消耗とは? わかりやすく解説

しょう‐こう〔セウカウ〕【消耗】

読み方:しょうこう

[名](スル)しょうもう(消耗)」に同じ。

次第に―して行くより外に何の事実も認められなかった」〈漱石道草

「勢を―する季節の変化を見るまでは」〈長塚・土〉

「消耗」に似た言葉

しょう‐もう〔セウ‐〕【消耗】

読み方:しょうもう

[名](スル)《「しょうこう(消耗)」の慣用読み

使って減らすこと。また、使って減ること。「電力を―する」

体力気力使い果たすこと。「神経を―する作業


消耗

読み方:ショウモウ(shoumou), ショウコウ(shoukou)

使って減らしなくすること


消耗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/05 03:49 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「消耗」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「消耗」を含むページの一覧/「消耗」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「消耗」が役に立つかも知れません。

関連項目



消耗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 21:40 UTC 版)

ガダルカナル島の戦い」の記事における「消耗」の解説

ミッドウェー海戦とともに太平洋戦争における攻守転換点となった戦闘とされているガダルカナル戦日本軍米軍物量圧倒されて敗北した戦い指摘されており、川口支隊敗北までの時点でその点冷静に判断し、兵を引いていれば、その後泥沼のような消耗戦何ら得るところなく戦力継戦能力すりつぶす事態避けられたとする指摘もある。 本戦闘では航空部隊の消耗の原因に、拠点であるラバウルからガダルカナル島まで往復8時間という長距離攻撃強いられた事が一因挙げられるブーゲンビル島ブカブインなどへの中間飛行場整備も、その当初は必要性が認められ整備遅れており、着手した時にはその戦機を既に逃して間に合わなかった。 物量については、最終的にはアメリカ軍物量日本軍圧倒したが、一連の戦闘全期間そうであったわけではない8月頃時点ではアメリカ軍第一次ソロモン海戦での敗北のため、輸送船団一時退避するなどして重火器弾薬揚陸遅れており、物量はかなり欠乏来していた(アメリカ軍呼称:「八月危機」)。ヴァンデグリフト少将は「実際の手順とは逆の手順で日本軍来襲していたら、ガダルカナル連合軍は、なすすべもなく追い落とされていただろう」と述べている。しかし、仮に占領成功していたとしても、その後日本列島から6,000キロメートル以上も離れたガダルカナル島を、アメリカ軍の再反攻前にどこまで兵站補給維持できたかは、甚だ疑問である。 戦後軍事評論家伊藤正徳は、「ガダルカナルは、たんなる島の名でない。それは帝国陸軍墓地の名である。」と批評している。

※この「消耗」の解説は、「ガダルカナル島の戦い」の解説の一部です。
「消耗」を含む「ガダルカナル島の戦い」の記事については、「ガダルカナル島の戦い」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「消耗」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

消耗

出典:『Wiktionary』 (2021/07/25 13:56 UTC 版)

この単語漢字
しょう
第三学年
もう
常用漢字
音読み 慣用音
この単語漢字
しょう
第三学年
こう
常用漢字
音読み 音読み

発音

名詞

(しょうもう または しょうこう)

  1. 使っ磨り減った無くなったりすること。
  2. 体力気力使い果たすこと。

関連語

動詞

活用


「消耗」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「消耗」の関連用語

消耗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



消耗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの消耗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガダルカナル島の戦い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの消耗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS