溝とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > みぞ > の意味・解説 

どぶ【溝】

雨水汚水などが流れるみぞ。


せせなげ【溝】

せせなぎ2」に同じ。

「今の身は―に流れ米粒を食ってゐれどな」〈滑・浮世床・二〉


せせなぎ【溝】

古くは「せせなき」》

せせらぎ」に同じ。

「数罟(さくこ)の細密なるを以てたなもとまで小さいを捕るは」〈四河入海一三

どぶ。下水。せせなげ。

我が首討って溝(みぞ)―へも踏み込み」〈浄・関八州繋馬


こう【溝】

常用漢字] [音]コウ(漢) [訓]みぞ どぶ

掘った水路。「溝渠(こうきょ)/側溝排水溝

細長いくぼみ。「海溝・索溝」


うな‐て【溝】

田や畑にを引くみぞ。

神田(みとしろ)に潤(つ)けむと欲(おもほ)して―を掘る」〈神功紀〉


みぞ【溝】

を流すため、地面細長く掘ったもの。「溝にはまる」

細長いくぼみ。「鴨居(かもい)の溝」「レコードの溝」

人と人との間の意見感情などのへだたり。「夫婦間溝が深まる


読み方:ミゾ(mizo)

地面細長く掘り、を流す所。


読み方:こう、みぞ
【英】:Sulcus,Groove

細長い陥凹部、みぞ。(例:顎舌骨神経溝・分界溝など)

作者江國香織

収載図書号泣する準備はできていた
出版社新潮社
刊行年月2003.11

収載図書号泣する準備はできていた
出版社新潮社
刊行年月2006.7
シリーズ名新潮文庫


作者平澤計七

収載図書平澤計七作品集
出版社論創社
刊行年月2003.12


読み方:ミゾ(mizo)

所在 新潟県燕市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
みぞ
みぞさき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/01/09 06:57 UTC 版)

  • (こう)
    • 漢字文化圏における単位のひとつ。日本では、1032を表し、(じょう)の1万倍、(かん)の1万分の1である。溝 (数)を参照。
  • (こう、みぞ、どぶ)
    • 主に給排水を目的として人工的に造られる溝状の小規模な水路については、溝渠を参照。


出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 04:49 UTC 版)

発音

名詞

  1. みぞなどを流す目的で、地面などを線状に掘ったもの。
  2. コウ漢数字。1溝は1032を表す。の次での前の位。

関連語

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



溝と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「溝」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

溝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



溝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2021 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの溝 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS