真空ガラスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 家屋 > ガラス > 真空ガラスの意味・解説 

真空ガラス

複層ガラスの2ガラスの間の空気層真空にして、断熱防音性能をより高め商品
日本板硝子社が「スペーシア」という商品名販売
通常の住宅用の複層ガラスは12mm以上の厚みとなるため、専用窓サッシを必要としていたが、真空ガラスの厚みはガラス3mm+中空層(真空)0.2mm+ガラス3mmなので、既存窓サッシそのままに、ガラスのみを交換するだけで、開口部断熱性能高めることができる。

≫ ガラスの種類別「真空ガラス」

真空ガラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/20 05:09 UTC 版)

真空ガラス(しんくうガラス)は、1994年日本板硝子株式会社シドニー大学が提携し、商品開発された複層ガラスで、板ガラスLow-Eガラスを重ね、その間を0.2mmの真空にした中間層を設ける形で1ユニットを構成した商品を指す。




「真空ガラス」の続きの解説一覧



真空ガラスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「真空ガラス」の関連用語

真空ガラスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



真空ガラスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本板硝子日本板硝子
(C) 2020 Nippon Sheet Glass Co., Ltd. All Rights Reserved.
日本板硝子ガラス用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの真空ガラス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS