占領とは? わかりやすく解説

せん‐りょう〔‐リヤウ〕【占領】

読み方:せんりょう

[名](スル)

一定の所を独り占めすること。「四人分の座席一人で―する」

他国領土武力によって自国支配下に置くこと。「敵国首都を―する」「―軍」

「占領」に似た言葉

占領

作者眉村卓

収載図書怪しい人びと
出版社新潮社
刊行年月1992.3
シリーズ名新潮文庫


占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/26 13:57 UTC 版)

占領(せんりょう)は、


注釈

  1. ^ 国力の基盤は領土であり、また軍事的にも広大な領土はそれ自体が戦力化できるものである。軍事的に見て占領の意義とは敵部隊を空間的に追い詰め、戦闘力となる各種資源を獲得し、防御においては重層的な防御方式を採ることができる点にある。[要出典]」と言う[誰?]。また[誰?]国家戦略としては占領は戦略資源を得、戦略的地理を有利なものとし、産業基盤を分量的に拡大するなどの意義がある。占領統治においては軍隊による軍政や、支配下においた現地政権を通じた間接統治などの様々な手法がとられる。[要出典]

出典

  1. ^ a b 広辞苑 第六版 「占領」
  2. ^ a b 大辞泉「占領」
  3. ^ a b ブリタニカ百科事典「占領」
  4. ^ a b 宮崎繁樹 1950, pp. 124.
  5. ^ 竹野学、「保障占領下北樺太における日本人の活動 (1920-1925)」『經濟學研究』 2013年 62巻 3号 p.31-48, 北海道大学大学院経済学研究科
  6. ^ a b 宮崎繁樹 1950, pp. 116.
  7. ^ a b 宮崎繁樹 1950, pp. 125–126.
  8. ^ a b 宮崎繁樹 1950, pp. 117.
  9. ^ 宮崎繁樹 1950, pp. 120.
  10. ^ 宮崎繁樹 1950, pp. 121.
  11. ^ 宮崎繁樹 1950, pp. 122–123.
  12. ^ 宮崎繁樹 1950, pp. 125.
  13. ^ a b 宮崎繁樹 1950, pp. 126.


「占領」の続きの解説一覧

占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 10:17 UTC 版)

ギリシャの戦い」の記事における「占領」の解説

三分割占領されギリシャ イタリア占領地域 ドイツ占領地域 ブルガリア占領地域 詳細は「第二次世界大戦時のギリシャを参照 1941年4月13日ヒトラー指令27号を発令今後ギリシャの占領方針示された。さらに、6月29日指令31号を発令ギリシャ分割して占領することが確定しギリシャ本土ドイツイタリアブルガリア三国分割占領することとなったドイツ軍戦略的要地点として、アテネマケドニア中部テッサロニキクレタ島を含む大部分エーゲ海島々占領し、さらにフロリナ占領したが、そこはイタリアブルガリア両国要求した。ツォラコグルが降伏した日、ブルガリア軍トラキア侵入エーゲ海への出口求め西トラキア、東マケドニア併合しようとしたブルガリア軍ストルマ川(Strimon river以東からエビロス川(Evros river以西アレクサンドルーポリを含む地域を占領、残りギリシャ東半分をイタリア占領したイタリア軍4月28日イオニアエーゲ海島々占領し始めた6月2日ペロポネソスを、6月8日テッサリアを、そして6月12日アッティカそれぞれ占領したギリシャの占領により、ギリシャ国民は非常に困難な生活を強いられたため、窮乏飢えから死亡者出たまた、占領国にもその占領は困難で、高い代償支払わなければならなかった。なぜならばギリシャ人抵抗組織創設ゲリラ活動行いスパイ網を形成したからである

※この「占領」の解説は、「ギリシャの戦い」の解説の一部です。
「占領」を含む「ギリシャの戦い」の記事については、「ギリシャの戦い」の概要を参照ください。


占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/31 13:02 UTC 版)

グレナダ占領 (1779年)」の記事における「占領」の解説

7月2日デスタン艦隊グレナダ島の海岸沖、セントジョージズのすぐ北に碇泊したその日デスタン上陸させた陸戦部隊は、アイルランド・ディロン連隊の1,400名と、シャンペーンフォア、オーゼロワ、エイノールト各連隊からの700名だった。フランス軍到着したので、マカートニー卿はその部隊にホスピタル・ヒルの砦の中に退くよう命じた7月3日デスタンイギリス軍の配置偵察し過ごしたバイロン提督の艦隊何時現れるかが心配だったので、ホスピタル・ヒルへの攻撃開始決断した。まずは交渉の旗を送ってマカートニー降伏要求したが、マカートニーはこれを拒んだデスタン攻撃作戦では、3つの部隊銃剣付けて砦の背面攻撃し一方4つめの小部隊イギリス軍攻撃予想する可能性の強い位置から陽動行動を行うというものだった7月3日夜、この体系動き始めた各部隊300名がおり、アーサー・ディロン、その兄弟エドゥアルド、ノエレ伯爵率いた。アーサー・ディロンの部隊には、ド・デュラー伯爵ジャンフランソワ率い前衛180名が付き陽動部隊200名だった。7月4日午前4時陽動部隊発砲を始め他の3部隊は岡への突撃を始めた。イギリス軍守備隊恐慌陥り、その大半は岡を駆け下りて、安全と見られるジョージ砦まで逃げたイギリス兵はあまりに急いだのでその約束事忘れてしまった。すなわち大砲幾つか犬釘打ち込むことを疎かにした。大砲火口金属製の釘を打ち込んでおけば、大砲使えなくなっていたはずだった。この高台であれば安全だからと持ち込まれていた多くの貴重品置きっぱなしだった。フランス軍捕獲した大砲ジョージに向けて砲弾放ったマカートニー事態絶望的であることを認識し白旗揚げさせた。フランス軍は約700名を捕虜にし、そのため損失戦死36名、負傷71名としていた。しかし、イギリス軍報告書では、フランス軍損失300名に近いと報告していた。フランスは港に停泊していた商船30隻も戦利品として捕獲したデスタン提督マカートニー卿の降伏条件拒否し、既に書き上げていた条件リスト示したマカートニーは、デスタン提案する条件が「単に前例無く屈辱を与えるものであるだけでなく、降伏した者達の財産とともに命まで奪いかねない口実をあたえるような、性質程度目的で罠にかけ、不確かなもの」であると判断したマカートニー諮問委員会全会一致フランス軍提案する降伏条件拒絶決めその代わりに無条件降伏選んだその結果として、デスタン部隊兵セントジョージズの町の略奪許した。このとき持ち去られたり破壊された物の中にはマカートニー卿の銀器食器、その衣類大半、さらに個人文書までが含まれていた。個人文書マカートニー総督にとってとりわけ厳し打撃となった。それら文書写し安全のために妻がセントルシア持って行ったが、火事焼けてしまった。デスタン提督マカートニー総督食事招いたとき、そのとき着ていた上着唯一残されたものと言って身なりのことを弁解したマカートニーやその他グレナダ指導者達仮釈放拒んだので、戦争捕虜としてフランス送られた。

※この「占領」の解説は、「グレナダ占領 (1779年)」の解説の一部です。
「占領」を含む「グレナダ占領 (1779年)」の記事については、「グレナダ占領 (1779年)」の概要を参照ください。


占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/14 00:48 UTC 版)

フェロー諸島占領」の記事における「占領」の解説

占領時、フェロー諸島デンマークの一自治体Amt)だった。1940年4月9日ドイツ軍によるデンマーク占領をうけて、イギリス軍フェロー諸島占領作戦ヴァレンタイン作戦」を発動した。4月11日イギリス海軍大臣ウィンストン・チャーチル庶民院下院に対しフェロー諸島の占領を発表した。 “ 我々はまた、デンマーク領であり、戦略上非常に重要な位置にあるフェロー諸島を現在占領しており、民衆は我々を暖かく迎え入れてくれた。我々は戦争におけるあらゆる厳しさからフェロー諸島を守る盾となり、ドイツ侵略され不名誉な隷属状態におかれているデンマーク解放し、彼らを返還するその時まで、我々自身海と空からそこを自由に利用できるよう認めさせた。 ” この発表BBCによって放送された。同日一機イギリス空軍航空機トースハウン上空目撃された。 4月12日イギリス海軍のH級駆逐艦ハヴァント」「ヘスペルス」2隻がトースハウン港に到着したフェロー諸島知事カール・オーエ・ヒルベルト(en:Carl Aage Hilbert)およびレクティングLøgtingフェロー諸島議会議長クリスチャン・デュルフース(en:Kristian Djurhuus)との会見の後、同日午後にレクティングが緊急招集された。独立派議員フェロー諸島独立宣言しようとしたが、否決された。のちに公式に下の事項発表されたイギリス軍占領されたこと トースハウンおよび隣接するArgir夜間の灯火管制が行われること 郵便電信検閲されること 夜間の無許可で車両使用禁止されること 4月13日イギリス海軍重巡洋艦サフォークトースハウン港に到着し250名のイギリス海兵隊上陸した司令官T.B.サンドール大佐および新駐フェロー諸島イギリス領事フレデリック・マンソン(en:Frederick Mason)は、その後政府知事ヒルベルト会見したヒルベルトデンマーク本国占領されているため、自身デンマーク政府正式に代表することができない主張しながらもサンドール抗議とられる返答をした。彼はイギリス原則内政干渉しないという言葉正式に受け入れた友好関係を望むことを表明していたにもかかわらず正式な抗議レクティングからもたらされたが、実際にはイギリス軍フェロー当局との間に懇ろな関係保たれた。 5月イギリス海兵隊スコットランド連隊のロヴァット・スカウト(Lovat Scouts)と交代し1942年にはキャメロニアン(スコットランドライフル)連隊(Cameronians (Scottish Rifles))交代した1944年以降になると占領軍はかなり削減された。 第二次世界大戦中フェロー諸島訪れた著名人に、イギリス軍将校として同地勤務した作家のエリック・リンクレイターがいる。彼の1956年著作The Dark of Summer』は戦時中フェロー諸島舞台としている。彼はまた『The Northern Garrisons: The Army at War』(1941)を書き、ケネス・ウィリアムソンの1948年著作The Atlantic Islands: a Study of the Faeroe Life and Scene』に序文寄せている。

※この「占領」の解説は、「フェロー諸島占領」の解説の一部です。
「占領」を含む「フェロー諸島占領」の記事については、「フェロー諸島占領」の概要を参照ください。


占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/15 02:37 UTC 版)

バハマ占領 (1783年)」の記事における「占領」の解説

デヴルー少佐70人を率いてセントオーガスティン出港2日後にトマス・ダウ艦長Thomas Dow)の26私掠船ブリガンティンパーサヴィアランスPerseverance)、およびダニエル・ホイーラー艦長Daniel Wheeler)の16門艦、乗員120名のブリガンティンであるホイットビー・ウォリアー(Whitby Warrior)が合流した4月6日ハーバー島英語版)とエルーセラ島沖で錨を下ろし志願兵170名を募集した4日後、スループのフロール・デ・マヨ(Flor de Mayo)がニュープロビデンス島到着キューバ総督ルイス・デ・ウンサーガ(英語版)からの報せ届けた。その報せとは、ヨーロッパで予備講和条約締結されバハマ東フロリダとの交換イギリス返還されることだった。 デヴルー艦隊4月13日ニュープロビデンス島接近したとき、スペイン軍指揮官クララコはただの密輸業者船隊であると勘違いしたそのため、翌日夜明けデヴルー艦隊重武装の上陸隊で強襲してモンタギュー砦英語版)を占領、警備船3隻を奪ったときは全く予想できず、城塞にこもることを余儀なくされた。クララコは短期間停戦成立させたが、デヴルー翌日にはそれを破った16日にはスペイン軍艦船沈めて篭城決めたが、2日後降伏した

※この「占領」の解説は、「バハマ占領 (1783年)」の解説の一部です。
「占領」を含む「バハマ占領 (1783年)」の記事については、「バハマ占領 (1783年)」の概要を参照ください。


占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/25 09:44 UTC 版)

アメリカ軍によるドミニカ共和国占領 (1965年-1966年)」の記事における「占領」の解説

アメリカ合衆国大統領リンドン・B・ジョンソンロイヤリスト敗北確信しアメリカ玄関前に第2キューバ」 ができること恐れアメリカ軍秩序の回復命じたドミニカ共和国軍事介入を行うことはジョンソン個人的判断だった。文民顧問全てが、ロイヤリスト内戦終わらせられることを期待して即座介入には反対していた。 ジョンソンは、ドミニカ軍事指導者効率無さ決断力無さ指摘したサントドミンゴに居る大使、W・タプリー・ベネットの助言容れたベネット反乱軍暫定政府間にアメリカ介入することで、内戦終わらせる効果がある助言していた。この時アメリカ合衆国米州機構敵対する勢力間の政治的解決交渉するよう求めることができた。アメリカ陸軍参謀総長ウィーラーパーマー将軍に「公表できない貴方の任務は、ドミニカ共和国共産主義者の手落ちるのを防ぐことだ」と伝えた名目上は外国人の命を守るとしていたが、外国人はまだ誰も殺され負傷してもいなかった。41隻の艦艇からなる艦隊が島の封鎖派遣され4月29日アメリカ海兵隊アメリカ陸軍第82空挺師団部隊によって侵略開始された。また第7特殊任務部隊群E中隊の約75名も参加した最終的には42,000名の兵士海兵ドミニカ共和国派遣された。 立憲派軍が侵攻抵抗した4月29日午後半ばまでにローマ教皇大使提案する休戦交渉されていた。.5月5日サントドミンゴ法にベノイト大佐ロイヤリスト)、カーマニョ大佐立憲派)および米州機構特別委員会署名した。この法は全体休戦国際安全保障地帯認知救援機関を支援する合意外交使節団不可侵規定していた。この法は後の交渉枠組み決めたが、戦闘全て止められなかった。立憲派狙撃手アメリカ軍に対する狙撃続けたが、ドミニカ両派間の戦闘暫く中断された。 立憲派軍事的な勝利を得られなかったので直ぐに立憲派議会開き大統領にカーマニョを選出したアメリカ合衆国当局はインベルト将軍後押しすることで応じた5月7日、インベルトは全国再建政府大統領に就任したワシントンD.C.米州機構描いていた安定化方策次のステップは、カーマニョ大統領とインベルト大統領の間で、暫定政府構築し早期に選挙を行う合意形成することだった。しかし、カーマニョは、ウェッシンを含むロイヤリスト士官たち数人がこの国を立ち去るまで、インベルトに会うこと拒否した5月13日、インベルト将軍一掃作戦開始し、その部隊はシウダード・ヌエバ郊外の反乱拠点排除し、ラジオ・サントドミンゴの放送停止させることに成功した一掃作戦5月21日終わった5月14日までに、サンイシドロ空軍基地デュアルテ繋ぎ、エンバハダー・ホテルとサントドミンゴ市中心部アメリカ大使館繋いだ「安全回廊」を確立したアメリカ軍は、実質的にサントドミンゴ市内立憲派地域封鎖した道路封鎖されパトロール継続して行われた各国から来ていた約6,500人安全に避難した。さらにドミニカ国民のためにアメリカ軍大量の救援物資空輸した。 5月半ばまでに、米州機構は「推進作戦」の実行票決しアメリカ軍削減し平和維持目的とした米州和軍によるその代替を行うこととした。米州和軍5月23日正式に発足したブラジルからは兵士1,130名、ホンジュラスから同250名、パラグアイから同184名、ニカラグアから同160名、コスタリカから憲兵21名、エルサルバドルから参謀3名派遣された。最初に到着した部隊ホンジュラスからのライフル中隊であり、間もなくコスタリカエルサルバドルニカラグアからの部隊続いたブラジル最大の部隊である強化歩兵大隊派遣したブラジルのユーゴ・アルビム将軍米州機構地上部隊指揮執り5月26日にはアメリカ軍撤退を始めた。

※この「占領」の解説は、「アメリカ軍によるドミニカ共和国占領 (1965年-1966年)」の解説の一部です。
「占領」を含む「アメリカ軍によるドミニカ共和国占領 (1965年-1966年)」の記事については、「アメリカ軍によるドミニカ共和国占領 (1965年-1966年)」の概要を参照ください。


占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 08:47 UTC 版)

日本軍によるアッツ島の占領」の記事における「占領」の解説

1942年6月6日穂積松年陸軍少佐指揮のもと北海支隊1,150名がアッツ島上陸して占領、翌7日キスカ島細萱戊子郎海軍中将指揮の下、舞鶴鎮守府第三特別陸戦隊550名、設営隊750名が上陸して占領した両島ともアメリカ軍守備兵力は存在せず無抵抗占領された。アッツ島には先住民アリュート族45名、無線技士同地から気象通報していたアメリカ人のチャールズ・フォスター・ジョーンズとその妻で教師看護婦エッタがおり、チチャゴフ港周辺の集落暮らしていた。 日本軍の占領直後抵抗した無線技師チャールズ殺害された残ったアリュート族住民アッツ島一時放棄際に北海道小樽近く収容所連行され終戦まで抑留された。そのうち16名が亡くなっている。チャールズの妻エッタ日本本土へ連行され横浜戸塚収容所転々とした後、終戦直後解放されたエッタ1965年12月フロリダ州ブレイデントン86歳で亡くなった上陸後日本軍飛行場防御陣地の構築を始めた。最も近いアメリカ軍ウナラスカダッチハーバーアダック島航空基地であった占領期間中アメリカ軍ウムナック島基地から爆撃機頻繁に空襲行い、また潜水艦投入して日本軍に度々損害を与えた8月8日巡洋艦基幹とするアメリカ艦隊キスカ島来襲し、艦砲射撃行った大本営キスカ島守備強化としてアッツ島駐屯していた北海支隊キスカ島移駐命じた北海支隊は島の放棄に際して携行できない物資防御陣地破壊した。また島のアリュート族住民40名を同行させて島はほぼ無人となった当初日本軍アリューシャン1942年冬まで占領予定としていたが、アメリカ軍によるたび重なる攻撃、そして島を基地として使用させないため1943年まで占領を延長する事を決定した10月18日日本軍アメリカラジオ放送からアムチトカ島占領されたと判断し急遽アッツ島の再占領を決定して20日に再占領された。 1943年2月5日日本軍アリューシャンを含む北太平洋方面守備方針見直し陸海軍双方分担範囲取り決められたまた、現地守備兵力として新たに北海守備隊編成され2月11日山崎保代陸軍大佐着任した。いったん放棄された防御陣地再構築兵員物資弾薬増援図られたが、大本営消極的な守備方針アリューシャン特有の悪天候米軍妨害により守備体制は不十分となってしまった。また、3月27日には同島沖でアッツ島沖海戦発生している。

※この「占領」の解説は、「日本軍によるアッツ島の占領」の解説の一部です。
「占領」を含む「日本軍によるアッツ島の占領」の記事については、「日本軍によるアッツ島の占領」の概要を参照ください。


占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/08 15:27 UTC 版)

ベルリン襲撃 (1760年)」の記事における「占領」の解説

10月9日ベルリン市議会は、不倶戴天の関係にあったオーストリア軍よりも、ロシア軍正式に降伏する決定を下す即座にロシア軍は、私有財産保護引き換えに400ターラー要求した。これに対し裕福な商人ヨハン・エルンスト・ゴッツコウスキー(英語版)は市の代表とし交渉担当しトートレーベン説得する徴収額を150ターラーまで減額させることができた。その間オーストリア軍市内押し入ると、その大部分占領したオーストリア軍ロシア軍に比べ、より熱心に市内復讐行為に及んだザクセンオーストリア占領地における、プロイセン軍振る舞い伝わっていたからである。一方国際的な名声の向上に心を砕いていたロシア軍おおむね、より節度をもって住民尊重重視していた。 なお、市街一部占領軍によって略奪され王宮いくつかの建造物に火が放たれた。そしてマスケット銃18,000丁と大砲143門が押収された。また、過去戦いで奪われオーストリアロシア軍旗奪還され、捕虜およそ1,200が解放された。

※この「占領」の解説は、「ベルリン襲撃 (1760年)」の解説の一部です。
「占領」を含む「ベルリン襲撃 (1760年)」の記事については、「ベルリン襲撃 (1760年)」の概要を参照ください。


占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/19 02:19 UTC 版)

クンドゥーズの戦い (2015年)」の記事における「占領」の解説

9月28日の朝、三方向かターリバーン軍が急進し前線突破しクンドゥーズ市に突入した朝駆け成功したターリバーン刑務所捕まっていた味方助け出しバザール広場で「アメリカに死を!アメリカの手下に死を!ミール・アラムとナビ・ゲチを殺せ!」と気勢上げた政府軍ターリバーンが市を完全に掌握する任せて数時間後に市の南8キロメートルにあるクンドゥーズ空港撤退した政府治安当局者によると、ターリバーン数的にお話成らないほど少なくたったの500人市内残っていた約7000人の政府軍民兵追い払ったと言う郡長官の一人によると、兵力足りているのに統率する人が居ないと言う数百人の手勢を持つ政府側の有力民指揮官のミール・アラム・ハーンは政府約束した援軍寄越さないので、市の北の防御拠点から民兵撤退させたと言うターリバーン一般住民商店に対しては手を出さなかったが、政府軍の関係者に対して厳し探索行った押収した名簿を元に協力者処刑し政府の建物やミール・アラムの家を焼き討ちにし、銀行大学略奪した9月29日アフガニスタン軍空港から市に向かって反撃開始しアメリカ軍空港付近中心に2回以上の空爆行った。しかし政府軍進撃失敗し逆にターリバーン軍が政府軍押し戻し空港包囲した。ターリバンの主張によると地方復興チームPRT)の建物アフガニスタン軍大隊基地Bacha Qalandar基地陸軍学校など市内各所占領したと言う政府軍陸路空路増援送ったが、陸路で向かったアフガニスタン軍増援部隊800人はクンドゥーズ市の南4060キロメートルにあるバグラーン州のBaghlan-i-Jadid郡でターリバーン待ち伏せ攻撃にあい、地雷処理のために到着遅れたこのころ州知事のムハンマド・オマル・サフィ(Mohammad Omar Safi)は勝手に国外出てヨーロッパ逃亡した為に解任された。一方アフガニスタン諜報機関空港付近に居たターリバーン影の州知事空爆により殺害した発表したが、後に本人声明出して否定したこの日ターリバーンラジオCheraghやラジオZohra襲って設備破壊し略奪した9月30日までに民間人負傷者急増し国境なき医師団病院には5月頃の3週間分に匹敵する患者3日押し寄せたアメリカ軍特殊部隊到着し自衛のために戦闘加わった

※この「占領」の解説は、「クンドゥーズの戦い (2015年)」の解説の一部です。
「占領」を含む「クンドゥーズの戦い (2015年)」の記事については、「クンドゥーズの戦い (2015年)」の概要を参照ください。


占領 (Domination)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 04:54 UTC 版)

Alliance of Valiant Arms」の記事における「占領 (Domination)」の解説

MAP中央にある占領地点を占拠することが目的死亡して何度でもリスポーンできる。占領地点を自軍の占領状態にし、制限時間内に占領ゲージ全て満たした側が勝利となる。時間制限内に両軍ともゲージ全て満たせない場合は占領ゲージの多いほうが勝利し、差がない場合最後に占領状態であった陣営勝利となる。航空支援ゲージがすべて満たされると、自軍リスポーン地点にある無線から航空支援要請できる。敵軍占領している状態でなければ要請できない要請承認されると、UAV偵察およびヘリコプターからの狙撃が行われる。なお、ヘリにいる狙撃手NPC)は倒せない。障害物としてMAP上に合計四本レール設置してあり、一定の間隔高速の貨物列車通過し触れると即死する通過前に信号機赤くなるため、タイミング見極めることができる。占領施設建物内には体力回復用のスティムパックがあり、体力回復ができる。 占領戦マップBLAZING FORT CASTLE

※この「占領 (Domination)」の解説は、「Alliance of Valiant Arms」の解説の一部です。
「占領 (Domination)」を含む「Alliance of Valiant Arms」の記事については、「Alliance of Valiant Arms」の概要を参照ください。


占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 14:54 UTC 版)

直接侵略」の記事における「占領」の解説

侵略によって敵戦力排除して敵国領域占領することに成功すれば、その地域自国権力発揮することが出来る陸地基本的な生息地とする人間にとって、また多用かつ複雑な経済活動を営む人間社会にとって土地生活の基盤であり、各種資源持ち、また資本でもある。さらに政治的には国家条件一つあり、か国家権力権威表象である。軍事的に占領した地域においては、まず軍事組織による占領行政が行われ、治安維持などの基本的な公共政策が行われる。

※この「占領」の解説は、「直接侵略」の解説の一部です。
「占領」を含む「直接侵略」の記事については、「直接侵略」の概要を参照ください。


占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 16:40 UTC 版)

スペシャルフォース2」の記事における「占領」の解説

2つチーム分かれて3ヶ所ある占領地点を奪い合うモード指定されたスコア数に先に達するか、ゲーム終了時に一番多くのスコア数を所持しているチーム勝利となる。時間内なら何度でも復活できる。

※この「占領」の解説は、「スペシャルフォース2」の解説の一部です。
「占領」を含む「スペシャルフォース2」の記事については、「スペシャルフォース2」の概要を参照ください。


占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 15:11 UTC 版)

オーストリアによるボスニアでの戦闘 (1878年)」の記事における「占領」の解説

元々の占領軍であるヨシップ・フィリポビッチ将軍第13軍団は、ブロド、コスタイニツァ、グラディシュカの近くサヴァ川渡ったさまざまな大隊バニャ・ルカ集まりヴルバス川左側の道を進んだ。 彼らは、立ち退いているオスマン帝国軍によって(ほぼ公然と支援されダルヴィーシュのハジ・ロハの下で地元イスラム教徒による抵抗遭遇した8月3日ボスナ川のマグライの近くユサール軍隊待ち伏せされフィリポビッチ戒厳令制定するよう促した8月7日ヤイツェ近郊で会戦が行われオーストリア=ハンガリー帝国軍は歩兵600名を失った2番目の占領軍であるスティエパン・ヨバノビッチ将軍指揮する9,000人の第18師団は、ネレトヴァ川に沿ってオーストリアダルマチアから前進した8月5日師団ヘルツェゴビナ主要都市であるモスタル占領した8月13日ヘルツェゴビナ平野で、70人以上のハンガリー人将校兵士戦死した。それに応じて帝国第3第4第5軍団動員したオーストリア=ハンガリー帝国軍は、時折イスラム教徒正教会両方人々からの激し反対に遭遇し、チトルク、ストラツ、リヴノクロブーク近く重大な戦闘発生した。マグライとトゥズラでの挫折にもかかわらずサラエボ1878年10月占領された。 8月19日ボスニア首都サラエボは、当時5万人の住民住んでいた町で、52機の銃が配備され激しストリートファイトが行われた後にのみ捕らえらた。1日前、フィリポビッチは元オスマン帝国知事、ハフィズ・パシャを逮捕したオーストリア=ハンガリー参謀総長正式な報告書は、「小さな窓と多数屋根隙間により、さまざまな方向への火の放出と最も持続可能な防御可能になった。最も近い家で告発され反乱軍すべての入り口バリケードし、歩兵に対して破壊的な火事続けた。」 と述べたフィリポビッチ自身の説明によると: 「考えられる最も恐ろし戦い1つ続いた軍隊すべての家、すべての窓、各ドアから発砲され女性さえも参加した。市の西側入り口にある軍病院は、病気負傷したゲリラ兵満員だった。。。」 占領軍作戦従事した13,000人の兵士のうち、57人を死亡314人を負傷により失った。彼らは反乱軍死傷者300人推定したが、民間人の死傷者推定しようとはしなかった。翌日には、略式裁判の後、告発され反政府勢力多くの処刑が行われた。 サラエボ陥落後、主要な反乱軍都市の向こうの山岳地帯撤退し、そこで数週間抵抗続けた。ハジロハは10月3日、ラキトニカの渓谷ハンガリー歩兵第37連隊エルツェルツォーク・ジョセフに降伏した彼は死刑宣告されたが、彼の刑は後に5年懲役減刑された。ヴェリカ・クラドゥシャ城は10月20日降伏した。 国の特定の地域(特にヘルツェゴビナ)では緊張続き、主にイスラム教徒反体制派大量移民発生した。 しかしすぐに比較安定した状態になり、オーストリア=ハンガリー当局は、ボスニア・ヘルツェゴビナを「モデル植民地」にすることを目的とした多くの社会的および行政的改革着手することができた。 南スラヴ人ナショナリズム高まり消散させるのに役立つ、安定した政治モデルとして州を確立することを目的として、ハプスブルク家による支配の下で、法律成文化され新し政治慣行導入し一般的に近代化つながった

※この「占領」の解説は、「オーストリアによるボスニアでの戦闘 (1878年)」の解説の一部です。
「占領」を含む「オーストリアによるボスニアでの戦闘 (1878年)」の記事については、「オーストリアによるボスニアでの戦闘 (1878年)」の概要を参照ください。


占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 08:45 UTC 版)

セントビンセント占領」の記事における「占領」の解説

デスタン300ないし500名の部隊編成し、これにはシャンペーン、ビーノイ、マルティニーク連隊からフランス正規兵と、マルティニーク志願民兵200名を含めた侵略隊は、1779年3月イギリスの支配していたサン・マルタン奪取頭角あらわしたばかりのシャルル・マリー・ド・トトロン・デュ・ルマン大尉指揮下に置かれた。この部隊フリゲート艦ライブリーコルベット艦リス、同バレアスターおよび2隻の私掠船構成される艦隊乗船した。デュ・ルマンは6月9日マルティニーク出帆し16日セントビンセント島海域到着した私掠船の1隻が島の風上側岸に乗り上げ82名が失われた艦船の2隻はカリアカ近くヤングス湾に停泊し、3隻目はキングスタウン沖に停泊した。これら艦船国旗揚げておらず、その意図について土地の者の推測任せることになった。それが砂糖積み来た商船であると考えた土地農園主達は、島の海岸にある砦の1つ哨兵合図の大砲放つのを止めさせ艦船の1隻に派遣されある男捕虜に取られた。フランス部隊上陸させ始めたときに、パーシン・ド・ラ・ロク大佐小さな中隊東岸上陸しカリブ族動員向かった。これら非正規兵部隊総勢が約800名に増えイギリス領カリブ族領の境界近くにあったイギリス人開拓地素早く占領しその間にデュ・ルマンはその主力部隊率いてキングスタウン向かった結局警報伝えられモリス総督キングスタウンの丘であればフランス軍に対して抵抗できる可能性がある考え、またイギリス海軍救援期待していた。しかしイーサリントン中佐はそれに反対し、特に接近してくるカリブ族勢力分かってきたときに、休戦の旗がフランス軍にむけて振られた。デュ・ルマンは無条件降伏要求しモリス拒絶した。この交渉間にイギリスの国旗揚げている3隻の船認められた。デュ・ルマンは自分の艦船戻り、すぐにその見知らぬ船が補給船だと判断した。デュ・ルマンは2隻を捕獲したが、3隻目に逃げられた。さらに交渉続けられ後で1778年にド・ブイエがドミニカ占領したと同様条件降伏合意された。

※この「占領」の解説は、「セントビンセント占領」の解説の一部です。
「占領」を含む「セントビンセント占領」の記事については、「セントビンセント占領」の概要を参照ください。


占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/23 09:28 UTC 版)

サンタフェの戦い」の記事における「占領」の解説

8月15日メキシコニューメキシコ州サンタフェ到着したカーニーは、一人メキシコ軍兵士にも遭遇しなかった。マヌエル・アルミホ総督メキシコ軍は、カーニーの軍が到着する前日14日にすでに町から逃げ出していて、カーニーサンタフェ・デ・ヌエボ・メヒコ州の首都平和的に占領した

※この「占領」の解説は、「サンタフェの戦い」の解説の一部です。
「占領」を含む「サンタフェの戦い」の記事については、「サンタフェの戦い」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「占領」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

占領

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 07:02 UTC 版)

名詞

せんりょう

  1. 本来自らのものでない場所自分のものとしていること。しばしば「不正に」「強制的にの意味を含む。

類義語

翻訳


「占領」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「占領」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



占領のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの占領 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのギリシャの戦い (改訂履歴)、グレナダ占領 (1779年) (改訂履歴)、フェロー諸島占領 (改訂履歴)、バハマ占領 (1783年) (改訂履歴)、アメリカ軍によるドミニカ共和国占領 (1965年-1966年) (改訂履歴)、日本軍によるアッツ島の占領 (改訂履歴)、ベルリン襲撃 (1760年) (改訂履歴)、クンドゥーズの戦い (2015年) (改訂履歴)、Alliance of Valiant Arms (改訂履歴)、直接侵略 (改訂履歴)、スペシャルフォース2 (改訂履歴)、オーストリアによるボスニアでの戦闘 (1878年) (改訂履歴)、セントビンセント占領 (改訂履歴)、サンタフェの戦い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの占領 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS