地中熱とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 地中熱の意味・解説 

地中熱

読み方:ちちゅうねつ
英語:geotherm

地中の、比較地表に近い部分の熱。もっぱら地球内部由来する熱源を意味する「地熱」とは区別される。

地中熱には、気象気候変化を受けにくく、一年通して同じ気温保持する性質がある。そのため、夏は涼しく、冬は暖かい

近年、地中熱をヒートポンプ汲み上げ屋内室温管理利用する仕組み普及進みつつある。地中熱を利用するためヒートポンプはGSHP(Geo-Thermal Heat Pump)などと呼ばれている。

関連サイト
地中熱促進協会

地中熱

地中熱 完成前から東京新名所として話題の「東京スカイツリー」(東武鉄道建設2011年完成予定)。634メートルの高さにばかり注目が集まっていますが、目新しいのは高さだけではありません。日本では珍しい「地中熱」を利用した省エネルギータワーとしても注目集めそうです
 地中熱とは、その名の通り地下の熱」です。地下の熱や蒸気から電気作り出す地熱発電」に名前は似ていますが、使われ方は違います。地中熱は、地上温度地中温度の差を利用した天然冷暖房です。
 夏だと地中温度地上温度よりも涼しいです。逆に冬は、地中地上よりも暖かいです。夏、地中の冷たい空気地上に運べば、冷房に使えます。冬の場合地中暖かい空気地上では暖房として使えます。実際に空気そのものではなく地中の熱を運びます。夏は地下冷やし地上くみあげ冷房使います。冬は地下温めます。
 地中熱だけだと冷房暖房とも十分ではないため、通常の冷暖房使います。もちろん地中熱を使っている分、通常の冷暖房よりも省エネルギーになります東京スカイツリーでは通常の冷暖房よりもエネルギー使用量が48%減る見込みです。
 海外では地中熱利用は活発です。カシオ計算機ドイツビルでは1月から地中熱の利用始めました。地下130メートルの熱を冷暖房活用することで40%の省エネになっているそうですちなみに地下の熱は1年通して16度Cに保たれているそうです

(掲載日:2009/11/28)

地中熱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/03 02:42 UTC 版)

地中熱(ちちゅうねつ)とは、地下(約5~200m)の低温熱エネルギーである。


  1. ^ a b ルイギ・ジョリオ (2010年1月11日). “地熱エネルギー技術の進歩”. swissinfo.ch. http://www.swissinfo.ch/jpn/detail/content.html?cid=7803542 2014年6月3日閲覧。 
  2. ^ 電力ピーク負荷低減のための地中熱利用ヒートポンプの導入促進の提言”. 日本地熱学会地中熱利用技術専門部会 (2011年4月6日). 2012年1月19日閲覧。
  3. ^ 【協会からの提言】節電に最も効果のある地中熱ヒートポンプ”. 地中熱利用促進協会 (2012年7月24日). 2014年3月1日閲覧。
  4. ^ 「アルミの家」の始まり|アルミの家の歴史|アルミの家|アルミニウム建築構造協議会”. アルミニウム建築構造協議会. 2011年7月5日閲覧。
  5. ^ 自然の恵みを効率よく”. 旭化成ホームズ株式会社. 2011年7月5日閲覧。
  6. ^ “地中熱利用”+“太陽光発電”で『光熱費ゼロ』の家へ 新商品『アリエッタ プレミアム』発売 (PDF)”. 株式会社LIXIL住宅研究所 フィアスホームカンパニー (2011年4月12日). 2011年7月5日閲覧。
  7. ^ 再生可能エネルギー “ 地中熱 ” を利用した住宅用ヒートポンプ温水暖房システム「GeoSIS (ジオシス) 」 を10月発売 (PDF)”. 株式会社コロナ (2011年6月11日). 2011年7月5日閲覧。
  8. ^ ニュース 究極の省CO2住宅「アルミハウス」を一般公開(9/3)”. 金沢工業大学. 2011年7月4日閲覧。
  9. ^ ネルギー環境適合製品の開発及び製造を行う事業の促進に関する法律第二条第三項各号のエネルギー環境適合製品について(METI/経済産業省)”. 経済産業省 (2010年9月16日). 2011年7月5日閲覧。
  10. ^ 東京スカイツリーで地中熱ヒートポンプの運転開始”. アジアバイオマスオフィス. 2014年7月6日閲覧。


「地中熱」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地中熱」の関連用語

地中熱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



地中熱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2020 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地中熱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS