抗争とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 学術 > 心理学 > 抗争の意味・解説 

こう‐そう〔カウサウ〕【抗争】

読み方:こうそう

[名](スル)互いに張り合い、争うこと。「派閥をめぐって各派が―する」「内部―」


抗争事件

(抗争 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/14 06:38 UTC 版)

抗争事件(こうそうじけん)は、暴力団政治団体など同一業界に於ける勢力争いをいう。主に暴力団組織同士が話し合いではなく暴力で相手組織に対して攻撃や報復を繰り返す反社会事件を指す場合が多い。左翼政治団体同士の暴力による争いは一般に内ゲバと呼ばれる。ただしこれらは現代の日本社会における語の社会的・法的意味であり、たとえば歴史的には戦前の軍による政治的テロ、外国でのクーデター等は含まれない。


  1. ^ 組事務所に火炎瓶 投げた疑いで暴力団員ら逮捕 富山県警”. 産経新聞WEST (2016年7月1日). 2018年4月1日閲覧。
  2. ^ 福岡で火炎瓶?投げつけ 容疑で神戸山口組系組幹部らを逮捕 分裂背景の抗争か”. 産経新聞社 (2016年2月23日). 2018年3月31日閲覧。


「抗争事件」の続きの解説一覧

抗争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/06 04:57 UTC 版)

八王子抗争」の記事における「抗争」の解説

これ以降山口組組員による二率会への攻撃発生する

※この「抗争」の解説は、「八王子抗争」の解説の一部です。
「抗争」を含む「八王子抗争」の記事については、「八王子抗争」の概要を参照ください。


抗争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 07:30 UTC 版)

ジョグジャカルタ王宮 (クラトン)」の記事における「抗争」の解説

18世紀末ジャワ島以外の多く支配していたイギリスイギリス東インド会社)がジャワ進攻し、その後1812年6月20日副総督スタンフォード・ラッフルズ在任1811-1816年)のもと、1200人の強力なイギリス部隊が、王都ジョグジャカルタ攻撃したジャワイギリスより数で勝っていたが、ジャワ攻撃に対する準備ができていなかった。ジョグジャカルタ一日陥落し王宮奪われ炎上した。この進攻により、総額1万5000ポンドの金、宝石貨幣現在の評価額で50ポンド)が略奪されたといわれるジャワ王宮に対する初めての攻撃により、イギリスの統治時代スルタン植民地支配従属することとなった1816年インドネシアオランダに返還されたが、1825年オランダに対してハメンクブウォノ3世長男であったディポヌゴロ反乱によるジャワ戦争(1825-1830年)が勃発しジョグジャカルタ王宮の兵も多く加わった。しかし、オランダ反撃により劣勢となり、ディポヌゴロ逮捕により終結した。この戦争によるジャワ死者20万人ジョグジャカルタ人口半数になったといわれるインドネシア独立戦争においては1946年1月オランダ首都ジャカルタ制圧したことにより、ジョグジャカルタ首都移され王都ジョグジャカルタは再び抵抗拠点となった。スルタン・ハメンクブウォノ9世在位1939-1988)はインドネシア新生政府全面的に協力したが、1948年12月19日ジョグジャカルタオランダ軍により一挙に占領された。こうしてオランダに制圧されていた時代ハメンクブウォノ9世インドネシアゲリラ諜報活動支援し王宮秘密基地として使用させた。ある逸話によると、王宮内にオランダ部隊侵攻しようとした際、スルタン・ハメンクブウォノ9世侍従(アブディダレム)に扉を閉じるように命じ、その扉の前1人立ちはだか阻止した伝えられる

※この「抗争」の解説は、「ジョグジャカルタ王宮 (クラトン)」の解説の一部です。
「抗争」を含む「ジョグジャカルタ王宮 (クラトン)」の記事については、「ジョグジャカルタ王宮 (クラトン)」の概要を参照ください。


抗争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 07:30 UTC 版)

新義安」の記事における「抗争」の解説

2009年8月4日最高幹部一人である李泰龍がホテル玄関前において殺害される

※この「抗争」の解説は、「新義安」の解説の一部です。
「抗争」を含む「新義安」の記事については、「新義安」の概要を参照ください。


抗争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/08 17:04 UTC 版)

山口組と松本組の抗争事件」の記事における「抗争」の解説

1960年3月1日夕方尼崎市神田北通り3丁目の路上で大平組組員安田幸治山本組員田島勉を刺殺同日大平一雄が、丸三組員大平組組員合計30人国際パチンコ集め松本組・山本組の殴り込み備えた大平ブローニング22口径持参した笠田隆平は松本組員山本組員合計43人を国際パチンコ近く建設会社倉庫集めた笠田日本刀持参した3月2日午前0時30分笠田隆平や山本長次松本組員山本組員43人が、拳銃日本刀あいくち鉄棒木刀持ち国際パチンコ向かった大平組組員宮前武が、松本組員山本組員殴り込み気がつき大平一雄に報告した大平一雄ら大平組組員丸三組員30人は、国際パチンコ出たパトロールカー警察官が、無線警察署に、大平組丸三組の出撃報告した警官隊は、国際パチンコ向かった松本組員山本組員尼崎市神田中通南十字路で大平組組員丸三組員遭遇し乱闘となった大平拳銃発砲した。 やがて警官隊尼崎市神田中通南十字路に到着森田警部がラウンドスピーカーで乱闘中止するよう求めた。しかし乱闘続いた森田警部再度乱闘中止求め拳銃使用警告その後松本組員警官隊向かって発砲した警官隊発砲した松本組員射殺した午前1時警官隊は、乱闘する大平組丸三組・松本組・山本組に突入し乱闘抑えた重軽傷者20余名となったこの後松本組、山本組は消滅した

※この「抗争」の解説は、「山口組と松本組の抗争事件」の解説の一部です。
「抗争」を含む「山口組と松本組の抗争事件」の記事については、「山口組と松本組の抗争事件」の概要を参照ください。


抗争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/20 01:04 UTC 版)

岐阜抗争」の記事における「抗争」の解説

12月14日足立車で大垣競輪場向かった若衆林康雄セドリック運転し若衆下田市郎江越正治同乗させ、足立の車を追った下田自動式コルト45を持っていた。国道21号岐阜県安八郡安八町東結で、運転するセドリック足立の車に覆いかぶさるように横付けし、足立の車を停車させた。下田江越セドリックから降りた下田足立の車に向かってコルト45で2発の銃弾撃ち込んだ。下田撃ち込んだ2発の銃弾のうち1発が足立左腕命中足立は車から飛び出して逃走した下田江越足立追いながら拳銃乱射したが、足立には命中しなかった。その後下田江越セドリック引き返した下田江越は、逃走した足立車で大垣市外科病院搬送された。重体だったが一命取り留めた12月15日稲川裕芳神奈川県警捜査四課電話を入れると、捜査四課長から岐阜応援出さないようにして欲しい」と迫られた。稲川はその指示従った。そして林喜一郎電話をかけ、「軽々しく行動するな」と指示したその後林康雄下田市郎江越正治指名手配された。稲川熱海市自邸呼び出し林康雄下田市郎江越正治を、使用した拳銃持参のうえで大垣警察署出頭させるように指示した林喜一郎林康雄下田市郎江越正治大垣警察署出頭させた。 年末名古屋市料亭にて、高橋三治の仲介によって、菊田吉彦・鈴木康雄林喜一郎とで手打ち岐阜県林一家置くことを承認させた。下田市郎江越正治懲役8年の刑を受け、林康雄懲役4年の刑を受けた

※この「抗争」の解説は、「岐阜抗争」の解説の一部です。
「抗争」を含む「岐阜抗争」の記事については、「岐阜抗争」の概要を参照ください。


抗争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 04:13 UTC 版)

第1次松山抗争」の記事における「抗争」の解説

6月7日日曜日午前10時東雲ビルにいた末崎康雄ら矢嶋組組員数人は、郷田岡本組員阿部を、阿部自宅付近拳銃突きつけて脅し乗用車乗せて東雲ビルに連行し、東雲ビル3階監禁した午前11時片岡正市が松山市南夷町郷田岡本組・岡本雅博組長電話をかけ、「阿部人質とっているから東雲ビルまで受け取りに来い」と伝えた郷田岡本組員大石ら4人が、猟銃21丁、拳銃1丁を持って平素郷田会が使用している乗用車2台に2人ずつ分けて乗り東雲ビル行った午前11時50分頃、東雲ビル西側の通りを北に向かって走っていた郷田岡本組の乗用車2台が、通り歩いていた矢嶋組組員の2名と遭遇した矢嶋組組員2人は、北の方逃げた郷田岡本組の乗用車2台は、矢嶋組組員2人追ってT字路まで進みT字路互いに猟銃拳銃などを数発撃ち合った。矢嶋組組員2人東雲ビル向かって逃げた郷田岡本組の乗用車は、矢嶋組組員2人追い、さらに30メートルほど先で、互いに撃ち合った。矢嶋組組員1人負傷したその後矢嶋組組員2人東雲ビル逃げ込んだ郷田岡本組の乗用車2台が東雲ビル路上到着したとき、東雲ビル3階窓から矢嶋組組員数人が、郷田岡本組の乗用車2台にめがけて拳銃猟銃数発撃ち込んだ。郷田岡本組員1人負傷した東雲ビル3階には、片岡正市、末崎康雄ら矢嶋組組員8人がいた。 午前11時50分頃、一般人松山東警察署110番通報し、平和通り東雲ビル前で銃撃戦が行われている旨伝えた。ちょうど同じ頃に他の通行人が松山東警察署東雲ビル前での銃撃戦届け出た12時5分頃、松山東警察署捜査員6名が、防弾チョッキ着用したうえで東雲ビル前に急行松山東警察署は全署員に非常招集行ない愛媛県警本部東雲ビルでの銃撃戦報告した松山東警察署捜査員6名が東雲ビル到着すると、郷田岡本組員4人は、2台の乗用車乗って逃走した午後1時頃、非常招集応じた松山東警察署署員が約30名が東雲ビル到着松山東警察署署員東雲ビル中心に東西300メートル南北100メートルにわたって交通遮断した。 およそ30分間にわたって東雲ビル3階立てこもった矢嶋組組員は、拳銃猟銃数発を人のいない路面威嚇発射4千人の見物人集まった結局東雲ビル取り囲んだ警官隊250人だった。警察矢嶋組組員出頭要求したが、立てこもった矢嶋組組員警察出頭要求には応じなかった。 午後2時35分頃、末崎康雄が、阿部連れライフル銃1丁、猟銃1丁、拳銃1丁を持って東雲ビルから投降警察末崎殺人未遂及び銃砲刀剣類所持等取締法違反緊急逮捕した。警察阿部任意同行求め不合監禁被害者として取り調べた片岡正市が警察隊午後3時15分までに全員連れて投降する旨伝えた午後3時15分過ぎても、矢嶋組組員投降しなかった。午後4時警察隊より東雲ビル3階催涙弾2発が撃ち込まれ防弾チョッキ着用した捜査員10名が東雲ビル内に突入東雲ビル3階立てこもっていた矢嶋組組員7人全員逮捕された。逮捕の際、警察側軽傷者出た6月11日山口組系列14団体101人を松山市今治市派遣本多会も、郷田会を応援するため、系列6団体44人を派遣するも、愛媛県警厳重な検問によって両団体応援阻まれた。矢嶋組直系構成員ほぼ全員20人が逮捕された。郷田会も41人が逮捕された。矢嶋長次郷田昇も凶器準備集合罪検挙された。これを受けて山口組若頭地道行雄森川鹿次に対し矢嶋長次戻って来るまで、今治直系組長3人常駐させ、留守預からせたい。弁護士費用差し入れ代も全て山口組負担する」と提案。しかし森川鹿次はこの提案丁重に断り1972年秋に矢嶋出所するまで森川鹿次今治守っていくこととなった

※この「抗争」の解説は、「第1次松山抗争」の解説の一部です。
「抗争」を含む「第1次松山抗争」の記事については、「第1次松山抗争」の概要を参照ください。


抗争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/12 08:37 UTC 版)

ヴィテニス」の記事における「抗争」の解説

最初にヴィテニスの名が言及されるのは1292年彼の父が800軍勢率いてマゾフシェ侵攻してレツィアまで達した時である。父の死後1295年から公位に就いた。ヴィテヌスは間もなくポーランド継承戦争巻き込まれたが、ヴワディスワフ1世短身王の対抗馬であるボレスワフ2世支援している。ボレスワフ2世リトアニア出身であるガウデマンダを妻としていたからである。ルーシの地でヴィテヌスはミンダウガス暗殺後失地回復果たと同時にピンスク・トゥーロフ両公国併合している。 異教徒であるリトアニアサモギティアへの十字軍激しさ増し1290年代にはドイツ騎士団リヴォニア騎士団プロイセンバルト海沿岸征服したことにより新し水準達していた。ヴィテヌスの統治間に反対側であるドイツ騎士団居城匹敵するほどの防壁ライン築かれネマン川からユリア川まで堤防強化された。この期間にドイツ騎士団北方リヴォニア騎士団連絡を取るためにバルト海サモギティア間の回廊建設試みている。ヴィテニス統治間にドイツ騎士団20回に及ぶサモギティアへの侵攻行っているヴィテニスサモギティアへの貴族への影響力浸透と言う手段講じ、それはサモギティア貴族の裏切り・亡命増加裏付けられている。ゲディミナス貴族統制することでヴィテヌスを助けているが、ドイツ騎士団家臣としてプロイセン移住することを考えてたらしいドイツ騎士団はまたセミガリア全体支配強化していたが、そこにはエイズクラウクルの戦い以来からリトアニア人駐屯軍がいた。ドイツ騎士団1281年から1313年にかけてリトアニア支配していたディナブルク城を奪取している。

※この「抗争」の解説は、「ヴィテニス」の解説の一部です。
「抗争」を含む「ヴィテニス」の記事については、「ヴィテニス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「抗争」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

抗争

出典:『Wiktionary』 (2021/05/25 08:42 UTC 版)

この単語漢字
こう
常用漢字
そう
第四学年
音読み 音読み

発音

こ↗ーそー

名詞

(こうそう)

  1. 互いに張り合って争うこと。

動詞


「抗争」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



抗争と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「抗争」の関連用語

抗争のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



抗争のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの抗争事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの八王子抗争 (改訂履歴)、ジョグジャカルタ王宮 (クラトン) (改訂履歴)、新義安 (改訂履歴)、山口組と松本組の抗争事件 (改訂履歴)、岐阜抗争 (改訂履歴)、第1次松山抗争 (改訂履歴)、ヴィテニス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの抗争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS