長山洋子とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > 歌手 > 日本の歌手 > 長山洋子の意味・解説 

長山 洋子

長山洋子の画像 長山洋子の画像
芸名長山 洋子
芸名フリガナながやま ようこ
性別女性
生年月日1968/1/13
星座やぎ座
干支申年
血液型AB
出身東京都
URLhttp://www.jvcmusic.co.jp/yoko/
ブログURLhttp://ameblo.jp/yoko-nagayama/
デビュー年1984
プロフィール1984年4月16才の時『春はSA.RA.SA.RA』でアイドルポップスシンガーとしてデビュー。1986年10月ユーロビートに乗せたカバーヴィーナス』がヒット1988年に映画『恋子の毎日』に主演するなど、歌手・女優としてキャリア重ねる。デビュー10年目1993年25才で演歌歌手転身。“演歌元年”のキャッチフレーズで『ひぐらし)』を発売演歌界に新風吹き込み年末の各賞受賞はじめNHK紅白歌合戦への初出場を果たす。その後ヒット連発。「でもねポーズ」が話題となった『捨てられて』。将棋界奇才羽生善治氏をモチーフにした『たてがみ』など、「演歌の長山洋子」のスタンスをより固めていく。また、ビクター少年民謡会時代経験を生かした津軽三味線民謡披露など、コンサートにも一層の磨きかかっていく中、立ち弾き三味線唄う『じょんから女節』が大ヒット。より深み増し表現力で独自の世界創出し、演歌ファン強烈アピールした。2005年からはタイトルに『洋子の…』と冠した3部作リリース2006年には作曲家・影山時則氏とのデュエット曲『絆』が大ヒット記録。「デュエットソングの新定番」としてカラオケファンに広く支持を受けている。2012年4月11日木曽翌檜発売同時に木曽観光大使就任
デビュー作『春はSA.RA.SA.RA』
代表作品1年2012
代表作品1CDシングル木曽翌檜
代表作品2年2012
代表作品2CDアルバム帰心~長山洋子 津軽三味線の旅~』
代表作品3年2012
代表作品3CDシングル『ほっとしてください
職種音楽

» タレントデータバンクはこちら

長山洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/27 19:15 UTC 版)

長山 洋子(ながやま ようこ、1968年1月13日 - )は、日本演歌歌手。1980年代アイドル歌手津軽三味線の澤田流の名取でもある。






「長山洋子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「長山洋子」の関連用語

長山洋子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



長山洋子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの長山洋子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS