たばことは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > たばこの意味・解説 

タバコ【(ポルトガル)tabaco】【煙草/莨】

ナス科多年草日本では一年草。高さ1.5~2メートルになり、大き楕円形の互生する。夏、細長いらっぱ状の淡紅色の花を多数開く。ニコチン含み喫煙用に加工したり、殺虫剤原料としたりする。南アメリカ原産で、桃山時代輸入。《 花=秋》

タバコ乾燥加工したもの。火をつけて吸煙する。

煙草/莨の画像
タバコの畑/撮影おくやまひさし
煙草/莨の画像
タバコの花/撮影おくやまひさし

タバコ【Tabaco】


たばこ 【煙草・莨】

タバコポルトガル語喫煙習慣アメリカ-インディアンにあり、これがコロンブスによってヨーロッパにもたらされたという。アメリカ-インディアン日常喫煙のほかに、宗教的な目的でも用い、シャーマンは霊格と交信のため、または患者身体から病気追い払うためなどにも用いた。南米には人食い女の死体焼いた灰からタバコが生じたなどのタバコ神話がある。

タバコ

【仮名】たばこ
原文tobacco

依存性のある化学物質であるニコチン多く含有するをつける植物。タバコの使用法には、喫煙紙巻きタバコ葉巻パイプなど)、歯茎すりつける噛みタバコなど)、吸引する(かぎタバコ)などがある。タバコのには多く発がん性物質も含まれており、タバコの使用副流煙への暴露には、多く種類のがんやその他の疾患との関係性指摘されている。学名Nicotiana tabacum

たばこ

作者清水重道

収載図書赤い鳥代表作集 6 新版
出版社小峰書店
刊行年月1998.4


たばこ

作者上林暁

収載図書禁酒宣言
出版社筑摩書房
刊行年月1999.9
シリーズ名ちくま文庫

収載図書上林暁全集 9 小説 増補決定版
出版社筑摩書房
刊行年月2001.2


たばこ (煙草)

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

Nicotiana tabacum

南アメリカ熱帯地方原産です。直立し、高さは1.5~2メートルほどになります大きな楕円形綿毛密生し、互生します。7月から8月ごろ、茎頂総状花序に、淡いピンク色または黄色筒状花を咲かせます。喫煙は、先住民儀式として行っていた風習ですが、新大陸の発見とともにヨーロッパから世界各地へと広がりました。花が咲いた段階で、1から20個ほどの収穫されるそうです
ナス科タバコ属多年草で、学名Nicotiana tabacum。英名は Tobacco
ナスのほかの用語一覧
ソランドラ:  ソランドラ・マキシマ  ソランドラ・ロンギフローラ
タバコ:  木立煙草  煙草  花煙草
チョウセンアサガオ:  朝鮮朝顔  木立朝鮮朝顔

煙草

読み方:たばこ

  1. 火災。〔第一類 天文事変
  2. 火災。「とまり」「とびこみ」に同じ。

煙草

読み方:たばこ

  1. 宵闇ニ紛レ邸内ニ忍入リ家人ノ寝鎮ル頃ヲ窺ヒ、屋内侵入スル盗犯。〔第三類 犯罪行為

煙草

読み方:たばこ

  1. 女学生間にて生意気な学生のことをいふ。中学生喫煙を禁じられて居るのに生意気に禁を冒して吸ふからいつたのである。〔女学生
  2. 女学生間で生意気な男学生を蔭口していふ言葉。〔学生
  3. 女学生間にて生意気な学生のことをいふ。中学生喫煙を禁じられて居るのに生意気に禁を冒して吸ふからいつたのである
  4. 女学生間で生意気な男学生のことを陰口していふ語。
  5. 女学生間で、生意気な男学生を蔭口していふ言葉。「昨日省線電車でいやな煙草が妾の手を握つて離さないのよ、あんな困つたことつてありやしなかつたわ」。

分類 女学生学生学生

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

煙草

読み方
煙草たばこ

多筥

読み方
多筥たばこ

たばこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/07 14:27 UTC 版)

たばこ(煙草、莨、tobacco)は、タバコ(Nicotiana tabacum)の葉を加工して作られる製品である。日本の法令では「たばこ事業法2条3号」により、「製造たばこ」と定義され、「葉たばこを原料の全部又は一部とし、喫煙用、かみ用又はかぎ用に供し得る状態に製造されたもの」とされる。




  1. ^ https://www.jti.co.jp/tobacco/knowledge/society/history/world/01_3.html 「人々とたばこの関係」日本たばこ産業 2017年2月17日閲覧
  2. ^ https://www.jti.co.jp/tobacco/knowledge/society/history/world/01_2.html 「さまざまな喫煙形態」日本たばこ産業 2017年2月17日閲覧
  3. ^ 「マヤ文明を知る事典」p217-218 青山和夫 東京堂出版 2015年11月10日初版発行
  4. ^ https://www.jti.co.jp/tobacco/knowledge/society/history/world/03_1.html 「スペインとたばこ」日本たばこ産業 2017年2月17日閲覧
  5. ^ 「タバコの世界史」p64-65 ジョーダン・グッドマン著 和田光弘・森脇由美子・久田由佳子訳 平凡社 1996年11月18日初版第1刷
  6. ^ 「タバコの世界史」p73-74 ジョーダン・グッドマン著 和田光弘・森脇由美子・久田由佳子訳 平凡社 1996年11月18日初版第1刷
  7. ^ 「タバコの世界史」p74-76 ジョーダン・グッドマン著 和田光弘・森脇由美子・久田由佳子訳 平凡社 1996年11月18日初版第1刷
  8. ^ 「タバコの世界史」p99 ジョーダン・グッドマン著 和田光弘・森脇由美子・久田由佳子訳 平凡社 1996年11月18日初版第1刷
  9. ^ 「タバコの世界史」p121 ジョーダン・グッドマン著 和田光弘・森脇由美子・久田由佳子訳 平凡社 1996年11月18日初版第1刷
  10. ^ 『イギリス帝国の歴史――アジアから考える』p48 秋田茂(中公新書, 2012年)
  11. ^ 「タバコの歴史」p147 上野堅實 大修館書店 1998年2月1日初版発行
  12. ^ 「タバコの世界史」p125 ジョーダン・グッドマン著 和田光弘・森脇由美子・久田由佳子訳 平凡社 1996年11月18日初版第1刷
  13. ^ 「タバコの歴史」p151 上野堅實 大修館書店 1998年2月1日初版発行
  14. ^ 「タバコの歴史」p162 上野堅實 大修館書店 1998年2月1日初版発行
  15. ^ a b 世界保健機関、独立行政法人国立がん研究センター・訳, “たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約の歴史” (pdf) (プレスリリース), 世界保健機関, https://www.ncc.go.jp/jp/cis/divisions/tobacco_policy/project/fctc/FCTC_History.pdf 2018年2月18日閲覧。  2010 年初めまでの枠組条約の歴史。
  16. ^ Sweanor, David; Nutt, David J.; Phillips, Lawrence D.; Balfour, David; Curran, H. Valerie; Dockrell, Martin; Foulds, Jonathan; Fagerstrom, Karl et al. (2014). “Estimating the Harms of Nicotine-Containing Products Using the MCDA Approach”. European Addiction Research 20 (5): 218-225. doi:10.1159/000360220. PMID 24714502. https://www.karger.com/Article/FullText/360220. 
  17. ^ White, C. (2002). “Tobacco industry knowingly duped public with "low tar" brands”. BMJ 324 (7338): 633. doi:10.1136/bmj.324.7338.633. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1172091/. 
  18. ^ United States Department of Health and Human Services, Public Health Service, National Institutes of Health, National Cancer Institute 2011, pp. 1-12.
  19. ^ 喫煙女性の健康リスク激増、「軽い」タバコが一因か” (2013年1月25日). 2016年8月25日閲覧。
  20. ^ Thun, Michael J.; Carter, Brian D.; Feskanich, Diane; Freedman, Neal D.; Prentice, Ross; Lopez, Alan D.; Hartge, Patricia; Gapstur, Susan M. (2013). “50-Year Trends in Smoking-Related Mortality in the United States”. New England Journal of Medicine 368 (4): 351-364. doi:10.1056/NEJMsa1211127. PMC: 3632080. PMID 23343064. http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMsa1211127#t=article. 
  21. ^ “House of Commons Debates - 16 December 2015 : Column 1548”. 603. House of Commons Debates 16 December 2015. (2015-12-16). http://www.publications.parliament.uk/pa/cm201516/cmhansrd/cm151216/debtext/151216-0001.htm#column_1548 
  22. ^ コロンビア大学嗜癖物質乱用国立センター (2012-06). Addiction Medicine: Closing the Gap between Science and Practice. p. 56, 60-61. http://www.casacolumbia.org/templates/NewsRoom.aspx?articleid=678&zoneid=51 
  23. ^ http://www.sankei.com/politics/news/150901/plt1509010014-n1.html 「酒・たばこ18歳解禁を 自民特命委、選挙権年齢下げ踏まえ提言」産経新聞 2015年9月1日 2017年2月18日閲覧
  24. ^ 「たばこに続く道 たばこ 文化 人生」p2 大川俊博 有斐閣 1991年12月30日初版第1刷
  25. ^ 国際郵便を利用したたばこの個人輸入について : 税関 Japan Customs”. www.customs.go.jp. 2019年7月1日閲覧。
  26. ^ 一般財団法人対日貿易投資交流促進協会
  27. ^ なぜプロ野球選手は「タバコ」がやめられないのか? (4/4) Business Media 誠 2013年3月7日
  28. ^ David Brown (2010-10-09), Tony Gwynn suspects his cancer comes from chewing tobacco, Yahoo!Sports (英語), 2010年10月11日閲覧
  29. ^ http://espn.go.com/boston/mlb/story/_/id/11380584/curt-schilling-former-boston-red-sox-pitcher-says-chewing-tobacco-led-mouth-cancer
  30. ^ 川床邦夫『中国たばこの世界』<東方選書> 東方書店 1999年、ISBN 9784497995681 pp.187-202.
  31. ^ « FAOSTAT », sur faostat3.fao.org,‎
  32. ^ 「タバコの世界史」p131 ジョーダン・グッドマン著 和田光弘・森脇由美子・久田由佳子訳 平凡社 1996年11月18日初版第1刷
  33. ^ 「タバコの歴史」p232-233 上野堅實 大修館書店 1998年2月1日初版発行
  34. ^ http://www.afpbb.com/articles/-/3026294 「たばこの健康被害、アジア地域でまん延」AFPBB 2014年09月18日 2017年2月16日閲覧
  35. ^ 「タバコの世界史」p131 ジョーダン・グッドマン著 和田光弘・森脇由美子・久田由佳子訳 平凡社 1996年11月18日初版第1刷
  36. ^ http://jp.reuters.com/article/health-tobacco-idJPKBN14U0C7 「喫煙による死者数、2030年までに年800万人に増加へ」ロイター 2017年1月11日 2017年2月16日閲覧


「たばこ」の続きの解説一覧

たばこ

出典:『Wiktionary』 (2018/11/06 08:25 UTC 版)

名詞

たばこ煙草 植物名等では多くタバコ」と表記

  1. ナス科タバコ属一年草植物
  2. 語義1の原料として製造した嗜好品嗜好性原因ニコチン作用によるが、体内取り込むため多くは燃やしてその煙を吸引することによる
  3. たばこ(語義2)を吸うこと。喫煙行為
  4. 山陰地方の方言休憩

発音

た↗ばこ

語源

関連語

翻訳


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「たばこ」の関連用語

たばこのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



たばこのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのたばこ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのたばこ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 Weblio RSS