ジョージ・H・W・ブッシュとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > その他の政治家 > アメリカ合衆国の外交官 > ジョージ・H・W・ブッシュの意味・解説 

ジョージ・H・W・ブッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/31 01:27 UTC 版)

ジョージ・ハーバート・ウォーカー・ブッシュ[注釈 1]英語: George Herbert Walker Bush1924年6月12日 - 2018年11月30日)は、アメリカ合衆国政治家。同国第41代大統領(在任:1989年1月20日 - 1993年1月20日)。テキサス州選出連邦下院議員国際連合大使、米中連絡事務所所長、中央情報長官(CIA長官)、副大統領を歴任した。死去時最高齢(94歳)の大統領経験者であったが、2019年3月22日に、たまたま同年生まれのジミー・カーターが最高齢記録を更新している。第43代アメリカ合衆国大統領を務めたジョージ・W・ブッシュは彼の長男である。


注釈

  1. ^ アメリカでは第43代大統領であり、ファーストネームとミドルネームの一部が同じである長男のジョージ・W・ブッシュと区別する為に「父ブッシュパパブッシュ)」[1]大ブッシュ」「ブッシュ・シニア」と呼ばれることもある。対する息子のジョージ・ウォーカーは「ブッシュ・ジュニア」である。
  2. ^ 撃墜の様子を日本陸軍に所属していた岩竹信明が目撃しており、彼によればブッシュは墜落の寸前まで機内に留まっていたという[2]

出典

  1. ^ 訃報:ジョージ・ハーバート(H)・ウォーカー(W)・ブッシュ氏 94歳=元米大統領”. 毎日新聞 (2018年12月2日). 2020年10月10日閲覧。
  2. ^ 松永大介 (2019年2月22日). “奇縁でつながったブッシュ大統領と義父”. 一般社団法人 霞関会. 2022年1月23日閲覧。
  3. ^ Gary S. Smith: The Faith of George HW Bush The Christian Post(2017年6月26日)
  4. ^ Dresser-Rand history 1995-1999”. Dresser-Rand. 2009年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年4月24日閲覧。
  5. ^ 菅原出『アメリカはなぜヒトラーを必要としたのか』草思社文庫、pp.231-239
  6. ^ "The Man Who Wasn't There: 'GEORGE BUSH,' C.I.A. OPERATIVE". The Nation. July 1988
  7. ^ a b Courson, Paul (1999年4月26日). “Former President Bush honored at emotional ceremony renaming CIA headquarters”. CNN. 2019年1月20日閲覧。
  8. ^ Meacham, Jon (2015). Destiny and Power: The American Odyssey of George Herbert Walker Bush. Random House. ISBN 978-1-4000-6765-7. pp. 176–177
  9. ^ Szulc, Tad (1971年11月9日). “Correct but Relaxed Dealings With Chinese Urged by Bush”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1971/11/09/archives/correct-but-relaxed-dealings-with-chinese-urged-by-bush.html 
  10. ^ Duncan, Evan M., ed. (2004). Document 247 "Telegram From the Mission to the United Nations to the Department of State, December 22, 1971, 0356Z" |url=の値が不正です。 (説明). United Nations, 1969–1972. Foreign Relations of the United States, 1969–1976. Volume V. Washington: United States Government Printing Office. |volume=にvol.など余分の文字が入力されています。 (説明)
  11. ^ The Bush family and China”. 中国日報. 2019年2月27日閲覧。
  12. ^ Meacham (2015), p. 181
  13. ^ Koh, Harold Hongju (1990). The National Security Constitution: Sharing Power After the Iran-Contra Affair. Yale University Press. ISBN.p. 52
  14. ^ Fausold, Martin L.; Alan Shank (1991). The Constitution and the American Presidency. SUNY Press. ISBN. Pages 186-187.
  15. ^ 菅原出『アメリカはなぜヒトラーを必要としたのか』草思社文庫、pp.239-242
  16. ^ Trento, Joseph J. Prelude to Terror: Edwin P. Wilson and the Legacy of America's Private Intelligence Network. New York: Carroll & Graf (Avalon), 2005. ISBN 9780786717668 p. 104.
  17. ^ “Where Gerald Ford Went Wrong”. The Baltimore Chronicle. (2007年). http://baltimorechronicle.com/2007/010207Parry.shtml 
  18. ^ “FIFA's Dirty Wars”. The New Republic. (2017年12月15日). https://newrepublic.com/article/146303/fifas-dirty-wars 
  19. ^ “Quand Pinochet tuait hors du Chili”. L'Express. (1999年10月30日). https://www.lexpress.fr/actualite/monde/amerique-sud/quand-pinochet-tuait-hors-du-chili_491779.html 
  20. ^ 菅原出『アメリカはなぜヒトラーを必要としたのか』草思社文庫、pp.242-259
  21. ^ アラン・フリードマン「だれがサダムを育てたか アメリカ兵器密売の10年」第2部
  22. ^ S. Frederick Starr (2004). Xinjiang: China's Muslim Borderland (illustrated ed.). M.E. Sharpe. p. 158. ISBN 0-7656-1318-2. Retrieved May 22, 2012.
  23. ^ 菅原出『アメリカはなぜヒトラーを必要としたのか』草思社文庫、pp.260-264
  24. ^ 菅原出『アメリカはなぜヒトラーを必要としたのか』草思社文庫、pp.265-268
  25. ^ a b c d e f g h First Lady Biography: Barbara Bush
  26. ^ 富田与 2003, pp. 159.
  27. ^ Meacham, Jon (2015). Destiny and Power: The American Odyssey of George Herbert Walker Bush. Random House. ISBN 978-1-4000-6765-7. pp. 400–402
  28. ^ 平成3年度 防衛白書”. 防衛省. 2010年11月15日閲覧。
  29. ^ BUSH 'OUT OF THESE TROUBLED TIMES . . . A NEW WORLD ORDER'”. ワシントン・ポスト (1990年9月12日). 2019年12月28日閲覧。
  30. ^ : Operation Desert Storm
  31. ^ "The Unfinished War: A Decade Since Desert Storm". CNN In-Depth Specials. 2001.
  32. ^ Waterman, Richard W. (1996). "Storm Clouds on the Political Horizon: George Bush at the Dawn of the 1992 Presidential Election". Presidential Studies Quarterly. 26 (2): 337–349. JSTOR 27551581. p. 337
  33. ^ 『使用人が見たホワイトハウス』ケイト・アンダーセン・ブラウワー著 光文社 2016年 p82、185-192
  34. ^ 'Millie's Book' Makes First Lady the Big Breadwinner AP通信、1992年4月16日
  35. ^ American Rhetoric's Top 100 Speeches of the 20th Century
  36. ^ バイデン大統領、ディナーは「八芳園」/歴代大統領初来日時のおもてなし一覧”. 日刊スポーツ (2022年5月23日). 2022年5月23日閲覧。
  37. ^ U.S. GRANTS BOEING A WAIVER TO SELL JETLINERS TO CHINA”. ニューヨーク・タイムズ (1989年7月8日). 2017年12月26日閲覧。
  38. ^ PRESIDENT WAIVES SOME CHINA CURBS”. ニューヨーク・タイムズ (1989年12月20日). 2017年12月26日閲覧。
  39. ^ George Bush『All the Best, George Bush: My Life in Letters and Other Writings』435頁 1999年 ISBN 978-1501106675
  40. ^ Kissinger, Henry (2011). Henry Kissinger: On China. United States: Allen Lane. ISBN 978-1-84614-346-5  p.429
  41. ^ Spence, Jonathan D. Kissinger and China, The New York Review of Books, June 2011.
  42. ^ a b "My "Confession", Fang Lizhi, translated by Perry Link. The New York Review of Books, 2011.
  43. ^ COLUMN ONE : China Taps Into World Coffers : The story of Beijing's successful run on the World Bank is a tale of persistence (by China), of avarice (in Western Europe and Japan) and of intrigue (by the Bush Administration)”. ロサンゼルス・タイムズ (1992年10月30日). 2017年12月26日閲覧。
  44. ^ Benewick, Robert; Wingrove, Paul (1999). China in the 1990s (2 ed.). UBC Press. pp. 240. ISBN 978-0-7748-0671-8 
  45. ^ New York Times, 2 Dec. 1990 "Mideast Tensions: How U.S. Won Support to Use Mideast Forces The Iraq Resolution: A U.S.-Soviet Collaboration"
  46. ^ “George H.W. Bush's China connection”. 日本経済新聞. (2018年12月1日). https://asia.nikkei.com/Life-Arts/Obituaries/George-H.W.-Bush-s-China-connection 2020年1月4日閲覧。 
  47. ^ 故ブッシュ元大統領とクリントンとの友情「敵はいつまでも敵ではない」”. Forbes (2018年12月7日). 2018年12月7日閲覧。
  48. ^ Bush: Bin Laden Wanted Dead or Alive - ABC News
  49. ^ “元米大統領「父ブッシュ」、クリスマスも入院継続-退院は未定”. bloomberg.co.jp (ブルームバーグ). (2012年12月25日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MFKDHP6K50Y701.html 2013年1月13日閲覧。 
  50. ^ “ブッシュ元米大統領、発熱し容体悪化  集中治療室に”. CNN.co.jp (CNN). (2012年12月27日). http://www.cnn.co.jp/usa/35026295.html 2013年1月13日閲覧。 
  51. ^ “ブッシュ元大統領、快方に 一般病室へ”. MSN産経ニュース (産経デジタル). (2012年12月30日). オリジナルの2012年12月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121230191434/http://sankei.jp.msn.com/world/news/121230/amr12123011420000-n1.htm 2013年1月13日閲覧。 
  52. ^ “ブッシュ記念館が完成 歴代大統領、勢ぞろい”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2013年4月26日). http://www.47news.jp/CN/201304/CN2013042601001236.html 2013年4月27日閲覧。 
  53. ^ “ブッシュ氏の記念図書館開館、歴代大統領が一堂に会す”. CNN.co.jp (CNN). (2013年4月26日). http://www.cnn.co.jp/usa/35031400.html 2013年4月27日閲覧。 
  54. ^ “ブッシュ元米大統領、肺炎で集中治療室に 夫人も入院”. ロイター. ロイター. (2017年1月18日). http://jp.reuters.com/article/people-bush-idJPKBN1521EA 2018年4月18日閲覧。 
  55. ^ ブッシュ元大統領が退院 肺炎で治療受け回復 CNN 2017年1月31日付
  56. ^ ブッシュ元大統領(父)が大歓声の中でコイントス スーパーボウル 産経ニュース 2017年2月6日付
  57. ^ “バーバラ・ブッシュ夫人が死去 92歳”. AFPBB News. フランス通信社. (2018年4月18日). http://www.afpbb.com/articles/-/3171540 2018年4月18日閲覧。 
  58. ^ “ジョージ・H・W・ブッシュ元米大統領が死去 94歳”. 朝日新聞. (2018年12月1日14時9分). https://www.asahi.com/articles/ASLD14KGGLD1UHBI00P.html 2018年12月1日閲覧。 
  59. ^ 米ブッシュ元大統領死去 東西冷戦の終結を宣言(NHK NEWS WEB 2018年12月1日 2018年12月5日閲覧)
  60. ^ a b “ブッシュ元大統領に別れ 国葬に3000人参列”. 日本経済新聞. (2018年12月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38602450W8A201C1EAF000/?nf=1 2018年12月6日閲覧。 
  61. ^ TEXAN TAKES WORLD LEADERS BY THE HORNS (The Chicago Tribune, 1990)
  62. ^ The Bush Family's New York City Hangouts”. New York Magazine (2004年8月24日). 2019年10月16日閲覧。
  63. ^ Barbara Bush: I Overcame Depression Philly.com、1990年5月22日
  64. ^ 3 things to know about Robin Bush, George H. W. Bush's daughter who died young
  65. ^ [1]
  66. ^ a b MAUREEN DOWD (1990年3月23日). “「大統領です。もう、ブロッコリーにはウンザリだよ!」('I'm President,' So No More Broccoli!)”. ニューヨーク・タイムズ. 2022年9月24日閲覧。
  67. ^ Tim Walker (2013年7月10日). “How broccoli became a political hot potato: Provocative remarks by President Obama about his favourite vegetable have reignited a bitter ideological debate”. 2018年12月2日閲覧。
  68. ^ 多田実『何も語らなかった青春「学徒出陣五十年、歴史を創ったわだつみの若者たち」』123-126頁(三笠書房、1993)
  69. ^ 澤田猛 父島事件 真相の一端 ~米捕虜の処刑に立ち会ったある少尉の証言~ POW研究会
  70. ^ 感謝祭の七面鳥にオバマ大統領が「恩赦」、余生はディズニーランドで”. AFP BB NEWS. フランス通信社 (2009年11月26日). 2019年11月28日閲覧。
  71. ^ Obama Pardons Turkeys…Then They Die”. ABC NEWS. ABC News Internet Ventures (2013年11月22日). 2019年11月28日閲覧。


「ジョージ・H・W・ブッシュ」の続きの解説一覧

ジョージ・H・W・ブッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 00:36 UTC 版)

ムダヅモ無き改革」の記事における「ジョージ・H・W・ブッシュ」の解説

アメリカ合衆国海軍所属ニミッツ級航空母艦10番艦。命名元は無論パパ・ブッシュである。『大海に響くは勝利凱歌』では命名元であるパパ・ブッシュ立会いの下、本空母飛行甲板闘牌舞台として提供された。

※この「ジョージ・H・W・ブッシュ」の解説は、「ムダヅモ無き改革」の解説の一部です。
「ジョージ・H・W・ブッシュ」を含む「ムダヅモ無き改革」の記事については、「ムダヅモ無き改革」の概要を参照ください。


ジョージ・H・W・ブッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 05:17 UTC 版)

征途」の記事における「ジョージ・H・W・ブッシュ」の解説

史実では米海軍航空隊パイロットとして太平洋戦線参加し後に41合衆国大統領となった人物

※この「ジョージ・H・W・ブッシュ」の解説は、「征途」の解説の一部です。
「ジョージ・H・W・ブッシュ」を含む「征途」の記事については、「征途」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ジョージ・H・W・ブッシュ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ジョージ・H・W・ブッシュ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類

アメリカ合衆国の外交官 タウンゼント・ハリス  アントン・ポートマン  ジョージ・H・W・ブッシュ  ヘンリー・グレイディ  ジョン・アダムズ
アメリカ合衆国の副大統領 ジョン・タイラー  アンドリュー・ジョンソン  ジョージ・H・W・ブッシュ  ジョン・アダムズ  ハンニバル・ハムリン
アメリカ合衆国の大統領 アンドリュー・ジョンソン  Ulysses S. Grant  ジョージ・H・W・ブッシュ  Dwight D. Eisenhower  ジョン・アダムズ
アメリカ合衆国国連大使 スーザン・ライス  リチャード・ホルブルック  ジョージ・H・W・ブッシュ  ジョン・ネグロポンテ  ジョン・ダンフォース
テキサス州選出のアメリカ合衆国下院議員 ジョン・レーガン  ロイド・ベンツェン  ジョージ・H・W・ブッシュ  ロン・ポール  トム・ディレイ
実業家 青木廣彰  諸井恒平  ジョージ・H・W・ブッシュ  数原洋二  熊谷正寿
太平洋戦争の人物 ウィリアム・ハルゼー  森下信衛  ジョージ・H・W・ブッシュ  梅津美治郎  林芳太郎

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ジョージ・H・W・ブッシュ」の関連用語

ジョージ・H・W・ブッシュのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ジョージ・H・W・ブッシュのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのジョージ・H・W・ブッシュ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのムダヅモ無き改革 (改訂履歴)、征途 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS