丸山忠久とは?

丸山 忠久(まるやま ただひさ)

九段

タイトル履歴
名人 2期(第58期-2000年59期)
棋王1期(第28期-2002年度)
登場回数合計 9回
竜王:2回(第24期-2011年度~25期)
名人:3回(第58期-2000年60期)
王座:1回(第47期-1999年度)
棋王:2回(第28期-2002年度~29期)
棋聖:1回(第74期-2003年度)
獲得合計3期
優勝履歴
全日本プロトーナメント1回(第17回-1998年度)
NHK杯1回(第55回-2005年度)
早指し選手権戦2回(第34回-2000年度・第35回)
日本シリーズ2回(第20回-1999年度・第22回)
新人王戦2回(第25回-1994年度・26回)
勝抜戦5勝以上4回(第14回-19923年度・15回・20回・21回)
優勝合計12
将棋大賞
22回(1994年度)連勝賞・新人
23回(1995年度)最多勝利賞・連勝
27回(1999年度)最多勝利賞・最多対局賞・連勝賞・技能賞
28回(2000年度殊勲賞
30回(2002年度)殊勲賞
39回(2011年度) 名局
その他表彰
2000年11月木更津市名誉市民
2007年 将棋栄誉賞通算六百達成

丸山忠久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/13 23:49 UTC 版)

丸山 忠久(まるやま ただひさ、1970年9月5日 - )は、将棋棋士、九段。実力制11人目の名人佐瀬勇次名誉九段門下。棋士番号は194。千葉県木更津市出身。いわゆる「羽生世代」の一人。




  1. ^ 藤井猛三浦弘行も一度奨励会試験に落ちた経験を持つが、丸山と同様、その後A級棋士・タイトルホルダーにまでなっている。
  2. ^ 丸山忠久九段の研修会時代 - 将棋ペンクラブログ・2013年11月10日
  3. ^ a b 美学に殉じた棋士(前編) - 将棋ペンクラブログ・2011年3月7日
  4. ^ ミス日本フォトジェニック受賞の後、「川村利里」名でグラビアアイドルとしての活動歴もあり(zakzak 2003年10月20日)。
  5. ^ 丸山忠久九段、結婚(日本将棋連盟)
  6. ^ 調査報告書 P13
  7. ^ 「第29期竜王戦七番勝負挑戦者の変更について【丸山忠久九段のコメント】」” (2016年10月29日). 2016年10月29日閲覧。
  8. ^ 丸山九段「コンピューターに支配される世界なんてまっぴらごめん」”. スポーツ報知 (2016年10月21日). 2016年10月21日閲覧。
  9. ^ 戦慄の早朝三羽烏 - 将棋ペンクラブログ・2014年11月17日
  10. ^ 竜王戦、王将戦、棋王戦 - 将棋ペンクラブログ・2011年12月3日
  11. ^ みろく庵では○○トッピングがブーム!?将棋会館近くのおすすめグルメスポット7選【後編】 - 日本将棋連盟・2016年10月27日
  12. ^ 対局者の昼食 - 竜王戦中継plus・2016年8月15日
  13. ^ 昼食休憩 - 竜王戦中継plus・2016年8月26日
  14. ^ 第29期竜王戦第2局・棋譜解説「丸山はカロリーメイトの缶を開けた。終盤戦に向けて栄養を補給する」など
  15. ^ 名誉市民・市民栄誉賞(千葉県木更津市公式ホームページ)


「丸山忠久」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「丸山忠久」の関連用語

丸山忠久のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

日浦市郎

郷田真隆

土佐浩司

村田顕弘

安食総子

千葉幸生

桐山清澄

川上猛





丸山忠久のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本将棋連盟日本将棋連盟
Copyright(C) 2018 Shogi Association, All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの丸山忠久 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS