オフレコとは? わかりやすく解説

オフ‐レコ

非公式の、の意のoff the recordの略》記者会見などで、記録公表をしないことを条件にすること。また、そうした条件でする発言記録外。「これから先の話は—にしたい」⇔オンレコ

「オフ‐レコ」に似た言葉

オフレコ

作者春口裕子

収載図書イジ女
出版社双葉社
刊行年月2008.1


オフレコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/27 05:40 UTC 版)

オフレコとは、談話などを公表しないこと、もしくは非公式なものとすることを指す報道用語。英語: off the record(記録にとどめないこと)に由来する。


  1. ^ 2009年3月11日 読売新聞「政治の豆知識 オフレコ懇談とは」
  2. ^ オフレコ問題に関する日本新聞協会編集委員会の見解 1996(平成8)年2月14日
  3. ^ 「阿川佐和子のこの人に会いたい 後藤謙次」『週刊文春』2008年10月16日号、pp.141-142
  4. ^ a b 福島香織 (2009年1月22日). “雑談②いつまでたっても慣れない総理番のお仕事”. Iza. 2010年1月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月20日閲覧。
  5. ^ 魚住昭野中広務 差別と権力講談社、2004年、pp.242.254
  6. ^ 2009年6月10日 1:29 AM 2009年6月10日 1:38 AM 2009年6月10日 1:46 AM 岩上安身twitter
  7. ^ a b c d ウォーターゲート事件のディープスロートさえ「オフレコ」取材ではなかった米国新聞の「ルール」 権力者に利用される日本の安易なオフレコ取材 牧野洋の「ジャーナリズムは死んだか」 2011年01月06日
  8. ^ 斎藤勉 「漆間発言」とメディア 取材源、安易に暴露していいのか 2009.3.11 12:09
  9. ^ 『ジャーナリズム崩壊』 P217
  10. ^ 上杉隆 (2009年3月12日). “漆間発言で思う、「オフレコ」を当然と思う日本メディアの甘さ”. DIAMOND online. 2010年4月18日閲覧。
  11. ^ 栗田亘 (2008年11月18日). “その記事の出どころは?”. 新s. 2010年4月20日閲覧。
  12. ^ 天野勝文 & 橋場義之 2008, p. 96.
  13. ^ a b 松林薫 2016, p. 50.
  14. ^ a b 松林薫 2016, p. 52.
  15. ^ a b 松林薫 2016, p. 53.
  16. ^ 「"筋"の話」『新聞をどう読むか』現代新書編集部編、講談社現代新書、1986年、pp.74-76.
  17. ^ 「小沢オフレコ暴露記者 タブー破りの真相」『週刊朝日』1994年9月30日号
  18. ^ ^櫻井よしこ「オピニオン縦横無尽 文春に"小沢一郎との訣別"を書いた田崎史郎氏の記者失格」『週刊ダイヤモンド』1994年9月24日号
  19. ^ 「ジャーナリストの現場から 記者クラブ制度の罪と罰 小沢一郎番記者『オフレコメモ』公開への是非」『週刊現代』1994年10月1日号。
  20. ^ ^田崎史郎『政治家失格 なぜ日本の政治はダメなのか』文春新書、2009年、pp.143-152
  21. ^ 柴田鉄治「戦後五〇年から二一世紀へ 新聞はいま」『21世紀のマスコミ 新聞 転機に立つ新聞ジャーナリズムのゆくえ』大月書店、1997年、p.87
  22. ^ 柴田(1997年)、pp.85-88.
  23. ^ a b 天野勝文 & 橋場義之 2008, p. 97.
  24. ^ 太田誠一より悪質!福田官房長官『レイフ擁護』 オフレコ会見、女性記者猛反発『全録音』」『週刊文春』2003年7月10日号、pp.27-29.
  25. ^ 「福田官房長官」『レイプ擁護』発言 国会『偽証』の決定的証拠」『週刊文春』2003年7月17日号
  26. ^ 共同通信社 2009年3月7日 民主、漆間副長官追及へ 「自民に波及せず」発言でarchive :2009-03-10
  27. ^ 毎日新聞 2009年3月8日違法献金:「自民党に波及せず」発言は漆間官房副長官
  28. ^ 朝日新聞社2011年7月4日松本復興相、岩手・宮城両知事にきわどい発言連発
  29. ^ “大臣の「これはオフレコ」に反論せず 「記者たちはなめられている」”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2011年7月7日). http://www.j-cast.com/2011/07/06100713.html?p=all 2011年7月7日閲覧。 
  30. ^ ムネオ日記 2009年3月 2009年3月6日(金)を参照


「オフレコ」の続きの解説一覧

オフレコ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/15 23:23 UTC 版)

オフレコ!』は、2000年10月18日から2002年9月4日までTBS系列局で放送されていたTBS製作の情報バラエティ番組である。スペシャル版は『超オフレコ!』あるいは『超超オフレコ!』と題して放送されていた。放送時間は毎週水曜 20:00 - 20:54 (日本標準時)、直前の時間帯にミニ番組を編成していなかったTBSのみ19:54からの60分枠で放送。




  1. ^ a b c d “TBS、とんだ"肝試し" 網走刑務所の受刑者墓地、無断で撮影し謝罪=北海道” (日本語). 読売新聞(東京朝刊、札2社): p. 34. (2001年8月18日)  - ヨミダス文書館にて2013年8月26日閲覧。


「オフレコ!」の続きの解説一覧

オフレコ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 13:53 UTC 版)

名詞

オフレコ

  1. 談話などを、公表されない前提で、もしくは非公式のものとして行うこと。

語源

翻訳


「オフレコ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

オフレコのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オフレコのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオフレコ (改訂履歴)、オフレコ! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのオフレコ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS