占領とは?

せん りょう -りやう [0] 【占領】

( 名 ) スル
ある場所を独り占めにして、他者を入れないこと。占拠。 「一人部屋を-する」
他国領土自国武力支配下に置くこと。 「 -軍」


占領

作者眉村卓

収載図書怪しい人びと
出版社新潮社
刊行年月1992.3
シリーズ名新潮文庫


占領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/10 10:03 UTC 版)

占領(せんりょう)とは、


  1. ^ a b 広辞苑 第六版 「占領」
  2. ^ a b 大辞泉「占領」
  3. ^ a b ブリタニカ百科事典「占領」
  4. ^ a b 宮崎繁樹 1950, pp. 124.
  5. ^ 保障占領下北樺太における日本人の活動 (1920-1925)竹野 学
  6. ^ 宮崎繁樹 1950, pp. 116.
  7. ^ a b 宮崎繁樹 1950, pp. 125-126.
  8. ^ a b 宮崎繁樹 1950, pp. 117.
  9. ^ 宮崎繁樹 1950, pp. 120.
  10. ^ 宮崎繁樹 1950, pp. 121.
  11. ^ 宮崎繁樹 1950, pp. 122-123.
  12. ^ 国力の基盤は領土であり、また軍事的にも広大な領土はそれ自体が戦力化できるものである。軍事的に見て占領の意義とは敵部隊を空間的に追い詰め、戦闘力となる各種資源を獲得し、防御においては重層的な防御方式を採ることができる点にある。[要出典]」と言う[誰?]。 また[誰?]国家戦略としては占領は戦略資源を得、戦略的地理を有利なものとし、産業基盤を分量的に拡大するなどの意義がある。占領統治においては軍隊による軍政や、支配下においた現地政権を通じた間接統治などの様々な手法がとられる。[要出典]
  13. ^ 宮崎繁樹 1950, pp. 125.
  14. ^ a b 宮崎繁樹 1950, pp. 126.


「占領」の続きの解説一覧

占領

出典:『Wiktionary』 (2010/03/15 16:25 UTC 版)

名詞

せんりょう

  1. 本来自らのものでない場所を自分のものとしていること。しばしば「不正に」「強制的に」の意味を含む。
    日本軍部のように、八紘一宇国民儀礼のような神話時代文化しか持ち合せがなく、自分貧乏マイナス占領地帯へ分ち与えるようなヤリ方では、占領された人たちが大迷惑であるが、ソビエト場合が、又、そうである。(坂口安吾安吾巷談 野坂中尉中西伍長』)

類義語

訳語




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「占領」の関連用語

占領のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



占領のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの占領 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの占領 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS