冷房とは? わかりやすく解説

れい‐ぼう〔‐バウ〕【冷房】


冷房

読み方:レイボウ(reibou)

涼しくするため室内温度を下げること

季節

分類 人事


冷房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/22 09:49 UTC 版)

冷房(れいぼう)とは、室内の空気を冷やすこと[1]


  1. ^ 房は「部屋」の意味。
  2. ^ 熱汚染”. コトバンク. 2022年11月22日閲覧。
  3. ^ 「空調排気による気温上昇「熱汚染」昨年7月大阪、最大0.27度」 SankeiBiz(2019年10月29日) 2020年1月12日閲覧
  4. ^ 会社・劇場の冷房を全廃、商工省が通達(『東京日日新聞』昭和14年7月9日夕刊)『昭和ニュース辞典第7巻 昭和14年-昭和16年』p270 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年
  5. ^ エアコンの歴史とヒミツ | 調べよう家電と省エネ | キッズ版 省エネ家電 de スマートライフ(一般財団法人 家電製品協会) 学ぼう!スマートライフ
  6. ^ 平成3年運輸白書


「冷房」の続きの解説一覧

冷房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 02:15 UTC 版)

節電」の記事における「冷房」の解説

日差し遮り、冷房の使用減らす (部屋の外側で太陽の熱を遮る方が内側で遮るより高い効果得られる)窓ガラスに熱をカットするフィルム貼るカーテン雨戸閉める(カーテンの色が黒など濃い色の場合だと太陽の熱を吸収してしまうので注意)。 熱は上に移動していくためカーテンボックス取り付けたりカーテンレールの上に布を置いて遮る。 エアコンの冷房の使い方工夫する環境省推奨する室温(≠設定温度)は28 設定温度を1上げると10%の節効果がある設定温度下げ前に風速を強にしたり扇風機併用して体感温度下げる。 除湿消費電力増加になる。 風速弱めるとかえって消費電力増加する頻繁な電源オン・オフ電力増加になる。 フィルター2週間1回程度掃除する室外機吹き出し口前に物を置かないようにしたり、直射日光当たらないようにする。 室外機を壁から少し離すだけで風通し良くなり、熱が溜まりにくく消費電力押さえられる空気攪拌するエアサーキュレーター併用する外出して公共施設など時間過ごす。 蓄熱空調システムによってピークシフトを行う。 ※夏(昼 外気温33.4)の冷房時に室内(27)へ熱が入ってくる割合は、開口部73%、屋根11%、外壁7%、換気6%、床3%。

※この「冷房」の解説は、「節電」の解説の一部です。
「冷房」を含む「節電」の記事については、「節電」の概要を参照ください。


冷房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 01:01 UTC 版)

送風機」の記事における「冷房」の解説

生じさせた気流を、主として冷房の目的使用する送風機扇風機という。 シロッコ扇風機

※この「冷房」の解説は、「送風機」の解説の一部です。
「冷房」を含む「送風機」の記事については、「送風機」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「冷房」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「冷房」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「冷房」の関連用語

冷房のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



冷房のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの冷房 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの節電 (改訂履歴)、送風機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS