王座とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > ところ > 王座の意味・解説 

おう‐ざ〔ワウ‐〕【王座】

読み方:おうざ

王の座る席。王の地位王位。「—に就く」

第一人者としての地位首位の座。「業界の—を占める」「—決定戦

囲碁・将棋で、タイトルの一。王座戦勝者タイトル保持者となる。


王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/28 03:03 UTC 版)

王座(おうざ)




「王座」の続きの解説一覧

王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/19 14:28 UTC 版)

Mario's Time Machine」の記事における「王座」の解説

紀元前31年使用

※この「王座」の解説は、「Mario's Time Machine」の解説の一部です。
「王座」を含む「Mario's Time Machine」の記事については、「Mario's Time Machine」の概要を参照ください。


王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/29 13:15 UTC 版)

IKUSA」の記事における「王座」の解説

IKUSAでは 戦王(いくさおう)という名前の王座を認定していた。王者には、チャンピオンベルト代わりに日本刀贈呈された。 階級名には、U(Under、アンダー)がつけられている。例えば60kg級であれば、U60戦王(アンダーシックスティいくさおう)と呼ばれる女子の場合は女王(いくさじょうおう)である。 設定された階級には、男子が60kg・70kg、女子が50kg級である。

※この「王座」の解説は、「IKUSA」の解説の一部です。
「王座」を含む「IKUSA」の記事については、「IKUSA」の概要を参照ください。


王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/30 09:44 UTC 版)

S1 (格闘技)」の記事における「王座」の解説

王座には、国内王座・インターナショナル国際)王座・コンチネンタル大陸)王座・世界王座4種類がある。 国内王座の場合、開催国から最低4人以上の選手出場しなければならないインターナショナル王座の場合、出場する8人の選手の国籍2つでなければならない。ゆえに、一つの国から4人、もう一つの国から4人が出場しなければならないコンチネンタル王座の場合、開催国から最大で4人まで出場し2人開催国以外から出場しなければならない世界王座の場合、一つの国から最大で2人まで出場できる

※この「王座」の解説は、「S1 (格闘技)」の解説の一部です。
「王座」を含む「S1 (格闘技)」の記事については、「S1 (格闘技)」の概要を参照ください。


王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/01 08:57 UTC 版)

英国ボクシング管理委員会」の記事における「王座」の解説

BBBofC自体は、以下の3種類の王座を認定している。 イギリス王座(Britishイングランド王座(Englishケルト王座(CelticBBBofC設置する8つ地域評議会は、それぞれ、以下の王座を認定している。4から8までは、イングランド内部地区王座である。 スコットランド王北アイルランド王座 ウェールズ王座 北部王座 中部王座 南部王座 西部王座 ミッドランズ王座

※この「王座」の解説は、「英国ボクシング管理委員会」の解説の一部です。
「王座」を含む「英国ボクシング管理委員会」の記事については、「英国ボクシング管理委員会」の概要を参照ください。


王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/30 02:29 UTC 版)

世界プロムエタイ連盟」の記事における「王座」の解説

各国の「ナショナル」王座(*タイ国タイ国プロムエタイ協会王者ナショナル王者)、「世界」「ヨーロッパ」王座の他、「女子」王座が存在する日本ではWPMF JAPANWPMF日本支局)として、国内王座(WPMF日本王者)を認定している。

※この「王座」の解説は、「世界プロムエタイ連盟」の解説の一部です。
「王座」を含む「世界プロムエタイ連盟」の記事については、「世界プロムエタイ連盟」の概要を参照ください。


王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/23 17:02 UTC 版)

世界ムエタイ評議会」の記事における「王座」の解説

王座は上から順に「世界」・「インターコンチネンタル」・「インターナショナル」(国際)・「地域」・「国内」・「国内アマチュア」王座がある。地域王座には「ヨーロッパ」・「南太平洋」・「中東」などがある。オーストラリアなどの国が、WMC国内王座を認定している。 過去に、この団体世界王者には、外国人ではスタン・ザ・マンアンディ・フグ日本人では金泰泳小次郎大和哲也などがいた。

※この「王座」の解説は、「世界ムエタイ評議会」の解説の一部です。
「王座」を含む「世界ムエタイ評議会」の記事については、「世界ムエタイ評議会」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「王座」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「王座」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



王座と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

王座のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



王座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの王座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのMario's Time Machine (改訂履歴)、IKUSA (改訂履歴)、S1 (格闘技) (改訂履歴)、英国ボクシング管理委員会 (改訂履歴)、世界プロムエタイ連盟 (改訂履歴)、世界ムエタイ評議会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS