御社とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > 御社の意味・解説 

御社

読み方:おんしゃ

御社とは相手会社である場合二人称として用いられる尊敬語表現会社対す敬称。あるいは神社対す敬称対義語としては一人称謙譲表現である「弊社」が挙げられる。

【御社の語源
御社という語は、「社」に丁寧表現接頭語である「御」を付け表現である。

「社」は「ある目的のために結成された組織」のこと、もしくは、単に「会社」の略である。

「御社」は話し言葉性格色濃くもっぱら電話打ち合わせといった口頭での会話において用いられる。電子メール等の書き言葉では「貴社」の語を用いた方が適切とされる標準的表現は「貴社」であるが、読みが「きしゃ」であり「帰社」や「記者」のような同音語が多いため、混乱避けるために話し言葉では「御社」が用いられる、という解釈一般的である。

【御社と貴社違い
御社と貴社は、「御社」が話し言葉的であり「貴社」が書き言葉的である、という(使いどころの)違いがある。意味やニュアンス違いは特になく、どちらも会社対す二人称という点で同義である。

【御社の使い方
・御社の経営理念感銘を受けまして志望いたしました
資料は御社のどちらの部署宛にお送りすればよいでしょうか
さきほど御社の営業部の三角さんという方からお電話頂いたようでして

【御社の関連用語】
「御社」のような敬称は、相手方組織種類に応じて切に選ぶべき、という見方もある。たとえば学校に対しては「御校」、銀行に対しては「御行」、官公庁に対しては「御庁」のような表現が用いられる。それぞれ書き言葉においては貴校」「貴行」「貴庁」が用いられ、使い分けられることになる。

御机下」は手紙添え脇付脇書きであって「御社」その他とは別種表現である。「御中」も同様である。

御舎」は宮殿を指す雅な表現であり「御殿」(ごてん)と同種の表現である。宿舎校舎対す敬称として用いられる場合あり得る

御局」も郵便局などに対す敬称として用いられる可能性はあるが一般的には「おつぼね(様)」と読まれる語彙である。

おん‐しゃ【御社】

相手敬ってその人属す会社などをいう語。書き言葉では「貴社」を使うのが普通。→貴社

[補説] 同音言葉多く紛らわしい「貴社」に代わり、主に話し言葉において使われ始めた。1990年代初めころからか。


御社

出典:『Wiktionary』 (2018/07/18 13:36 UTC 版)

代名詞

(おんしゃ)

  1. 会話語相手属す会社対す二人称尊敬語

類義語

関連語




御社と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「御社」の関連用語

御社のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



御社のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの御社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS