原口一博とは?

原口一博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/08 18:12 UTC 版)

原口 一博(はらぐち かずひろ、1959年昭和34年〉7月2日 - ) は、日本の政治家[1]国民民主党に所属する衆議院議員(8期)、国民民主党国会対策委員長。日本会議のメンバーだった(2015年に退会)。




  1. ^ a b デジタル版 日本人名大辞典+Plus. コトバンク. 2019年3月9日閲覧。
  2. ^ プロフィール|松下政経塾
  3. ^ 菅首相、全閣僚が見送り=超党派議員ら靖国参拝-終戦記念日時事ドットコム2010年8月15日[リンク切れ]
  4. ^ 「政治】原口一博総務相側、献金500万円記載漏れ」産経新聞2009年10月3日
  5. ^ “原口総務相、特別永住外国人への地方参政権付与に賛同”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年1月14日). オリジナルの2010年1月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100117082009/http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100114/stt1001142351016-n1.htm 
  6. ^ “【外国人参政権】原口総務相ら、法案の政府提出は「困難」”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年2月26日). オリジナルの2010年3月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100301090201/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100226/plc1002261854015-n1.htm 
  7. ^ “在日朝鮮人、戦時徴用はわずか245人”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年3月11日). オリジナルの2010年3月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100313025043/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100311/plc1003111306007-n1.htm 2010年10月23日閲覧。 
  8. ^ “【土・日曜日に書く】政治部・阿比留瑠比 前提失った参政権推進論”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2010年4月4日). オリジナルの2010年4月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100405065134/http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100404/plc1004040251006-n1.htm 
  9. ^ a b “高額日当、総務省顧問に国会議員OB11人”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年2月3日). オリジナルの2010年2月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100204232212/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100203-OYT1T01232.htm 2010年2月3日閲覧。 
  10. ^ “郵貯・簡保資金で10兆円投資構想 総務相インタビュー”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年4月27日). オリジナルの2010年4月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100429170026/http://www.asahi.com/politics/update/0427/TKY201004260529.html 
  11. ^ 「年金も積極運用、安全運用という観点ではなく、成長に向けた資金運用は常識。」REUTERS インタビュー: 郵政資金を成長分野や外債に=原口総務相 2010年 04月 1日 16:40 JST
  12. ^ “「ネット全履歴もとに広告」総務省容認 課題は流出対策”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年5月30日). オリジナルの2010年5月31日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100531145738/http://www.asahi.com/digital/internet/TKY201005290356.html 
  13. ^ 総務省資料 利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会 第二次提言(案) 54ページ目に「ディープ・パケット・インスペクション技術(DPI 技術:Deep Packet Inspection)を活用した行動ターゲティング広告について」
  14. ^ 佐賀新聞2010年9月8日
  15. ^ “原口氏が「生活立て直しに大たな必要」と小沢支持表明”. イザ! (産経デジタル). (2010年9月8日). オリジナルの2010年9月10日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100910130017/http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/437716/ 
  16. ^ 【3閣僚遅刻】原口総務相はツイッター 官房長官が口頭注意 - MSN産経ニュース
  17. ^ “仙谷・前原・原口3閣僚が遅刻 予算委開会15分遅れる”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年3月3日). オリジナルの2010年4月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100401082553/http://www.asahi.com/politics/update/0303/TKY201003030224.html 
  18. ^ 世耕弘成 2010年3月16日ブログ
  19. ^ “遅刻問題 担当課長ら4人事実上更迭 原口氏、関連否定”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年3月26日). オリジナルの2010年3月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100327122851/http://www.asahi.com/politics/update/0326/TKY201003260001.html 
  20. ^ “遅刻で引責?定期人事?総務省課長の異動が波紋”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年3月26日). オリジナルの2010年3月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100328075824/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100326-OYT1T00900.htm 
  21. ^ 原口総務相、鈴木事務次官を更迭 後任に旧自治省の岡本氏MSN産経ニュース 2010年1月7日
  22. ^ 望月麻紀 (2010年7月3日). “ゆうパック:集配で遅れ相次ぐ 「ペリカン便」継承で混乱”. 毎日新聞. オリジナルの2010年7月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100705111131/http://mainichi.jp/select/biz/news/20100704k0000m020043000c.html 2010年7月21日閲覧。 
  23. ^ a b 望月麻紀 (2010年7月13日). “ゆうちょ:システム障害復旧 相次ぐトラブルに閣僚苦言”. 毎日新聞. オリジナルの2010年7月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100715024458/http://mainichi.jp/select/biz/news/20100714k0000m020071000c.html 2010年7月21日閲覧。 
  24. ^ “原口総務大臣閣議後記者会見の概要” (プレスリリース), 総務省, (2010年7月6日), http://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/31934.html 2010年7月21日閲覧。 
  25. ^ “原口総務大臣閣議後記者会見の概要” (プレスリリース), 総務省, (2010年7月13日), http://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/32287.html 2010年7月21日閲覧。 
  26. ^ 47NEWS(共同ニュース):日本郵政、「ペリカン便」買収へ 日通との宅配統合見直し
  27. ^ 「僕にも覚悟ある」民主・原口氏、賛成を示唆産経新聞 2011年6月1日
  28. ^ 不信任発言ブレJ-CASTニュース 2011年6月3日
  29. ^ “民主・原口氏が維新の会…橋下知事らと連携へ”. 読売新聞. (2011年2月14日). オリジナルの2011年2月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110217130207/http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20110214-OYT1T00341.htm 2011年2月15日閲覧。 
  30. ^ “民主県連、原口代表が辞意…議員の会派離脱で”. 読売新聞. (2011年5月15日). オリジナルの2011年5月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110518134712/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110515-OYT1T00086.htm 2011年5月15日閲覧。 
  31. ^ “原口氏が佐賀県連代表の辞意 全国幹事長会議の波乱要因に”. 産経新聞. (2011年5月15日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110515/stt11051520470005-n1.htm 2011年5月15日閲覧。 
  32. ^ 県連のせいにして逃げる?県連は私が代表です。あり得ない事をもっともらしくいう二元論者たちの譫言に惑わされないで欲しい。
  33. ^ “反対・棄権・欠席した民主党衆院議員の顔ぶれ”. 読売新聞. (2012年6月26日). オリジナルの2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629063641/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00001155-yom-pol 
  34. ^ “<消費増税法案>民主57人反対 事実上の分裂状態に”. 毎日新聞. (2012年6月26日). オリジナルの2012年6月29日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120629055717/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120626-00000109-mai-pol 
  35. ^ “【民主分裂】一体改革関連法案をめぐる民主党の処分・措置等一覧(敬称略)”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120704214346/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070321090021-n1.htm 
  36. ^ “【民主分裂】離党届提出の衆院37人を除名 鳩山元首相は党員資格停止6カ月”. 産経新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月3日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120703102153/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120703/plc12070315420018-n1.htm 
  37. ^ “小沢氏ら37人除籍=民主処分、鳩山氏は資格停止6カ月―離党組減り衆参49人”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120706051520/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120703-00000085-jij-pol 
  38. ^ “民主党:小沢元代表ら衆院37人除名、鳩山氏党員資格停止”. 毎日新聞. (2012年7月3日). オリジナルの2012年7月5日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120705212346/http://mainichi.jp/select/news/20120703k0000e010209000c.html 
  39. ^ “小沢氏ら37人除名処分へ 鳩山氏は党員資格停止6カ月”. 朝日新聞. (2012年7月4日). オリジナルの2013年4月24日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/FdGKU 
  40. ^ “鳩山氏は資格停止3カ月=小沢氏らの除籍決定―民主”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2012年7月9日). オリジナルの2012年7月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120712005450/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120709-00000114-jij-pol 
  41. ^ “鳩山元首相、党員資格停止3カ月に短縮 小沢元代表ら37人除籍処分は原案通り 民主党臨時常任幹事会”. 産経新聞. (2012年7月9日). オリジナルの2012年7月9日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120709140751/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120709/stt12070921200005-n1.htm 
  42. ^ “民主:鳩山元首相の処分半減 増税法案反対で”. 毎日新聞. (2012年7月9日). オリジナルの2012年8月7日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20120807002014/http://mainichi.jp/select/news/20120710k0000m010062000c.html 
  43. ^ (日本語) 民主・原口氏、勉強会立ち上げへ”. 時事ドットコム (2012年9月25日). 2012年9月25日閲覧。
  44. ^ =候補者の横顔= 佐賀1区 原口一博氏(55)民主・前 佐賀新聞 - 2014年12月04日
  45. ^ 原口一博議員が自宅で転倒し重傷 佐賀新聞 - 2014年08月30日
  46. ^ 民主・原口一博氏 半年ぶりに国会復帰 集中治療室から帰還 産経ニュース - 2015年2月26日
  47. ^ 原口元総務相、腕と足骨折 自宅で転倒、入院佐賀新聞 2016年12月10日
  48. ^ 原口一博元総務相、骨の遺伝性難病とツイッターなどで公表骨形成不全症か産経ニュース2016年12月12日
  49. ^ “原口議員、外務委で復帰”. 佐賀新聞. (2017年3月29日). http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10101/417677 2017年6月26日閲覧。 
  50. ^ “希望の党 原口・大串両氏を公認”. サガテレビ. (2017年10月3日). https://www.sagatv.co.jp/nx/news/detail.php?id=1425 2017年10月14日閲覧。 
  51. ^ “希望離れ九州続々 佐賀1区・原口氏、公約をのめず無所属に 大分3区・浦野氏、野党一本化へ出馬断念”. 西日本新聞. (2017年10月8日). https://www.nishinippon.co.jp/nnp/representatives_election_2017_kyushu/article/364452/ 2018年4月9日閲覧。 
  52. ^ “原口氏、希望離党へ・無所属で出馬”. 佐賀新聞. (2017年10月8日). http://www.saga-s.co.jp/articles/-/133972 2018年4月9日閲覧。 
  53. ^ 「無所属で立つ」 原口一博氏、ツイッターで毎日新聞2017年10月7日付
  54. ^ 共産が佐賀1区・上村氏擁立を取り下げ衆院選、野党共闘へ佐賀新聞2017年10月8日付
  55. ^ 民進系、「無所属の会」結成=13人参加、野党第3会派に”. 時事ドットコム (2017年10月26日). 2017年10月26日閲覧。
  56. ^ “幹事長に古川元久氏、代表代行に原口一博氏 国民民主党結成”. 産経新聞. (2018年5月7日). https://www.sankei.com/smp/politics/news/180507/plt1805070012-s1.html 2018年5月10日閲覧。 
  57. ^ “【国民民主党役員人事】幹事長に平野博文氏 津村啓介氏は副代表に 党役員人事案を了承”. 産経新聞. (2018年9月11日). https://www.sankei.com/politics/news/180911/plt1809110019-n1.html 2018年9月15日閲覧。 
  58. ^ 第164回国会予算委員会 第20号 2006年3月2日(木)
  59. ^ 第164回国会予算委員会 第14号 2006年2月17日(金)
  60. ^ 独裁小沢一郎に急接近する民主党の「ごますり三人衆」週刊文春2009年12月24日号
  61. ^ a b “原口総務大臣閣議後記者会見の概要” (プレスリリース), 総務省, (2010年1月19日), http://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/23906.html 2010年3月4日閲覧。 
  62. ^ “原口総務大臣閣議後記者会見の概要” (プレスリリース), 総務省, (2010年1月15日), http://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/02koho01_000080.html 2010年3月13日閲覧。 
  63. ^ “Twitter発言” (プレスリリース), 原口一博(@kharaguchi), (2010年5月9日), http://twitter.com/kharaguchi/status/13632923335 2010年5月17日閲覧。 
  64. ^ “分党論の真意は?原口氏、提唱後も両派と会合”. 読売新聞. (2011年2月22日). オリジナルの2011年2月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110225132849/http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110221-OYT1T01298.htm 2011年2月25日閲覧。 
  65. ^ “中国艦船、海自艦船にレーダー照射 1月30日に政府は抗議”. 日本経済新聞. (2013年2月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS05037_V00C13A2000000/ 2013年2月8日閲覧。 
  66. ^ “「グーグルアースで場所分かる」 原口氏が“迷言””. 産経新聞. (2013年2月7日). http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130207/plc13020722440022-n1.htm 2013年2月8日閲覧。 
  67. ^ 「原口総務相:米国版iPad購入 国内接続で電波法抵触を」『毎日新聞』2010年5月6日
  68. ^ “Twitter発言” (プレスリリース), 原口一博(@kharaguchi), (2010年5月6日), https://twitter.com/kharaguchi/status/13488216817 2013年2月11日閲覧。 
  69. ^ 民主・青木氏が事務所開きで決意表明佐賀新聞2013年5月26日
  70. ^ 原発再稼動とオスプレイは争点化したか 横田 一 岩波書店 世界 (雑誌)2015年2月号 pp.109
  71. ^ 「安保法制改正に向けて立憲主義に基づく連帯と団結を」 - Facebook
  72. ^ “オスプレイ「国防上必要性ない」野党国会議員ら”. 佐賀新聞. (2016年3月6日). http://www.saga-s.co.jp/column/osprey/21601/286196 2016年3月10日閲覧。 
  73. ^ http://archive.is/CR42G
  74. ^ 97likesのすぐ右の投稿へのいいね一覧の最初のアイコンが原口の公式アカウント
  75. ^ a b c d “2012衆院選 佐賀1区 原口一博”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/46shu/kaihyo_area_meikan.html?mid=A41001001001 2014年4月12日閲覧。 
  76. ^ 「安保法制改正に向けて立憲主義に基づく連帯と団結を」 - Facebook
  77. ^ 「<憲法特集>九州・沖縄の国会議員アンケート(3)主なテーマ」、西日本新聞、2016年4月30日。
  78. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  79. ^ 2009年衆院選時朝日新聞アンケート回答
  80. ^ ハンギョレ新聞 2010.03.20 11:57"外国人地方参政権 必ず実現されるだろう"[1] "政府閣僚でなく議員個人の立場で話せと言うなら、私は参政権を認めるべきだ。"
  81. ^ 原発再稼動とオスプレイは争点化したか 横田 一 岩波書店 世界 (雑誌)2015年2月号 pp.109
  82. ^ 公式プロフィール
  83. ^ 原口一博元総務相 右翼組織「日本会議」からの脱会を語る 日刊ゲンダイ2015年12月11日


「原口一博」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「原口一博」の関連用語

原口一博のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



原口一博のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原口一博 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS