(野田グループ)と協調路線をとることが多いとされる

凌雲会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/29 10:04 UTC 版)

凌雲会(りょううんかい)は、国民民主党グループ。通称、前原グループ




注釈

  1. ^ 2010年9月の代表選当時、凌雲会の事務局長を務めていた細野豪志は、小沢一郎支持を表明するのに先立って凌雲会に脱会届を提出した[13][14]
  2. ^ 前原、古川、渡辺、泉、山井、城井、稲富、斉木、源馬を指すと見られる。
  3. ^ 客員参加の安住、田嶋、小川、黒岩を含む。
  4. ^ 2017年11月に民進党離党。その後は無所属(所属会派は「希望の党・無所属クラブ」)を経て希望の党に合流。2018年5月に参加。
  5. ^ a b c d e 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に参加。
  6. ^ 2017年10月に民進党離党。同時に前原グループ離脱後は重複所属していた菅グループに所属。
  7. ^ 希望の党のグループに移行した後は客員として参加。2018年5月に民進党離党。後に立憲民主党の会派に合流したためグループを離脱。2019年9月に入党。
  8. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加。無所属を経て2019年9月に立憲民主党に入党。
  9. ^ 希望の党のグループに移行した後は客員として参加。2017年12月に民進党離党。無所属(所属会派は「無所属の会」→「立憲民主党・無所属フォーラム」)を経て2019年9月に入党。
  10. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に参加。2020年6月に友好議員として準参加していた源馬と共に離脱。前原グループ離脱後の所属は無派閥。
  11. ^ 前原グループ離脱後の所属は細野グループ→細野派→旧細野グループ→階グループ。2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に参加。
  12. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に参加。
  13. ^ 2017年9月に民進党離党。その後は無所属(所属会派は「立憲民主党市民クラブ」)を経て立憲民主党に入党するも、2020年3月に離党。7月に国民民主党に入党。
  14. ^ 2017年10月希望の党に合流。2018年5月に参加。兄弟派閥・細野派→旧細野グループからの移籍。移籍した当初は正会員として所属し、2019年10月に会派内派閥直諫の会の結成と同時に友好議員に転じるが、2020年6月に前原やグループ同期の稲富らが日本共産党を含めた野党共闘よりも日本維新の会との共同歩調に切り替えたことにより立民合流賛成派の渡辺と共に正式に離脱。
  15. ^ 前原グループ離脱後の所属は細野グループ→細野派。2017年8月に民進党離党。その後の所属は希望の党→無所属(自民党二階派)。
  16. ^ 前原グループ離脱後の所属は長島グループ[78]。2017年4月に民進党除籍。その後の所属は希望の党→無所属→自由民主党(無派閥→二階派)。
  17. ^ 2017年10月希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に参加。2019年6月に除籍。
  18. ^ 2017年11月に民進党離党。その後の所属は無所属(所属会派は「無所属の会」→「立憲民主党・無所属フォーラム」)。
  19. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加後は客員として参加するが、後に立憲民主党の会派に合流したためグループを離脱。
  20. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加後は客員として参加するが、後に立憲民主党の会派に合流したためグループを離脱。
  21. ^ 2017年10月に民進党離党。
  22. ^ 2018年5月に民進党離党。
  23. ^ 2018年5月に参加。
  24. ^ 前原グループ離脱後の所属は細野グループ→細野派。2017年10月に合流。
  25. ^ 前原グループ離脱後の所属は細野派→旧細野グループ→無派閥。2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加。無所属を経て同年10月に入党。
  26. ^ 2017年10月に民進党離党。
  27. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月の時点では不参加であるが、無所属を経て2020年4月に入党。
  28. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加。その後の所属は無所属。
  29. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加。その後の所属は無所属。
  30. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加。その後の所属は無所属。
  31. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に参加。
  32. ^ 2018年5月に国民民主党に不参加。
  33. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加。その後の所属は無所属。
  34. ^ 2017年10月に希望の党に合流。2018年5月に国民民主党に不参加。その後の所属は無所属。

出典

  1. ^ a b 世界情勢を読む会『面白いほどよくわかる政治のしくみ : 国会、政党、官僚、選挙制度…日本政治のすべてがわかる!』日本文芸社〈学校で教えない教科書〉、2010年、197頁。ISBN 9784537257984
  2. ^ “西松建設献金事件:小沢・民主代表、続投強まる 規正法違反、捜査拡大なければ”. 毎日新聞. (2009年3月23日). オリジナルの2009年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090325103612/http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090323ddm002040099000c.html 
  3. ^ “【民主党解剖】第2部小沢ショック(4)あらわになる党内亀裂”. (2009年3月26日). オリジナルの2009年3月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090329085439/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090326/stt0903262229010-n1.htm 
  4. ^ “民主役員人事で冷遇される「非小沢」系 どうなる枝野、小宮山氏ら”. 産経新聞. (2009年10月5日). オリジナルの2009年10月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091007231936/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091005/stt0910052217020-n1.htm 
  5. ^ “【民主党代表選】岡田、前原、野田各氏が菅氏支持表明 樽床氏は代表選出馬の意向”. 産経新聞. (2010年6月3日). オリジナルの2010年6月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100606172417/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100603/stt1006031136009-n2.htm 
  6. ^ “菅氏を岡田氏・前原氏が支持、樽床氏も出馬表明”. 読売新聞. (2010年6月3日). オリジナルの2010年6月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100606162540/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100603-00000548-yom-pol 
  7. ^ “非小沢氏系、菅氏支持で一致 小沢氏系は独自候補を模索”. 朝日新聞. (2010年6月3日). オリジナルの2010年6月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100606164120/http://www.asahi.com/politics/update/0603/TKY201006030213.html 
  8. ^ “民主幹事長に枝野氏起用方針 蓮舫氏の入閣も浮上”. 朝日新聞. (2010年6月5日). オリジナルの2010年6月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100606195210/http://www.asahi.com/politics/update/0604/TKY201006040488.html 
  9. ^ a b “進む「小沢外し」…「組閣本部」は3日から始動”. 読売新聞. (2010年6月5日). オリジナルの2010年6月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100607091846/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100605-00000111-yom-pol 
  10. ^ “菅内閣:官邸主導狙う 官房長官に仙谷氏”. 毎日新聞. (2010年6月7日). オリジナルの2010年6月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100608194045/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100608k0000m010096000c.html 
  11. ^ “「小沢氏出馬」で民主二分 菅陣営「まだ起訴の可能性」 盛り上がる「反菅」勢”. 日本経済新聞. (2010年8月21日). オリジナルの2017年3月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170312072118/http://www.nikkei.com/article/DGXDZO13187140R20C10A8PE8000/ 
  12. ^ “旧民社は「首相支持」へ 議員票互角、菅首相優位に”. 産経新聞. (2010年9月5日). オリジナルの2010年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100905195927/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100905/stt1009050130000-n1.htm 
  13. ^ “細野電撃訪中と対中工作の全貌”. 週刊朝日. (2010年10月7日). オリジナルの2015年9月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150901202035/http://dot.asahi.com/wa/2012092600429.html 
  14. ^ “仙谷氏 枝野氏について「反省さえできぬようでは…」と語る”. NEWSポストセブン. (2010年10月10日). オリジナルの2010年10月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101021015346/http://www.news-postseven.com/archives/20101010_3074.html 
  15. ^ “前原G、衆院選準備を指示 早期解散へ臨戦態勢”. 47NEWS. 共同通信. (2011年2月26日). オリジナルの2011年3月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110301190451/http://www.47news.jp/CN/201102/CN2011022501000768.html 
  16. ^ “「脱小沢」か「挙党態勢」か=陣営内に両論、首相両にらみ―民主代表選”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 時事通信. (2010年8月18日). オリジナルの2017年3月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170312070543/http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-92243.html 
  17. ^ “小沢チルドレンこっちにおいで 首相、ラブレター作戦”. 産経新聞. (2010年8月18日). オリジナルの2010年8月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100820224436/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100818-00000087-san-pol 
  18. ^ “民主代表選:「脱小沢」の旗降ろす”. 毎日新聞. (2010年8月31日). オリジナルの2010年8月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100831060621/http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100831k0000m010115000c.html 
  19. ^ “仙谷氏、雌伏の日々 政局より政策、「ポスト菅」にらむ”. 朝日新聞. (2011年2月4日). オリジナルの2011年2月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110206115825/http://www.asahi.com/politics/update/0204/TKY201102040001.html 
  20. ^ “前原氏、代表選出馬否定せず 小沢氏処分を要求”. 47NEWS. 共同通信. (2011年6月5日). オリジナルの2011年6月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110609175830/http://www.47news.jp/CN/201106/CN2011060501000218.html 
  21. ^ “小沢氏、「非前原」へ一本化調整 菅首相、辞任を表明”. 朝日新聞. (2011年8月26日). オリジナルの2011年8月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110826135155/http://www.asahi.com/politics/update/0826/TKY201108260282.html 
  22. ^ “菅・前原・野田グループ、勢力争い活発”. 日本経済新聞. (2010年10月24日). オリジナルの2017年8月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170828184226/http://www.nikkei.com/article/DGXDASFS2300R_T21C10A0PE8001/ 
  23. ^ “民主党のグループ事情に異変! 我が世の春の「凌雲会」 凋落一途の小沢・鳩山グループ”. 産経新聞. (2010年10月22日). オリジナルの2010年10月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101025203319/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/101022/stt1010220128001-n1.htm 
  24. ^ “キーマン小沢、前原とウラで手を組む?京セラ稲盛氏が“接着剤””. 夕刊フジ. (2011年8月23日). オリジナルの2011年9月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110918104909/http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20110823/plt1108231135003-n1.htm 
  25. ^ “【激突 民主党代表選】「真の目標は小沢首相」 元気なのは小鳩だけ”. 産経新聞. (2011年8月28日). オリジナルの2011年8月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110828223959/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110828/stt11082801140001-n3.htm 
  26. ^ “民主代表選:新代表きょう選出 決選投票の行方焦点”. 毎日新聞. (2011年8月29日). オリジナルの2011年8月29日時点におけるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2011-0829-0642-34/mainichi.jp/select/seiji/news/20110829k0000m010123000c.html 
  27. ^ “【激突】反小沢「2位~5位連合」を模索 前原、野田両陣営「手を組む話はできている」”. 産経新聞. (2011年8月29日). オリジナルの2011年8月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110829105314/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110829/stt11082901500001-n3.htm 
  28. ^ “非小沢勢力結集に成功”. 東京新聞. (2011年8月29日). オリジナルの2011年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110905012410/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011082902000170.html?ref=rank 
  29. ^ “非海江田で結集…岡田氏「描いたシナリオ通り」”. 読売新聞. (2011年8月29日). オリジナルの2011年8月30日時点におけるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2011-0830-0227-05/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110829-00000997-yom-pol 
  30. ^ a b c d “前原氏、グループ会長に就任”. 時事通信. (2011年11月10日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2011111000684 
  31. ^ a b c d e “前原氏、グループ会長に…党代表選の反省踏まえ”. 読売新聞. (2011年11月10日). オリジナルの2012年1月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/20120125040707/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20111110-OYT1T01076.htm 
  32. ^ a b c d e f “前原氏がグループ会長に 凌雲会、仙谷氏は顧問”. 日本経済新聞. (2011年11月10日). https://r.nikkei.com/article/DGXNASFS1002K_Q1A111C1PE8000/ 
  33. ^ a b c “ファイル:前原グループ新体制決定”. 毎日新聞. (2011年11月11日). http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111111ddm005010136000c.html 
  34. ^ “前原政調会長、民主代表選不出馬の意向 細野環境相も 野田首相再選強まる”. 産経新聞. (2012年7月16日). オリジナルの2012年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120715205408/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120716/stt12071601230002-n1.htm 
  35. ^ “細野氏、出馬検討=有志が午後要請―前原グループ自主投票へ・民主代表選”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 時事通信. (2012年9月6日). オリジナルの2017年3月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170327081011/http://jp.wsj.com/public/page/0_0_WJPP_7000-507287.html 
  36. ^ “細野氏、出馬要請「しっかり受け止める」 民主代表選”. 朝日新聞. (2012年9月6日). オリジナルの2012年9月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120915145959/http://www.asahi.com/special/minshu/TKY201209060359.html 
  37. ^ a b “民主代表選、前原グループは首相支持”. 日本経済新聞. (2012年9月11日). オリジナルの2017年3月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170330013427/http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS11038_R10C12A9PP8000/ 
  38. ^ “【民主代表選】前原グループ、首相再選支持を正式決定”. 産経新聞. (2012年9月11日). オリジナルの2012年9月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120911230434/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120911/stt12091117490018-n1.htm 
  39. ^ “前原グループも首相支持=他候補、浸透へ懸命―民主代表選”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 時事通信. (2012年9月11日). オリジナルの2017年3月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170330005356/http://jp.wsj.com/layout/set/article/content/view/full/510240 
  40. ^ “細野氏、「ポスト野田」にらみ勉強会”. 日本経済新聞. (2012年10月17日). オリジナルの2017年2月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170224220125/http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1702D_X11C12A0PP8000/ 
  41. ^ “民主党代表選、前原グループは自主投票に 「現場で話聞いて決める」と前原氏”. 産経新聞. (2012年12月25日). オリジナルの2012年12月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121225151930/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121225/stt12122511260010-n1.htm 
  42. ^ “細野氏が前原氏に下克上!? グループ会合同時開催で派閥化 師弟関係崩れる”. 産経新聞. (2013年10月21日). http://www.sankei.com/politics/news/131021/plt1310210015-n1.html 
  43. ^ 和田千才 (2013年10月21日). “細野豪志氏が率いる「基本政策研究会」は、野党再編の布石となるか?”. ハフィントンポスト. オリジナルの2013年10月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131023020646/http://www.huffingtonpost.jp/2013/10/21/goshi-hosono_n_4134374.html 
  44. ^ “民主、細野・前原グループが議員争奪戦 同時刻に会合”. 日本経済新聞. (2013年10月31日). オリジナルの2013年11月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131102123703/http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS3102R_R31C13A0PP8000/ 
  45. ^ “世代交代訴え「過去」批判も…細野氏「党再生が野党再生そのもの」の真意は”. 産経新聞. (2014年12月20日). オリジナルの2014年12月20日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/20141220022939/http://www.sankei.com/politics/print/141220/plt1412200011-c.html 
  46. ^ “【民主党代表選】「豪志、分かっているんだろうな」…党再建にシフトする細野氏に「兄貴分」前原氏はクギを刺した”. 産経新聞. (2014年12月26日). オリジナルの2014年12月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141228174358/http://www.sankei.com/politics/news/141226/plt1412260013-n2.html 
  47. ^ “民主代表選、国会議員票は3氏に分散…読売調査”. 読売新聞. (2015年1月11日). オリジナルの2015年1月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150117053448/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150111-00050062-yom-pol 
  48. ^ “【民進党代表選】思惑からみ非主流派候補一本化は後退 前原誠司氏が凌雲会メンバーに出馬伝達”. 産経新聞. (2016年8月26日). オリジナルの2016年8月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160826175516/http://www.sankei.com/politics/news/160826/plt1608260002-n1.html 
  49. ^ “【民進党代表選】前原誠司元外相の“登板”予定は?「まだブルペンで投球練習の段階…」 「凌雲会」没落の危機 グループの足場固めすら苦慮”. 産経新聞. (2016年8月11日). オリジナルの2016年8月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160811124550/http://www.sankei.com/politics/news/160810/plt1608100021-n1.html 
  50. ^ “民進代表選 前原氏が出馬の意向 細野氏は見送り蓮舫氏支持へ”. 産経新聞. (2016年8月10日). オリジナルの2016年8月10日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20160810035836/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160810-00000074-san-pol 
  51. ^ “【民進党代表選】枝野幸男氏が出馬表明 野党共闘「軸は妥協しない」”. 産経新聞. (2017年7月29日). オリジナルの2017年7月29日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20170729200553/http://www.sankei.com/politics/news/170729/plt1707290029-n1.html 
  52. ^ “<民進党>代表選、保守VSリベラル 前原氏と枝野氏”. 毎日新聞. (2017年8月6日). オリジナルの2017年8月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170807232229/https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170806-00000030-mai-pol 
  53. ^ “【民進党代表選】「新党ブーム」で初当選 実は政策もソックリな前原誠司元外相と枝野幸男元官房長官 その相違点は?”. 産経新聞. (2017年8月22日). オリジナルの2017年8月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170822153605/http://www.sankei.com/politics/news/170822/plt1708220034-n1.html 
  54. ^ “【民進党代表選】前原誠司元外相が政策発表 「尊厳ある生活保障」訴える 憲法9条改正は封印”. 産経新聞. (2017年8月7日). オリジナルの2017年8月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170807182957/http://www.sankei.com/politics/news/170807/plt1708070050-n1.html 
  55. ^ “代表選、前原氏が議員票で優位 追う枝野氏、情勢流動的”. 共同通信. (2017年8月9日). オリジナルの2017年8月9日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20170809231818/https://this.kiji.is/267971488538756605 
  56. ^ “民進党代表選:知名度の地方票か、組織票の国会議員票か”. 毎日新聞. (2017年8月9日). オリジナルの2017年8月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170809150158/https://mainichi.jp/articles/20170810/k00/00m/010/096000c 
  57. ^ a b c “「民進党分裂」は2年前の「あの時」に始まっていた”. AERA. (2017年10月18日). https://dot.asahi.com/aera/2017101700029.html?page=3 
  58. ^ “民進幹事長に山尾志桜里氏 刷新狙うも「ガソリン」問題と諸刃の剣”. 産経新聞. (2017年9月3日). オリジナルの2017年9月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170903163501/http://www.sankei.com/politics/news/170903/plt1709030084-n1.html 
  59. ^ “民進幹事長に山尾氏 代表代行は枝野、大島氏”. 東京新聞. (2017年9月4日). オリジナルの2017年9月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170904045112/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201709/CK2017090402000119.html 
  60. ^ “民進幹事長に山尾氏 枝野氏は代表代行に”. 日本経済新聞. (2017年9月4日). オリジナルの2017年9月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170904132442/https://www.nikkei.com/article/DGXKASFS03H3U_T00C17A9PE8000/ 
  61. ^ “民進、山尾幹事長起用に見送り論 前原執行部、5日に主要人事決定”. 共同通信. (2017年9月5日). オリジナルの2017年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170905182649/https://this.kiji.is/277463533213992438 
  62. ^ “前原氏:山尾幹事長を断念…党内反発受け 大島氏起用へ”. 毎日新聞. (2017年9月5日). オリジナルの2017年9月4日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20170904213235/https://mainichi.jp/articles/20170905/k00/00m/010/137000c 
  63. ^ “【民進党人事】山尾志桜里氏の幹事長登用見送りへ 反発の声に押され…大島敦氏起用で最終調整”. 産経新聞. (2017年9月5日). オリジナルの2017年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20170905090951/http://www.sankei.com/politics/news/170905/plt1709050004-n1.html 
  64. ^ “前原氏、「山尾幹事長」撤回を検討 民進党内の反発強く”. 朝日新聞. (2017年9月5日). オリジナルの2017年9月4日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20170904214506/http://www.asahi.com/articles/ASK947DLSK94UTFK01B.html 
  65. ^ “【民進党人事】民進党新執行部が発足 「山尾志桜里幹事長」は週刊誌の既婚男性との交際疑惑取材で断念”. 産経新聞. (2017年9月5日). オリジナルの2017年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170905124439/http://www.sankei.com/politics/news/170905/plt1709050046-n1.html 
  66. ^ “山尾氏の幹事長起用、週刊誌取材受け断念 本人は否定”. 朝日新聞. (2017年9月5日). オリジナルの2017年9月5日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20170905145537/http://www.asahi.com/articles/ASK955FDKK95UTFK00R.html 
  67. ^ “<民進・前原新執行部>混乱の中発進 統治能力に疑問”. 毎日新聞. (2017年9月5日). オリジナルの2017年9月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170906180855/https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170905-00000117-mai-pol 
  68. ^ “前原民進、船出から座礁=党内にしらけた空気”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年9月6日). オリジナルの2017年9月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170906181744/https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000020-jij-pol 
  69. ^ “民進党 山尾氏、主要人事外れる 幹事長に大島氏 前原氏、混乱を謝罪”. 東京新聞. (2017年9月6日). オリジナルの2017年9月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170906023059/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201709/CK2017090602000125.html 
  70. ^ “民進「影響最小限に」、山尾氏離党で収束図る”. 読売新聞. (2017年9月8日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00050061-yom-pol 
  71. ^ “民進系「異床異夢」…野田G 再結集「接着剤に」/赤松G 「引き抜き」画策”. 読売新聞. (2017年12月8日) 
  72. ^ “旧民進の国会議員、相次ぎ合宿…低下する存在感”. 読売新聞. (2018年8月12日). オリジナルの2018年8月13日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/jRLMW 
  73. ^ a b c d e “平成22年分政治資金収支報告書の要旨(平成23年11月30日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2011年11月30日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000139372.pdf#page=230 
  74. ^ “「無所属」出馬の前原氏、迷走発言で側近がとばっちり 「最低のトップで部下が不幸」同情殺到”. J-CASTニュース. (2017年9月29日). https://www.j-cast.com/2017/09/29309835.html?p=all 
  75. ^ “枝野幸男『シン・ゴジラ』を語る「3.11当時の官僚の頑張りは映画以上」”. ニコニコニュース. (2016年8月29日). オリジナルの2016年8月29日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20160829120143/http://originalnews.nico/167 
  76. ^ “衆院選2017:県内の民進系出馬予定者、「希望」敬遠する動き 実績ある野党共闘得策 /新潟”. 毎日新聞. (2017年10月3日). https://mainichi.jp/articles/20171003/ddl/k15/010/063000c 
  77. ^ a b “旧民進 グループで相次ぎ 合宿の季節 結束強化は遠く”. 読売新聞. (2018年8月12日) 
  78. ^ “民主・長島氏が前原、野田両グループを退会”. 産経新聞. (2014年3月5日). オリジナルの2015年8月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150827123757/http://www.sankei.com/politics/news/140305/plt1403050005-n1.html 
  79. ^ “民進、新執行部が発足 代表代行3人体制に”. 日本経済新聞. (2016年9月21日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFS21H4U_R20C16A9PP8000/ 
  80. ^ “衆院選2017:4区 菊田氏、無所属で出馬へ 自民・金子氏と一騎打ちか /新潟”. 毎日新聞. (2017年10月4日). https://mainichi.jp/articles/20171004/ddl/k15/010/282000c 
  81. ^ a b “平成15年分政治資金収支報告書の要旨(平成16年9月10日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2004年9月10日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000047161.pdf#page=254 
  82. ^ “平成16年分政治資金収支報告書の要旨(平成17年9月30日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2005年9月30日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000047156.pdf#page=254 
  83. ^ “平成17年分政治資金収支報告書の要旨(平成18年9月8日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2006年9月8日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000047151.pdf#page=241 
  84. ^ “平成18年分政治資金収支報告書の要旨(平成19年9月14日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2007年9月14日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000047145.pdf#page=243 
  85. ^ “平成19年分政治資金収支報告書の要旨(平成20年9月12日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2008年9月12日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000047140.pdf#page=242 
  86. ^ “平成20年分政治資金収支報告書の要旨(平成21年9月30日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2009年9月30日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000061384.pdf#page=226 
  87. ^ “平成21年分政治資金収支報告書の要旨(平成22年11月30日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2010年11月30日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000094901.pdf#page=230 
  88. ^ “平成23年分政治資金収支報告書の要旨(平成24年11月30日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2012年11月30日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000192019.pdf#page=214 
  89. ^ “平成24年分政治資金収支報告書の要旨(平成25年11月29日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2013年11月29日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000266791.pdf#page=222 
  90. ^ “平成25年分政治資金収支報告書の要旨(平成26年11月28日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2014年11月28日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000328871.pdf#page=221 
  91. ^ “平成26年分政治資金収支報告書の要旨(平成27年11月27日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2015年11月27日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000392767.pdf#page=182 
  92. ^ “平成27年分政治資金収支報告書の要旨(平成28年11月25日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2016年11月25日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000455750.pdf#page=179 
  93. ^ “平成28年分政治資金収支報告書の要旨(平成29年11月30日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2017年11月30日), http://www.soumu.go.jp/main_content/000523851.pdf#page=183 
  94. ^ “平成29年分政治資金収支報告書の要旨(平成30年11月30日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2018年11月30日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000591251.pdf#page=180 
  95. ^ “平成30年分政治資金収支報告書の要旨(令和元年11月29日付け官報)” (プレスリリース), 総務省, (2019年11月29日), https://www.soumu.go.jp/main_content/000664156.pdf#page=180 




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「凌雲会」の関連用語

凌雲会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



凌雲会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの凌雲会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS