代理人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 代理人の意味・解説 

だいり‐にん【代理人】

読み方:だいりにん

他人代理をする人。

代理権有し本人代わって意思表示をしたり受けたりする権限をもつ人。


代理人


代理人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 14:46 UTC 版)

代理人(だいりにん)は、自分以外の利益のために、何らかの行為を代わって行う人のこと。または、自分以外の利益のためと称して行う人のこと。代行者代弁者とも。




「代理人」の続きの解説一覧

代理人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 21:58 UTC 版)

フラビオ・ブリアトーレ」の記事における「代理人」の解説

ブリアトーレは、数多くドライバーマネージメント担当していた。F1では、フェルナンド・アロンソマーク・ウェバージャンカルロ・フィジケラヤルノ・トゥルーリヘイキ・コバライネンネルソン・ピケ・Jrなどが挙げられる。 マネージメントビジネスに触手を伸ばしたのは1994年頃からで、最初のマネージメントドライバーはヨス・フェルスタッペンであったこれ以降、若い有望なドライバー多数青田買いしている。契約ドライバー自身の息のかかるチーム売り込んだり、他チームレンタルするなどしてシート用意し、その見返りとして報酬何割かを取り分とすることで、多額の利益得ているといわれる

※この「代理人」の解説は、「フラビオ・ブリアトーレ」の解説の一部です。
「代理人」を含む「フラビオ・ブリアトーレ」の記事については、「フラビオ・ブリアトーレ」の概要を参照ください。


代理人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 21:25 UTC 版)

アメリカ連合国臨時議会」の記事における「代理人」の解説

連合国臨時議会最初の2つ会期は、合衆国最初に離脱した7州(サウスカロライナ州ミシシッピ州フロリダ州アラバマ州ジョージア州ルイジアナ州テキサス州)の代理人 (Deputy) によって開催された。

※この「代理人」の解説は、「アメリカ連合国臨時議会」の解説の一部です。
「代理人」を含む「アメリカ連合国臨時議会」の記事については、「アメリカ連合国臨時議会」の概要を参照ください。


代理人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/14 14:44 UTC 版)

サッカー文化」の記事における「代理人」の解説

サッカーにおける代理人(エージェント)としての種類には、選手側と契約してチーム・スポンサーとの交渉」や「選手生活サポート」をする代理人とクラブ側と契約して有望な選手へのスカウト交渉活動」をする代理人がおり、クラブ側と契約する代理人は更にクラブ側に直接所属して活動をする代理人とクラブ側と代理人業務の契約をして現地在住しながら定点観測的に選手情報契約しているクラブ側に提供したり、選手へのスカウト活動をする代理人の2種類分ける事が出来る。 一般的に代理人業務選手の親類知人引退選手弁護士などが務め場合が多いが、Jリーグでは規定FIFA公認の資格持つ者弁護士に限定している。なお、FIFA公認代理人の認定各国のサッカー協会委ねられており、代理人と契約するか否かFIFAなどで明確に規定しているわけではないが、一般的に現役のプロサッカー選手プロサッカー選手として契約するアマチュアサッカー選手は代理人を通してクラブと交渉などをする事一般的である。これは、代理人を通す事によって肉体的精神的な選手への負担を軽減すると共にクラブ側と公平な立場円滑な交渉進める事が出来からである。 ただ、その一方アフリカ大陸などのサッカー関連組織や施設未整備貧困層が多い国々では、一部の代理人が10代選手中心に言葉巧みに欧州へ誘い両親から多額の報酬受け取ったのにも関わらず渡欧後選手十分な代理人業務行わないまま、欧州各国活躍できなかった選手そのまま不法滞在になって路頭に迷う事も少なくないまた、自身契約している選手に対して法外な金額の代理人手数料請求したり、自身契約している選手が他クラブ移籍する際や所属クラブとの更改交渉を行う際に交渉先のクラブ側に対して自身の裏金を要求するなどといった事態発生している。

※この「代理人」の解説は、「サッカー文化」の解説の一部です。
「代理人」を含む「サッカー文化」の記事については、「サッカー文化」の概要を参照ください。


代理人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 22:33 UTC 版)

労働審判」の記事における「代理人」の解説

労働審判手続は、当事者本人が自ら申し立てたり審判期日出席したりすることもできるが、代理人にこれらの手続をさせることもできる。ただし、代理人となり得るのは、原則として弁護士に限られる労働審判法4条本文)。「裁判所は、当事者権利利益保護及び労働審判手続円滑な進行のために必要かつ相当と認めるときは、弁護士でない者を代理人とすることを許可することができる」(同条ただし書きとされているが、実際には、この許可なされる例は少ない(司法書士社会保険労務士労働組合専従職員であっても不許可となる例は多い。)。労働審判当事者大半が、弁護士を代理人として選任している。 後述するとおり、労働審判は、第1回審判期日前に主張書面提出する必要があったり労働審判規則151項参照)、第1回審判期日労働審判委員会心証形成するのが通例であったりするために迅速に適法書式で、簡素かつ趣旨明瞭な書面作成する必要があるそのためには申立段階でも答弁段階でも審判期日でも法律専門家助言代弁有用である場合が多いし(各地方裁判所申立受付担当部署担当事件でも、その旨案内をしている。)、逆に弁護士に依頼すれば費用倒れになることが見込まれる事案であれば、むしろ、都道府県労働局紛争調整委員会あっせん簡易裁判所での民事調停によって解決を図る方が適切といえる

※この「代理人」の解説は、「労働審判」の解説の一部です。
「代理人」を含む「労働審判」の記事については、「労働審判」の概要を参照ください。


代理人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 14:33 UTC 版)

ロバート・ホワイティング」の記事における「代理人」の解説

ホワイティング著作権エージェントICMパートナーズのアマンダ・アーバン(英語版)が務める。

※この「代理人」の解説は、「ロバート・ホワイティング」の解説の一部です。
「代理人」を含む「ロバート・ホワイティング」の記事については、「ロバート・ホワイティング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「代理人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

代理人

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 05:48 UTC 版)

名詞

代理 だいりにん

  1. 他人代理をする人。
  2. (法律) 代理権持ち本人代わって意思表示をしたり受けたりする権限を持つ人。

発音(?)

だ↗いりにん
だ↗いり↘にん

「代理人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



代理人と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「代理人」に関係したコラム

  • FXの信託保全とは

    FX(外国為替証拠金取引)の信託保全とは、FX業者が、顧客から預託された保証金を保全するために金銭信託することです。顧客から預託された保証金は、「金融商品取引業等に関する内閣府令の一部を改正する内閣府...

  • 日本国内のFX業者の信託保全先の一覧

    日本国内のFX業者は、顧客の資金を保全する「信託保全」が義務付けられています。信託保全先は、主に銀行などの金融機関になります。FX業者は、信託保全先へ顧客からの証拠金などを信託します。FX業者が破綻し...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「代理人」の関連用語

代理人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



代理人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの代理人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフラビオ・ブリアトーレ (改訂履歴)、アメリカ連合国臨時議会 (改訂履歴)、サッカー文化 (改訂履歴)、労働審判 (改訂履歴)、ロバート・ホワイティング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの代理人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS