エリザベス2世とは? わかりやすく解説

エリザベス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/13 07:03 UTC 版)

エリザベス2世(エリザベスにせい、Elizabeth the Second1926年4月21日[注釈 1] - 2022年9月8日[1])は、イギリスウィンザー朝第4代女王(在位: 1952年2月6日 - 2022年9月8日[2]。また、イギリスの他14か国の英連邦王国及び王室属領海外領土君主イングランド国教会首長英語版であった。全名は、エリザベス・アレクサンドラ・メアリーElizabeth Alexandra Mary)。


  1. ^ a b c d “英エリザベス女王、死去 英王室発表”. BBC. (2022年9月8日). https://www.bbc.com/japanese/62840312 2022年11月17日閲覧。 
  2. ^ エリザベス女王(エリザベス2世)|Elizabeth II記事一覧 | ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)公式” (日本語). Harper's BAZAAR. 2022年10月3日閲覧。
  3. ^ a b 【悼む】「英国の母」エリザベス女王死去に世界中から哀悼の意/まとめ”. 日刊スポーツ (2022年9月10日). 2022年9月17日閲覧。
  4. ^ “サウジアラビアの故アブドラ国王、エリザベス女王の無謀な運転に怯える”. ハフィントン・ポスト. (2015年1月26日). http://www.huffingtonpost.jp/2015/01/26/queen-elizabeth-took-king-abdullah-a-drive_n_6544824.html 2016年10月30日閲覧。 
  5. ^ 君塚 2020 p.249
  6. ^ a b 君塚直隆関東学院大学教授:ヨーロッパ王室における「譲位」の現状『中央公論』2016年9月号 p.46
  7. ^ a b “エリザベス英女王の死因は「老衰」、死亡時刻は王子たち到着の前”. BBC News. BBC. (2022年9月30日). https://www.bbc.com/japanese/63084815 2022年9月30日閲覧。 
  8. ^ a b 君塚 2020 pp.12-13
  9. ^ Brandreth, p. 103
  10. ^ Pimlott, p. 12
  11. ^ Lacey, p. 56;Nicolson, p. 433;Pimlott, pp. 14–16
  12. ^ Crawford, p. 26;Pimlott, p. 20;Shawcross, p. 21
  13. ^ Brandreth, p. 124;Lacey, pp. 62–63;Pimlott, pp. 24, 69
  14. ^ a b 君塚 2020 p.18
  15. ^ 邦訳『王女物語』、中村妙子訳、みすず書房、2020年
  16. ^ Brandreth, pp. 108–110
  17. ^ Brandreth, p. 105;Lacey, p.81;Shawcross, pp.21–22
  18. ^ Bond, p.8;Lacey, p.76;Pimlott, p.3
  19. ^ 君塚 2011 p.188
  20. ^ 君塚 2020 pp.21-22
  21. ^ 君塚 2020 pp.24-25
  22. ^ a b c 君塚 2020 p.25
  23. ^ Marr, pp. 78, 85;Pimlott, pp. 71–73
  24. ^ e.g. Assheton, Ralph (18 December 1936). “Succession to the Throne”. The Times: 10. 
  25. ^ 君塚 2020 pp.27-28
  26. ^ 君塚 2020 p.28
  27. ^ a b 君塚 2020 p.41
  28. ^ 君塚 2020 pp.41-42
  29. ^ Brandreth, pp. 132–139;Lacey, pp. 124–125;Pimlott, p. 86
  30. ^ Biography of HM Queen Elizabeth the Queen Mother:Activities as Queen”. Royal Household. 2009年7月28日閲覧。
  31. ^ Crawford, pp. 104–114;Pimlott, pp. 56–57
  32. ^ Crawford, pp. 114–119;Pimlott, p. 57
  33. ^ a b Children's Hour:Princess Elizabeth”. BBC (1940年10月13日). 2020年4月17日閲覧。
  34. ^ Children's Hour Broadcast”. YouTube The Royal Family Channel, the official channel of the British Monarchy. (2009年1月20日). 2020年4月17日閲覧。
  35. ^ Early public life”. Royal Household. 2010年4月20日閲覧。
  36. ^ a b c d 君塚 2020 p.42
  37. ^ Pimlott, p. 71
  38. ^ "No. 36973". The London Gazette (Supplement) (英語). 6 March 1945. p. 1315. 2010年6月5日閲覧
  39. ^ Bradford, p. 45;Lacey, p.148;Marr, p. 100;Pimlott, p.75
  40. ^ 黒岩 1997 p.56
  41. ^ 黒岩 1997 pp.56-57
  42. ^ A speech by the Queen on her 21st Birthday, 1947”. イギリス王室公式サイト (1947年4月21日). 2020年4月17日閲覧。
  43. ^ The Crown:Princess Elizabeth's 21st Birthday Speech (1947)”. YouTube British Pathé (2014年4月13日). 2020年4月17日閲覧。
  44. ^ Heald, p. 77
  45. ^ Edwards, Phil (2000年10月31日). “The Real Prince Philip”. Channel 4. 2009年9月23日閲覧。
  46. ^ a b c 君塚 2014 p.242
  47. ^ a b 君塚 2020 p.46
  48. ^ 60 Diamond Wedding anniversary facts”. Royal Household (2007年11月18日). 2010年6月20日閲覧。
  49. ^ 君塚 2020 pp.44-45
  50. ^ a b 君塚 2020 p.45
  51. ^ Hoey, p. 59;Petropoulos, p.363
  52. ^ Bradford, p.61
  53. ^ 君塚 2020 pp.47-49
  54. ^ 君塚 2020 p.51
  55. ^ 君塚 2020 p.51-52
  56. ^ 君塚 2020 pp.55-56
  57. ^ 君塚 2020 pp.56-57
  58. ^ 君塚 2020 p.57
  59. ^ 君塚 2020 p.64
  60. ^ 君塚 2020 p.62
  61. ^ 松浦晃一郎. “英国で「末席」を用意された天皇陛下を「最前列」に呼び寄せた人物とは? 天皇陛下が尊敬される理由”. Book Bang. 新潮社. 2021年3月25日閲覧。
  62. ^ 君塚 2020 p.60
  63. ^ a b 君塚 2020 p.251
  64. ^ 君塚 2020 pp.170-171
  65. ^ 君塚 2020 pp.97-98
  66. ^ 黒岩 1997 p.168-169
  67. ^ 黒岩 1997 p.168
  68. ^ 君塚 2020 pp.65-70
  69. ^ 君塚 2020 pp.72-74
  70. ^ 君塚 2020 pp.74-75
  71. ^ 君塚 2020 pp.76-77
  72. ^ 君塚 2020 pp.78-79
  73. ^ 君塚 2020 pp.80-81
  74. ^ 君塚 2020 pp.81-84
  75. ^ 君塚 2014 pp.273-274
  76. ^ 君塚 2014 p.274
  77. ^ 君塚 2014 pp.275-276
  78. ^ a b 君塚 2014 pp.277
  79. ^ 君塚 2014 pp.278-279
  80. ^ 君塚 2020 pp.87-89
  81. ^ 君塚 2020 pp.88-90
  82. ^ 君塚 2020 pp.129-130
  83. ^ 君塚 2020 p.130
  84. ^ 君塚 2020 p.91
  85. ^ a b 君塚 2020 p.102
  86. ^ 君塚 2014 pp.253-256
  87. ^ 生中継 エリザベス英女王来日 NHKご訪問 - NHK放送史
  88. ^ エリザベス女王ご夫妻を迎えて ~NHKスタジオ訪問~ - NHKクロニクル
  89. ^ 君塚 2020 pp.122-123
  90. ^ a b 来日したエリザベス女王「新幹線は、時計より正確だときいています」 威信をかけた現場の奮闘”. J-CASTニュース (2022年9月9日). 2022年9月10日閲覧。
  91. ^ エリザベス女王来日 - NHK放送史
  92. ^ 君塚 2020 pp.124-126
  93. ^ 君塚 2020 p.117
  94. ^ 君塚 2020 p.118
  95. ^ 君塚 2020 p.118-119
  96. ^ 君塚 2020 p.120
  97. ^ 君塚 2020 pp.137-139
  98. ^ 君塚 2020 p.137
  99. ^ 君塚 2020 pp.140-141
  100. ^ 君塚 2020 p.141
  101. ^ 小松左京堺屋太一立花隆企画委員『20世紀全記録 クロニック』(講談社、1987年9月21日)p.959
  102. ^ 小松左京、堺屋太一、立花隆企画委員『20世紀全記録 クロニック』(講談社、1987年9月21日)p.1161
  103. ^ 君塚 2020 p.153
  104. ^ 君塚 2020 pp.156-158
  105. ^ 君塚 2020 pp.158-159
  106. ^ 君塚 2020 pp.160-161
  107. ^ 君塚 2020 p.161
  108. ^ a b 君塚 2020 p.145
  109. ^ a b 君塚 2020 p.146
  110. ^ 黒岩 1997 pp.169-172
  111. ^ 黒岩 1997 pp.170-171
  112. ^ 黒岩 1997 p.169
  113. ^ 黒岩 1997 p.154
  114. ^ 黒岩 1997 p.154-155
  115. ^ 黒岩 1997 pp.156-158
  116. ^ 黒岩 1997 pp.158-161
  117. ^ 黒岩 1997 pp.176-177
  118. ^ 黒岩 1997 p.173
  119. ^ 黒岩 1997 p.178
  120. ^ 君塚 2020 pp.183-185
  121. ^ 君塚 2020 pp.209-210
  122. ^ 君塚 2020 p.210
  123. ^ 君塚 2020 p.212
  124. ^ a b c 君塚 2020 p.189
  125. ^ a b 君塚 2020 p.190
  126. ^ 竹田 2000 pp.274-276
  127. ^ 君塚 2020 pp.199-200
  128. ^ 君塚 2020 p.200
  129. ^ 君塚 2020 p.218
  130. ^ a b 君塚 2020 p.219
  131. ^ 君塚 2020 p.221
  132. ^ 君塚 2020 pp.223-224
  133. ^ 君塚 2020 pp.225-226
  134. ^ a b 君塚 2020 p.231
  135. ^ 君塚 2020 pp.229-230
  136. ^ 君塚 2020 pp.233-234
  137. ^ 君塚 2020 p.234
  138. ^ 君塚 2020 pp.237-239
  139. ^ 君塚 2020 p.239
  140. ^ a b 君塚 2020 p.243
  141. ^ 君塚 2020 pp.244-245
  142. ^ 君塚 2020 pp.247-248
  143. ^ 君塚 2020 pp.248-249
  144. ^ 君塚 2020 p.256
  145. ^ 君塚 2020 p.256-258
  146. ^ 君塚 2020 p.259
  147. ^ 君塚 2020 pp.259-260
  148. ^ 君塚 2020 pp.260-261
  149. ^ a b 君塚 2020 p.260
  150. ^ “英女王の夫フィリップ殿下、公務を引退 96歳”. AFPBB News. フランス通信社. (2017年8月3日). http://www.afpbb.com/articles/-/3137940 2017年11月20日閲覧。 
  151. ^ “英女王夫妻が結婚70周年”. AFPBB News. フランス通信社. (2017年11月20日). http://www.afpbb.com/articles/-/3151699 2017年11月20日閲覧。 
  152. ^ 【モード】装いで語った女王/愛用品 経済効果◆「デザイン賞」設立『読売新聞』夕刊2022年9月15日7面
  153. ^ Live: The world reacts to the death of Prince Philip” (英語). www.abc.net.au (2021年4月9日). 2021年4月9日閲覧。
  154. ^ “トラス氏、イギリスの新首相に就任 女王が任命”. BBC News. BBC. (2022年9月6日). https://www.bbc.com/japanese/62804536 2022年9月8日閲覧。 
  155. ^ “英エリザベス女王、医師の管理下に 滞在先のバルモラル城で”. BBC News. BBC. (2022年9月6日). https://www.bbc.com/japanese/62837873 2022年9月8日閲覧。 
  156. ^ “イギリス エリザベス女王死去 96歳”. NHK NEWS WEB. NHK. (2022年9月9日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220909/k10013810241000.html 2022年9月9日閲覧。 
  157. ^ “エリザベス英女王が死去 96歳”. AFP通信. (2022年9月9日). https://www.afpbb.com/articles/-/3422940 2022年9月9日閲覧。 
  158. ^ “エリザベス女王の死因は老衰、当局が死亡証明書を公表”. CNN.co.jp. CNN. (2022年9月30日). https://www.cnn.co.jp/world/35193962.html 2022年9月30日閲覧。 
  159. ^ "No. 39873". The London Gazette (11th supplement) (英語). 26 May 1953. p. 3023. 2011年11月19日閲覧 Proclamation of 28 May 1953 made in accordance with the Royal Titles Act 1953.
  160. ^ 弥久保宏「英国王室保護領マン島の統治システムについて--世界最古の議会Tynwaldの構造を中心に」『駒沢女子大学研究紀要』第17巻、駒沢女子大学、2010年、 311頁、 NAID 110008091492
  161. ^ 弥久保宏「英国チャネル諸島、グァンジー代官管轄区の統治システム:もう一つの英国統治スタイル」『駒沢女子大学研究紀要』第20巻、駒沢女子大学、2013年、 122頁、 NAID 110009823046
  162. ^ a b c 『競馬資料』1970年3月号(日本中央競馬会)pp.62-64
  163. ^ 中央競馬PRセンター 1986 p.237-238
  164. ^ 中央競馬PRセンター 1986 p.238
  165. ^ 早坂茂三『田中角栄回想録』
  166. ^ 英国でエリザベス女王所有のディープインパクト産駒ポートフォリオが初勝利|極ウマ・プレミアム” (日本語). p.nikkansports.com. 2021年7月21日閲覧。
  167. ^ エリザベス英女王、善意の気持ちが「今こそ必要」 クリスマスのメッセージ”. BBCニュース日本語版 (2018年12月26日). 2020年4月26日閲覧。
  168. ^ なぜエリザベス女王は“非情の判断”を下したのか?”. 文春オンライン (2020年2月21日). 2020年4月8日閲覧。
  169. ^ a b エリザベス女王演説ノーカット版 解説も”. YouTube テレ東NEWS (2020年4月8日). 2020年4月17日閲覧。
  170. ^ 英女王、新型コロナ対応で異例の演説 「また会いましょう」”. ロイター (2020年4月6日). 2020年4月8日閲覧。
  171. ^ ウイルスとの戦いに「成功します」 英女王が異例の演説”. BBCニュース日本語版 (2020年4月6日). 2020年4月17日閲覧。
  172. ^ エリザベス女王の愛犬、次男アンドルー王子らの元へ 昨年プレゼントした2匹のコーギー”. 日刊スポーツ (2022年9月12日). 2022年9月12日閲覧。
  173. ^ 原作:永福一成 作画:古屋兎丸 監修:志波秀宇『ビッグコミックススペシャル 明仁天皇物語』小学館、2016年
  174. ^ 美味しいヨーロッパ アウトバウンド促進協議会(2021年12月10日閲覧)
  175. ^ 黒柳徹子という、素直に、飽きずに、子どもの目で世界を見る人。 BY VOGUE JAPAN 2017年1月11日(2019年9月7日閲覧)
  176. ^ 「新幹線は時計より正確」来日時に国鉄マンが懸命の定刻運行、エピソードが話題”. スポーツニッポン (2022年9月10日). 2022年9月10日閲覧。
  177. ^ ““英女王”ヘリから降下!仰天の舞台裏”. ZAKZAK. (2012年8月7日). http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20120807/enn1208070749003-n1.htm 2017年7月11日閲覧。 
  178. ^ エリザベス女王 王族にも極秘だった五輪でのボンド競演 ウィリアム王子もビックリ”. 東京スポーツ (2022年9月9日). 2022年9月11日閲覧。
  179. ^ (5ページ目)「彼らは大変失礼でした」世界中から愛されるエリザベス女王が唯一批判した“海外の要人”とは? | 文春オンライン
  180. ^ “エリザベス英女王、中国使節は「とても失礼」と 録音されていた会話で” (日本語). BBCニュースジャパン (英国放送協会). (2016年5月11日). http://www.bbc.com/japanese/36263943 2016年5月19日閲覧。 
  181. ^ “エリザベス女王が失言、中国の訪英団は「ひどく失礼」-カメラが記録” (日本語). ブルームバーグ. (2016年5月12日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-05-11/O70BAR6KLVR801 2016年5月19日閲覧。 
  182. ^ a b “英女王が異例の発言 中国側一行の対応は「とても失礼」”. NHKニュースワイド (日本放送協会). (2016年5月11日). オリジナルの2016年5月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160511151010/http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160511/k10010517421000.html 
  183. ^ 渡辺志帆、倉重奈苗 (2016年5月12日). “英女王、中国訪問団は「非礼」 マイクが拾った発言波紋”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ5C71VXJ5CUHBI036.html 2016年5月19日閲覧。 
  184. ^ エリザベス女王、最長在位の秘訣は食にあり(チョコは別腹)2017年6月19日(月)17時30分 西川 恵(毎日新聞社客員編集委員)※時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」より転載 - ニューズウィーク日本版
  185. ^ ニューズウィーク2022年10月11日, p. 58.
  186. ^ ニューズウィーク2022年10月11日, p. 59.
  187. ^ https://www.harpersbazaar.com/jp/celebrity/celebrity-news/a28371267/intruder-buckingham-queen-190712-hns/
  188. ^ https://news.line.me/issue/oa-cosmopolitan/svawv12jdo0h
  189. ^ 英女王の個人資産、オフショア投資が発覚 パラダイス文書 BBC(2017年11月6日)
  190. ^ 'Queen Elizabeth' Rose”. www.helpmefind.com. 2022年9月20日閲覧。
  191. ^ エリザベス 裸苗 - Elizabeth (Ausmajesty)”. David Austin Roses Japan. 2022年9月20日閲覧。
  192. ^ 'Elizabeth' Rose”. www.helpmefind.com. 2022年9月20日閲覧。
  193. ^ ジュビリー・セレブレーション裸苗 - Jubilee Celebration (Aushunter)”. David Austin Roses Japan. 2022年9月20日閲覧。
  194. ^ Royal Jubilee” (英語). David Austin Roses - EU. 2022年9月20日閲覧。
  195. ^ 'Royal Jubilee' Rose”. www.helpmefind.com. 2022年9月20日閲覧。
  196. ^ 英国エリザベス女王の逝去に、FIAやラリー関係者も追悼コメント Rallyplus、2022年9月14日閲覧



エリザベス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 07:33 UTC 版)

海軍本部 (イギリス)」の記事における「エリザベス2世」の解説

ロード・ハイ・アドミラル(1964-2011)。

※この「エリザベス2世」の解説は、「海軍本部 (イギリス)」の解説の一部です。
「エリザベス2世」を含む「海軍本部 (イギリス)」の記事については、「海軍本部 (イギリス)」の概要を参照ください。


エリザベス2世 (1999年–現在)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 00:21 UTC 版)

イギリス連邦」の記事における「エリザベス2世 (1999年–現在)」の解説

現在のコモンウェルスの長英語版)(1952年2月6日-)は、女王エリザベス2世。 ※CHOGM:コモンウェルス首脳会議Commonwealth Heads of Government Meeting) 代写真名国職CHOGM就任退任事務総長1 タボ・ムベキ 南アフリカ共和国 大統領 1999年 1999年11月12日 2002年3月2日 エメカ・アンヤオク ドン・マキノン 2 ジョン・ハワード オーストラリア 首相 2002年 2002年3月2日 2003年12月5日 3 オルシェグン・オバサンジョ ナイジェリア 大統領 2003年 2003年12月5日 2005年11月25日 4 ロウレンス・ゴンジ(Lawrence Gonzi) マルタ 首相 2005年 2005年11月25日 2007年11月23日 5 ヨウェリ・ムセベニ ウガンダ 大統領 2007年 2007年11月23日 2009年11月27日 カマレシュ・シャーマ 6 パトリック・マニング(Patrick Manning) トリニダード・トバゴ 首相 2009年 2009年11月27日 2010年5月25日 7 カムラ・パサード=ビセッサー (なし) 2010年5月26日 2011年10月28日 8 ジュリア・ギラード オーストラリア 首相 2011年 2011年10月28日 2013年6月27日 9 ケビン・ラッド (なし) 2013年6月27日 2013年9月18日 10 トニー・アボット (なし) 2013年9月18日 2013年11月15日 11 マヒンダ・ラージャパクサ スリランカ 大統領 2013年 2013年11月15日 2015年1月9日 12 マイトリーパーラ・シリセーナ (なし) 2015年1月9日 2015年11月27日 13 ジョゼフ・ムスカット マルタ 首相 2015年 2015年11月27日 2018年4月19日 パトリシア・スコットランド 14 テリーザ・メイ イギリス 首相 2018年 2018年4月19日 2019年7月24日 15 ボリス・ジョンソン (なし) 2019年7月24日 現職

※この「エリザベス2世 (1999年–現在)」の解説は、「イギリス連邦」の解説の一部です。
「エリザベス2世 (1999年–現在)」を含む「イギリス連邦」の記事については、「イギリス連邦」の概要を参照ください。


エリザベス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 16:02 UTC 版)

ジェニー・シリーズ」の記事における「エリザベス2世」の解説

英国女王ジェニー能力惚れ込んでおり、事あるごとに難題持ち込んでジェニー困らせたり怒らせたりしている。また女王にとってジェニー本音で話が出来相手一人らしく、何かと口実作って自邸呼んでいる。

※この「エリザベス2世」の解説は、「ジェニー・シリーズ」の解説の一部です。
「エリザベス2世」を含む「ジェニー・シリーズ」の記事については、「ジェニー・シリーズ」の概要を参照ください。


エリザベス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/07 15:46 UTC 版)

ミルドレッド・ゲイル」の記事における「エリザベス2世」の解説

ミルドレッド姉妹メアリージョン・スミス結婚し、その娘のミルドレッドは、ロバートPorteus結婚し1720年バージニア州からヨークシャー引っ越した。その別の娘ミルドレッドPorteusは、コングルトンのロバート・ホジソンと結婚したミルドレッドPorteusはヘンリエッタ・ミルドレッド・ホジソンの祖母で、その娘フランシス・ボーズ=ライアンクロード・ボーズ=ライアン結婚し、エリザベス2世の祖母となった

※この「エリザベス2世」の解説は、「ミルドレッド・ゲイル」の解説の一部です。
「エリザベス2世」を含む「ミルドレッド・ゲイル」の記事については、「ミルドレッド・ゲイル」の概要を参照ください。


エリザベス2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/25 14:42 UTC 版)

アナス・ホリビリス」の記事における「エリザベス2世」の解説

オックスフォード英語辞典』では1985年より前使用されている掲載されているが、この言い回し有名にしたのは、1992年11月24日ギルドホール行われたイギリス女王エリザベス2世の戴冠40周年記念したスピーチである。エリザベス2世はこの年を "annus horribilis" と表現した。 「 1992 is not a year on which I shall look back with undiluted pleasure. In the words of one of my more sympathetic correspondents, it has turned out to be an Annus Horribilis. 」 日本語訳1992年は、私が純粋な喜びと共に振り返ことのできる年ではありません私の同情的な文通相手一人言葉によればこの年は『アナス・ホリビリスとなりました。 」 この言い回し1666年出来事に関するジョン・ドライデンの詩『驚異の年 (Annus Mirabilis )』をほのめかしている。"Sympathetic correspondent" は彼女の前秘書官補佐であったエドワード・フォードであると後に明らかにされた。 1992年3月、彼女の次男であるヨーク公が妻のセーラ別居することが発表されたこの年には、トップレスセーラが彼女の友人ジョン・ブライアンから足にキスされているスキャンダラス写真タブロイド誌掲載された4月、娘のプリンセス・ロイヤルが夫であるマーク・フィリップス大佐離婚した6月プリンセス・オブ・ウェールズ暴露本ダイアナ妃真実』(Diana, Her True Story )が発売された。 11月ギルドホールでのスピーチのわずか4日前、女王居城一つであるウィンザー城火事にあった1992年ウィンザー城火災)。ウィンザー城はひどい損傷を受け、いくつかの貴重な工芸品失われたジョン・メージャー首相当初、(政府が所有するバッキンガム宮殿と同様に)政府ウィンザー城修理費負担することを示唆していた。慣習によって君主国王あるいは女王首相助言受諾しなければならないが、この計画には一般市民相当な抗議があった。納税者のみに頼る計画代替案として、政府夏季の間いくつかの公有王宮女王不在の時は観光客公開し、その入場料ウィンザー城修理費当てることを決定した12月プリンス・オブ・ウェールズと妻ダイアナの別居が発表された

※この「エリザベス2世」の解説は、「アナス・ホリビリス」の解説の一部です。
「エリザベス2世」を含む「アナス・ホリビリス」の記事については、「アナス・ホリビリス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「エリザベス2世」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「エリザベス2世」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エリザベス2世」の関連用語

エリザベス2世のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エリザベス2世のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエリザベス2世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの海軍本部 (イギリス) (改訂履歴)、イギリス連邦 (改訂履歴)、ジェニー・シリーズ (改訂履歴)、ミルドレッド・ゲイル (改訂履歴)、アナス・ホリビリス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS