省エネとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 省エネの意味・解説 

しょう‐エネ〔シヤウ‐〕【省エネ】

読み方:しょうえね

省エネルギー」の略。


省エネ

一般的に住宅ビルなどにおいて窓ガラスは熱の出入りの多い場所。この開口部での熱の流入・流出抑えることは省エネルギー観点からすると重要なポイントとなる。窓ガラスにおいての省エネを実現させるために、断熱性能の高い複層ガラス真空ガラス採用されている。


省エネ


省エネルギー

(省エネ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/24 16:05 UTC 版)

省エネルギー(しょうエネルギー、英語: energy conservation)とは、同じ社会的・経済的効果をより少ないエネルギーで得られるようにすることである。省略して省エネ(しょうエネ)とも言われる。


  1. ^ a b 山本・加藤 2013, p. 2.
  2. ^ 山本・加藤 2013, p. 3.
  3. ^ a b 山本・加藤 2013, p. 4.
  4. ^ a b c d 諸外国の省エネルギー対策の現状について 国土交通省、2017年7月13日閲覧。
  5. ^ 省エネ型製品情報サイト
  6. ^ 竹中 2009, p. 39.
  7. ^ 栗原他 2010, pp. 186–187.
  8. ^ a b c 2009年度「総合エネルギー統計」 経済産業省/EDMC
  9. ^ 「家庭用エネルギー統計年報(2005)」住環境計画研究所
  10. ^ 「電気需要の概要(2005)」


「省エネルギー」の続きの解説一覧

省エネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 07:08 UTC 版)

パンジョ」の記事における「省エネ」の解説

CO2対策に加え2011年平成23年3月11日発生した東日本大震災に起因する供給電力不足に対する対策として2012年平成24年)春ごろより、高島屋各階売り場ではHIDランプからLED照明器具への交換進められている。 また、パンジョ専門店内通路等の40W直管蛍光灯器具順次LED照明器具交換進められている。

※この「省エネ」の解説は、「パンジョ」の解説の一部です。
「省エネ」を含む「パンジョ」の記事については、「パンジョ」の概要を参照ください。


省エネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 03:25 UTC 版)

スマートホーム」の記事における「省エネ」の解説

HEMS連携して使用電力量見える化と、使い過ぎの際アプリに通知したり、エアコン照明制御して節電につなげることができる。

※この「省エネ」の解説は、「スマートホーム」の解説の一部です。
「省エネ」を含む「スマートホーム」の記事については、「スマートホーム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「省エネ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

省エネ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 07:31 UTC 版)

名詞

エネ (しょうえね)

  1. 省エネルギーの略。

「省エネ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「省エネ」の関連用語

省エネのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



省エネのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本板硝子日本板硝子
(C) 2022 Nippon Sheet Glass Co., Ltd. All Rights Reserved.
日本板硝子ガラス用語集
大光電機大光電機
Copylight 2022.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2022 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの省エネルギー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパンジョ (改訂履歴)、スマートホーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの省エネ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS