上皇とは?

じょう‐こう〔ジヤウクワウ〕【上皇】

天皇が位を退いてからの尊称太上(だいじょう)天皇下居(おりい)の帝(みかど)。

明仁天皇退位後の称号天皇の退位等に関する皇室典範特例法平成29年6月成立)により規定


じょう‐こう ジャウクヮウ 【上皇】

〔名〕 (古くは「しょうこう」) 天皇皇帝がその位を譲ったのちに尊号奉献により受ける尊称太上天皇

廬山寺文書天祿三年972五月三日天台座主良源遺告「上皇御宇之日、奏聞事由、賜官省符於国」〔李白‐上皇西巡南京歌〕


上皇

読み方:ジョウコウ(joukou)

譲位した天皇の称。

別名 おりゐのみかど、もとのうへ、むなしきふね、院、仙院仙洞


上皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/25 03:43 UTC 版)

上皇(じょうこう)は、東アジアにおいて、退位した皇帝または天皇を指す語。




「上皇」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「上皇」の関連用語

上皇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



上皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの上皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS