ギリシャ本土とは? わかりやすく解説

ギリシャ本土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 15:00 UTC 版)

ギリシャの歴史」の記事における「ギリシャ本土」の解説

ギリシャ本土中央部ではエウボイア島において最初のポリス形成されたが、これはカルキスエレトリアであった。この両ポリス周辺のポリス巻き込んでレラントス戦争行ったが、これがギリシャ最初の国際的な陸戦であった推測されている。また、アテナイ近郊メガラ早い頃に形成されており、メガラ紀元前727年シチリアにメガラ・ヒュウライアを、紀元前685年黒海入り口カルケドン紀元前668年ごろにビザンティオン現在のイスタンブール)らの殖民市を形成しており、紀元前7世紀にはテアゲネス(前640?–前620?)が僭主になり、アテナイ僭主狙っていたキュロン(テアゲエスの娘婿)の支援行っているその後も、メガラアテナイ抗争続き紀元前6世紀末、第一次神聖戦争紀元前595年-紀元前585年)でアテナイ勝利するまで続けられた。その後メガラ紀元前500年スパルタ同盟国となったまた、アイギナ島ポリスアイギナ商業ポリスとして繁栄しており、ギリシャにおいて初め貨幣発行したポリスであったキクラデス諸島ではナクソスが力をつけており、デロス島アポロン神殿へも奉納行いアテナイペイシストラトス介入するまではナクソスデロス島支えており、介入終了後、再びナクソスキクラデス諸島における唯一の有力ポリスとして君臨し続けた

※この「ギリシャ本土」の解説は、「ギリシャの歴史」の解説の一部です。
「ギリシャ本土」を含む「ギリシャの歴史」の記事については、「ギリシャの歴史」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ギリシャ本土」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ギリシャ本土のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ギリシャ本土のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのギリシャの歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS