御とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接頭語 > の意味・解説 

お【御】

[接頭]《「おん(御)」の音変化で、中世以降成立

名詞に付く。

尊敬の意を表す。相手または第三者属するものに付いて、その所属所有者を敬う場合と、敬うべき人に対す自己のや行為に付いて、その対象を敬う場合とがある。「先生御話」「御手紙差し上げる」

㋑丁寧に、または上品に表現ようとする気持ちを表す。「御米

女性の名に付いて、尊敬親しみの意を表す。「御花さん」

動詞連用形に付く。

㋐その下に「になる」「なさる」「あそばす」「くださる」などの語を添えた形で、その動作主対す尊敬の意を表す。「御連れになる」「御書きなさる」「御読みあそばす」「御話しくださる」

㋑その下に「する」「いたします」「もうしあげる」などの語を添えた形で、謙譲の意を表し、その動作の及ぶ相手を敬う。「御連れする」「御書いたします」「御話しもうしあげる」

㋒その下に「いただく」「ねがう」などの語を添えた形で、相手にあることをしてもらうことをへりくだって言う。「御買い上げいただく」「御引き取りねがう」

動詞連用形に付いて、軽い命令を表す。「用がすんだら早く御帰り」「御だまり」

動詞連用形形容動詞語幹に付いて、その下に「さま」「さん」を添えた形で、相手対す同情ねぎらいなぐさめ気持ちを表す。「御疲れさん」「御待ち遠さま」「御気の毒さま

形容詞形容動詞に付く。

尊敬の意を表す。「御美しい」「御元気ですか

㋑丁寧、または上品に表現ようとする気持ちを表す。「御寒ございます」「御りこうにしていなさい」

謙譲または卑下の意を表す。「御恥ずかしいことです」

からかい、皮肉、自嘲(じちょう)などの気持ちを表す。「御高くとまっている」「御熱い仲」

[用法] お・ご——「お(おん・おおん)」は和語であるからお父さん」「お早く」のように和語付き、「ご(ぎょ)」は「御」の漢字音からできた接頭語であるから「ご父君」「ご無沙汰」のように漢語漢字音語)に付くのが一般的である。◇話し言葉での敬語表現にも多用され、漢語意識薄れた語では、「お+漢語漢字音語)」も少なくないお客お札(さつ)、お産お酌お膳お宅お茶お得です、どうぞお楽にお礼お椀お菓子お勘定お行儀お稽古(けいこ)、お化粧お元気、お時間お七夜お邪魔お正月お食事お歳暮お餞別(せんべつ)、お達者、お知恵お銚子お天気お電話、お徳用お弁当、お帽子お役所お歴々など。◇「ご+和語」は数少ないが、「ごもっとも」「ごゆっくり」「ごゆるり」など多少改まった言い方登場する。◇「—返事」「—相伴」「—丈夫」など、「お」「ご」両方が付くものもあるが、「ご」は多少改まった表現書き言葉表現である。◇「おビールのような例外はあるが、「お」「ご」ともに、ふつう外来語には付かない


おん【御】

[接頭]《「おおん」の音変化名詞に付いて、尊敬相手への尊敬を含む)の意を表す。「お」よりも敬意強く、やや改まった場合用いられる。「御身」「御礼

[補説] 中古の「御」は「おおん」と読むのが妥当とされる。中世ごろには「御所ざまの御やうも御(おん)ゆかしくて」〈とはずがたり・五〉のように形容詞(さらに形容動詞など)に付くこともあった。→おおん


ぎょ【御】

常用漢字] [音]ギョ(漢) (呉) [訓]おん お み

[一]ギョ

(「馭」と通用)馬を手なずけて操る。「御者

扱いくいものをうまくならす。コントロールする。「制御

人民をならして治める。「御宇統御

(「禦」と通用)ふせぐ。「防御

そば近く仕える人。「侍御

天子行為持ち物敬意を表す語。「御衣御苑御璽御製御物還御出御渡御崩御

動作持ち物尊敬・丁寧などの意を表す語。「御意御慶

[二]〈ゴ〉

[一]5に同じ。「女御(にょうご)」

[一]6に同じ。「御所御前御殿(ごてん)」

[一]7に同じ。「御供(ごくう)・御飯

[三]〈おん〉「御大御中(おんちゅう)・御身(おんみ)・御曹司(おんぞうし)」

[四]〈お〉「御陰御家芸御世辞

[五]〈み〉「御子御仏(みほとけ)・御台所大御神

名のり]おき・おや・のり・みつ

難読御侠(おきゃん)・御点前(おてまえ)・御披露目(おひろめ)・御虎子(おまる)・御座(おわ)す・御稜威(みいつ)・御輿(みこし)・御簾(みす)・御手洗(みたらし)


ぎょ【御】

[接頭]

天子帝王に関係ある事物を表す名詞に付いて、尊敬の意を表す。「御物」「御製

尊敬すべき人の行為持ち物に付いて、尊敬の意を表す。「御意」「御慶


ご【御】

⇒ぎょ


ご【御】

【一】[名]

《「御前(ごぜん)」の略か》貴婦人に付け敬称格助詞「の」を介して呼び名に付ける。

伊勢の—もかくこそありけめと」〈源・総角

(「御達(ごたち)」の形で)婦人上級女房敬称

「故后(きさい)の宮の—達、市に出でたる日に」〈大和・一〇三〉

【二】[接頭]主として漢語名詞に付く。まれに和語に付いても用いられる。

他人行為持ち物などを表す語に付いて、その人対す尊敬の意を表す。「ご覧」「御殿」「ご出勤」「ご馳走」「ご両親

他人に対す行為を表す語に付いて、その行為の及ぶ相手対す敬意を表す。「ご先導申し上げる」「ごあいさつにうかがう」「ご案内いたします

ものの名に付いて、丁寧の意を表す。「御飯」「御膳

【三】接尾人を表す語に付いて、軽い敬意を表す。「親御」「殿御

→御(お)[用法]


み【御】

[接頭]

主として和語名詞に付いて、それが神仏天皇貴人など、尊敬すべき人に属するものであることを示し尊敬の意を添える。「御子」「御心」「御手

(「美」「深」とも書く)主として和語名詞地名に付いて、褒めたたえたり語調ととのえたりするのに用いる。「御山」「御雪」「御吉野


おお‐む〔おほ‐〕【御/大御】

[接頭]⇒おおん


おお‐ん〔おほ‐〕【御/御】

[接頭]《「おおみ(大御)」の音変化。「おほむ」とも表記

神仏天皇貴族に関する語に付いて、高い尊敬の意を表す。

主体自身所有の主を敬う場合。「—かみ(大御神)」「—ぞ(御衣)」

貴人に向かってする行為について、物や行為を受ける対象を敬う場合。敬うべきお方への…の意。

「(源氏ガ)召せば、(預リノ子ガ)—答へして起きたれば」〈源・夕顔

下に来る名詞が省かれて単独名詞のように使われることがある

「対の上の—(=薫物(たきもの))は、三種ある中に梅花はなやかに今めかしう」〈源・梅枝

[補説] 中古仮名文学では、多く漢字で「御」と記されるため、「おおん」か「おん」「お」か、読み方が決めにくいが、少数仮名書き例からみて「おん」の発生中古後期からと考えられ、中古中期までの「御」は「おおん」と読むのが妥当であるとされる。


お【御】

〔接頭〕

体言(まれに用言の上に付いて、尊敬の意を表わす。現在では、相手対す敬意とともに、それが相手のもの、相手に関するのであることを示す。「お手紙拝見する」など。「お前」「お坐(まし)」「お許(もと)」→おん・み。

二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「阿郎(あなた)々々。お風を引きますよ」

② (①の変化したもの体言の上に付いて、尊重、丁寧の意を表わす。現在では、語感和らげて上品に表現ようとする気持をこめても用いる。

正法眼蔵123153)示庫院文「いはゆる粥をば、御粥とまをすべし」

滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「お茶支度をさっせへよ」

女性名まえ男性場合童名の上に付けて尊敬親愛気持などを表わす中世以後用法。「おきく」「お千代」など。

太平記14C後)二二「菊亭殿に、御(ヲ)妻(さい)とて、〈略〉なまめきたる女房ありけり

④ (動詞連用形伴い、その下に「遊ばす」「ある」「なさる」「なる」「になる」「やす」「やる」などを添えた形で) その動作の主を敬っていう尊敬表現となる。→お(御)…遊ばす・お(御)…ある・お(御)…なさる・お(御)…になる・お(御)…やす・お(御)…やる。

(5) (「お…なさい」の省略形) 動詞連用形の上に付いて、目下の者に対する軽い命令表わす

洒落本郭中奇譚(1769)船窓笑語「その盃づっとこれこふおまはし」

(6)動詞連用形伴い、その下に「する」「申す」などを添えた形で) 自分動作の及ぶ相手を敬う謙譲表現となる。→お(御)…する・お(御)…申す。

(7) 形容詞形容動詞などの上に付ける。

(イ) (相手第三者属性、状態を表わすに付けてその人対す敬意同情などを表わす現代では主に女性用いる。

とはずがたり14C前)一「御いたはしければ、御つかひな給そと申たれば」

滑稽本浮世風呂(1809‐13)二「ゆふべはおねむかったらうね」

(ロ) (自分心情表わすに付けて謙譲卑下の意を表わす

古活字本毛詩抄(17C前)一「男は祝着に候など云へば、女はをうれしう候など云と同事ぞ」

(ハ) ある状態を丁寧に表わす。「今日お寒いですね」

(ニ) (形容動詞語幹動詞連用形伴い、その下に「さま」を添えた形で) 相手対す同情慰め気持表わす尊敬表現となる。「お気の毒さま」「お疲れさま」など。

(ホ) (名詞形容詞、また形容動詞などの上に付けてからかい、皮肉、または自嘲気持表わす。「お熱い仲」「お粗末でした」「お寒い限りだ」

[語誌](1)接頭語ミ(御)に、さらに敬意加えたオホミ(大御)が語尾母音落としてオホムからオホンとなり、さらにオヲン、オオンオン経て、オを生じたものと思われる
(2)このオは、中古和文にはオマシ御座)、オモト御許)、オモノ御膳)、オムロ御室)など、頭子音マ行音である語に冠して現われるが、その他の語に用いられるのは、中世室町時代以後のことと見られる。もともとは体言に付くが、(6)(7)のように中世以後には動詞形容詞などに付く例も現われる


おお‐む おほ‥ 【御】

〔接頭〕 ⇒おおん(御)


おお‐ん おほ‥ 【御・大御・大】

〔接頭〕 (「おおみ(おほみ=大御)」の変化したもの。「おほむ」とも表記

体言の上に付いて尊敬の意を表わす

古今(905‐914)秋上二四八詞書「おほむものがたりついでに

② 下に来るべき体言省略されて単独名詞的に用いる。

大和(947‐957頃)四二「ゑしうといふ法師の、ある人のおほむつかうまつりけるほどに

[語誌](1)中古、「おほみ」から「おほん」が生じ両者併用されるが、「おほみ」は和歌関係で使われることが多い。
(2)「おん」は院政期見えはじめるので、中古作品における「御」は「おおん」と読んでいたと思われる院政期以降の「御」の例は、「おおん」か「おん」か決定できないが、「おおん」は同種の語である「おん」「お」「み」とくらべて、一層高い敬意表わすのが普通。


おん【御】

〔接頭〕 (「おおん」の略。「おむ」とも書く)

体言(まれに用言の上付き尊敬の意を表わす。「おん身」「おん方々」

源氏100114頃)横笛おほやけの御近きまもりを、わたくしの随身に領ぜむと争ひ給ふよ」

発心集(1216頃か)三「日比も御恋し思ひ奉りつれど」

② (下に来るべき体言省略して) 「おん」だけで名詞的に用いる。平安時代用法

宇津保(970‐999頃)俊蔭「野山わけても御をばつかうまつらん。これ御たからとなり給はんともしらず」

[語誌](1)中古における「おほ(お)ん」が院政期ごろ音韻変化したもの考えられ、中古の例は「おおん」と読むべきだともいわれている。多く字訓語に付くが、「おん曹司」「おん博士」「おん礼」など字音語冠する例も見られる。「ロドリゲス日本大文典」では、「おん」「お」「み」は字訓語、「ゴ」「ギョ」は字音語冠するとしているが、キリシタン資料国内資料でも通則に合わない例が相当数確認される。また、同じ訓の「み」とは、かなり厳密な使い分けがされている。
(2)「おん」は次第に「お」に変化していくが、狂言浄瑠璃などには「おん」の形がのこる。現代語においては「おビール」「おリボン」など外来語冠する例は「お」の形のみであまり多くはみられないが、キリシタン資料では、「おんクルス十字架)」「おんアニマ(魂)」「おんオラショ(経)」など外来語冠する例もある。→「おおん(御)」の語誌


ぎょ【御・馭】

1 〔名〕

① 馬を乗りこなすこと。乗馬術。

論語徴(1737)九「是古者御為子弟之職」〔周礼地官大司徒

② 馬や車をあつかって走らせる人。御者

太平記14C後)一三穆王是を愛して造父(ざうほ)をして御(ギョ)たらしめて」〔春秋左伝成公一六年〕

貴人などのそばにあること。そば近く仕えること。

蕉堅藁(1403)題玉畹外史扇「繊絺斁矣、功裘在御」〔詩経‐鄭風〕

2 〔接頭〕 漢語体言の上に付いて、尊敬の意を表わす

① 特に、天子帝王行為持物表わす名詞の上に付けて用いる。「御衣」「御製」「御題」「御物

一般に、尊敬すべき人の行為持物表わす名詞の上に付けていう。「御意」「御慶」「御出

3接尾動作表わす漢語付き、その動作が、天子またはこれに準ずる人のものであることを示す。「還御」「出御」「渡御」など。

[語誌](1)漢籍における「御」は種々の意味用法を持つが、日本では敬語係わるものが主として受け入れられた。
(2)(二)用法は「御」に天下統御する人を指す用法があり、それが名詞また動詞に冠されたところから生じたもの。したがって、①のような天子諸侯に関する事物に冠されるのを本来の用法とする。
(3)(三)用法また、天子移動存在を意味する動詞用法から派生したもので、多く移動の意を表わす漢語に付く。


ぎょ‐・す【御】

自他サ変〕 ⇒ぎょする(御)


ご【御】

1 〔名〕

① (「御前(ごぜん)」の略か。婦人称呼の下に助詞「の」を介して付ける) 婦人対す敬称平安時代以降に、宮仕え女房たちに対して同僚などから用いられることが多い。

土左(935頃)承平五年二月七日淡路のごの歌におとれり」

宇津保(970‐999頃)祭の使「とのもりのごを家にむかへて」

② 「ごたち」の形で、婦人上級女房敬称

宇津保(970‐999頃)俊蔭「うちに、ごたち、うなゐども、襲(かさね)の裳、唐衣汗衫(かざみ)ども着て」

2 〔接頭〕 主として漢語名詞の上に付いて、尊敬の意を表わす。まれに和語に付くこともある。

他人行為持物などを表わす語に付いて、それをする人、それを持つ人に対して尊敬の意を加える。「御免」「御殿」「御本」「御家族」「御成功」「御沙汰」など。

*竹取(9C末‐10C初)「ふとみゆきして御覧ぜんに」

信心録(ヒイデスの導師)(1592)二「Christam ノ go(ゴ) ヲキテ」

他人に対す行為表わす漢語名詞の上に付けて、その行為の及ぶ相手を敬う。「御説明ましょう」「御案内いたします」など。

ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「ハバカリ ナガラ goiquen(ゴイケン) マウシタイ コトガ アル

ものの名に付けて丁寧にいう。「御酒」「御膳」「御飯」「御幣」など。

3接尾〕 (「御前」の略されたかたち) 人物表わす名詞に付いて、軽い敬意添える。

太平記14C後)一一母御(ゴ)いづくへ行き給ふぞ」


み【御・美・深】

〔接頭〕

名詞の上に付いて、それが神仏天皇貴人など尊敬すべき人に属するものであることを示し敬意添える。「みけ(御食)」「みあかし御明)」「みかき(御垣)」「みこ(御子)」「みいくさ御軍)」「みぐし(御髪)」「みもと(御許)」「みまし(御座)」など。

古事記(712)上・歌謡「ぬばたまの黒き美(ミ)けしを」

(10C終)九四「上の御つぼねのみ簾の前にて」

② (「美」「深」とも) 名詞、または地名に付けて美称として用いる。「み空」「み山」「み」「み籠」「み吉野」など。

[語誌](1)本来は霊威あるものに対す畏敬を表わした。霊物属するものだけでなく、霊物そのものにも冠する。「みかみ(御神)」「みほとけ御仏)」など。「みき(神酒)」「みち(道)」「みや(宮)」などの「み」も本来はこれである。
(2)上代尊敬接頭辞としては「み」のほかに「おほみ」がある。「み」にさらに美称の「おほ」を加え敬意の高さを強調したと考えられる。→おおみ(大御)。
(3)中古では、「おほむ」が多くの語につくのに対し、「み」がつくのは、宮廷殿舎調度仏教神祇関係の語である。→おおん(御)


ぎょ‐・する【御・馭】

1 〔自サ変〕 [文]ぎょ・す 〔自サ変

天皇などがおでましになる。出御する。

古事記(712)「紫宸に御して徳は馬の蹄(つめ)の極まる所に被(かがふ)らしめ」

貴人のそば近く仕える。侍(はべ)る。

2 〔他サ変〕 [文]ぎょ・す 〔他サ変

① (「馭」とも書く) 馬や乗物などをあやつる。

塵袋(1264‐88頃)一〇「御はかならずかしつく詞歟。車を御(キ)すなと云ふ如何

② (「馭」とも書く) 他を意のままにする。統治する。

古活字本毛詩抄(17C前)三「衆を御する道を俊の大夫に告と云心ぞ」

天皇などがご使用になる。

史記抄(1477)五「衣服を身にきるをも、御すると云ぞ。飲食口に入るをも、御と云ぞ」

寝所はべらせる

史記抄(1477)五「妃妾の接於寝とて、御手のかかるをも御すると云ぞ」


読み方:ぎょす

  1. 御。女子寝所にて寵幸すること。目下の者に通ずること。女子姦淫すること。
  2. 女を寝所にて寵好する事。目下の者に通ずる事。女子姦淫する事。
  3. 婦人閨房内で寵愛すること。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 19:26 UTC 版)

(お、おん、み、ご)は、日本語敬語を作る接頭辞である。仮名表記されることも多い。


  1. ^ a b 角田文衛『日本の女性名――歴史的展望』国書刊行会 2006(底本 教育社歴史新書 1980–1988 全3巻)


「御」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/07 22:18 UTC 版)

発音

動詞

御するギョする)

  1. 馬を馴らし操る
  2. あるものの行動などを制し、思い通りに動かす。
  3. 天子皇帝天皇の側に伺候する。

接頭辞

  1. (ゴ、ギョ)物や行動を表す漢語について、尊敬語形成する。
  2. (お、おん、おおん)尊敬語美化語作る和語接頭辞「お」、「おん」、「おおん」に当てる
    • ぜん
  3. (ゴ)敬意相手方対象とする行為を表す語について、謙譲語形成する。
  4. 「み」で作る語は、特に天皇に関するものが多い。
    1. 御門みかど): 天子
    2. 御子(みこ): 皇子
    3. 姫御子ひめみこ):皇女
    4. 御屋(みや)
    5. 御幸行幸みゆき):御幸(ごこう)は別語
    6. 御言宣、みことのり
    7. 御墓みはか):みささぎ)に同じ

接尾辞

  1. (ゴ)和語接尾して尊敬語作る

熟語

成句


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類

接頭語    御    

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「御」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||


9
100% |||||

10
100% |||||

御のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



御のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの御 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS