脱北者とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 脱北者の意味・解説 

脱北者

読み方:だっぽくしゃ

北朝鮮朝鮮民主主義人民共和国)から脱出亡命を図った人のこと。北朝鮮離脱住民

脱北者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/03 06:58 UTC 版)

脱北民(だっぽくみん、だつほくみん、朝鮮語: 탈북민)あるいは脱北者(だっぽくしゃ、朝鮮語: 탈북자)とは、朝鮮民主主義人民共和国から逃げ出した人のこと。大韓民国(韓国)における法律上の用語は北韓離脱住民(ほっかんりだつじゅうみん、韓国語: 북한이탈주민)である。




  1. ^ a b c リトル・ピョンヤン in ロンドン」 - NHK 2019年6月24日
  2. ^ [1]「脱北女性従業員」北送議論。震えている3万の脱北者たち、南北和解の時点で「邪魔者」扱いされる脱北者たち
  3. ^ 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版. “【社説】北朝鮮の顔色をうかがい脱北者を見殺しにした韓国外交部” (日本語). www.chosunonline.com. 2019年4月7日閲覧。
  4. ^ INC, SANKEI DIGITAL. “【久保田るり子の朝鮮半島ウオッチ】韓国を避ける脱北者 文在寅政権が嫌がらせ” (日本語). 産経ニュース. 2019年4月7日閲覧。
  5. ^ 脱北者:韓国政府が呼称変更、「セト民」不使用へ - 朝鮮日報 2008年11月23日[リンク切れ]
  6. ^ “<アジア大会>あす南北サッカー決勝…脱北者「金メダル分け合えれば」”. 中央日報. (2014年10月1日). http://japanese.joins.com/article/809/190809.html 2014年10月4日閲覧。 
  7. ^ 韓国:脱北した入国者が通算1万人超える 朝鮮戦争以来 - 毎日新聞 2007年2月17日付(2007年2月18日時点のアーカイブ
  8. ^ アングル:脱北者が大幅減、金正恩政権の監視体制強化で - ロイター通信 2015年5月25日付)
  9. ^ Marie-Laure Michel (2013年2月9日). “脱北者の私、ブログなら話せた 初めて日本の大学を卒業”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/international/update/0209/TKY201302090033.html 2013年2月9日閲覧。 
  10. ^ “韓国でも性的搾取、脱北女性の厳しい現実”. ニューズウィーク. (2016年11月17日). http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/11/post-6353.php 2016年11月20日閲覧。 
  11. ^ したがって2013年現在、北朝鮮において漢字はあくまで外国語扱いである。
  12. ^ 脱北者の青少年90%が高校へ通わず」 - 朝鮮日報 2005年9月20日付[リンク切れ]
  13. ^ a b 「人間らしい生活」を夢見た脱北者に絶望を与える韓国』 - 朝鮮日報 2007年2月5日付配信[リンク切れ]
  14. ^ 北朝鮮工作員、脱北者を装ってスパイ活動” (2004年12月2日). 2019年11月13日閲覧。
  15. ^ 同僚16人殺害の北朝鮮人らの強制送還、人権団体が韓国を非難”. AFP (2019年11月13日). 2019年11月13日閲覧。
  16. ^ 宮塚利雄 (2019年12月28日). “また韓国の失敗。脱北希望漁師を北に戻す冷徹政治に非難殺到”. まぐまぐニュース!. 2020年5月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月3日閲覧。
  17. ^ 朝日新聞 2010年2月11日朝刊
  18. ^ 『コチェビよ、脱北の河を渡れ ―中朝国境滞在記―(新潮社、2012年 ISBN 978-4-10-333011-0
  19. ^ 脱北者の悲痛な訴え、弁護士協会が人権白書 - 朝鮮日報、2008年10月13日(2008年10月13日時点のアーカイブ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「脱北者」の関連用語

脱北者のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



脱北者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの脱北者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS