シフトとは? わかりやすく解説

シフト【shift】

読み方:しふと

[名](スル)

位置移動すること。状態や体制などを移行すること。「フレックスタイム制度に—させる」「—キー」「—レバー

野球で、特定の打者攻撃に応じて野手守備態勢変化させること。またその守備態勢

車のギア変えること。「2速から1速へ—する」

交替勤務制交代勤務時間また、勤務時間割。「アルバイトの—を組み直す

移動すること。「十進法では1桁左に—すると10倍になる」

カメラの煽(あお)りの一つで、レンズ光軸フィルム面(デジタルカメラではイメージセンサーに対してずらすこと。横方向にずらすことをシフト、上方向をライズ下方向フォールといって区別する場合がある構図遠近感調整用いられる。→PCレンズ


シフト shift

全体 ★★★☆ 60歳以上 ★★☆☆

凡例

移行

効率性生産性の低い部門から高い部門への産業のシフト移行不可欠で

意味説明

位置配置それまで変わること

切り替え 転換


シフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/10 01:21 UTC 版)

シフト(shift)




「シフト」の続きの解説一覧

シフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/06 08:28 UTC 版)

スペクトル分解 (関数解析学)」の記事における「シフト」の解説

特別な場合として S が自然数集合であり μ が数え上げ測度あるよう場合考える。このとき対応する Lp(μ) は lp表記される。この空間は、 ∑ n ≥ 0 | x n | p < ∞ {\displaystyle \sum _{n\geq 0}|x_{n}|^{p}<\infty } を満たすような複素数の列 {xn} より構成される。1 < p < ∞ に対して空間 l p回帰的となる。左シフト作用素 T : l pl p を T ( x 1 , x 2 , x 3 , … ) = ( x 2 , x 3 , x 4 , … ) {\displaystyle T(x_{1},x_{2},x_{3},\dots )=(x_{2},x_{3},x_{4},\dots )} で定義する。この T は、作用素ノルムが 1 であるよう部分等長作用素である。したがっスペクトル σ(T) は複素平面の閉単位円板含まれる。 このとき T* は、1/p + 1/q = 1 を満たすような q に対する空間 l q 上の右シフト(あるいは片側シフト)で、次のように与えられる: T ∗ ( x 1 , x 2 , x 3 , … ) = ( 0 , x 1 , x 2 , … ) . {\displaystyle T^{*}(x_{1},x_{2},x_{3},\dots )=(0,x_{1},x_{2},\dots ).} これは等長作用素である。|λ| < 1 を満たすような λ ∈ C に対して、 x = ( 1 , λ , λ 2 , … ) ∈ l p {\displaystyle x=(1,\lambda ,\lambda ^{2},\dots )\in l^{p}} であり、T x = λ x が成り立つ。したがって、T の点スペクトルは開単位円板を含むこととなる。回帰性上述定理思い起こせば、開単位円板は T* の剰余スペクトル含まれる結論付けることが出来る有界作用素のスペクトルは閉である。このことは、単位円 { |λ| = 1 } ⊂ C が σ(T) 内にあること意味するまた、T* は固有値持たない。すなわち、σp(T*) は空集合である。ふたたび l p回帰性上述定理により、σr(T)空集合であることが分かるしたがって、単位ノルム長の複素数 λ に対し、λ ∈ σp(T) あるいは λ ∈ σc(T)成立する。今、もし |λ| = 1 で T x = λ x , i . e . ( x 2 , x 3 , x 4 , … ) = λ ( x 1 , x 2 , x 3 , … ) {\displaystyle Tx=\lambda x,\;i.e.\;(x_{2},x_{3},x_{4},\dots )=\lambda (x_{1},x_{2},x_{3},\dots )} が成立するなら、 x = x 1 ( 1 , λ , λ 2 , … ) {\displaystyle x=x_{1}(1,\lambda ,\lambda ^{2},\dots )} となるが、これは l p には含まれず、矛盾である。したがってこのことは、単位円は T の連続スペクトルでなければならないことを意味する。 右シフト作用素 T* に対し、σr(T*) は開単位円板となり、σc(T*) は単位円となる。 p = 1 に対しても、同様の解析を行うことが出来る得られる結果はしかし回帰性成立しないために、全く同一ということにはならない

※この「シフト」の解説は、「スペクトル分解 (関数解析学)」の解説の一部です。
「シフト」を含む「スペクトル分解 (関数解析学)」の記事については、「スペクトル分解 (関数解析学)」の概要を参照ください。


シフト (*)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/01 07:06 UTC 版)

テトリスパーティ」の記事における「シフト (*)」の解説

自分のフィールドの端をポインタ指定することでブロック隙間揃えることができる。

※この「シフト (*)」の解説は、「テトリスパーティ」の解説の一部です。
「シフト (*)」を含む「テトリスパーティ」の記事については、「テトリスパーティ」の概要を参照ください。


シフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 09:27 UTC 版)

タイプライター」の記事における「シフト」の解説

大文字などキーの上に書かれている文字タイプするための修飾キー1つタイプライターでは、キャリッジ機構全体上下にシフトさせ、タイプアーム上の別の活字印字させる機構だった。シフトキーには上向きの矢印書かれているものがあるが、これはキャリッジ機構シフトすることを表しタイプライター名残

※この「シフト」の解説は、「タイプライター」の解説の一部です。
「シフト」を含む「タイプライター」の記事については、「タイプライター」の概要を参照ください。


シフト (shift)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 09:06 UTC 版)

アメリカンフットボールの用語集」の記事における「シフト (shift)」の解説

攻撃側スナップ前にフォーメーション変更すること。各選手新し位置セットした後、原則として1秒間静止しなければならない

※この「シフト (shift)」の解説は、「アメリカンフットボールの用語集」の解説の一部です。
「シフト (shift)」を含む「アメリカンフットボールの用語集」の記事については、「アメリカンフットボールの用語集」の概要を参照ください。


シフト(shift)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 05:20 UTC 版)

Yacc」の記事における「シフト(shift)」の解説

先読みトークン必要で、それをスタックに(右から新しいものを押し込むイメージで)1個追加プッシュ)する。先読みトークン消費される

※この「シフト(shift)」の解説は、「Yacc」の解説の一部です。
「シフト(shift)」を含む「Yacc」の記事については、「Yacc」の概要を参照ください。


シフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/30 05:01 UTC 版)

ビット演算」の記事における「シフト」の解説

シフト(シフト演算)はときにビット演算一種みなされる。というのは、それがビットに対する操作からである。それとは逆にシフトは数値全体に対するものでビット毎操作するものではないという考え方もある。この操作では各を右か左に移動(右シフトまたは左シフト)させる。コンピュータプロセッサ内のレジスタ固定ビット長を持っていて、数値を格納する。これに対するシフトはいくつかのビットレジスタからはみ出すことを意味する。シフトにいろいろな種類があるのは、外から入ってくるビットと、はみ出すビットをどう扱うかが違うためである

※この「シフト」の解説は、「ビット演算」の解説の一部です。
「シフト」を含む「ビット演算」の記事については、「ビット演算」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「シフト」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

シフト

出典:『Wiktionary』 (2020/09/07 12:47 UTC 版)

発音

名詞

シフト

  1. 変更移行
  2. 守備位置特殊移動そのような守備位置
  3. 交替勤務制交替勤務における勤務時間割当
  4. コンピュータキーボードで、シフトキーの略。またシフトキーを押す動作の略。

語源

英語 shift


「シフト」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「シフト」に関係したコラム

  • CFDの金取引とは

    金取引には、現物取引と先物取引の2つの取引があります。金の現物取引は、ロンドン金市場で1日に2回取引が行われ、価格が決定されます。これをフィキシングプライスといいます。一方、金の先物市場は、ニューヨー...

  • CFDの株価と債券、金利との関係は

    株価と債券との関係は、逆相関関係にあるといわれています。例えば、株価が上昇すれば債券が下降し、株価が下降すれば債券が上昇します。上のチャートは、アメリカ合衆国の10年国債先物のチャートと、ダウ工業株3...

  • CFDのトウモロコシ相場の見方

    CFDのトウモロコシ相場は、生産国や消費国の情勢、気候などにより値動きが大きくなります。この値動きは、テクニカル指標では分析できないほど荒い値動きになります。ここでは、過去のトウモロコシ相場を振り返り...

  • FXのレバレッジ規制とは

    FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジ規制とは、2009年8月3日に公布された「金融商品取引業等に関する内閣府令」を根拠法として、金融庁がFX業者のレバレッジを規制することです。金融商品取引業等に関す...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

シフトのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シフトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシフト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスペクトル分解 (関数解析学) (改訂履歴)、テトリスパーティ (改訂履歴)、タイプライター (改訂履歴)、アメリカンフットボールの用語集 (改訂履歴)、Yacc (改訂履歴)、ビット演算 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのシフト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS