消耗戦とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 戦い > 消耗戦の意味・解説 

消耗戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/29 23:31 UTC 版)

消耗戦(しょうもうせん[1]英語: Attrition warfare)とは、戦争時における交戦状態のひとつ。戦闘の決定的な主導権をどちらも握れないまま、長期継続的に同一地点に戦力を投入し続けて損害を出し続ける状態、あるいは強固に防衛された要塞など一地点の攻略のために、攻撃側が長期継続的に多大な損害を出しながら攻撃を続けることを言う。非対称戦以前の大規模戦闘で多く見られ、第二次大戦における独ソ戦や太平洋戦線ではソロモン諸島の戦いがその典型とされる。海軍記者の伊藤正徳は損害が累積する様子を「吸血戦」と例えた。《光人社、連合艦隊の最後》


  1. ^ ただし「消耗(しょうもう)」は慣用読み。もとは「しょうこう」と言ったが、現代では『広辞苑』(第四版の時点でも)を紐解いても「しょうもう」の項が正式な項目名となっている。


「消耗戦」の続きの解説一覧



消耗戦と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「消耗戦」の関連用語

消耗戦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



消耗戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの消耗戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS