イラク戦争とは?

イラク戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/08 09:20 UTC 版)

イラク戦争(イラクせんそう)とは、アメリカ合衆国が主体となり2003年3月20日から、イギリスオーストラリアと、工兵部隊を派遣したポーランド等が加わる有志連合によって、イラク武装解除問題大量破壊兵器保持における進展義務違反を理由とする『イラクの自由作戦』の名の下に、イラクへ侵攻したことで始まった軍事介入である。




注釈

  1. ^ 正確にはスーフィズム派の一派ナクシュバンディー教団による。
  2. ^ 2003年の死者260人[12]、 2004年から2009年の死者15,196 人(ただし2004年5月と2009年3月を除く)[13]、 2009年3月の死者67人[14]、2010年の死者1,100人[15]、以上の合算により16,623人の死者を数える。
  3. ^ ウクライナ兵33名[22]、イタリア兵31名以上 [23][24]、ブルガリア兵30名[25][26]、エルサルバドル兵20名[27]、グルジア兵19名 [28]、エストニア兵18名[29]、ポーランド兵16名以上[30][31][32][33][34]、スペイン兵15名[35][36][37][38]、ルーマニア兵10名[39]、オーストラリア兵6名[40]、アルバニア兵5名、カザフスタン兵4名[41]、フィリピン兵3名[42]、タイ兵2名[43][44] 、合計212名以上となる。
  4. ^ 2007年6月から12月のディヤーラー県で185名[53]アブー・リシャ暗殺時に4名、2007年11月12日に25名[54]、2008年に528名[55]、2009年1月2日に27名[56]、2009年4月6日から12日にかけて53名[57]、2009年11月16日に13名[58]、2009年12月に15名[59]、2010年4月から6月にかけて100名以上[60] [61]、2010年6月18日に52名[62][63]、合計1,002名以上が死亡した。
  5. ^ 2003年に597名死亡[68]、2004年から2009年にかけて 23,984名死亡(ただし2004年5月と2009年3月は含まない)[69]、2004年5月に652名死亡[70]、2009年3月に45名死亡[71]、2010年に676名死亡[72]、2011年に451名死亡(2月を除く)[73][74][75][76][77][78][79][80]、以上の合算により26,405名が死亡。
  6. ^ ただし、この調査は報道されたもののみの集計であり実数とは異なる。
  7. ^ 2009年10月14日報道
  8. ^ ただし、飛行禁止空域の設定自体が国連決議に則ったものではなく、国際法上は明らかに違反行為であると指摘する声も多い[88]
  9. ^ 米英による空爆は軍施設を対象としていたが民間人に対する誤爆も有り、1999年には年間で44人の犠牲者が受難したことが国連により報告されている[88]
  10. ^ もう一つは湾岸戦争でイラクの侵略を受けたクウェート
  11. ^ 主要な例は、イラク陸軍の主力兵器である戦車T-54T-55T-62T-72、地対地ミサイルスカッドAKアサルトライフルRPG-7擲弾筒はロシア製、空軍の主力戦闘機ミラージュはフランスのダッソー社製、空・海軍の対艦ミサイル「エグゾセ」はやはりフランスのアエロスパシアル社製である。
  12. ^ ただし、スコット・リッターはイラク政府に近い実業家から40万ドルの現金を受領したとされる疑惑が出ており、アメリカ議会ではイラクに買収されたという見方もされている[113]
  13. ^ 参入した多くの企業が、ブッシュ政権の閣僚を重役に置いていた時期があり俗に「回転ドア」と称される。
  14. ^ ただし、石油価格高騰は投資資金の石油市場流入や中国経済の急成長も関わっているため、原因は1つではない。

出典

  1. ^ “Last U.S. troops leave Iraq, ending war” (英語). USA Today. (2011年12月17日). http://www.usatoday.com/news/world/story/2011-12-17/iraq-us-troops/52032854/1?csp=ip 2011年12月18日閲覧。 
  2. ^ “Sectarian divisions change Baghdad’s image” ( 英語). MSNBC. (2006年7月3日). http://www.msnbc.msn.com/id/13684759/ 2007年2月18日閲覧。 
  3. ^ “U.S. says Iraq pullout won't cause dramatic violence” (英語). REUTERS. (2010年11月8日). http://uk.reuters.com/article/2010/11/18/idINIndia-53010120101118 2010年11月26日閲覧。 
  4. ^ “UK 'to continue deporting failed Iraqi asylum seekers'” (英語). BBC. (2010年11月22日). http://www.bbc.co.uk/news/uk-politics-11816974 2010年11月26日閲覧。 
  5. ^ Deputy Assistant Secretary for International Programs Charlene Lamb's Remarks on Private Contractors in Iraq” (英語). State.gov (2009年7月17日). 2010年10月23日閲覧。
  6. ^ International Institute for Strategic Studies; Hackett, James (ed.) (3 February 2010). The Military Balance 2010. London: Routledge. ISBN 1-85743-557-5. 
  7. ^ Rubin, Alissa J.; Nordland, Rod (2009年3月29日). “Troops Arrest an Awakening Council Leader in Iraq, Setting Off Fighting” (英語). The New York Times. http://www.nytimes.com/2009/03/29/world/middleeast/29iraq.html?hpw 2010年3月30日閲覧。 
  8. ^ The Kurdish peshmerga forces will not be integrated into the Iraqi army: Mahmoud Sangawi — Interview” (英語). Ekurd.net (2010年1月22日). 2010年10月23日閲覧。
  9. ^ Iraq Index: Tracking Variables of Reconstruction & Security in Post-Saddam Iraq (PDF)” (英語). The Brookings Institution (2007年10月1日). 2013年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  10. ^ Ricks, Thomas E.; Ann Scott Tyson (2007年1月11日). “Intensified Combat on Streets Likely” (英語). Washington Post. p. A01. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/01/10/AR2007011002581_pf.html 
  11. ^ Pincus, Walter. "Violence in Iraq Called Increasingly Complex". (英語)Washington Post, 17 November 2006.
  12. ^ “260 Iraqi police killed in attacks: official” (英語). ABC. (2003年12月23日). http://www.abc.net.au/news/2003-12-19/260-iraqi-police-killed-in-attacks-official/108430 
  13. ^ “Iraq war logs reveal 15,000 previously unlisted civilian deaths” (英語). The Guardian. (2010年10月22日). http://www.theguardian.com/world/2010/oct/22/true-civilian-body-count-iraq 
  14. ^ “March violence claims 252 Iraqi lives” (英語). news352. (2009年1月4日). オリジナル2012年2月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120226181744/http://hello.news352.lu/edito-4036-march-violence-claims-252-iraqi-lives.html 
  15. ^ “Fewer Iraqi civilians, more security forces killed in 2010” (英語). CNN. (2011年1月2日). http://edition.cnn.com/2011/WORLD/meast/01/02/iraq.casualty.figures/index.html?_s=PM:WORLD 
  16. ^ Hannah Fischer (2006年11月17日). “Iraqi Police and Security Forces Casuality Estimates” (英語). U.S.Department of Defense. 2012年11月18日閲覧。
  17. ^ Operation Iraqi Freedom” (英語). iCasualties. 2010年8月24日閲覧。
  18. ^ “Home and Away: Iraq and Afghanistan War Casualties” (英語). CNN. http://www.cnn.com/SPECIALS/2003/iraq/forces/casualties/index.html 2010年3月30日閲覧。 
  19. ^ a b OPERATION IRAQI FREEDOM (OIF) U.S. CASUALTY STATUS (PDF)” (英語). U.S.Department of Defense (2014年5月26日). 2014年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  20. ^ Ministry of Defence | Fact Sheets | Operations Factsheets | Operations in Iraq: British Fatalities” (英語). Mod.uk. 2012年11月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年10月17日閲覧。
  21. ^ “Forces: U.S. & Coalition/POW/MIA” (英語). CNN. http://www.cnn.com/SPECIALS/2003/iraq/forces/pow.mia/index.html 2011年2月22日閲覧。 
  22. ^ “Ukraine withdraws last troops in Iraq” (英語). reliefweb. (2005年12月20日). http://reliefweb.int/report/iraq/ukraine-withdraws-last-troops-iraq 
  23. ^ “Attack on Italian police kills 26 in Iraq / Gasoline truck crashes into compound” (英語). Hearst. (2003年11月13日). http://www.sfgate.com/news/article/Attack-on-Italian-police-kills-26-in-Iraq-2549351.php 
  24. ^ “Iraq descends into chaos” (英語). middle east online. (2004年4月6日). http://www.middle-east-online.com/english/?id=9524 
  25. ^ “Bulgaria mourns its dead soldiers” (英語). BBC. (2003年12月30日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/3355749.stm 
  26. ^ “3 Bulgarian Soldiers Wounded in Iraq” (英語). novinite. (2004年4月6日). http://www.novinite.com/view_news.php?id=33103 
  27. ^ “El Salvador withdraws last soldiers from Iraq” (英語). USA TODAY. (2009年2月7日). http://usatoday30.usatoday.com/news/world/iraq/2009-02-07-salvador-iraq_N.htm 
  28. ^ “Georgian Soldier Killed in Iraq” (英語). Civil.Ge. (2008年6月5日). http://www.civil.ge/eng/article.php?id=18470 
  29. ^ “Estonian troops may go to Afghanistan, not Iraq” (英語). Global Security.org. (2009年2月9日). http://www.globalsecurity.org/military/library/news/2009/02/mil-090209-rianovosti06.htm 
  30. ^ “3 Bulgarian Soldiers Wounded, Driver Shot Dead in Iraq” (英語). novinite. (2004年4月6日). http://www.novinite.com/view_news.php?id=33116 
  31. ^ “Tomasz Jura” (英語). The Iraq Page. (2007年5月4日). オリジナル2007年5月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20070612101918/http://iraq.pigstye.net/article.php/JuraTomasz/print 
  32. ^ “Three Polish soldiers injured in patrol skirmish in Iraq” (英語). HighBeam. (2003年12月28日). オリジナル2011年1月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110501084237/http://www.highbeam.com/doc/1P2-16186603.html 
  33. ^ “Two Polish Soldiers Dead, Five Injured in Iraq -PAP” (英語). vBulletin Solutions. (2004年8月19日). http://www.militaryphotos.net/forums/showthread.php?19484-Two-Polish-Soldiers-Dead-Five-Injured-in-Iraq-PAP 
  34. ^ “Slovak soldier killed in Iraq” (英語). spectator. (2006年11月13日). http://spectator.sme.sk/articles/view/25148 
  35. ^ “Seven Spanish Intelligence Officers Killed in Iraq” (英語). Fox News. (2003年11月30日). http://www.foxnews.com/story/2003/11/30/seven-spanish-intelligence-officers-killed-in-iraq/ 
  36. ^ “Soldier dead after attack on Spanish convoy in Afghanistan” (英語). think Spain. (2010年2月1日). http://www.thinkspain.com/news-spain/17607/soldier-dead-after-attack-on-spanish-convoy-in-afghanistan 
  37. ^ “Five Spanish soldiers, four US troops injured in Iraq bomb attacks” (英語). Al Bawaba. (2004年2月11日). http://www.albawaba.com/news/five-spanish-soldiers-four-us-troops-injured-iraq-bomb-attacks 
  38. ^ “Three Spanish soldiers wounded in Iraq” (英語). People's Daily Online. (2004年4月9日). http://english.peopledaily.com.cn/200404/09/eng20040409_139905.shtml 
  39. ^ “Romania's last contingent in Iraq returns home” (英語). People's Daily Online. (2009年7月24日). http://english.people.com.cn/90001/90777/90853/6708832.html 
  40. ^ “Combat troops pull out of Iraq” (英語). The Canberra Times. (2009年6月2日). オリジナル2011年11月4日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111104112807/http://www.canberratimes.com.au/news/local/news/general/combat-troops-pull-out-of-iraq/780839.aspx 
  41. ^ “Bomb blast kills 7 Ukrainians, 1 Kazakh serving with coalition in Iraq” (英語). The Iraq Page. (2005年1月12日). オリジナル2012年1月30日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120130025416/http://iraq.pigstye.net/article.php/20050112090041443/print 
  42. ^ “RP troops to stay in Iraq despite ambush” (英語). Asian Journal. (2004年4月6日). http://asianjournalusa.com/rp-troops-to-stay-in-iraq-despite-ambush-p929-67.htm 
  43. ^ “First Thai soldier injured in Iraq” (英語). ABC. (2003年12月23日). http://www.abc.net.au/news/2003-12-23/first-thai-soldier-injured-in-iraq/110066 
  44. ^ “Iraqi Insurgency: 2 Thai soldiers killed, 1 injured” (英語). Asian Tribune. (2003年12月28日). http://www.asiantribune.com/news/2003/12/28/iraqi-insurgency-2-thai-soldiers-killed-1-injured-br-0 
  45. ^ a b Many official U.S. tables at Military Casualty Information” (英語). Defense Manpower Data Center. 2011年10月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月12日閲覧。
  46. ^ Casualties in Iraq” (英語). Antiwar.com (2006年5月14日). 2014年6月12日閲覧。
  47. ^ a b iCasualties.org (was lunaville.org). Benicia, California. Patricia Kneisler, et al., "Iraq Coalition Casualties"(英語)
  48. ^ a b Operations in Iraq: British Casualties” (英語). UK Ministry of Defense. 2012年11月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月12日閲覧。
  49. ^ Op Telic casualty and fatality tables” (英語). Mod.uk. 2012年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月12日閲覧。
  50. ^ GLOBAL WAR ON TERRORISM - OPERATION IRAQI FREEDOM BY CASUALTY CATEGORY WITHIN SERVICE (PDF)” (英語). Defense Manpower Data Center. 2011年6月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月12日閲覧。
  51. ^ a b Office of Workers' Compensation Programs (OWCP) - Defense Base Act Case Summary by Nation” (英語). Dol.gov. 2011年12月15日閲覧。
  52. ^ a b T. Christian Miller (2009年9月23日). “U.S. Government Private Contract Worker Deaths and Injuries” (英語). Projects.propublica.org. 2010年10月23日閲覧。
  53. ^ “Attacks Imperil U.S.-Backed Militias in Iraq” (英語). The New York Times. (2008年1月24日). http://www.nytimes.com/2008/01/24/world/middleeast/24sunni.html?pagewanted=print&_r=0 
  54. ^ “Iraq Allies Claim Friendly Fire Killed 25” (英語). CBS News. (2007年11月15日). http://www.cbsnews.com/news/iraq-allies-claim-friendly-fire-killed-25/ 
  55. ^ “Finding a Place for the‘Sons of Iraq'” (英語). Council on Foreign Relations. (2009年1月9日). http://www.cfr.org/iraq/finding-place-sons-iraq/p16088 
  56. ^ “Suicide Attack Kills 24 at Iraqi Tribal Gathering” (英語). The New York Times. (2009年1月2日). http://www.nytimes.com/2009/01/03/world/middleeast/03iraq.html 
  57. ^ “Sunni Iraqis Fear a Bloodbath of Reprisal After Possible U.S. Exit” (英語). Alter Net. (2009年4月13日). http://www.alternet.org/story/136476/sunni_iraqis_fear_a_bloodbath_of_reprisal_after_possible_u.s._exit 
  58. ^ “Thirteen anti-Qaeda tribe members killed in Iraq” (英語). AFP. France 24. (2009年11月16日). オリジナル2011年4月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110429002216/http://www.france24.com/en/node/4926131 
  59. ^ “4 Sunni Guards at Checkpoint in Baghdad Are Found Dead” (英語). The New York Times. (2009年12月29日). http://www.nytimes.com/2009/12/30/world/middleeast/30iraq.html?_r=1 
  60. ^ “Iraq disarms Sunni tribal militias” (英語). Aljazeera. (2010年1月6日). http://www.aljazeera.com/news/middleeast/2010/06/20106653940383435.html# 
  61. ^ “Bitterness Grows Amid U.S.-Backed Sons Of Iraq” (英語). npr. (2010年1月24日). http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=128084675 
  62. ^ “Suicide bomber kills dozens of US-backed militia in Baghdad” (英語). The Guardian. (2010年7月18日). http://www.theguardian.com/world/2010/jul/18/iraq-suicide-bombings-kill-militia 
  63. ^ “Bombs Targeting ‘Sons of Iraq’ Leave at Least 44 Dead” (英語). Bloomberg L.P.. (2010年7月18日). オリジナル2011年6月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110628200916/http://www.businessweek.com/news/2010-07-18/bombs-targeting-sons-of-iraq-leave-at-least-44-dead.html 
  64. ^ Moore, Solomon; OPPEL Jr, RICHARD A. (2008年1月24日). “Attacks Imperil U.S.-Backed Militias in Iraq” (英語). The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/01/24/world/middleeast/24sunni.html?_r=1&pagewanted=print 
  65. ^ Greg Bruno (2009年1月9日). “Finding a Place for the ‘Sons of Iraq’” (英語). Council on Foreign Relations. 2011年12月26日閲覧。
  66. ^ “Project on Defense Alternatives 2003-10-28 Common Dreams New Study Finds: 11,000 to 15,000 Killed in Iraq War; 30 Percent are Non-combatants; Death Toll Hurts Postwar Stability Efforts, Damages US Image Abroad” (英語). Project on Defense Alternatives. Common Dreams. http://www.commondreams.org/news2003/1028-01.htm 2014年6月12日閲覧。 
  67. ^ Conetta, Carl (2003年10月20日). “The Wages of War:Iraqi Combatant and Noncombatant Fatalities in the 2003 Conflict” (英語). Project on Defense Alternatives. Commonwealth Institute. http://www.comw.org/pda/0310rm8.html 2014年6月12日閲覧。 
  68. ^ “19,000 insurgents killed in Iraq since '03” (英語). USA TODAY. (2007年9月27日). http://usatoday30.usatoday.com/news/world/iraq/2007-09-26-insurgents_N.htm 
  69. ^ “Iraq war logs reveal 15,000 previously unlisted civilian deaths” (英語). The Guardian. (2010年10月22日). http://www.theguardian.com/world/2010/oct/22/true-civilian-body-count-iraq 
  70. ^ Iraq War Logs: What the numbers reveal” (英語). Iraq Body Count (2010年10月23日). 2014年6月14日閲覧。
  71. ^ “March violence claims 252 Iraqi lives” (英語). relief web. (2009年4月1日). http://reliefweb.int/report/iraq/march-violence-claims-252-iraqi-lives 
  72. ^ “Iraq Civilian Deaths Drop for Third Year as Toll Eases After U.S. Drawdown” (英語). Bloomberg L.P.. (2010年12月30日). http://www.bloomberg.com/news/2010-12-30/iraq-civilian-deaths-drop-for-third-year-as-toll-eases-after-u-s-drawdown.html 
  73. ^ “Jan Iraq death toll highest in four months” (英語). Fairfax Media. (2011年2月1日). http://news.theage.com.au/breaking-news-world/jan-iraq-death-toll-highest-in-four-months-20110201-1ac9m.html 
  74. ^ “Two U.S. troops killed in Iraq” (英語). UPI. (2011年4月3日). http://www.upi.com/Top_News/World-News/2011/04/03/Two-US-troops-killed-in-Iraq/UPI-84151301845983/ 
  75. ^ “Iraq monthly death toll falls in April” (英語). Space War. (2011年5月1日). http://www.spacewar.com/reports/Iraq_monthly_death_toll_falls_in_April_999.html 
  76. ^ “Iraq death toll in May lowest in 2011” (英語). middle east online. (2011年6月1日). http://www.middle-east-online.com/english/?id=46442 
  77. ^ “Iraq death toll for July second highest in 2011” (英語). OT VENTURES. (2011年8月1日). http://arabia.msn.com/news/middle-east/193645/iraq-death-toll-for-july-second-highe/ 
  78. ^ “239 people killed in Iraq in August and killed by the U.S. military” (英語). AFP. NENO'S PLACE. (2011年9月1日). オリジナル2012年5月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120513134427/http://www.nenosplace.com/showthread.php?45792-239-people-killed-in-Iraq-in-August-and-killed-by-the-U.S.-military 
  79. ^ “Death toll in Iraq falls in September” (英語). AFP. Gulf-Times. (2011年10月2日). オリジナル2012年11月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121118211828/http://gulf-times.com/site/topics/article.asp?cu_no=2&item_no=461485&version=1&template_id=37&parent_id=17 
  80. ^ “Iraq death toll up sharply in October” (英語). Postmedia Network. (2011年11月1日). オリジナル2011年11月11日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111111064434/http://www.montrealgazette.com/news/Iraq+death+toll+sharply+October/5638077/story.html 
  81. ^ “Amnesty: Iraq holds up to 30,000 detainees without trial” (英語). CNN. (2010年9月13日). http://articles.cnn.com/2010-09-13/world/iraq.detainees_1_detainees-iraqi-authorities-moussawi?_s=PM:WORLD 6 January 201閲覧。 
  82. ^ Iraq Body Count” (英語). Iraq Body Count. 2011年12月14日閲覧。
  83. ^ Iraq War Logs: What the numbers reveal” (英語). Iraq Body Count. 2010年12月3日閲覧。
  84. ^ "Mortality after the 2003 invasion of Iraq: a cross-sectional cluster sample survey" (PDF, 242 KB) (英語). By Gilbert Burnham, Riyadh Lafta, Shannon Doocy, and Les Roberts. The Lancet, 11 October 2006
  85. ^ "Iraq Family Health Survey"(英語) New England Journal of Medicine 31 January 2008
  86. ^ Courtney Subramanian (2013年10月15日). “New Study Estimates Nearly 500,000 Died in Iraq War” (英語). Aljazeera (TIME). http://world.time.com/2013/10/15/new-study-estimates-nearly-500000-died-in-iraq-war/ 2014年6月12日閲覧。 
  87. ^ “米大統領、イラク戦争終結を宣言 帰還兵に「お帰り」” (日本語). CNN. (2011年12月15日). オリジナル2012年2月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120214023750/http://www.cnn.co.jp/usa/30004929.html 2014年6月12日閲覧。 
  88. ^ a b c d e f g h i 第9章9・11テロ事件とアメリカの対イラク政策JETROアジア経済研究所 酒井啓子論文
  89. ^ "Attacks draw mixed response in Mideast"(英語). CNN. September 12, 2001. Retrieved 2011-09-04. Retrieved from Internet Archive 15 February 2014.
  90. ^ CNN.com - Saddam offers condolences on Web - October 20, 2001(英語). CNN. October 20, 2001.
  91. ^ 中日新聞』2008年8月17日号「早期の対イラク攻撃支持を伝達 イスラエル、米に」 共同通信社配信
  92. ^ イラク・国連決議受託書簡(要旨)日本財団図書館。2002年11月15日毎日新聞朝刊からの転載
  93. ^ “安保理への中間報告要旨”. 共同通信. (2003年1月9日). http://www.47news.jp/CN/200301/CN2003011001000057.html 
  94. ^ “イラク査察の正式報告要旨”. 共同通信. (2003年1月27日). http://www.47news.jp/CN/200301/CN2003012701000500.html 2012年1月23日閲覧。 
  95. ^ “イラクにおける大量破壊兵器問題” (プレスリリース), 外務省, (2003年10月), オリジナル2004年2月14日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20040214165247/http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/iraq/th_heiki.html 2012年1月23日閲覧。 
  96. ^ 読売新聞 フセイン大統領が“助命”書簡?米大統領受け取り拒否 2003/3/11/15
  97. ^ “President Bush Outlines Iraqi Threat” (英語) (プレスリリース), The White House, (2002年10月7日), http://georgewbush-whitehouse.archives.gov/news/releases/2002/10/20021007-8.html 2014年6月13日閲覧。 
  98. ^ WGBH「Bush's War〜ブッシュの戦争〜」
  99. ^ . http://www.nti.org/gsn/article/poland-announces-iraqi-chemical-weapons-find/ 
  100. ^ 2011年2月17日の朝日新聞朝刊11面
  101. ^ ロン・サスキンド 『忠誠の代償 : ホワイトハウスの嘘と裏切り』 武井楊一訳、日本経済新聞社2004年6月ISBN 4532164729
  102. ^ ニューヨークタイムズ 2004年5月30日付 記事より
  103. ^ ジョン・J.ミアシャイマースティーヴン・M.ウォルト 『イスラエル・ロビーとアメリカの外交政策 2』 副島隆彦訳、講談社2007年10月、83-85頁。ISBN 9784062142588
  104. ^ 北野幸伯 (2005年1月). ボロボロになった覇権国家 : 次を狙う列強の野望と日本の選択. 風雲舎. ISBN 978-4938939359. 
  105. ^ リベラル21「“石油戦争”の勝者はイラク国民] 坂井定雄2010年1月10日(lib21.blog96.fc2.com/blog-entry-1028.html)
  106. ^ Amiram Cohen (2007年8月2日). “U.S. checking possibility of pumping oil from northern Iraq to Haifa, via Jordan”. Haaretz.com. 2007年8月2日閲覧。
  107. ^ 坂元隆 (2008年1月27日). “「アメリカの進攻、予期せず」フセイン元大統領が供述”. 読売新聞. オリジナル2008年2月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080220232408/http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080115-899570/news/20080126-OYT1T00505.htm 2014年6月13日閲覧。 
  108. ^ “Q 各国なぜ対応違う A 膨大な石油資源めぐり利害と思惑が絡み合い”. 北海道新聞. (2002年10月19日). http://www5.hokkaido-np.co.jp/motto/20021019/qa2.html 2014年6月13日閲覧。 
  109. ^ “前事務総長にも波及 国連・イラク支援疑惑”. asahi.com (朝日新聞社). (2005年2月14日). http://www.asahi.com/special/iraqrecovery/TKY200502130127.html 2014年6月13日閲覧。 
  110. ^ 白川義和 (2007年1月17日). “米検察、元国連事務次長を起訴…フセイン政権下の収賄”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). オリジナル2010年1月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100106033032/http://www.yomiuri.co.jp/feature/fe4500/news/20070117i203.htm 2014年6月13日閲覧。 
  111. ^ 小泉総理大臣記者会見 イラク問題に関する対応について”. 小泉総理の演説・記者会見等. 首相官邸 (2003年3月20日). 2014年6月13日閲覧。
  112. ^ “イラク共和国に対する債務救済措置について” (プレスリリース), 外務省, (2005年11月24日), http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/17/rls_1124c.html 2012年1月23日閲覧。 
  113. ^ “米批判の元査察官を買収か イラク系実業家から40万ドル”. 共同通信. 47NEWS. (2002年11月30日). http://www.47news.jp/CN/200211/CN2002113001000151.html 2014年6月14日閲覧。 
  114. ^ “「大量破壊兵器、見つからないだろう」米国務長官が断念”. asahi.com (朝日新聞社). (2004年9月14日). http://www.asahi.com/special/iraqrecovery/TKY200409140147.html 2014年6月14日閲覧。 
  115. ^ John Barry (2003年3月3日). “The Defector's Secrets” (英語). Newsweek. オリジナル2003年3月5日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030305110920/http://www.commondreams.org/headlines03/0226-01.htm 2014年6月15日閲覧。 
  116. ^ 前坂俊之イラク戦争の真実・・大量破壊兵器は存在しなかった』(PDF) 日本新聞協会2004年2月3日全国書誌番号:000611312014年6月14日閲覧。
  117. ^ CBS 60ミニッツ「サダム・フセインの告白」
  118. ^ 報告の主なポイント (PDF)”. イラク共和国. 外務省 (2012年12月). 2014年6月11日閲覧。
  119. ^ 2007年07月08日付クドゥス・アラビー紙
  120. ^ “ブッシュ米大統領、イラク情報活動失敗が「最大の痛恨事」”. AFP. AFPBB News. http://www.afpbb.com/articles/-/2545021?pid=3577607 2014年6月14日閲覧。 
  121. ^ “クリントン前国務長官「米国のイラク侵攻は誤りだった」”. インターファクス. VOICE OF RUSSIA. (2014年6月13日). http://japanese.ruvr.ru/news/2014_06_13/273489156/ 2014年6月14日閲覧。 
  122. ^ . http://www.dailymail.co.uk/news/article-2793731/will-rusting-chemical-weapons-cache-ignored-americans-fall-isis-hands-iraq-claims-2-500-rockets-containing-deadly-sarin-hands-terrorists.html 
  123. ^ Mark Tran (2007年6月26日). “Al-Qaida linked to Baghdad hotel bombing” (英語). The Guardian. http://www.theguardian.com/world/2007/jun/26/iraq.marktran 2014年6月14日閲覧。 
  124. ^ “US Senate blocks vote on Iraq war” (英語). BBC. (2007年2月17日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/6370847.stm 2014年6月14日閲覧。 
  125. ^ “McCain defends Iraq war support” (英語). BBC. (2007年4月12日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/6547233.stm 2014年6月14日閲覧。 
  126. ^ 木村正人 (2009年3月17日). “イラク人の8割超が「治安はよくなった」 米英日3放送局の合同調査”. MSN産経ニュース. オリジナル2010年1月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100106041336/http://sankei.jp.msn.com/world/mideast/090317/mds0903170920007-n1.htm 2014年6月14日閲覧。 
  127. ^ Joint Statement - Transfer of Security Responsibility for Anbar Province” (英語). Multi-National Force – Iraq (2008年9月1日). 2010年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月14日閲覧。
  128. ^ AFPBB News 2008年9月1日「イラク・アンバル州、米軍から治安権限移譲
  129. ^ “駐留米軍、イラク南部のバビル州の治安権限を移譲 12州目” (日本語). CNN. (2008年10月23日). オリジナル2008年10月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081025010438/http://www.cnn.co.jp/usa/CNN200810230041.html 2014年6月14日閲覧。 
  130. ^ “Turkish soldiers killed by rebels” (英語). BBC. (2007年10月7日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/7033075.stm 2014年6月14日閲覧。 
  131. ^ “U.S. urges restraint after Turkish soldiers killed in clashes with PKK” (英語). CNN. (2007年10月21日). http://edition.cnn.com/2007/WORLD/meast/10/21/turkey.kurds/ 2014年6月14日閲覧。 
  132. ^ “米軍、イラク撤退完了 8年9カ月の戦争終結”. 共同通信. 47news. (2011年12月18日). http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011121801001355.html 2014年6月14日閲覧。 [リンク切れ]
  133. ^ ブラックウォーター問題、「正当な理由なく発砲」との調査結果”. フランス通信. 2007年10月8日閲覧。
  134. ^ “ブラックウオーター問題で会長が反論、「要員は銃撃されていた」”. AFP. AFPBB News. (2007年10月14日). http://www.afpbb.com/articles/-/2297637?pid=2239569 2014年6月14日閲覧。 
  135. ^ “ブラックウオーター事件、発砲に正当理由なし FBI調査”. AFP. AFPBB News. (2007年11月15日). http://www.afpbb.com/articles/-/2311770?pid=2351531 2014年6月14日閲覧。 
  136. ^ 米兵脳損傷問題:14万人に アフガン・イラク派遣の7%(2010年2月3日 毎日新聞)[リンク切れ]
  137. ^ 陸戦研究」(陸戦学会)2008年8月号より
  138. ^ 衆議院議員照屋寛徳君提出イラク帰還自衛隊員の自殺に関する質問に対する答弁書”. 衆議院 (2007年11月13日). 2013年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月14日閲覧。
  139. ^ Tina Susman (2007年9月14日). “Poll: Civilian toll in Iraq may top 1M” (英語). Los Angeles Times. http://www.latimes.com/world/la-fg-iraq14sep14-story.html 2014年6月14日閲覧。 
  140. ^ Courtney Subramanian (2013年10月15日). “New Study Estimates Nearly 500,000 Died in Iraq War” (英語). Aljazeera (TIME). http://world.time.com/2013/10/15/new-study-estimates-nearly-500000-died-in-iraq-war/ 2014年6月12日閲覧。 
  141. ^ “Libya Is Off U.S. Terrorist List”. ABC. (2006年5月15日). http://abcnews.go.com/International/story?id=1965753 
  142. ^ 寺林裕介 「北朝鮮の核開発問題と六者会合(上)-北東アジアにおける多国間枠組みの形成 (PDF)
  143. ^ 米国による北朝鮮のテロ支援国家指定解除について 中曽根外務大臣談話,日本外務省,平成20年10月12日
  144. ^ “名古屋高等裁判所違憲判決に関する会長声明” (プレスリリース), 愛知県弁護士会, (2014年6月14日), http://www.aiben.jp/page/frombars/topics2/329iken.html 2014年6月14日閲覧。 
  145. ^ 違憲判決?「そんなの関係ねえ」[リンク切れ] デイリースポーツ2008年4月19日)
  146. ^ 辻元清美 (2012年4月22日). “航空幕僚長の「そんなの関係ねえ」発言と官房長官の「戦闘地域で民間航空機が飛ぶはずがない」発言に関する質問主意書”. 衆議院. 2013年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月14日閲覧。
  147. ^ イラクの女性収容所で性的暴行が多発、エイズ・疥癬がまん延 日刊ベリタ2007年7月17日
  148. ^ 占領米軍がイラク女性捕虜に暴行、拷問 「政治捕虜・受刑者連合」が告発 日刊ベリタ2007年10月28日
  149. ^ Mark Townsend; Toby Helm; Rajeev Syal (2014年6月14日). “Iraq war was illegal, top lawyer will tell Chilcot inquiry” (英語). The Guardian. http://www.theguardian.com/uk/2010/jan/24/iraq-chilcot-inquiry-michael-wood 2014年6月14日閲覧。 
  150. ^ ブレア英前首相の証言に衝撃、英各紙が論評 イラク参戦調査委公聴会 2010年01月30日 発信地:ロンドン/英国 AFP
  151. ^ “イラク戦争は国際法違反と結論 オランダ調査委が報告書”. 共同通信. 47news. (2010年1月12日). http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010011201001126.html 2014年6月14日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「イラク戦争」の関連用語

イラク戦争のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



イラク戦争のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイラク戦争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS