役目とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > 役目の意味・解説 

やく‐め【役目】

役として成しとげなければならない仕事役としての務め。「いやな役目を負わされる」→御役目(おやくめ)

[用法] 役目・役割――「子供独立して親の役目(役割)も終わった」「秘書としての役目(役割)を果たす」など、なすべき務めの意では相通じて用いられる。◇「役目」の方が口頭語的で、「雨戸開け閉め子供の役目だ」「花子の役目はポチにえさをやることだ」のように、日常生活の中でしなければならない仕事については多く「役目」を用いる。◇「役目」は、なすべき務めとそれに伴なう立場含めていうことがある。「自治会長の役目を退く」◇「役割」はやや文章語的で、「彼はクラス担任としての役割を十分に果たせなかった」のように、組織や団体の中で果たすべき任務の意で用いることが多い。◇「この発見医学進歩大きな役割を演じた」のように「役割」は「役目」に比べ仕事成果をも含めて用いることがある


役目

読み方:ヤクメ(yakume)

役として勤むべきこと。職分


役目

出典:『Wiktionary』 (2020/03/29 07:50 UTC 版)

この単語漢字
やく
第三学年

第一学年
重箱読み

名詞

(やくめ)

  1. 受け持って、つとめなければならない仕事役割より口語的。なすべき務め伴なう立場含めて表現する事がある

発音

類義語

派生語

参照

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「役目」の関連用語

役目のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



役目のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの役目 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS