スコットランド君主一覧とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > スコットランド君主一覧の意味・解説 

スコットランド君主一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/12 10:22 UTC 版)

スコットランド君主一覧では、スコットランド王国国家元首を列挙する。伝承によれば、ケネス1世(ケネス・マカルピン)が最初のスコットランド王であり、843年に建国したとされている。アルバ王国ないし スコットランド王国ピクト王国の区別は、後世の中世の神話や命名法の変化による混乱によって生じたものに過ぎない。すなわち、ラテン語ではなく現地語によって記録がなされるようになった9世紀末ころに、ドナルド2世の治下で「Rex Pictorum」 (ピクト王)という称号が「ri Alban」 (アルバ王)に変更されたのであるが、この時代には、ゲール語における「アルバ」はブリテン(古い意味での)を意味するのではなくピクト王国を意味するようになっていたのである[1]。 したがって、ピクト王国はそのままゲール語でアルバ王国と呼ばれるものであり、後に英語スコットランド王国と呼ばれるものなのである。これらの用語は両言語において今日まで保持されている。遅くとも11世紀後期から、スコットランドの王はラテン語で自身を「rex Scottorum」、すなわち「スコット人の王(King of Scots)」と称していた。「スコット人の王(King of Scots)」の称号が廃止されたのは、1707年、イングランド王国とスコットランド王国が統合してグレートブリテン王国となった時である。かくしてアンはスコットランドの最後の君主(さらにはイングランドの最後の君主)となり、最初のグレート・ブリテン君主となった。両王国は1603年以来、同君連合となっており、1651年にスクーン (スコットランド)で戴冠したチャールズ2世が、実際にスコットランドにおいて戴冠した最後の君主であった。




  1. ^ Broun, Cheese. Scottish Independence. pp. 71–97.
  2. ^ Scottish Parliament Project.
  3. ^ Properly speaking, Coinneach should actually be Cionaodh, since Coinneach is historically a separate name. However, in the modern language, both names have converged.
  4. ^ Skene, Chronicles, p. 83.
  5. ^ Skene, Chronicles, p. 85.
  6. ^ Skene, Chronicles, p. 87.
  7. ^ Hudson, Celtic Kings, p. 58.
  8. ^ Skene, Chronicles, p. 91; Hudson, Celtic Kings, p. 65.
  9. ^ Skene, Chronicles, p. 93.
  10. ^ His name is a Gaelicization of the Norse name Hildufr (or perhaps English Eadulf); it occurs in various contemporary Gaelic forms, such as Iondolbh, found in the Duan Albanach; Ildulb is used because by some historians because it correctly represents the name Hildulfr in Gaelic orthography; Eadwulf would perhaps be Idulb, hence that form is also used sometimes. The name never came into wider use in the Scottish world, or the Gaelic world more generally, and has no modern form. The name "Indulf" is a spelling produced by later medieval French influence; Hudson, Celtic Kings, p, 89.
  11. ^ Skene, Chronicles, p. 94.
  12. ^ Duan Albanach, 23 here; as Dub means "Black", "Dub the Black" is tautologous.
  13. ^ Skene, Chronicles, p. 95.
  14. ^ Skene, Chronicles, p. 96.
  15. ^ Former probable because later English (speaking) sources called him "Grim"; Old Irish donn has similar meaning to Old Irish greimm, which means "power" or "authority"; see Skene, Chronicles, p. 98; Hudson, Celtic Kings, p. 105.
  16. ^ Skene, Chronicles, pp. 99–100.
  17. ^ Skene, Chronicles, p. 101.
  18. ^ a b Skene, Chronicles, p. 102.
  19. ^ Anderson, Early Sources, vol. i, p. 603.
  20. ^ This name was probably only originally applied to Mael Coluim IV, Mael Coluim III's grandson, and then later confused; see Duncan, Kingship of the Scots, pp. 51–52, 74–75; Oram, David I, p. 17, note 1. Cenn Mór certainly means "great chief" rather than "big head", as sometimes thought.
  21. ^ Anderson, Early Sources, vol. ii, p. 141.
  22. ^ This nickname however is not attested for another three centuries, in the work of Andrew of Wyntoun.
  23. ^ Later nickname. Latin Sanctus also means simply "Holy". David was never canonised.
  24. ^ See Duncan, Kingship of the Scots, pp. 51–52, 74–75; Oram, David I, p. 17, note 1. Cenn Mór certainly means "great chief" rather than "big head", as sometimes thought.
  25. ^ Annals of Ulster, s.a. 1214.6; Annals of Loch Cé, s.a. 1213.10.
  26. ^ English Earls 1067-1122
  27. ^ Robert The Bruce. Publisher: Heinemann. ISBN 0-431-05883-0.
  28. ^ thePeerage.com – Person Page 10210. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  29. ^ thePeerage.com – Person Page 10532. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  30. ^ thePeerage.com – Person Page 10211. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  31. ^ thePeerage.com – Person Page 10211. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  32. ^ thePeerage.com – Person Page 10211. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  33. ^ thePeerage.com – Person Page 10212. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  34. ^ thePeerage.com – Person Page 10143. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  35. ^ thePeerage.com – Person Page 10208. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  36. ^ thePeerage.com – Person Page 10190. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  37. ^ thePeerage.com – Person Page 10189. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  38. ^ thePeerage.com – Person Page 10190. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  39. ^ thePeerage.com – Person Page 10189. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  40. ^ thePeerage.com – Person Page 10138. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  41. ^ thePeerage.com – Person Page 10139. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  42. ^ thePeerage.com – Person Page 10140. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  43. ^ thePeerage.com – Person Page 10136. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  44. ^ thePeerage.com – Person Page 10136. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  45. ^ thePeerage.com – Person Page 10136. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  46. ^ thePeerage.com – Person Page 10134. thePeerage.com. Retrieved 2011-02-02.
  47. ^ Schwartzenberg, Roger-Gérard (1980). The superstar show of government. Barron's; Original: University of California Press. p. 257. ISBN 0812052587, 9780812052589. 
  48. ^ Welcome parliament.uk, accessed 7 October 2008


「スコットランド君主一覧」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スコットランド君主一覧」の関連用語

スコットランド君主一覧のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



スコットランド君主一覧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスコットランド君主一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS