形容とは?

けい‐よう【形容】

[名](スル)

物事の姿・性質ありさまなどを言い表すこと。また、他のものにたとえて表現すること。「言葉では形容できない美しさ

物事かたち・ありさま。形状

「巌や山や幽邃なる森林や、其(その)色彩―」〈独歩小春

人のすがたかたち容姿容貌

「其顔色―の、衰えたると共に」〈竜渓・経国美談


かたち【形/容】

見た触れたりしてとらえることができる、物の姿・格好物体外形。「山の美しい―」「影も―も見えない

まとまり整った状態をもって表にあらわれた、物事の姿。形態。「合議制の―をとる」「文章の―を整える」

実質に対して表面上の姿・格好外形外観また、体裁名目。「―にこだわる」「代表という―で出席する」「―だけの夫婦

物事結果としての状態。「どっちつかずの―になる」

人に対す姿勢態度。「―を改めて話す」

(「貌」とも書く)容貌(ようぼう)。顔だち器量また、容姿。「姿―の美しい人

美し容貌また、美貌の人。かたちびと

「―を好ませ給ひて」〈栄花殿上花見

[用法] たち・かた――「形(かたち)」は「三角四角などいろいろな形の積み木」「顔形」のように、物体の外から見え格好・姿・輪郭を表す。◇「型(かた)」は「洋服の型を取る」「柔道の型を見せる」「新しい型の自動車」「血液型」など、一定のきまった大きさ形態、やり方、性質についていう。◇「形(かたち)ばかりのお祝い」「型にはまる」「型通りあいさつ」「型破り人物」など、慣用的表現でも使い分けがある。◇用法の似た外来語に「パターン」があり、「日本人思考パターン」「若者行動パターン」「ワンパターン」「テストパターン」のように、類型模様、柄(がら)の意味として用いられる。◇「形(かた)が崩れる」「髪の形(かた)をととのえる」「借金の形(かた)」のように「形」を「かた」と読む場合については「かた(形・型)」を参照


形容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/13 06:05 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「形容」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「形容」を含むページの一覧/「形容」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「形容」が役に立つかも知れません。

関連項目



形容

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 18:10 UTC 版)

名詞

けいよう

  1. 物事性質様子などを言い表すこと。
  2. 物の有様

発音

け↗ーよー

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
形容-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「形容」の関連用語

形容のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



形容のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの形容 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの形容 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS