風速とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > 風速 > 風速の意味・解説 

かざ‐はや【風早/風速】

読み方:かざはや

風が強く吹くこと。多くかざはやの」の形で風の激し土地形容として用いる。

「―の三穂浦廻(うらみ)を漕ぐ舟の舟人騒く風立つらしも」〈万・一二二八〉


ふう‐そく【風速】

読み方:ふうそく

風の吹く速さ。1秒間空気移動する距離。ふつう地上10メートルにおけるその時刻の前10分間の平均値で示す。→瞬間風速

[補説] 天気予報などで用いられる風の強さ」と風速

風の強さ風速
やや強い風10m/s以上15m/s未満
強い風15m/s以上20m/s未満
非常に強い風20m/s以上30m/s未満
猛烈な風30m/s以上


風速

分野
風の強さに関する用語
意味:
10分平均風速指し毎秒×.×m、または×.× m/sと表す。
備考
注意報警報台風情報などで、誤解されるおそれのない場合は「メートル」と表記してもよい

風速

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

風速

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/31 02:20 UTC 版)

風速(ふうそく、: wind speed)とは、として空気が移動する速さのことである。 測定には風速計が使用される。


  1. ^ 世界気象機関の基準。気象庁も2007年12月4日からこれを採用している。これまでの0.25秒ごとの単独の値をとる方式と比べて6~10%程度小さな値になるが、突風が建築物などに加える仕事の大きさをより正確に反映することができる。
  2. ^ 日本放送協会. “「最大瞬間風速」「瞬間最大風速」どちらが正しい?”. 2012年11月2日閲覧。
  3. ^ 紙業提要 王子製紙 1938年
  4. ^ Center for Severe Weather Research (2006). "Doppler On Wheels". 2007年2月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月18日閲覧
  5. ^ a b World: Maximum Surface Wind Gust (3-Second)”. World Meteorological Organization. 2016年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月30日閲覧。
  6. ^ a b Info note No.58 – World Record Wind Gust: 408 km/h”. World Meteorological Organization. 2016年12月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月30日閲覧。
  7. ^ Lyons, Walter A (1997). The Handy Weather Answer Book (2nd ed.). Detroit, Michigan: Visible Ink press. ISBN 978-0-7876-1034-0. https://archive.org/details/handyweatheransw00lyon 


「風速」の続きの解説一覧

風速

出典:『Wiktionary』 (2021/07/14 13:58 UTC 版)

名詞

ふうそく

  1. かぜとして空気移動する速さ単位m/sノット (kt) が用いられる測定には風速計使用される地上気象観測では、地上10メートルの高さで10分間の平均風速を表す。

発音(?)

ふ↗ーそく
IPA: /??/
X-SAMPA/??/

翻訳

関連語


「風速」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



風速と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「風速」の関連用語

風速のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



風速のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
気象庁気象庁
©2022 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの風速 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの風速 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS