潤滑とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 機構 > 潤滑 > 潤滑の意味・解説 

じゅん‐かつ〔‐クワツ〕【潤滑】

読み方:じゅんかつ

[名・形動潤いがあって、動き滑らかなこと。また、そのさま。「機械の作動を―にする油」「―な人間関係


潤滑

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

潤滑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/23 22:51 UTC 版)

潤滑(じゅんかつ、英語:lubrication)とは、摩擦のある物体間に、潤滑油グリースなどといった潤滑剤を供給したり、トライボケミカル反応によりそういった物質を合成することで、摩擦力摩耗を低減させる方法をいう。




「潤滑」の続きの解説一覧

潤滑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/05 03:11 UTC 版)

機械油」の記事における「潤滑」の解説

機械装置内の接触面の動作を油の皮膜によって摩擦抑えることでギア等の消耗防ぎ動きスムーズにする。

※この「潤滑」の解説は、「機械油」の解説の一部です。
「潤滑」を含む「機械油」の記事については、「機械油」の概要を参照ください。


潤滑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/02 09:17 UTC 版)

玉軸受」の記事における「潤滑」の解説

公称最大荷重公称寿命まで軸受もたせるには、推奨されている動粘度下の潤滑物質(油やグリース)による潤滑が必須である動粘度ギリシア文字 ν {\displaystyle \nu } で示されることが多い。一般に軸受け直径大きいほど、推奨される動粘度低くなる推奨動粘度回転数上がる低くなる大まかに言うと、3000RPM以下では、回転速度10分の1になると推奨動粘度が6倍になり、3000RPM以上では速度10倍になると推奨動粘度3分の1になる。 軸受内径が50mmで、3000RPMで回転させる場合推奨される動粘度は12mm2/sである。 なお、油の動粘度温度によって大きく変化する温度50から70上昇すると、動粘度10分の1になることもある。 粘度推奨値より高い潤滑油を使うと、だいたい粘度の平方根比例して軸受寿命延びる。粘度推奨値より低い場合軸受寿命縮みその程度どういう潤滑油を使うかに依存する極圧(EP)添加剤加えた潤滑油の場合、寿命は高粘度の場合のように動粘度の平方根比例する普通の潤滑油では、粘度推奨地より低ければ粘度2乗比例した寿命となる。 グリースを潤滑に使うと、グリース軸受け粘着して周囲の環境から守るという利点があるが、頻繁に交換必要になり、高温になるグリース溶けて周囲漏れ出し軸受け最大荷重小さくなるという問題があるグリース交換間隔は、軸受の径が大きいほど短くなる例えば40mmの軸受5000時間ごとにグリース交換しなければならない場合100mm軸受けでは500時間ごとにグリース交換する必要がある潤滑油を潤滑に使うと最大荷重大きくなるが、ほうっておく潤滑油重力引かれ軸受けから漏れ出しいくため、常に潤滑油供給するような手段講じなければならない潤滑油50より熱くならない場合潤滑油交換1年1回でよいとしたら、100になるような用途では、年に4回交換する必要がある自動車エンジンでは、潤滑油100程度になるが、フィルターによって潤滑油品質を保つ機構あるためそれほど頻繁に潤滑油交換する必要はない

※この「潤滑」の解説は、「玉軸受」の解説の一部です。
「潤滑」を含む「玉軸受」の記事については、「玉軸受」の概要を参照ください。


潤滑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 03:13 UTC 版)

フラーレン」の記事における「潤滑」の解説

基礎研究段階ではC60フラーレンボールベアリングボールのように用いて動摩擦をほぼゼロできる事分かっており、ナノマシン潤滑剤としての用途など考えられている。

※この「潤滑」の解説は、「フラーレン」の解説の一部です。
「潤滑」を含む「フラーレン」の記事については、「フラーレン」の概要を参照ください。


潤滑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 14:25 UTC 版)

エンジンオイル」の記事における「潤滑」の解説

レシプロエンジンでは金属製シリンダー内をピストン毎分数千上下する他、クランクメタルやカムなど、金属同士こすれ合うことによる摩擦によって、金属の磨耗発熱生じる。それらを流体潤滑作用弾性潤滑作用境界潤滑作用により、摩擦軽減しエンジン各部潤滑するのが、エンジンオイル重要な作用である。ロータリーエンジンでは、金属製ハウジングローターシール類の潤滑のために吸気少量のオイル付加して潤滑している。

※この「潤滑」の解説は、「エンジンオイル」の解説の一部です。
「潤滑」を含む「エンジンオイル」の記事については、「エンジンオイル」の概要を参照ください。


潤滑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 04:32 UTC 版)

スプリット・シングル (内燃機関)」の記事における「潤滑」の解説

初期の並列配置ピストンキャブレターシリンダー後方の「通常の位置」にあるものは、実質的に混合ガソリンで動くその他全ての2ストロークエンジンと同じ潤滑の弱点抱えていた。しかし、後年の方式ではキャブレターエンジン前面の排気管下に置く事で、高温排気ピストン方向から直接混合気吹き込め為に冷却と同時に潤滑も改善された

※この「潤滑」の解説は、「スプリット・シングル (内燃機関)」の解説の一部です。
「潤滑」を含む「スプリット・シングル (内燃機関)」の記事については、「スプリット・シングル (内燃機関)」の概要を参照ください。


潤滑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 05:20 UTC 版)

ラジコン模型自動車」の記事における「潤滑」の解説

ギヤ軸受などの潤滑には潤滑油グリース用いるのが一般的だが、2015年頃からは潤滑にドイツ製のドライフルード(DryFluid)を使う事が注目された。

※この「潤滑」の解説は、「ラジコン模型自動車」の解説の一部です。
「潤滑」を含む「ラジコン模型自動車」の記事については、「ラジコン模型自動車」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「潤滑」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「潤滑」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



潤滑と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「潤滑」の関連用語

潤滑のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



潤滑のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの潤滑 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの機械油 (改訂履歴)、玉軸受 (改訂履歴)、フラーレン (改訂履歴)、エンジンオイル (改訂履歴)、スプリット・シングル (内燃機関) (改訂履歴)、ラジコン模型自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS