いよいよとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > いよいよの意味・解説 

いよいよ

別表記:愈々弥弥弥々愈愈

時期が迫っている・時期来てしまった・程度甚だしくなっている・確信度合いが強まった、といった意味で用いられる表現。ついに。とうとう。ますます。漢字では「愈愈愈々)」もしくは弥弥弥々)」と表記できるが、一般的には「いよいよ」と平仮名表記される。

いよ‐いよ【×愈/×愈々】

[副]

持続的程度が高まるさま。ますます。より一層。「―雨が激しくなる

不確定なものが確定的になるさま。まさしく。「昇進は―明らかだ」「―もって彼が怪しい」

待望していた物事成立したり実現したりするさま。とうとう。ついに。「新社屋が―完成する」「―試合開始だ」

重大な事態に至ろうとしているさま。いざ。「―の時は加勢を頼むよ」


いよいよ

出典:『Wiktionary』 (2019/04/16 20:15 UTC 版)

副詞

いよいよ愈愈弥弥

  1. より一層ますます
  2. 不確定物事決定的になるさま。確かに。いよいよもって。
    • いよいよあいつが怪しい。
  3. 段階的に状態進んである時期迎えるさま。とうとう。
  4. 極限の状態に至ろうとしているさま。
  5. 中四国方言)(否定的事柄について)まったく本当に。

発音

い↗よ↘いよ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「いよいよ」の関連用語

いよいよのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



いよいよのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのいよいよ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS