アウトソーシングとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > アウトソーシングの意味・解説 

アウトソーシング [4] 【outsourcing】

〔アウトソース・アウトタスキングとも〕
業務外注すること。特に,情報通信システム設計運用保守企業外の専門業者全面的委託すること。資源有効活用費用削減をめざして行われる

アウトソーシング(あうとそーしんぐ)

企業が、業務会社外部専門業者委託すること。特に情報処理業務外部委託すること。

情報システム構築などでは、多く場合外部委託にしたほうが、コスト削減できる。その他に文書入力や一事務など、委託取り入れ動きがある。収益部門以外はアウトソーシングでいい、という考えである。

従来企業多角化かつ総花的経営をしてきた。ところが最近流れは「選択と集中」である。不採算部門思い切って整理し、収益部門重点的資源配分する。つまり、コアコンピタンス中核事業)で業界シェア一位目指し、それ以外からは撤退する。こうしないとグローバルな大競争時代には生き残れないのである

 

(2000.08.13更新


アウトソーシング

読み方あうとそーしんぐ

業務一部またはすべてを外部委託すること。


アウトソーシング

従来社内行われていた業務機能一部あるいは全部を、外部専門会社委託すること。主にコストダウンコア事業へのリソース集中目的としています。

アウトソーシング

【英】Outsourcing

・アウトソーシングとは、社内特定の業務外部専門性の高い専門会社委託することをさす。
1980年代後半から企業での業務外部委託化として一般化してきた。

・主に定型的業務コストセンター業務グループ間の重複業務等を、外部委託化し効率化追求によるコスト削減を図ることを目的とした導入一般的である。

・完全に外部会社委託してしまうケースと、グループ内等でアウトソーシングの受け皿会社(シェアードサービスセンター)を設立して取り組むケースがある。後者最終的にはプロフィットセンター化を目指すものも多い。

関連ページ
ワークプロセス領域

アウトソーシング

意味は「外部資源活用」です。1980年代アメリカ採用されるようになった経営手法で、90年代に入って日本でも活用されるようになりました。当初は、情報システム部門中心でしたが、やがて経理人事など間接部門全般、そして物流開発業務製造プロセス電力供給などあらゆる分野拡大てきています。

アウトソーシング

【英】:outsourcing

限られた経営資源中核部門集中し、逆にそうでない部門今まで自社で行ってきた業務最新知識ノウハウを持つ外部専門企業委託すること。企業にとって物流部門はアウトソーシングの対象となることが多い。一般に輸送保管業務のみならず受発注などの情報在庫管理流通加工など物流機能全般外部委託しようす意向強くなっている。また、これがアウトソーシングを受託する新たな物流市場3PL市場)の形成をもたらしている。

アウトソーシング

別名:外部委託
【英】outsourcing

アウトソーシングとは、自社業務一部外部企業などに委託することである。

アウトソーシングを上手に行うことで、非効率的業務自社人員資源割くことなく、専門家スキルを持つ人材仕事預けることができる。専門的スキルが必要で人材育成設備投資手間コスト掛かる業務をアウトソーシングしてしまえば、企業本業コア業務集中しながらコスト削減を図ることが可能となる。

例えば、情報システム構築運用保守などは、今日ビジネス欠かせないものとなっているが、高度な専門性求められることからアウトソーシングの対象となりやすい。ビジネスグローバル化に伴いコスト削減人手不足解消主な目的に、中国インドベトナムタイなどの海外のアウトソーサー(アウトソーシングを行う事業者)に委託する場合も増えている。

なお、IT分野のアウトソーシングをITO(IT Outsourcing)と呼ぶのに対し、人事会計などの間接業務コールセンター業務などをアウトソーシングすることをBTOBusiness Process Outsourcing)と呼ぶ。さらに、ビジネス・プロセス改革を含む包括的なアウトソーシングをBTOBusiness Transformations Outsourcing)と呼び一部大手ITベンダーが提供している。


参照リンク
IBM PROVISION No.53 - 特集 ビジネス変革を実現するBTO - (日本IBM
企業活動のほかの用語一覧
コンピュータシステム:  ワープロ専用機  Xserve  ユーティリティコンピューティング
ビジネス戦略:  アウトソーシング  後回し型応答  アソシエーション分析  イノベーション

アウトソーシング

読み方あうとそーしんぐ
【英】:outsourcing

企業等の組織が, コア業務への経営資源集中, 専門性強化コスト戦略による競争優位確保等明確な目的のもとに, 従来内製(insource)していた特定部門業務企画, 運営全部あるいは一部外部化すること. 情報システム関連業務をはじめ, 経理, 人事, 広報, 物流等様々な分野実施されている. コア以外の分野について, 専門企業への集中によって, 自社維持するよりも低コストで高い専門性最新技術確保できるという利点がある.


アウトソーシング out sourcing

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

外部委託

少人数人材派遣から,業務アウトソーシング外部委託まで引き受けることを可能にした。

意味説明

業務一部外部委託すること

その他の言い換え語例

外注 外部調達


アウトソーシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/16 02:48 UTC 版)

アウトソーシング英語: outsourcing)あるいは外部委託がいぶいたく)とは、従来は組織内部で行っていた、もしくは新規に必要なビジネスプロセスについて、それを独立した外部組織(子会社協力会社業務請負人材派遣会社)から労働サービスとして購入する契約である[1]。対義語は「インソーシング(内製)」。


  1. ^ Terms and Definitions”. ventureoutsource.com. 2007年10月5日閲覧。
  2. ^ Hira, Ron, and Anil Hira. Outsourcing America: What's behind Our National Crisis and How We Can Reclaim American Jobs? New York: AMACOM, 2008. Print # 67-96.
  3. ^ Davies, Paul. What's This India Business?: Offshoring, Outsourcing, and the Global Services Revolution. London: Nicholas Brealey International, 2004. Print.


「アウトソーシング」の続きの解説一覧

アウトソーシング

出典:『Wiktionary』 (2010/12/03 21:01 UTC 版)

アウト ソーシング

名詞

  1. 外部委託外部調達外注

語源



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アウトソーシング」の関連用語

アウトソーシングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アウトソーシングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2019 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2019 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2019 Active and Company Ltd. All rights reserved.
ISO用語辞典ISO用語辞典
2019 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシーISO用語辞典
日通総合研究所日通総合研究所
Copyright (c)2019 Nittsu Research Institute and Consulting,lnc.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアウトソーシングの記事を利用しております。
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2019 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2019 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアウトソーシング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアウトソーシング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS