委任とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > 委任 > 委任の意味・解説 

い‐にん〔ヰ‐〕【委任】

読み方:いにん

[名](スル)

仕事などを、他人にまかせること。委託すること。「交渉を―する」

当事者一方委任者)が相手方受任者)に一定の事務の処理を委託し相手方がこれを承諾することによって成立する契約


委任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/20 18:12 UTC 版)

委任(いにん)とは、当事者の一方(委任者)が一定の行為をすることを相手方(受任者)に委託する契約。


  1. ^ a b c 近江幸治著 『民法講義Ⅴ 契約法 第3版』 成文堂、2006年10月、260頁
  2. ^ a b c d 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、303頁
  3. ^ a b c d e 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、131頁
  4. ^ a b c d 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、304頁
  5. ^ a b 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、289頁
  6. ^ 遠藤浩・原島重義・水本浩・川井健・広中俊雄・山本進一著 『民法6 契約各論 第4版』 有斐閣〈有斐閣双書〉、1997年4月、251頁
  7. ^ a b 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、290頁
  8. ^ a b c d 改正債権法の要点解説(9) (PDF)”. LM法律事務所. 2020年3月14日閲覧。
  9. ^ a b 近江幸治著 『民法講義Ⅴ 契約法 第3版』 成文堂、2006年10月、263頁
  10. ^ a b c 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、133頁
  11. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、306頁
  12. ^ http://jss.ca/contpowerofattorneyforproperty/ |title=財産管理の為の継続委任状
  13. ^ a b c 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、291頁
  14. ^ a b 近江幸治著 『民法講義Ⅴ 契約法 第3版』 成文堂、2006年10月、261頁
  15. ^ a b c d 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、305頁
  16. ^ a b 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、309頁
  17. ^ a b c 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、300頁
  18. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、307-308頁
  19. ^ a b 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、293頁
  20. ^ 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、308頁
  21. ^ a b 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、314頁
  22. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅴ 契約法 第3版』 成文堂、2006年10月、264-265頁
  23. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、294頁
  24. ^ a b 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、315頁
  25. ^ a b 近江幸治著 『民法講義Ⅴ 契約法 第3版』 成文堂、2006年10月、265頁
  26. ^ a b 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、316頁
  27. ^ a b c d 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、134頁
  28. ^ 近江幸治著 『民法講義Ⅴ 契約法 第3版』 成文堂、2006年10月、270頁
  29. ^ a b c d 不動産関連取引実務に対する 民法改正の影響(7) (PDF)”. ARES不動産証券化ジャーナルVol.32. 2020年3月14日閲覧。
  30. ^ a b c 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、317頁
  31. ^ 内田貴著 『民法Ⅱ 第3版 債権各論』 東京大学出版会、2011年2月、299頁
  32. ^ 大島俊之・下村正明・久保宏之・青野博之著 『プリメール民法4 第2版』 法律文化社〈αブックス〉、2003年3月、138頁
  33. ^ a b 川井健著 『民法概論4 債権各論 補訂版』 有斐閣、2010年12月、318頁


「委任」の続きの解説一覧

委任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/04 15:19 UTC 版)

シボレス」の記事における「委任」の解説

領域間の委任は、公開鍵暗号 (SSL サーバ証明書を使うだけのことも多い) と、プロバイダ記述するメタデータ用いて実装する引き渡す情報利用範囲合意によって決める。こういった関係は、連邦化 (英語: federation) を利用することで簡素化されていることが多い。連合は、共通の利用規約契約同意した多数プロバイダ集約したものである

※この「委任」の解説は、「シボレス」の解説の一部です。
「委任」を含む「シボレス」の記事については、「シボレス」の概要を参照ください。


委任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 10:10 UTC 版)

国事行為臨時代行」の記事における「委任」の解説

天皇未成年又は重篤な疾患等である場合置かれる摂政が、天皇人事不省等を想定して天皇の意思にかかわらず皇室会議の議により決定されるに対し国事行為臨時代行制度天皇にその発令意思最低限度意識)があること前提となっているため、条文上の委任元(発令者)も天皇自身となっており、委任に際して内閣助言承認は当然必要となるもの皇室会議の議を経ることは手続要件とされておらず摂政のように皇室会議等で(天皇無断で一方的に決定発令することはできない。 委任の対象者一部皇族限られ、その具体的な範囲及び委任順序順位)は、国事行為の臨時代行に関する法律により、摂政設置の場合皇室典範第17条)と同じと規定されている。 皇太子皇太孫 親王及び王 皇后 皇太后 太皇太后 内親王及び女王

※この「委任」の解説は、「国事行為臨時代行」の解説の一部です。
「委任」を含む「国事行為臨時代行」の記事については、「国事行為臨時代行」の概要を参照ください。


委任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/12 16:03 UTC 版)

使徒的祝福」の記事における「委任」の解説

司教自分の教区内で年に3回公式な祝日使徒的祝福与えることができる。教区司教法的に同等である教会法認められている司教ではない高位聖職者(使徒座知牧区など)も同様である例外的な状況では、他の機会に祝福与えることができる。特定の形式使用してミサ終わりに通常の祝福代わりに与えられる教皇庁大使も、教皇祝福書面で与えるよう委任されている。 ウルビ・エト・オルビ形式教皇自身によって、または、この認可に従って司教によって祝福授与された時、教皇祝福を受ける人々には全免償与えられる儀式自体参加することができず、代わりにラジオやテレビで祝福を受ける人にも全免償与えられる病気司牧ケアに関する教会儀式書は、他の場所、たとえば免罪符の「使徒的祝福」と呼ばれるものに「使徒恩赦」という用語を使用している司祭祝福死に直面している人のために与えるように促されるが、もし司祭がいない場合教会死の瞬間に信者全免償与えるために、通常必要な4つの条件(ゆるしの秘跡聖体拝領を受けること、教皇意向のための祈り大罪ゆるされていること)を提供する

※この「委任」の解説は、「使徒的祝福」の解説の一部です。
「委任」を含む「使徒的祝福」の記事については、「使徒的祝福」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「委任」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

委任

出典:『Wiktionary』 (2021/10/02 11:04 UTC 版)

名詞

いにん

  1. 信頼する人にゆだねてまかせること。

発音(?)

い↗にん

関連語

翻訳


「委任」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



委任と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「委任」の関連用語

委任のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



委任のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2023 Houterasu All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの委任 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシボレス (改訂履歴)、国事行為臨時代行 (改訂履歴)、使徒的祝福 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの委任 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS