御とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接頭語 > の意味・解説 

【御

( 接頭 )
〔「おおみ(大御)」が「おおむ(おおん)」「おん」を経て「お」と転じてできた語〕
名詞に付く。
相手第三者対す敬意とともに相手のもの、相手に関するのであることを表す。 「あの方の-帽子」 「 -子様」
丁寧の意を表す。上品に表現ようとする気持ちをこめても用いる。 「 -」 「 -しるこ」 「 -値段
(「阿」「於」とも書く)女性の名前に付けて親愛感を添える。 「 -」 「 -富さん」
動詞連用形名詞に付く。
「なさる」「になる」「遊ばす」「くださる」「いただく」「だ」などの語を伴い、その動作の主に対す敬意を表す。 「 -いでなさる」 「 -世話になる」 「 -読みあそばす」 「 -書きくださる」 「 -越しいただく」 「社長が-呼びだ」
和らげ命令表現をつくる。目上には使わない。 「 -黙り」 「そう-し」 「早く-はいり」
「する」「いたす」などの語を伴って自分の側の動作について、動作の及ぶ相手対す敬意を表す。 「かばんを-持ちいたしましょう」 「御注文の品を-届け上がりました」 「先生を-呼びする」
形容詞形容動詞に付く。
丁寧・上品に表現する。 「 -暑うございます
相手第三者対す敬意を表す。 「さぞ-さびしいことでしたでしょう」 「 -きれいでいらっしゃる
尊敬表現裏返しにして)皮肉やからかい気持ちを表す。 「 -高くとまっている」 「とんだ-荷物をかかえこんだ」 「 -えら方」
謙遜卑下気持ちを表す。 「 -恥ずかしゅうございます」 「 -粗末でした」 → ご(御)

おお む おほ- 【御

( 接頭 )
おおん(御)

おお ん おほ- 【御・大御

( 接頭 )
〔「おおみ(大御)」の転。「おほむ」とも表記
神・天に関する語に付いて、高い敬意を表す。 「 -ぶく(大御服)」 「 -とき(御時)」
下にくる名詞が省かれて単独名詞のように用いられることがある。 「これもうちの-(=「御歌」ノ略)/大和 52」 「対の上の-(=「御香」ノ略)は三種ある中に源氏 梅枝」 〔「おおん」 「おん」は多く「御」と漢字で書かれ、「おおん」か「おん」かその読み方決定しがたい。しかし、中古の例は「おおん」と読むべきものといわれる

おん 【御】

( 接頭 )
〔「おおん」の転〕
名詞に(古くは、まれに用言にも)付いて、尊敬の意を添える。「お」よりあらたまった感じがある。 「 -身」 「 -礼」 「 -みずから」 「日比も-恋しく思ひ奉りつれど/発心 3
中古には、下にくる名詞を略して単独名詞のように用いることがある。 「ふみなど講ずるにも、源氏の君の御(=「御詩」ノ略)をば、講師もえ読みやらず/源氏 花宴」 〔は「御」と漢字表記され、「おん」と読まれることもあるが、中古このような例は「おおん」と読むべきであるといわれる

ぎょ 【御】

( 接頭 )
漢語に付く。
尊敬すべき人の行為事柄などを表す語に付いて、尊敬の意を表す。 「 -意」 「 -慶」
特に天皇またはこれに準ずる人の行為事柄持ち物などを表す語に付いて、尊敬の意を表す。 「 -感」 「 -製」 「 -物」
接尾
動作を表す漢語に付いて、それが天子またはそれに準ずる人の動作であることを表す。 「還-」 「出-」 「渡-」

【ぎょ】[漢字]

】 [音] ギョ
うお。さかな。 「魚介魚群魚鳥魚肉魚網魚類金魚香魚成魚鮮魚稚魚養魚
【御】 [音] ギョ ・ゴ
〔「馭」の書き換え字としても用いられる〕 馬・車馬を扱う。 「御者
支配する。 「御宇制御統御
〔「禦」に同じ〕 ふせぐ。 「防御
天子行為持ち物などであることを表す。 「御衣御感御璽御寝御製御題御物ぎよぶつ)((ごもつ))御名還御入御じゆぎよ)((にゆうぎよ))渡御崩御臨御供御くご)((くぎよ))
他人行為持ち物につけて敬意を表す。 「御意御忌ぎよき)((ごき))御慶ぎよけい)((ごけい))御作御前ごぜん)」
物事につけて丁寧の意を表す。 「《ゴ》御膳御飯御幣
こしもと女官。 「女御にようご)((によご))
【 馭 】 [音] ギョ
馬をあやつる。 「馭者駕馭がぎよ)」
使いこなす。 「統馭」 〔「御」とも書き換えられる〕
【漁】 [音] ギョ ・リョウ
をとる。すなどる。 「《ギョ漁火漁歌漁獲漁期漁礁漁場漁村漁夫漁労漁撈ぎよろう)」 「《リョウ禁漁大漁不漁」 〔「リョウ」は「猟」の字音との混同から生じた慣用読み
むさぼりあさる。 「漁色
【 禦 】 [音] ギョ
〔「御」に同じ〕 ふせぐ。 「強禦制禦防禦

【御】

( 名 )
〔「御前」の略か〕 婦人敬称。 「伊勢の-もかくこそありけめ/源氏 総角
( 接頭 )
主として漢語名詞などに付いて、尊敬の意を表す。 「 -意見尊重します」 「 -両親」 「 -家庭みなさま」 「 -本」 「 -殿」
動作を表す漢語に付く。
人の行為対す尊敬の意を表す。 「 -成人あかつきには」 「 -帰国なさる」 「 -説明くださる」
行為の及ぶ他人敬って自分行為へりくだっていう。 「 -案内申しあげる」 「 -招待いたします」 「 -紹介する」
漢語名詞に付いて、丁寧・上品にいう。 「 -飯」 「 -詠歌」 「 -馳走」 〔ただし、「ごもっとも」「ごゆっくり」「ごゆるりと」などのように和語に付く場合もある〕 → お(御)
接尾
人物を表す名詞に付いて、尊敬の意を添える。 「伯父-」 「てて-」 「めい-さま」

【ご】[漢字]

【五】 [音]
いつつ。一〇の半分。 「五官五行五穀五指五体五倫五輪五臓六腑ろつぷ)・四書五経
いつつめ。 「五月五更五黄ごおう)」
【互】 [音]
たがい。たがいに。かわるがわる。 「互角互恵互助互生互選交互相互
【午】 [音]
十二支第七。うま。 「午前午砲午夜正午端午子午線
【 伍 】 [音]
古代中国五戸一組みとした行上の単位また、軍隊編制上の五人一組みの最小単位〕 くみ。なかま。 「伍長伍伴什伍じゆうご)・卒伍隊伍落伍
数字「五」の大字金銭証書などに用いる。 「金伍万円
【 吾 】 [音]
われ。わが。 「吾人
「兄」「弟」などに冠して、親しみを表す。 「吾兄吾子
【呉】 [音]
【後】 [音] ゴ ・コウ
のち。あと。 「《ゴ》後刻後日死後先後戦後」 「《コウ後裔こうえい)・後悔後顧後輩後便後遺症
うしろ。 「《ゴ》背後」 「《コウ後衛後援後退後背後方
おくれる。おくらす。 「《ゴ》後家後妻」 「《コウ後進後続後発
【娯】 [音]
たのしむ。たのしみ。 「娯遊娯楽歓娯
【悟】 [音]
さとる。迷いがさめる。 「悟性悟入悔悟覚悟大悟
さとりが早い。 「穎悟えいご)」
【 梧 】 [音]
アオギリ。 「梧桐ごとう)・梧葉
アオギリで作った。 「梧下梧右
大きい。 「魁梧かいご)」
【御】
⇒ ぎょ〔御〕 [漢]
【期】
⇒ き〔期〕 [漢]
【碁】 [音]
ご。ごいし。 「碁会碁盤囲碁
【語】 [音] ゴ ・ギョ
かたる。話をする。つげる。 「語気語調偶語豪語私語独語大言壮語
ことば。言辞。 「語彙ごい)・語感語義語句語源語尾語法敬語言語げんご)((ごんご)・ (げんぎよ))口語国語古語熟語主語述語類語標準語
物語」の略。 「源語勢語平語
【誤】 [音]
あやまる。まちがえる。あやまり。 「誤解誤算誤写誤植誤診誤認誤謬ごびゆう)・誤報錯誤正誤
【護】 [音]
まもる。まもり。 「護衛護国護持護身護送愛護加護看護守護弁護保護擁護

【御

( 接頭 )
〔本来は神など霊威のあるものに対す畏敬の念を表した〕
主として和語名詞に付いて、それが神仏天皇貴人など、尊敬すべき人に属するものであることを示し敬意添える。お。 「神の-心」 「 -子」 「 -姿」
多く「深」と書く)主として和語名詞地名に付けて美しいとほめたたえたり語調を整えたりするのに用いられる。 「 -山」 「 -」 「 -」 「 -吉野

読み方:ぎょす

  1. 御。女子寝所にて寵幸すること。目下の者に通ずること。女子姦淫すること。
  2. 女を寝所にて寵好する事。目下の者に通ずる事。女子姦淫する事。
  3. 婦人閨房内で寵愛すること。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/12 06:45 UTC 版)

(お、おん、み、ご)は、日本語敬語を作る接頭辞である。仮名表記されることも多い。


  1. ^ a b 角田文衛『日本の女性名――歴史的展望』国書刊行会 2006(底本 教育社歴史新書 1980–1988 全3巻)


「御」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/03/11 03:05 UTC 版)

発音

動詞

御するギョする)

  1. 馬を馴らし、操る。
  2. あるものの行動などを制し、思い通りに動かす。
    しやすい
  3. 天子皇帝天皇の側に伺候する。

接頭辞

  1. (ゴ、ギョ)物や行動を表す漢語について、尊敬語形成する。
    御所御前御覧になる、御名御璽御物
  2. (お、おん、おおん)尊敬語美化語作る和語接頭辞「お」、「おん」、「おおん」に当てる
    御膳立ておぜんだて
  3. (ゴ)敬意相手方対象とする行為を表す語について、謙譲語形成する。
    案内する。

接尾辞

  1. (ゴ)和語接尾して尊敬語作る
    親御姉御

熟語

成句


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類

接頭語    御    

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「御」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||


9
100% |||||

10
100% |||||

御のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



御のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの御 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS