machineとは? わかりやすく解説

マシン【machine】

読み方:ましん

《「マシーン」とも》

機械。「ティーチング―」「スロット―」

自動車オートバイ。特に、レース用のものにいう。


マシーン【machine】

読み方:ましーん

マシン

「マシーン」に似た言葉

ミシン 【machine】

切り取りやすくするために破線状に穴をあけたもの。又は、穴をあけること。ミシンで縫ったときにできる穴に似ているところから

マシン

別名:マシーン
【英】machine

マシンとは、機械装置意味する一般的な英語である。IT用語としては、コンピュータ端末ハードウェア全体を指す語としてしばしば用いられる

IT関連分野でのマシンは大抵の場合コンピュータ」とほぼ同義であるが、とりわけ、「概念としてのコンピュータではなく端末そのものを指す場合、あるいは、ソフトウェアではなくハードウェアの方話題としていることを明示する場合など特にマシンの語が用いられる

たとえば「Windowsマシン」のように言う場合、これは「ソフトウェアOSとしてのWindowsではなく、「Windows搭載したハードウェアを含む)端末であることを明示するものといえる。

コンピュータのほかの用語一覧
パソコン:  ファンレスPC  互換品  マイクロタワー型  マシン  ミニタワー  PC  Razer Blade Stealth

machine

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 08:33 UTC 版)

machine(マシーン)は、日本ロックユニット。1999年PENICILLINHAKUEIhide with Spread BeaverKIYOSHIにより結成された[1][2]。所属事務所はeuclid agency。2002年に活動を休止したが、2004年から「再起動」として活動を再開。


注釈

  1. ^ 楽曲が起用された年ではなく、音源化された年で記載

出典

  1. ^ a b c machine - プロフィール”. CDJournal. 2015年8月23日閲覧。
  2. ^ a b c d e f machine - Biography”. machine Official Website. 2015年8月23日閲覧。
  3. ^ Detailed Information about machine at JAPAN Expo!!”. musicJAPANplus (2008年7月3日). 2015年8月23日閲覧。
  4. ^ HAKUEIバンド、ライチ☆光クラブとmachineがスプリット盤” (日本語). 音楽ナタリー (2012年7月5日). 2022年2月25日閲覧。


「machine」の続きの解説一覧

機械

(machine から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/26 08:16 UTC 版)

機械器械[1](きかい、フランス語英語オランダ語:machine、ドイツ語:Maschine)とは、広義には、ある力が有用な働きをなし、あるいは他のエネルギーの形態に変化する力の伝達を行うような装置の総称(Brockhausによる定義)[2]


注釈

  1. ^ 今も「カラクリ人形」などと使われる。

出典

  1. ^ a b 新村出 編 『広辞苑』(第六版)、2009年。ISBN 978-4-00-080123-2NCID BA88799427 きかい 機械・器械】の項
  2. ^ a b c d e f g h i j k 福田稔. “農業機械化の経済的意義に関する研究”. 岡山大学. 2019年11月14日閲覧。
  3. ^ 萩原芳彦 監修  編 『ハンディブック 機械』(改訂2版)オーム社、2007年3月20日、5-7頁。ISBN 9784274203664NCID BA81640206 
  4. ^ 福井憲彦  『近代ヨーロッパの覇権』(第1刷)講談社 〈興亡の世界史13〉、2008-12月-17、183-184 頁。ISBN 9784062807135 
  5. ^ 「産業革命歴史図鑑 100の発明と技術革新」p14-15 サイモン・フォーティー著 大山晶訳 原書房 2019年9月27日初版第1刷発行
  6. ^ 「産業革命歴史図鑑 100の発明と技術革新」p19 サイモン・フォーティー著 大山晶訳 原書房 2019年9月27日初版第1刷発行
  7. ^ 「産業革命歴史図鑑 100の発明と技術革新」p33 サイモン・フォーティー著 大山晶訳 原書房 2019年9月27日初版第1刷発行
  8. ^ 「産業革命歴史図鑑 100の発明と技術革新」p36-37 サイモン・フォーティー著 大山晶訳 原書房 2019年9月27日初版第1刷発行
  9. ^ 磯田浩 『火と人間』(初版第1刷)法政大学出版局、2004年4月20日。ISBN 4588713027NCID BA66863078 
  10. ^ (8) 機械器具製造業”. 京都市. 2020年6月25日閲覧。
  11. ^ 機械遺産分類コードと分類項目”. 一般社団法人 日本機械学会. 2020年6月25日閲覧。
  12. ^ 機械』 - コトバンク
  13. ^ 社会 地理 日本の工業”. www.hello-school.net. 2021年3月23日閲覧。


「機械」の続きの解説一覧

MACHINE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 03:29 UTC 版)

MACHINE(マシーン)は、日本ヴィジュアル系バンドグループ、KLACKのセカンドシングル。2008年4月30日に発売された。INTIFADA 2004から4年ぶりのリリースとなる。




「MACHINE」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「machine」の関連用語

machineのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



machineのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2022 K'sBookshelf All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリマシンの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのmachine (改訂履歴)、機械 (改訂履歴)、MACHINE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS