羽生善治とは?

羽生 善治(はぶ よしはる)

三冠王位王座棋聖

永世名人永世王位・名誉王座永世棋王永世棋聖永世王将・名誉NHK杯選手権者
永世称号の襲位、就位については原則引退


タイトル履歴
竜王 6期(第2期-1989年度・5期・7~8期・1415期)
名人 7期(第52期-1994年54期・61期・6668期)
十九名人(襲位は原則引退後)
王位 15期(第34期-1993年度~42期・45期~47期・5254期)
永世王位(就位は原則引退後)
王座 21期(第40期-1992年度~58期・6061期)
-名誉王座(就位は原則引退後)
棋王13期(第16期-1990年度~27期・30期)
永世棋王(就位は原則引退後)
王将 12期(第45期-1995年度~50期・52期・54期~58期)
永世王将(就位は原則引退後)
棋聖 12期(第62期-1993年前期66期・71期・7984期)
永世棋聖(就位は原則引退後)
登場回数合計 114
竜王13回(第2期-1989年度~3期・5~9期・1316期・21期・23期)
名人13回(第52期-1994年55期・6163期・6671期)
王位19回(第34期-1993年度~49期・5254期)
王座22回(第40期-1992年度~61期)
棋王16回(第16期-1990年度~28期・3031期・33期)
王将16回(第44期-1994年度~59期)
棋聖15回(第62期-1993年前期67期・7172期・76期・7984期)
獲得合計 86
優勝履歴
朝日杯将棋オープン戦 3回(第3回-2009年度・5回・7回)
朝日オープン選手権 4回(第22回-2003年度~25回-2006年度)
全日本プロトーナメント3回(第8回-1989年度・10回・16回)
銀河戦 5回(第8回-1999年度・第8回・9回・第12回・第14回・第20
非公式戦時代の第5・6回も)
NHK杯 10回(第38回-1988年度・41回・45回・47回・48回・50回・58回~61回)
-名誉NHK杯選手権者
早指し選手権戦3回(第26回-1992年度・29回・36回)
日本シリーズ 5回(第12回-1991年度・19回・24回・3132回)
新人王戦1回(第19回-1988年度)
勝抜戦5勝以上4回(第11回-1988年度・13回・20回・22回)
天王戦2回(第3回-1987年度・4回)
若獅子戦2回(第10回-1987年度・12回)
優勝合計 42
将棋大賞
14回(1986年度)勝率一位賞・新人
15回(1987年度)勝率一位賞・最多勝利賞・敢闘賞
16回(1988年度)最優秀棋士賞・勝率一位賞・最多勝利賞・最多対局賞・連勝
17回(1989年度)最優秀棋士賞・勝率一位賞・最多勝利賞・最多対局賞・連勝
19回(1991年度)敢闘賞
20回(1992年度)最優秀棋士賞・勝率一位賞・最多勝利賞・最多対局賞・連勝
21回(1993年度)最優秀棋士
22回(1994年度)最優秀棋士賞・最多勝利
23回(1995年度)最優秀棋士賞・特別賞勝率一位賞・最多勝利
24回(1996年度)最優秀棋士
26回(1998年度)最優秀棋士賞・最多対局
27回(1999年度)最優秀棋士
28回(2000年度最優秀棋士賞・勝率一位賞・最多勝利賞・最多対局賞・連勝
29回(2001年度)最優秀棋士
30回(2002年度)最優秀棋士賞・最多勝利賞・最多対局
32回(2004年度)最優秀棋士賞・最多勝利賞・最多対局
33回(2005年度)最優秀棋士賞・最多対局賞・連勝
34回(2006年度)優秀棋士賞・名局
35回(2007年度)最優秀棋士賞・最多対局賞・最多勝利賞・名局
36回(2008年度)最優秀棋士賞・名局
37回(2009年度) 最優秀棋士
38回(2010年度) 最優秀棋士賞・最多勝利
39回(2011年度) 最優秀棋士賞・最多対局賞・最多勝利
40回(2012年度) 特別賞・優秀棋士賞・最多対局賞・最多勝利賞・名局
その他表彰
1994年2月都民文化栄誉章
1996年3月内閣総理大臣顕彰
1999年将棋栄誉賞通算六百達成
2003年将棋栄誉敢闘賞通算八百達成
2007年12月 特別将棋栄誉賞(公式戦通算1000勝)
2008年 56菊池寛賞
2010年 現役勤続25年

羽生善治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/17 01:34 UTC 版)

羽生 善治(はぶ よしはる、1970年9月27日 - )は、日本将棋棋士十九世名人永世竜王永世王位名誉王座永世棋王永世王将永世棋聖名誉NHK杯選手権者の資格保持者[注 1]二上達也九段門下。棋士番号は175。




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 襲位は原則引退後。名誉NHK杯選手権者のみ即日襲位。
  2. ^ のち、2017年度から叡王戦が加わり、タイトル戦は8となった。
  3. ^ タイトル戦の数が6つ以上になってからの「永世六冠」も羽生が初めて(タイトル戦が5つの時代には大山康晴が「永世五冠」を達成している)。また、名誉NHK杯選手権者の称号を得たのも羽生が史上初であり、2018年現在において唯一の保持者である。
  4. ^ 羽生に将棋を教えたこの同級生は小学校3年のときに山形県に引っ越し、以来、音信不通であったが、1995年にタイトル就位式で再会を果たす。(『将棋世界[4月臨時増刊号]七冠王、羽生善治。』 日本将棋連盟、1996年、171頁
  5. ^ 中嶋克安指導棋士は、父が病気で倒れたため奨励会を退会して家業を継ぎ、そのかたわら道場(のちの八王子将棋クラブ)を開いた。
  6. ^ 小学生将棋名人戦には3年生のときから参加し、2年連続1回戦負けの後、前年の5年生時はベスト8であった。
  7. ^ a b 当時は、三段リーグの制度がなかった。
  8. ^ 島朗による命名。
  9. ^ これについて谷川浩司は「まず抽選をするわけですから」と述べた上で、「(羽生が)持って生まれた運」と表現している。(『別冊宝島380 将棋王手飛車読本 - 将棋の神に選ばれし者たちの叫びを聞け』 宝島社、1998年、16頁 ISBN 978-4796693806)。
  10. ^ 18連勝のうち10勝は前年度からの繰越し。連勝を止めたのは大山康晴。
  11. ^ 「前竜王」はタイトルに準じる称号。「棋戦 (将棋)#竜王と名人」を参照。
  12. ^ 同様の事例としては、棋聖位再挑戦時の「八段」を最後にタイトル称号・前名人・永世十段・十六世名人を名乗り、名人在位中に昇段した「九段」の段位を称することがなかった中原誠がいる。また、現役棋士では、2004年竜王挑戦時の「六段」を最後に2018年3月末時点まで13年以上のタイトル保持を続ける渡辺明がいる。
  13. ^ 第1期・第2期叡王戦では、棋戦運営の都合上、タイトル保持者もタイトル称号ではなく段位で呼称されていたため、羽生が参加した第2期では「羽生善治九段」と呼称されていた。
  14. ^ 森下は「もしも谷川が竜王を防衛していたとしたら、羽生は七冠どころか四冠も難しかったのではないか」とも述べている(『将棋マガジン』1996年6月号 日本将棋連盟、16頁)。
  15. ^ 米長は、もしもストレート負けしたら引退すると心の中で決めていたが、3連敗の後に2勝を返した(日本将棋連盟「米長邦雄の本」)。
  16. ^ このことを谷川は「お互いの意思がピッタリ合った」と表現している(日本将棋連盟書籍編『谷川vs羽生100番勝負-最高峰の激闘譜!』日本将棋連盟、2000年。ISBN 978-4819702102)。
  17. ^ 谷川は、第1局と第2局の間に阪神淡路大震災で被災していた。谷川は後に「(逆に)もしも震災がなかったら、このとき敗れていたのかもしれない」という旨を語っている(『別冊宝島380 将棋王手飛車読本 - 将棋の神に選ばれし者たちの叫びを聞け』 宝島社、1998年、20-21頁 ISBN 978-4796693806)。
  18. ^ 第53期名人戦第1局の108手目、森下は悪手△8三桂(△6七飛成で王手をしながら金を取れば勝勢)を指して羽生の逆転勝ちとなった。第43期王座戦第2局の98手目、森は△6九銀からの詰み(立会人の内藤國雄曰く「1秒でわかる詰み」)を見逃して受けに回り、羽生の逆転勝ち。谷川王将への挑戦権を争う王将リーグでも、森内が95手目に悪手▲9二竜(単に▲5八香として馬を取れば大優勢)を指したことによってもつれた結果、羽生の勝ちとなった(以上、「将棋マガジン」1996年3月号「さわやか流・米長邦雄のタイトル戦教室」より)。
  19. ^ 46勝9敗のうち、タイトル戦だけでは25勝5敗(0.833)。この年度の最終戦となった対屋敷伸之戦に勝っていれば、1967年度に中原誠の記録した歴代最高勝率(0.8545、47勝8敗)に並ぶことができていた。なお、羽生のこの記録は2011年度の中村太地の勝率(0.8511、40勝7敗)に抜かれ、現在では歴代3位となる。但し、中原、中村ともに比較的低段位者と当たることの多い若手時代の記録であるのに対して、この年度の羽生は7度ものタイトル戦を戦いながらの記録である(1967年度の中原は後期の棋聖戦のみに登場、2011年度の中村はタイトル戦登場なし)。
  20. ^ 羽生の全冠独占後に『将棋マガジン』(日本将棋連盟)の中で「羽生から最初にタイトルを奪取するのは誰?」というアンケートが行われ、大抵の人が谷川浩司や佐藤康光の名を挙げた中、三浦と答えたのは僅か4人であった。
  21. ^ 相掛かりの先手で、飛車を「浮き飛車」(2六飛)にせず「引き飛車」(2八飛)にする指し方は当時としては珍しかったため、力戦と呼ばれた。しかし、これをきっかけにプロ間で流行するようになる。
  22. ^ この後の村山の休場による4月の不戦勝を含めると8勝6敗。
  23. ^ この谷川とのプレーオフの一局は結果的に(羽生が谷川の玉を)「詰ましにいって詰まなかった」ものだったが、内容は高く評価され、第34回将棋大賞で創設されたばかりの「名局賞」を、谷川とともに受賞している。
  24. ^ 囲碁のタイトル戦では3連敗4連勝は、すでに何度も発生していた。
  25. ^ 2005年度、第53期王座戦で佐藤(康)の挑戦を退け王座戦14連覇を果たした時点で大山康晴が名人戦で樹立した同一タイトル連覇記録(1959年-1971年、名人13連覇)を抜いた。
  26. ^ 翌年の決勝での敗退まで、羽生は5年間をかけてこのトーナメントで24連勝している。この記録は佐藤康光評するに自身の13連勝など問題にならない(『NHK杯伝説の名勝負』p.196)、決勝戦で羽生の五連覇を阻んだ渡辺明評するに「1回負けたら終わりのトーナメントで5年で24連勝したのだから、信じられない記録です。」、「羽生さんは信じられない記録をたくさんもっているけど、その中でも一番信じられない記録といってもいいかもしれない。」(『NHK杯伝説の名勝負』p.223 より引用)とのことである。
  27. ^ 囲碁界では坂田栄男が名誉NHK杯選手権者の称号を獲得している。
  28. ^ 解説役で出演していた内藤國雄は、▲2四歩と指しても先手が僅かに悪いとされているだけであり、羽生ならば何かやってくるかもしれないと相手に思わせる、との旨の解説をした[要出典]
  29. ^ 羽生が打った飛車を森内が3枚の銀で捕獲したと思われた直後、羽生が桂馬を動かした142手目が王手銀取り(飛車の空き王手)となり、森内が今打ったばかりの銀が桂馬で取られてしまった。そして、森内の金・銀がぼろぼろと取られていき、その金・銀で森内の玉が寄せられる形となった。
  30. ^ 2度クリックをしないと指し手が確定されない設定(操作ミスによる指し間違いを防ぐ設定)を対局途中から解除するつもりだったが、解除するのをうっかり忘れたままであったという。時間がぎりぎりになり、着手確認の際誤った操作をしてしまい、着手が間に合わなかったという。直後の公開された感想戦および後日の公式ウェブサイト(第2回大和証券杯ネット将棋・最強戦 渡辺明竜王対羽生善治二冠戦の時間切れ負けについての追加2(5/16) 日本将棋連盟 2008年5月16日 Archived 2008年3月19日, at the Wayback Machine.)上での発表による。
  31. ^ 3か月前に中井広恵もネット対局で時間切れ負けをしている。
  32. ^ 直後の公開された感想戦での渡辺・羽生両者の見解
  33. ^ 翌日、日本将棋連盟の公式ウェブサイト(同上。第2回大和証券杯ネット将棋・最強戦 渡辺明竜王対羽生善治二冠戦の時間切れ負けについての追加2(5/16) 日本将棋連盟 2008年5月16日 Archived 2008年3月19日, at the Wayback Machine.)で、対局者への注意徹底を行うこと、そして、万一同様の事態が起こった場合に指し継ぎの感想戦を行えるようなシステム(ソフトウェア)に変えることにより、ファンサービスを向上する旨が発表された。
  34. ^ この反則負けの3日前-2日前には名人戦で森内に勝利して2勝1敗とし、2日後は棋聖戦の挑戦者決定戦を控えている、という過密スケジュールであった。
  35. ^ 当時は、竜王戦の昇段規定であっても、1年以内に2つ昇段できない規定であったため。
  36. ^ 八段昇段前にタイトル3期は達成していたが、当時は、1年以内の飛び昇段ができない規定であったため。
  37. ^ 番勝負終了前を除く。
  38. ^ 大山康晴に並ぶ。
  39. ^ 永世称号のうち名誉王座以外は原則として引退後に名乗ることになるが(名誉王座のみ満60歳になると現役でも名乗れる)、「名誉NHK杯選手権者」の称号はNHK杯通算10回目の優勝時に与えられる。
  40. ^ たとえば、朝日杯将棋オープン戦の前身の前身は全日本プロ将棋トーナメント。タイトル戦では竜王戦の前身は十段戦
  41. ^ 第31期(1972年度)の中原誠(8戦全勝)、第62期(2003年度)の森内俊之(9戦全勝)に続く記録。
  42. ^ 竜王在位を含む。
  43. ^ 「オールスター勝ち抜き戦」は終了棋戦のため、羽生の16連勝の記録は破られないことが確定。谷川浩司と中原誠が12連勝で2位タイ。
  44. ^ 羽生以外には、藤井聡太が2017年度に4部門賞を独占している。
  45. ^ 羽生以外には、森内俊之(1991年度-63勝)、木村一基(2001年度-61勝)、藤井聡太(2017年度-61勝)が1度ずつ達成している。
  46. ^ 2回は中原誠。
  47. ^ 1997年は谷川浩司、2013年は渡辺明に次いで2位。
  48. ^ 史上8人目。
  49. ^ 将棋界では大山康晴十五世名人に次ぐ史上2人目。
  50. ^ 1996年6月の販売開始当時。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 将棋世界[4月臨時増刊号]七冠王、羽生善治。』日本将棋連盟、1996年、168-175頁 「羽生善治、生い立ちの記」(記・炬口勝弘)
  2. ^ 田中寅彦 『羽生善治 神様が愛した青年』ベストセラーズ、1996年 ISBN 978-4584191286
  3. ^ 将棋マガジン』1996年6月号 日本将棋連盟、37頁
  4. ^ 『将棋世界』2007年11月号 日本将棋連盟、102頁 「加藤一二三九段、1000敗を語る」
  5. ^ a b c d e 『将棋世界[4月臨時増刊号]七冠王、羽生善治。』(日本将棋連盟、1996年) 68-69頁 「七冠を得た喜び」(記・羽生善治)
  6. ^ a b 将棋マガジン』1996年4月号 日本将棋連盟、14-16頁
  7. ^ a b 羽生善治 著『才能とは続けられること(100年インタビュー)』PHP研究所。
  8. ^ 将棋マガジン(日本将棋連盟)1996年8月号でのインタビュー
  9. ^ 『日本将棋用語事典』118頁下段。
  10. ^ 『将棋世界』1998年5月号 日本将棋連盟、「第47回NHK杯トーナメント 四冠羽生善治vs八段村山聖 痛恨の△7六角」
  11. ^ 『将棋世界』2008年10月号 日本将棋連盟、68頁 「これならわかる! 最新戦法講義」
  12. ^ 『将棋世界』2008年3月号 日本将棋連盟、63-65頁 「進化する羽生将棋」(記・鈴木大介勝又清和
  13. ^ 『将棋世界』2006年10月号 日本将棋連盟、18-19頁
  14. ^ 平成10年版「将棋年鑑」(日本将棋連盟)
  15. ^ 『別冊宝島380 将棋王手飛車読本 - 将棋の神に選ばれし者たちの叫びを聞け』 宝島社、1998年、巻末 ISBN 978-4796693806
  16. ^ 『別冊宝島380 将棋王手飛車読本 - 将棋の神に選ばれし者たちの叫びを聞け』 宝島社、1998年、17頁 ISBN 978-4796693806
  17. ^ 『将棋世界』2007年1月号、日本将棋連盟
  18. ^ 『わたしの失敗 III: 著名35人の体験談』産経新聞文化部、2008年、123頁。
  19. ^ 『脳を活かす生活術: 希望の道具箱』(茂木健一郎著、PHP研究所2009年)「07 涙とは自分自身を更新させる道具」
  20. ^ 将棋世界special vol.2『羽生善治―将棋史を塗り替えた男―』(将棋世界編集部 編)28ページなど
  21. ^ 羽生善治『決断力』 角川書店〈角川oneテーマ21〉、2005年、5-6頁。
  22. ^ 梅田望夫『シリコンバレーから将棋を観る』中央公論新社、2009年。
  23. ^ 『将棋世界』2006年8月号 日本将棋連盟、22頁
  24. ^ 加藤一二三 著『羽生善治論 「天才」とは何か』59ページなど
  25. ^ 『プロフェッショナル 仕事の流儀 羽生善治 棋士 直感は経験で磨く』(茂木健一郎 編集、NHK「プロフェッショナル」制作班 編 NHK出版)98ページなど
  26. ^ 著書『決断力』 角川書店(角川oneテーマ21)、199頁 ISBN 978-4047100084
  27. ^ 『先を読む頭脳』(松原仁・伊藤毅志と共著) 新潮社、2006年、147頁 ISBN 978-4103016717
  28. ^ 高橋美幸著『まんが羽生善治物語』くもん出版、1995年6月。ISBN=9784875769934。
  29. ^ a b 『NHK将棋講座テキスト』2015年6月号、6-7頁。
  1. ^ 新四段誕生のお知らせ *藤井聡太(史上最年少四段)・大橋貴洸”. 日本将棋連盟 (2016年9月3日). 2016年9月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年9月5日閲覧。
  2. ^ 玲瓏:羽生善治(棋士)データベースの年度別成績を参照。
  3. ^ 倉沢鉄也 (2011年6月9日). “羽生世代がもたらした、速さと若さの時代”. WEBRONZA. http://astand.asahi.com/magazine/wrnational/2011060800010.html?iref=webronza 
  4. ^ 羽生善治二冠、名誉NHK杯に!”. 日本将棋連盟 (2012年3月19日). 2017年12月15日閲覧。
  5. ^ 羽生、通算タイトル獲得数歴代単独1位に”. 日本将棋連盟 (2012年7月6日). 2017年12月15日閲覧。
  6. ^ 羽生二冠、1200勝を達成!”. 日本将棋連盟 (2012年8月17日). 2017年12月15日閲覧。
  7. ^ “名人戦:羽生、充実の指し回し…粘る行方にすき与えず”. 毎日新聞. (2015年5月29日). http://mainichi.jp/graph/2015/05/30/20150530k0000m040084000c/001.html 
  8. ^ “羽生善治が竜王戦で勝利、史上初「永世七冠」に。“天才”が歩んだ足跡をたどる”. ハフポスト. (2017年12月5日16時24分(日本時間)). http://www.huffingtonpost.jp/2017/12/05/yoshiharu-habu-legend_a_23297098/ 2017年12月6日閲覧。 
  9. ^ “名人戦:羽生、反撃決め先勝 史上2人目の1400勝” (日本語). 毎日新聞. (2018年4月12日). 2018-4-12. オリジナル2018年4月15日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180415042716/https://mainichi.jp/articles/20180413/k00/00m/040/057000c 2018年4月15日閲覧。 
  10. ^ 玲瓏:羽生善治(棋士)データベースの戦型別対局成績によると、振り飛車の採用率は約1割である(2015年2月24日閲覧)。
  11. ^ 伝説の棋士・阪田三吉の名言「銀が泣いている」に込められた想いとは? 日本将棋連盟(安次嶺隆幸)、2017年12月11日(2017年12月14日閲覧)。
  12. ^ ゲンダイネット』2000年7月7日掲載「話題の焦点」
  13. ^ NIKKEI NET将棋王国 会見プラザ 第5回 深浦康市八段
  14. ^ 一発ギャグ日本一は将棋・羽生名人のいとこ・羽生幸次郎 オリコン転職 2008年8月17日
  15. ^ “棋士・羽生善治のお母さん ハツさん:2 高校入学、勧めたことを後悔”. 朝日新聞. (2008年8月). オリジナル2009年4月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090409130737/http://www.asahi.com/edu/student/tensai/TKY200808110277.html 2009年3月22日閲覧。 
  16. ^ “朝日委託記者、名人戦対局中の羽生にサインおねだり”. 夕刊フジ. (2009年4月11日). http://www.zakzak.co.jp/gei/200904/g2009041101_all.html 2015年5月18日閲覧。 
  17. ^ “手震える…羽生王将 猛攻かわして2勝3敗”. スポニチアネックス. (2010年3月12日). オリジナル2014年11月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141129041333/http://www.sponichi.co.jp/society/special/osho2010/KFullNormal20100312119.html 
  18. ^ NIKKEI NET 将棋王国 コラムの森(1995年9月26日の日本経済新聞夕刊からの引用) 日本経済新聞社 Archived 2008年5月21日, at the Wayback Machine.
  19. ^ 羽生善治、第57期王座戦で山崎隆之があっさり投了した件を語る。[出典無効]
  20. ^ When a Shogi champion turns to chess chessbase.com(英語)
  21. ^ “羽生二冠、チェスで仏チャンピオンと引き分け”. 朝日新聞. (2011年10月). オリジナル2011年10月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111030112425/http://www.asahi.com/culture/update/1030/TKY201110300210.html 
  22. ^ Chess-playing Japanese Shogi champions Chess News(英語)
  23. ^ “羽生二冠、チェスで引き分け 世界トップ級と対戦”. 朝日新聞. (2012年4月). オリジナル2012年4月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120422043309/http://www.asahi.com/culture/update/0421/TKY201204210368.html 
  24. ^ “30カ国140人、複雑さと格闘 チェス版「詰将棋」、神戸で世界大会”. 朝日新聞. (2012年10月2日). http://www.asahi.com/shougi/topics/TKY201210020479.html 
  25. ^ “同時対局:羽生王位と仏王者が将棋・チェス同時対局”. 毎日新聞. (2012年9月). オリジナル2012年9月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120922082737/http://mainichi.jp/feature/news/20120918ddm041040045000c.html 
  26. ^ 対局中の映像 朝日新聞社(Youtube) 2012年9月17日
  27. ^ A Challenge for The Second IM Norm - Accomplished! - 小島慎也ブログ 2014年1月4日
  28. ^ FIDE Chess Profile Archived 2014年12月9日, at the Wayback Machine.
  29. ^ 電王戦スペシャルチェス対局 ニコニコ動画
  30. ^ “「正面からぶつかる姿勢貫けた」羽生名人、一問一答”. 朝日新聞. (2010年5月20日). http://www.asahi.com/shougi/news/TKY201005190472.html 2011年5月20日閲覧。 
  31. ^ a b 羽生善治三冠の髪の寝癖、勝敗と関係がある? 日経BP社 2014年5月19日
  32. ^ a b 髪の寝癖を直すのに要する時間(羽生名人編) 将棋ペンクラブログ 2011年4月21日
  33. ^ 2013年10月8日五番勝負 第4局 羽生善治王座 対 中村太地六段|第61期王座戦 日本将棋連盟王座戦中継サイト
  34. ^ 八王子観光協会 Archived 2010年12月5日, at the Wayback Machine.
  35. ^ ハフポスト、「通算1400勝の偉業、史上最年少で達成。それでも羽生竜王「これを励みに前に」」2018年04月13日
  36. ^ NHK NEWS WEB、「将棋 羽生二冠 通算1400勝を達成 史上2人目」2018年4月12日
  37. ^ 東京都文化賞・都民文化栄誉章 東京都生活文化局 Archived 2015年9月24日, at the Wayback Machine.
  38. ^ 羽生善治将棋で鍛える「決断力」DS アイデス
  39. ^ i羽生将棋 〜初心者、初級者向け将棋総合アプリ〜
  40. ^ i羽生将棋 アイデス
  41. ^ 初心者向け良アプリ 「羽生善治の将棋のお手本」
  42. ^ 羽生善治 プロフェッショナル 仕事の流儀 番組公式サイト
  1. ^ DVD『情熱大陸×羽生善治・渡辺明・佐藤康光・谷川浩司』(ジェネオンエンタテインメント)収録







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

羽生善治のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

田中魁秀

西尾明

石高澄恵

桐山清澄

長谷部久雄

丸山忠久

牧野光則

甲斐智美





羽生善治のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本将棋連盟日本将棋連盟
Copyright(C) 2018 Shogi Association, All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの羽生善治 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS