塹壕戦とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 工学 > 航空軍事用語 > 塹壕戦の意味・解説 

【塹壕戦】(ざんごうせん)

戦争において、当事国同士戦場長大な塹壕築城し、互いに相手塹壕突破できずに長期に渡って戦線膠着し状況
俗に第一次世界大戦を指す。

これを引き起こしたのは、その10年前起きた日露戦争旅順要塞攻防戦における戦訓が基であった

この戦いで旅順要塞籠もっロシア軍は、効率的な障害システムによる足止め機関銃による猛烈な弾幕によって、乃木希典将軍率い日本軍攻略部隊大損害与えた
この時ロシア軍採った布陣は、現代基準考えて歩兵による突破不可能なものであり、有効な対抗戦術が確立されていなかった当時ではおよそ難攻不落以外の何物でもなかった。
参戦各国軍の将兵は、ことごとく塹壕線への無謀な突破行を試みて壊滅し、あるいは無謀だからと占領試みずに間接砲撃だけを無意味に繰り返し結果として史上空前膨大な戦死傷者生み出す事になった。

それから間もなくして、これを無力化できる新兵器――機関銃では破壊不可能な装甲を持つ「戦車」と、地形左右されない機動力を持つ「爆撃機」が登場したことにより、塹壕戦は早くも短い歴史終わりを告げることになる。
しかし、その短い歴史間違いなく当時の「史上空前惨劇」であり、「世界大戦」という異常事態人類史最大の汚点として世界知らしめたものである

その衝撃畏怖いかほどのものだったかは、その後国際連盟不戦条約動きなどをみても明らかだろう
いわゆる人権運動平和主義全て塹壕戦の惨禍に対する厭戦感情から始まったと見る向きさえある。
実際、その戦禍あまりの恐ろしさゆえに当時有識者達でさえ「第一次世界大戦上回る戦争もう二度と起こらないだろう」と予測していたほどだったのだ。


塹壕

(塹壕戦 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/01 00:17 UTC 版)

塹壕(ざんごう、: tranchée、: trench)は、戦争において敵の銃砲撃から身を守るために陣地の周りに掘るまたはである。


  1. ^ 名和弓雄『長篠・設楽原合戦の真実』第2章「馬防柵神話の崩壊」、雄山閣、平成10年(1988年)刊行。
  2. ^ 「普通のマスケット銃で200ヤード(180m)離れた敵を狙っても、月に命中させようとするようなものだ」
    (1814年ハンガー大佐。原典hughes,firepower26ページ。邦訳例『飛び道具の人類史』183ページ)
  3. ^ 「施条した銃砲が圧倒的な破壊力を発揮し、兵士たちは塹壕や地下掩蔽壕に避難することを余儀なくされた。伝統的な白兵突撃は多くの犠牲を出すようになり、戦場で目立つ騎兵は地形に隠れやすい歩兵より射撃に脆弱であり、衰退し始めた。」『飛び道具の人類史』190Pより引用。
  4. ^ 「黒色火薬は煙が多く出る。連続射撃をすると煙で前が見えなくなる」『「鉄砲」撃って100』(かのよしのり著)175Pより引用。「実際の戦場は黒色火薬の発射によるものすごい白煙で、ほとんど何も見えない状態だった思われる」『日本甲冑史[下巻]』(中西立太著)」71Pより引用。
  5. ^ 『ピストルと銃の図鑑』(著:小橋良夫 関野邦夫・池田書店)P.179
  6. ^ 19世紀後半には、小銃も大砲も弾薬を後部から装填する後装式が主流になり、操作が容易になるとともに発射速度が大幅に増加した。」『飛び道具の人類史』189Pより引用。
  7. ^ 「武器の改良は歴史家が産業革命と称する現象の一部であり、産業革命全体と関連付けて考察しなければならない。(中略)大量の弾薬を戦場に運ぶことを可能にした。新たに開発された鉄鋼類や精密な工作機械の出現、互換性のあるパーツの大量生産は、兵器のデザインや生産様式や使用方法に革命的な変化をもたらした」『飛び道具の人類史』189Pより引用。
  8. ^ 「銃身や砲身に腔線を刻むことで(中略)命中精度が高まった」『飛び道具の人類史』189Pより引用。
  9. ^ 機関銃は極めて効果的だが絶対ではなく、状況次第で塹壕の突破例は可能だった。しかし、次の陣地帯を攻略する前に守備側の増援と奪還が行われ、戦況を一変させるような決定的な突破にはむすびつくことはなかなかできなかった。
  10. ^ 欧州では鉄道網が発達しており、大いに利用された。普仏戦争プロイセンの勝利要因に数えられたことから各国とも熱心に研究し、活用していた。第一次世界大戦では限定的ながら内燃機関を利用した自動車も兵士・物資の輸送に利用された。
  11. ^ NHKスペシャル映像の世紀』第2集「大量殺戮の完成」(1995年4月15日放送、日本放送協会)において引用されたもの。原典については不明。



「塹壕戦」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

塹壕戦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



塹壕戦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの塹壕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS