入り口とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 入り口の意味・解説 

はいり‐ぐち〔はひり‐〕【入り口】

《「はいりくち」とも》はいるための所。いりぐち


いり‐ぐち【入(り)口】

《「いりくち」とも》

はいる所。はいりぐち。⇔出口(でぐち)。

物事しはじめ端緒。「学究生活の入り口」「芸の入り口」


いり‐ぐち【入口】

〔名〕 (「いりくち」とも)

① そこからはいっていく所。はいり口。

玉塵抄(1563)二七神武門はみやこの入口の門なり」

*虎明本狂言地蔵舞室町末‐近世初)「在所いりくちに、制札があらふがお見やらなんだか」

物事のはじめ。端緒

玉塵抄(1563)二六「ひょっひょとのちにいわうず入り口に云ことはわるいぞ」

西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「この実事習験の学問比すれば、特に入門(〈注〉イリクチ)の初歩に過ざるのみ」

はいりこむことのできる地位勤め場所。奉公先。くち。

仮名草子都風俗鑑(1681)二「こちにまかしゃれと手に取やうに請合諸方をかけまはりて、入くちを聞出し」


はいり‐ぐち はひり‥ 【入口・這入口】

〔名〕 (「はいりくち」とも)

① はいるために設け空間いりぐち。門や家の出入り口。はいり。

俳諧曠野(1689)三「簾して涼しや宿のはいりぐち荷兮〉」

物事しはじめ端緒

行人(1912‐13)〈夏目漱石塵労宗教這入らうと思って這入口(ハイリクチ)が分らないで困ってゐる人のやうにも解釈して見ました」


入り口

作者宇江佐真理

収載図書ひとつ灯せ大江戸怪奇
出版社徳間書店
刊行年月2006.8


入り口

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 11:29 UTC 版)

和語の漢字表記

いりぐち

  1. いりぐち」を参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「入り口」の関連用語

入り口のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



入り口の意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの入り口 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS