端緒とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > 慣用読み > 端緒の意味・解説 

たん‐しょ【端緒】

読み方:たんしょ

慣用読みで「たんちょ」とも》物事の始まりいとぐち手がかり。「―を開く」


たん‐ちょ【端緒】

読み方:たんちょ

たんしょ(端緒)」の慣用読み


端緒

読み方:タンショ(tansho), タンチョ(tancho)

物事の手掛かり


端緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/26 23:55 UTC 版)

佐世保バーガー」の記事における「端緒」の解説

佐世保には、1889年明治22年)に大日本帝国海軍佐世保鎮守府1903年明治36年)に海軍工廠置かれ都市化したが、1945年昭和20年6月28日深夜からの佐世保大空襲焦土化した占領期に入ると佐世保にも進駐軍展開し旧日本軍施設米海軍進駐した。すると、米軍属相手にした飲食店・バー・キャバレーが佐世保市内に現れた。そして、佐世保朝鮮特需による好景気沸いた1950年昭和25年)頃、米海軍関係者よりハンバーガーレシピ教わり佐世保におけるハンバーガー歴史始まったとされる。なお、初め佐世保手作りハンバーガー作った店がどこなのかは不明

※この「端緒」の解説は、「佐世保バーガー」の解説の一部です。
「端緒」を含む「佐世保バーガー」の記事については、「佐世保バーガー」の概要を参照ください。


端緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 14:29 UTC 版)

イギリスの歴史」の記事における「端緒」の解説

19世紀後半になるとドイツの産業革命急激に進展し工業力でイギリス追いつく勢い見せた国内産業発達したドイツ海外に新し植民地欲し、すでにイギリスフランスによって色分け成されていた植民地再分割主張するようになったこのためドイツとの対立激化したイギリスは対ドイツの安全保障策としてフランス英仏協商を、ロシア英露協商結んで三国協商とし、ドイツオーストリアイタリア三国同盟対抗しよう試みた1914年サラエヴォ事件によってオーストリア・ハンガリー帝国次期皇位継承者フランツ・フェルディナント暗殺されたことを契機にして、ヨーロッパの大国同士が争う第一次世界大戦突入した当時の首相ハーバート・ヘンリー・アスキスは、1914年8月4日ドイツ中立国ベルギー侵略したことに対して対独宣戦することを決意した連合国一員としてイギリスフランス大陸遠征軍派遣フランスベルギー軍と共に西部戦線ドイツ軍対峙した。当初イギリスでもこの戦争比較短期間で終了する予測されていたが、緒戦マルヌ会戦ドイツ主導短期決戦計画破綻する両軍とも北海からアルプスまで至る塹壕掘ってにらみ合い西部戦線膠着状態に陥ったまた、サクス=コバーグ=ゴータ朝であった王室は、敵国となったドイツ語由来の名称を嫌悪しウィンザー朝改称し在位中のジョージ5世初代君主となった

※この「端緒」の解説は、「イギリスの歴史」の解説の一部です。
「端緒」を含む「イギリスの歴史」の記事については、「イギリスの歴史」の概要を参照ください。


端緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 06:08 UTC 版)

ハイブリッド・ログ=ガンマ」の記事における「端緒」の解説

2015年5月15日BBCは、国際電気通信連合ITU)に提案する共同のHDR提案開発するためにNHKとの共同作業開始した発表した2015年6月9日HLG高効率ビデオ符号化HEVC)のJCT-VCに提案され、スクリーン・コンテンツ符号化拡張2015年6月ドラフト追加された。 同年後半ソニーSMPTE2015年カンファレンス改造したHDRディスプレイ表示したHLG映像展示した。Colorfront社は、同社のTranskoder 2016ソフトウェアHLG使用したHDR出力サポートすることを発表したLGグループは、同社2015年4K OLEDテレビHLGおよび知覚量子化器PQ)でのHDRサポートすることを発表したブラックマジックデザインHLGサポート追加するDaVinci Resolveアップデートをリリースした。 スカパー!は、HLG使用して4K UHDTVHDR番組日本の衛星加入者配信する発表した。Harmonic Inc.NASAは、HLG使用して翌日NASA TV放送されアトラス V打ち上げHDR撮影発表した。バチカン・テレビジョン・センターは聖なる扉の儀式を、HLGRec. 2020色空間使用して放送した

※この「端緒」の解説は、「ハイブリッド・ログ=ガンマ」の解説の一部です。
「端緒」を含む「ハイブリッド・ログ=ガンマ」の記事については、「ハイブリッド・ログ=ガンマ」の概要を参照ください。


端緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 01:24 UTC 版)

たけしプロレス軍団」の記事における「端緒」の解説

たけしが、当時懇意になりつつあった東京スポーツ紙上1987年9月8日付け)で、「プロレス団体設立」をぶち上げたのが発端となった設立ついてたけしは「オイラプロレスファンという事もあるけど、最近のプロレス感じられなくなった力道山時代熱気を、ぜひ取り戻したい思った」と語り手駒選手育てたうえで、「手始めにアントニオ猪木挑戦したい何といっても日本ナンバー1プロレスラーだから」と、その目標明らかにした。 東京スポーツ以後ビートたけしプロレス挑戦」と題した密着ルポを始めるなどして、TPGの煽り役を担った。しかし、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!に於いて総合演出テリー伊藤中心となって発案した全日本プロレス協力のもとコーナー設けていたが立ち消えとなったプロレス予備校」の焼き直しではないかとの疑問呈されていた。 TPGは『たけしのオールナイトニッポン』で練習生募集しアポロ菅原コーチとして招聘し、都内秘密道場用意してトレーニング積ませた。練習生なかには脇田洋人スペル・デルフィン)、秋吉昭二邪道)、高山圭司外道)がいた。 マサ斎藤がたけしに接近し斎藤TPG参謀役を任されたほか、広報役割たけし軍団ガダルカナル・タカダンカン務め1987年10月9日新日本プロレス事務所出向いて山本小鉄挑戦状手渡し山本に「プロレスなめるな!」と一喝された。12月4日にはリング上がり猪木直接挑戦状を渡すなどした。 TPG新日本プロレス参戦は、同年12月27日両国国技館大会決定し猪木への刺客ビッグバン・ベイダーであることが発表されたミスター高橋後に明かしたところによれば、TPG結成後述アングルには、東京スポーツ櫻井康雄仲介で、たけしと親交を持った猪木大きく関係していたとしている。高橋によれば猪木マッチメイカーであった高橋命じてTPGに関するアングル作成させたとしている。

※この「端緒」の解説は、「たけしプロレス軍団」の解説の一部です。
「端緒」を含む「たけしプロレス軍団」の記事については、「たけしプロレス軍団」の概要を参照ください。


端緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:41 UTC 版)

能登半島沖不審船事件」の記事における「端緒」の解説

最初に特異な兆候発生したのは1999年3月18日のことであった北朝鮮諜報員使用する無線局A-3」に変化発生。この兆候は、電波による情報活動シギント)を任務とする自衛隊情報本部電波部警察庁警備局外事技術調査官室通称ヤマ」)、また、日本韓国駐留するアメリカ軍情報機関などによって傍受されたものとみられている。 端緒は他にもあった。翌日3月19日には北朝鮮清津にある工作船基地から工作船出航した旨の衛星情報在日米軍司令部経由情報本部寄せられた。また、北朝鮮が「日本にある重要なブツ持ち込む」との情報韓国の情報機関国家情報院NIS)から公安調査庁PSIA)に寄せられたともいわれる。しかし、この時点では差し迫った脅威があるという情報がなかったことから特に対策はとられなかった。 事態急展開したのは3月21日であったこの日22時ごろ、日本海能登半島東方沖の海上から不審な電波発信続けられているのを各関係機関一斉に傍受した。さらに、深夜には「A-3」にも異常がみられたという。これらの情報を踏まえ3月22日15時海上自衛隊舞鶴基地から護衛艦「はるな」第3護衛隊群直轄艦)、「みょうこう」(第3護衛隊群所属)、「あぶくま」(舞鶴地方隊所属)が緊急出港した。法的根拠防衛庁設置法基づく「調査・研究」とした。同時に警察庁から日本海側各県警察に対して沿岸警戒強化呼びかけるKB(KOREAN-BOAT)参考情報」が発せられた。

※この「端緒」の解説は、「能登半島沖不審船事件」の解説の一部です。
「端緒」を含む「能登半島沖不審船事件」の記事については、「能登半島沖不審船事件」の概要を参照ください。


端緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/24 10:06 UTC 版)

クルップ」の記事における「端緒」の解説

クルップ歴史は、鋼鉄とともに始まった昔から強靭なである鋼鉄は、鍛冶屋金床鉄材載せて鎚で叩いて鍛造するしかなかったため、サイズや形が限られていた。鋳型に熔流して作る鋳鉄は、大きなものを作れ造型自由度高かったが、もろく壊れやすかったこのため鋳型鋼鉄作る鋳鋼技術研究され18世紀末にイギリスシェフィールド鋳鋼技術確立されて、世界需要独占したプロイセン炭坑町だったエッセンに住む発明家のフリードリヒ・クルップ(ドイツ語版英語版)(1787年-1826年)は、イギリス独占する鋳鋼製造技術解明することを志した彼はライン川河畔小さな木造水車小屋を建て、水力動力とする研究室構えた。この水車小屋が、のちの巨大企業クルップ源流である。 彼はその工房にこもり、鋳鋼製造法解明試みた。だが技術的な難関乗り越えることができず、借金重ね晩年には気力なくして寝たきりになった。彼が39歳貧困のうちに窮死したその日作業小屋わずかな従業員は、14歳だった長男のアルフレート・クルップAlfred Krupp1812年-1887年)に引き継がれたアルフレート数年のあいだ工房にこもっ研究重ねたのち、ついに鋳鋼製造成功する彼は細々と工具食卓ナイフスプーン製造を始めた。鋳型模様つけることで、柄に花などの模様のあるスプーン最初に作り出したのはクルップだった。のちには貨幣鋳造機や蒸気機関車車輪製造開始し苦労しながらクルップ事業軌道に乗りはじめた

※この「端緒」の解説は、「クルップ」の解説の一部です。
「端緒」を含む「クルップ」の記事については、「クルップ」の概要を参照ください。


端緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/10 05:03 UTC 版)

新哲学者」の記事における「端緒」の解説

この言葉ベルナール=アンリ・レヴィ1976年作った。この範疇に含めた哲学者大部分はマオイストとしての前史を持っているが、のちにマルクス主義否定する至ったアレクサンドル・ソルジェニーツィンの「収容所群島」は多くのこういった左派哲学者に強い影響与えた

※この「端緒」の解説は、「新哲学者」の解説の一部です。
「端緒」を含む「新哲学者」の記事については、「新哲学者」の概要を参照ください。


端緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 08:05 UTC 版)

Wubi」の記事における「端緒」の解説

Red Hat LinuxSlackwareのZipSlackを含む多くのLinuxディストリビューションは、SYSLINUX とUMSDOSファイルシステムドライバを使って1990年代半ば類似ツール提供していた。その後SUSE社がFATファイルシステム上でsyslinuxとループマウントされたディスクイメージ使って同様のものを提供していた。90年代後半に、BeOS同様のシステム使ってWindows内のフォルダOSインストールしていた。 Wubiアイディアは、ループマウントされたインストール提供したTopologilinuxおよび単純なWindowsフロントエンド提供するInstluxから着想得て、アゴスティーノ・ルッソによって起草された。そのアイディアとはUbuntuイメージをループマウントするWindowsインストーラを持つ2つ概念統合することにあったその後ゲーザ・コバーツが仕様改良し 、その概念がうまくいくことを示す最初の試作品提供した。オリバー・マトスはNSISオリジナルのユーザーインターフェイス書いたその後アゴスティーノ・ルッソがループインストールの概念改良し、単にループマウントされた事前作成イメージファイルから、動的にパッチ適用したバージョンDebianインストーラ使ってその場で作成されイメージへと移行しそのため初期のプロトタイプの他いくつかの問題に対処しながら、実際のインストールに近い実働エクスペリエンス)を提供した。ルパンプロジェクトはこのように生まれ、アゴスティーノ・ルッソはゲーザ・コバーツからの貢献幾つか持つコード大部分書いて実装した。 後にアゴスティーノ・ルッソとEcology2007は、現在のWindowsフロントエンド再設計し、書き換えた。ハンプス・ウェスマンは新しダウンローダ翻訳スクリプト寄稿した。Bean123とTinybitはブートローダ問題デバッグおよび修正して支援したLubiとLVPMはその後ゲーザ・コバーツによって作成された。 このプロジェクトは、Win32ローダーなど他のWindowsベースLinuxインストーラ作成影響与えた

※この「端緒」の解説は、「Wubi」の解説の一部です。
「端緒」を含む「Wubi」の記事については、「Wubi」の概要を参照ください。


端緒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 22:40 UTC 版)

大坂の陣」の記事における「端緒」の解説

豊臣秀吉死後の豊臣政権においては五大老徳川家康影響力強め慶長5年1600年)に元五奉行石田三成らが蜂起した関ヶ原の戦い家康東軍指揮執り三成西軍撃破する家康戦後処理論功行賞主導するなど実権握ったこの際豊臣家蔵入地いわゆる太閤直轄地)を東軍への恩賞という形で全国にあった220万石の内ほぼ4分の3を削減してしまった。これにより豊臣家所領摂津河内・和泉の約65万石程度まで削がれた。なお、豊臣三国のほか、徳川国奉行設置国の伊勢国備中国豊臣直臣団の知行地が所在した。 慶長8年1603年2月12日家康伏見城征夷大将軍に就任、江戸城を始め普請事業を行うなど、政権作りを始める。家康政治目標徳川家頂点とした長期的かつ安定した政権をつくることであったとされ、徳川家主君に当たり別格存在となる豊臣家に対し服属させるか、それが拒絶され場合には処分する事を考え始めたという。 同年7月家康三男徳川秀忠の娘である千姫秀吉遺言に基づき子の豊臣秀頼輿入した。 慶長10年1605年正月家康が、つづいて2月秀忠伊達政宗奥羽大名加え10万とも16万といわれる大軍指揮執り上洛した。 同年4月16日家康将軍職辞して将軍職秀忠譲り自らの官位であった右大臣位を秀頼に譲る。将軍就任時の秀忠官位内大臣であったに対し秀頼はこうして右大臣になったが、秀忠将軍職継承豊臣家ではなく徳川家であることを天下に示したものである先の家康将軍任官時の序列はまだ秀頼上であって、同時に秀頼関白任官されるとする風聞違和感なく受け止められており、元服前に秀吉の子として関白就任への可能性残していたが、既に家康、そして徳川政権が時を追うごとに優位になっていくことを止めることはできなかった。 5月8日秀頼臣下の礼を取るように、高台院を通じて秀頼生母淀殿要求した淀殿会見拒否したが、家康は六男の松平忠輝大坂遣わし融和努めている。 慶長16年1611年3月後水尾天皇即位に際して上洛した家康二条城での秀頼との会見要請する秀頼の上洛を求め家康に対し反対もあったが、加藤清正浅野幸長豊臣家恩顧大名らの取り成しもあり会見実現する二条城会見)。翌4月家康在京大名22名を二条城招集させて幕府命令背かないという誓詞提出させた。 慶長17年1612年)、前年上洛していなかった東北関東などの大名65名から同様の誓詞とっている。ただし、秀頼からは誓詞提出させていない二条城会見後慶長16年1611年)に浅野長政堀尾吉晴加藤清正が、慶長18年1613年)に池田輝政浅野幸長慶長19年1614年)に前田利長亡くなったことで、豊臣家孤立強まり幕府無断で朝廷から官位賜ったり、兵糧浪人集めだし、更には前田家と誼を通じようとするなど、幕府との対決姿勢前面押し出し始めた豊臣家に対し融和策をとる徳川家も戦の準備怠らず攻城兵器として国友鍛冶大鉄砲大筒の製作を命じ他にも石火矢鋳造イギリスオランダに対し大砲焔硝・鉛(砲弾材料)の注文行っている海外キリスト教陣営との接触両軍共に存在し大坂城にはポルロ神父など多数キリシタン神父篭城することとなる。 こうしたなかで生じた方広寺鐘銘事件により、両家対立決定的となる(方広寺鐘銘事件詳細後述)。慶長19年1614年8月豊臣家鐘銘問題弁明のために片桐且元駿府派遣するが、家康は且元と面会していない。しばらくして大野治長の母の大蔵卿局駿府派遣されたが、家康大蔵卿局とは面会して丁重に迎えている。9月6日家康豊臣方徳川家に対して不信問題要因であるとし、以心崇伝本多正純使者として、大蔵卿局と且元とを同席させた上で双方親和を示す方策講じ江戸赴いて申し開きするよう要求したという。同日家康今度西国大名50名から誓詞とっている。 且元は大坂戻り9月18日私案として以下の3つの妥協案一つ採用するように進言した。 秀頼江戸参勤させる 淀殿人質として江戸に置く 秀頼が国替え応じ大坂城退去する この案に淀殿怒り元は次第裏切り者として扱われるようになった秀頼木村重成からの調停があったものの、28日高野山に入るとして大坂城を出ることを決めたが、これは秀頼側ら穏健派態度をも硬化させ、「不忠者である」として改易決められる10月1日に且元はの米や金などの勘定引き継ぎ済ませ300程の雑兵を率き連れ、貞隆、石川貞政と共に大坂城退去した。 且元は慶長18年1613年)に秀頼から一万石加増された際に徳川家憚りこれを辞退したが、家康命により拝領している。このように元は豊臣家の家臣ありながら家康の家臣でもあり、豊臣家が且元を処分しようとしたことは家康口実与えることになった秀頼による且元殺害企ての報を10月1日受けた家康は、これを根拠に同日諸大名出兵命じて大坂の陣勃発した

※この「端緒」の解説は、「大坂の陣」の解説の一部です。
「端緒」を含む「大坂の陣」の記事については、「大坂の陣」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「端緒」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「端緒」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



端緒と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「端緒」の関連用語

端緒のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



端緒のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの佐世保バーガー (改訂履歴)、イギリスの歴史 (改訂履歴)、ハイブリッド・ログ=ガンマ (改訂履歴)、たけしプロレス軍団 (改訂履歴)、能登半島沖不審船事件 (改訂履歴)、クルップ (改訂履歴)、新哲学者 (改訂履歴)、Wubi (改訂履歴)、大坂の陣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS