一般的にはとは? わかりやすく解説

一般的には

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/21 01:46 UTC 版)

ブラインド・デコンボリューション」の記事における「一般的には」の解説

伝送路を介して送信される信号があるとする。伝送路通常線形シフト不変系としてモデル化できるので、受容器元の信号伝送路インパルス応答畳み込み受け取る。伝送路効果逆にして元の信号得たい場合は、受信した信号伝送路応答反転させた第2線形システム処理しなければならない。このシステムイコライザ呼ばれている。 元の信号与えられれば、ウィーナーフィルタ(英語版)を見つけるなどの監視手法使用することができるが、それがなくても、それについて知っていること調べて回復試みることができる。例えば、所望のスペクトルパワー密度を得るために、受信した信号フィルタリングすることができる。これは、例えば、元の信号自己相関持たないことが分かっている場合に、受信した信号を「白色化英語版)」するときに起こる。 白色化通常結果多少位相歪みを残す。ほとんどのブラインド・デコンボリューション技術は、信号高次統計量使用しており、このような位相歪み補正することができる。イコライザ最適化して、元のPSFについて知っていることに近いPSFを持つ信号得られる

※この「一般的には」の解説は、「ブラインド・デコンボリューション」の解説の一部です。
「一般的には」を含む「ブラインド・デコンボリューション」の記事については、「ブラインド・デコンボリューション」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「一般的には」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「一般的には」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「一般的には」に関係したコラム

  • 株式のインターネット取引ができる証券会社の一覧

    株式のインターネット取引ができる証券会社の一覧です。次の表は、2012年6月現在の日本国内のネット証券の一覧です。ネット証券は、インターネットを通じて株式の売買が行える証券会社のことです。一般的には、...

  • 株式相場で用いられる高値、安値とは

    株式相場で用いられる高値とは、ある期間での一番高かった株価のことです。また、安値は、一番安かった株価のことです。また、高値、安値を付けた日は大商いの取引になったり、相場の転換点であったりすることがあり...

  • FXやCFDの線形回帰とは

    FXやCFDの線形回帰とは、価格の散らばりを1つの線にまとめて表したテクニカル指標のことです。線形回帰は統計学などで用いられます。線形回帰の求め方はいくつかありますが、一般的にはある期間の価格と線との...

  • 株式分析の騰落レシオとは

    株式分析の騰落レシオは、その日の値上がりした銘柄数と、値下がりした銘柄数から株式相場の強弱を調べるテクニカル指標です。騰落レシオの計算方法は、過去25日間の値上がりした銘柄数を過去25日間の値下がりし...

  • バイナリーオプションのタッチとは

    バイナリーオプションのタッチとは、通貨ペアの価格が指定した時間内に指定した価格に到達するかどうかを予想するオプション商品の総称です。タッチは、ワンタッチとも呼ばれています。タッチの特徴は、時間内に一度...

  • FXやCFDで相場のトレンドが継続するかどうかを調べるには

    FXやCFDで相場のトレンドが継続するかどうかを調べるにはいくつかの方法があります。ここでは、テクニカル指標のボリンジャーバンドとボラティリティを使って相場のトレンドが継続するかどうかを調べてみます。

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

一般的にはのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



一般的にはのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブラインド・デコンボリューション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS