ヨーロッパでとは? わかりやすく解説

ヨーロッパで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 18:46 UTC 版)

ジャック・ミラー (オートバイレーサー)」の記事における「ヨーロッパで」の解説

2011年はヨーロッパでのブレイクアウトの年であった一連の強力なパフォーマンス彼は16歳にしてドイツのIDM125ccカテゴリータイトル獲得したこの結果イタリアフォワード・レーシングから注目され2012年に同チームからMoto3世界選手権出場することとなった

※この「ヨーロッパで」の解説は、「ジャック・ミラー (オートバイレーサー)」の解説の一部です。
「ヨーロッパで」を含む「ジャック・ミラー (オートバイレーサー)」の記事については、「ジャック・ミラー (オートバイレーサー)」の概要を参照ください。


ヨーロッパで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 07:47 UTC 版)

ジョン・アダムズ」の記事における「ヨーロッパで」の解説

大陸会議新生間もない連邦代表としてまず1777年、さらに1779年2度アダムズヨーロッパ派遣した。どちらの場合もアダムズ長男のジョン・クィンシー(1回目航海では10歳だった)を伴った1778年2月15日には大陸海軍フリゲート艦USSボストンフランス向かった何度かイギリス艦船追跡されたこともあったが、航海中に実際に戦闘になったのはイギリス私掠船無血捕獲した時だけだったアダムズ当時外交国際言語だったフランス語話せなかったのである意味で似つかわしくない人選だった。 最初のヨーロッパ滞在1778年4月1日から1779年6月17日までであり、ほとんど為す術もなく1779年8月初旬には故郷のブレイントリーに戻った同年9月1日から10月30日の間は、サミュエル・アダムズやジェイムズ・ボードウィンと共にマサチューセッツ憲法起草した。この9月にはフランスに戻るよう人選されており、マサチューセッツ憲法制定会議結論出た後の11月15日フランス海軍フリゲート艦センシブルフランス向かった。 この2回目赴任アダムズイギリスとの友好通商交渉する任務のある特命全権公使指名された。しかし、フランス政府アダムズ指名承認せず、その結果フランス外務大臣ヴェルジェンヌ伯の強要により、ベンジャミン・フランクリントーマス・ジェファーソンジョン・ジェイおよびヘンリー・ローレンスアダムズ協力するよう指名された。ただし、ジェファーソンヨーロッパ行かずローレンスオランダ駐在とされた。その結果ジェイアダムズおよびフランクリン交渉の任にあたったジェイアダムズは、フランクリン発言封じヴェルジェンヌ伯を信用しなかったのでフランスとは相談しないことにしたその代わりにイギリス代理人直接交渉した。 アダムズはこの交渉を通じて特にアメリカ大西洋岸漁業権認めさせる決断をしていた。アメリカ代表団は有利な条約交渉進めることができ、スペイン委譲される東フロリダと西フロリダ除いてミシシッピ川以東全ての土地確保することができた。この条約1782年11月30日調印された。 これらの交渉始まった後でアダムズ当時世界でも数少ない共和国一つだったオランダ大使として幾らか時間費やした他の共和国としてはヴェネツィア共和国スイス連邦があった)。1780年7月以前にローレンス割り当てられていた任務を遂行するよう実与えられたオランダパトリオット指導者であるジョーン・ヴァン・デア・カペレン・トート・デン・ポルの援助もあって、1782年4月19日にはハーグアメリカ合衆国独立した政府としてオランダに認めさせることに成功した。このオランダ滞在間に、ニコラース・ヴァン・スタップホルストやヴィルヘルム・ヴィリンクが手当てした500万ギルダー借款交渉もした。1782年10月アダムズオランダ友好通商条約交渉行い1778年フランスとの条約続いてアメリカ合衆国外国との間に結ばれた2番目の条約となったアダムズオランダ滞在中購入した家屋は、世界中外国の地にある最初のアメリカ合衆国が所有する大使館となった1783年の2ヶ月間アダムズロンドン急進派出版者ジョン・ストックデールのところに寄宿居した。 1784年1785年アダムズアメリカ合衆国プロイセンとの間のその後貿易関係構築した者の一人となったハーグにいたプロイセン大使フリードリヒ・ヴィルヘルム・フォン・ツレマイアーが関与し、またパリにいたジェファーソンフランクリン関わった1785年アダムズは聖ジェームズ宮廷駐在初代アメリカ公使(在イギリス大使)に指名された。その昔主権国にいる間にイギリス国王ジョージ3世アダムズフランス政府信用されていないことに気付いていると報せてきた。アダムズはこれを認め私は自分の以外に何の愛着持っていないことを陛下明言するしかない」と答えたイギリス女王エリザベス2世1976年7月7日ホワイトハウスでこのエピソード触れ次のように語ったアメリカ初代大使であるジョン・アダムズは、私の先祖であるジョージ3世に『我々2国の国民間に古い良き性格と古い良きユーモア』を取り戻せるようにするのが望みと言った。その回復長い間になされ、言語伝統および人的結びつきがそれを維持してきた。 ジョンアビゲイルアダムズ夫妻ロンドンに居る間にイギリス宮廷凝視敵意悩まされ、ニューイントン・グリーン・ユニタリアン教会牧師革命議論扇動者でもあったリチャード・プライス助けを求めることで、できる限り逃亡選んだ夫妻共にプライスを大変崇拝しアビゲイルプライスやその弟子で『女性の権利の擁護』の著者であるメアリ・ウルストンクラフト教え深く心に刻んだアダムズロンドン滞在したのはグロブナー・スクェアに近い家屋であり、現在でも残っていて、記念する銘板置かれている。アダムズ1788年アメリカ合衆国戻り国内政界に復帰した。

※この「ヨーロッパで」の解説は、「ジョン・アダムズ」の解説の一部です。
「ヨーロッパで」を含む「ジョン・アダムズ」の記事については、「ジョン・アダムズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ヨーロッパで」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ヨーロッパでのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヨーロッパでのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジャック・ミラー (オートバイレーサー) (改訂履歴)、ジョン・アダムズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS