左翼とは? わかりやすく解説

左翼

読み方:さよく

  1. 急進派革命派一般に意味し今日では主に共産党などを指していう。起源フランス大革命当時国民議会議席が、向つて右が漸進党、中央中間派、左が急進派になつていたことから出た語。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

左翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/24 06:24 UTC 版)

左翼左派(さよく、さは/英語: left-wing, the Left[注 1]とは、政治においては通常、「より平等社会を目指すための社会変革を支持する層」を指すとされる[1][2]進歩的革新的急進的暴力的、または革命的な政治勢力や人を指し、いわゆるリベラル進歩主義あるいは革新主義、社会自由主義、また社会主義社会民主主義民主社会主義)、共産主義[3][4][5]のほか、急進的な自由主義左派リバタリアニズム無政府主義などの様々な傾向がある。対義語(対立概念)は「右翼」(右派)[6]、「保守派」である。左派の中でも穏健派漸進的な立場の者は「中道左派」、逆に急進的・極端な立場の者は「極左」と呼ばれる。


  1. ^ 語義については「左派 (ウィクショナリー)」も参照のこと。


「左翼」の続きの解説一覧

左翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 23:11 UTC 版)

オルドス部」の記事における「左翼」の解説

ハウチン(Qaučin(Qaγučin)) ケリイェス(Keriyes(Kirgis)) チャハト(Čaqad) ミンガン(Mingγad(Mingγan)) ホニチン(Qoničin) フヤグチン(Quyaγučin(Qoyar Küriyen)) この他にもチンギス・ハーン廟を管理する「四ホリヤ(Dörben qoriya)」、元々はヨンシエブのイブラヒム・タイシの配下にあったと見られる「四オトク・ウイグルチン(Dörben otoγ Uyiγurčin)」・「三オトク・アマハイ(γurban otoγ Amaqai)」といった集団が所属していた。清朝の支配下に入った後は当初は6旗、後に1旗増やされて7旗(Doloγan qosiγu)に再編成された。

※この「左翼」の解説は、「オルドス部」の解説の一部です。
「左翼」を含む「オルドス部」の記事については、「オルドス部」の概要を参照ください。


左翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/18 10:00 UTC 版)

オトク (モンゴル)」の記事における「左翼」の解説

ハウチン(Qaučin(Qaγučin)) ケリイェス(Keriyes(Kirgis)) チャハト(Čaqad) ミンガン(Mingγad(Mingγan)) ホニチン(Qoničin) フヤグチン(Quyaγučin(Qoyar Küriyen)) この他にもチンギス・ハーン廟を管理する「四ホリヤ(Dörben qoriya)」、元々はヨンシエブのイブラヒム・タイシの配下にあったと見られる「四オトク・ウイグルチン(Dörben otoγ Uyiγurčin)」・「三オトク・アマハイ(γurban otoγ Amaqai)」といった集団が所属していた。清朝の支配下に入った後は当初は6旗、後に1旗増やされて7旗(Doloγan qosiγu)に再編成された。

※この「左翼」の解説は、「オトク (モンゴル)」の解説の一部です。
「左翼」を含む「オトク (モンゴル)」の記事については、「オトク (モンゴル)」の概要を参照ください。


左翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/08 17:09 UTC 版)

見沢知廉」の記事における「左翼」の解説

高校2年時の学期末試験中テスト用紙を破り教壇試験批判アジテートをして試験ボイコットする直後屋上で「昭和維新の歌」を歌っていたところ、同級生新左翼活動家に「決起したな。これでお前も左翼だ。こわっぱ教師なんか相手にするんじゃなく、国家権力闘おう」とオルグされ、戦旗派加盟する1978年三里塚闘争での成田空港占拠闘争参加した

※この「左翼」の解説は、「見沢知廉」の解説の一部です。
「左翼」を含む「見沢知廉」の記事については、「見沢知廉」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「左翼」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

左翼

出典:『Wiktionary』 (2021/08/07 08:05 UTC 版)

名詞

(さよく)

  1. つばさ
  2. 左右広がりを持つもののうち、左の側の部分
  3. 野球場などで、攻撃側から見て左側ひだりがわ左翼手守備位置レフト
  4. 革新的国際的な政治的立場たちば
    1.  保守派に対抗し、現在の社会体制変革求め立場革新派。
    2.  共産主義などで、世界主義強調し自国中心主義排撃するもの。
    3.  日本において、戦前戦後社会主義共産主義支持するもの。

語源

語義3

関連語

翻訳


「左翼」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

左翼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



左翼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの左翼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオルドス部 (改訂履歴)、オトク (モンゴル) (改訂履歴)、見沢知廉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの左翼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS