女御とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 女御 > 女御の意味・解説 

にょう‐ご【女御】

後宮(こうきゅう)に入り天皇寝所に侍した高位女官皇后中宮に次ぎ、更衣の上に位した。主に摂関の娘がなり、平安中期以後皇后立てられる者も出た。にょご。

「いづれの御時にか、—、更衣あまたさぶらひ給ひけるなかに」〈源・桐壺

上皇皇太子の妃。

三条の院の東宮にておはしましし折の—にて」〈大鏡・師尹〉


にょ‐ご【女御】

にょうご(女御)


女御

読み方:ニョゴ(nyogo)

中宮次に位し、天皇寝所に侍した高位女官


女御

読み方:ニョウゴ(nyougo)

天皇キサキの称。


女御

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/25 10:26 UTC 版)

女御(にょうご)は、天皇後宮身位の一つで、天皇の寝所に侍した。官名は中国周代の官制を記した『周礼』に由来し、位は皇后中宮に次ぐ。また、女御のうち、女性皇族たる女王が女御となった場合の呼称を王女御という[1]


  1. ^ 和田英松所功校訂『新訂 官職要解』(講談社2006年) 220頁参照。


「女御」の続きの解説一覧

女御

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 14:08 UTC 版)

名詞

にょうご

  1. 天皇のひとつ。中宮更衣



女御と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「女御」の関連用語

女御のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



女御のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの女御 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの女御 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS