第46回NHK紅白歌合戦とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 第46回NHK紅白歌合戦の意味・解説 

第46回NHK紅白歌合戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 01:14 UTC 版)

第46回NHK紅白歌合戦』(だいよんじゅうろっかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、1995年平成7年)12月31日NHKホールで行われた、通算46回目のNHK紅白歌合戦


  1. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』
  2. ^ [1],デイリースポーツ,2015年10月3日
  3. ^ この以前では、第38回1987年)で白組司会の候補に挙がったことがあるとされる。
  4. ^ http://ichimon.main.jp/no37/37miyamoto.html 紅組司会・短期養成講座 宮本隆治
  5. ^ 同回の両組司会は仲間由紀恵中居正広(当時SMAP)。
  6. ^ 産経新聞』1995年12月11日付東京夕刊。
  7. ^ 【前川清】歌でつながった“復興の輪”…時代と共に生きる,ZAKZAK,2011年8月18日
  8. ^ a b c d 松本人志『松本坊主』ロッキング・オン、1999年、243-246頁。ISBN 4-947599-62-6
  9. ^ 合田『紅白歌合戦の舞台裏』
  10. ^ 紅白歌手別視聴率、40%超えは嵐ら3組だけに…前回は31組スポーツ報知、2020年1月7日 6時0分。
    平成以後の紅白歌手別瞬間最高視聴率
  11. ^ 毎日新聞』1996年12月27日付東京夕刊、7頁。
  12. ^ [2],ZAKZAK,2008年11月10日
  13. ^ 木根尚登、小説40万部で1億円の印税、執筆のきっかけは小室哲哉music voice
  14. ^ 「風になって」「LOVE YOU ONLY」「うわさのキッス」のメドレー
  15. ^ がんばりましょう」「俺たちに明日はある」「どんないいこと」のメドレー
  16. ^ 「LOVE LOVE LOVE」「ROMANCE」「恋の罠しかけましょ」のメドレー
  17. ^ アルバム『WOW WAR TONIGHT REMIXED』に収録されている"2 Million Mix [Album Version]" で披露した。
  18. ^ 青い珊瑚礁」「時間の国のアリス」「素敵にOnce Again」のメドレー
  19. ^ JUST MY FRIEND」「Sure danse」「I・CAN・BE」「愛はふしぎさ」「ア・ブラ・カダ・ブラ」「浪漫飛行」「KOME KOME WAR」「君がいるだけで」「ワンダブルSUNでぃ」「Shake Hip!」のメドレー
  20. ^ 2020年に死去した為、最初で最後の「紅白歌合戦」出場。
  21. ^ 読売新聞』1995年12月4日付東京夕刊、9頁。
  22. ^ 2年後の1997年に、MAXとして紅白初出場を果たしている。
  23. ^ 19年後の2014年に、正規の出場歌手として紅白初出場を果たしている。
  24. ^ 翌1996年に、歌手として紅白初出場を果たしている。
  25. ^ 小室ファミリー 今年もパワー全開 “恋人”華原とglobe初出場中日スポーツ、1996年11月29日。


「第46回NHK紅白歌合戦」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第46回NHK紅白歌合戦」の関連用語

第46回NHK紅白歌合戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第46回NHK紅白歌合戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第46回NHK紅白歌合戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS