階級とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 身分 > 階級 > 階級の意味・解説 

かい‐きゅう〔‐キフ〕【階級】


【階級】(かいきゅう)

grade / class.

命令系統職責などの関係から人間を等級付けし、差別する事。
誰がに対して何の目的で命令して良いのかという「職権」を定めるために用いられる

人間がある階級に属する時、その階級に対して求められる責任を果たす能力があるものと期待される
一般に階級が高いほど重大な責任能力要求されるため、階級が高いほど労働報酬高額になる

実際に仕事を行う上で命令系統については、混乱避けるために別途規範定められる
例えば、階級が高いからといって陸軍将校海軍部隊命令を下すことは越権行為であり、罰せられる
しかし、想定外状況や、単に規範忘れ去られ場合には最も高い階級の者が仮に指揮権を得る。

というのが原則だが、実態として、不当に濫用されない職権はない。
階級差による意思疎通阻害心理的摩擦や「不当な差別」はどのような社会でも広汎見られる

軍人の階級

軍隊極めて厳密な階級組織であり、階級制度なくしては成立しない

各国それぞれの事情伝統から独特の階級制度定めているが、国際的には以下のような分類為されている。

各軍の階級呼称

ここではアメリカ軍NATO加盟各国共通の階級コード大日本帝国陸海軍及び自衛隊における階級のおおむね対比を示す

階級呼称アメリカ軍NATO階級コード大日本帝国軍陸上自衛隊海上自衛隊航空自衛隊
士官元帥OF-10元帥大将(該当なし)
将官大将OF-9大将陸将(甲)海将(甲)空将(甲)
中将OF-8中将陸将(乙)海将(乙)空将(乙)
少将OF-7少将陸将補海将補空将補
准将OF-6(該当なし)一等陸佐一等海佐一等空佐
佐官大佐OF-5大佐
中佐OF-4中佐二等陸佐二等海佐二等空佐
少佐OF-3少佐三等陸佐三等海佐三等空佐
尉官大尉OF-2大尉一等陸尉一等海尉一等空尉
中尉OF-1中尉二等陸尉二等海尉二等空尉
少尉少尉三等陸尉三等海尉三等空尉
准士官5等准尉WO-5(該当なし)
4等准尉WO-4
3等准尉WO-3
2等准尉WO-2
1等准尉WO-1
下士官最先上級曹長OR-9准尉/兵曹長准陸尉准海尉准空尉
部隊最先上級曹長
上級曹長
一等曹長OR-8(該当なし)陸曹長海曹長空曹長
曹長
一等軍曹OR-7曹長/上等兵曹一等陸曹一等海曹一等空曹
二等軍曹OR-6軍曹/一等兵曹二等陸曹二等海曹二等空曹
三等軍曹OR-5伍長/二等兵曹三等陸曹三等海曹三等空曹
伍長OR-4兵長/水兵長陸士長海士長空士長
特技兵
兵卒上等兵OR-3上等兵/上等水兵一等陸士一等海士一等空士
一等兵OR-2一等兵/一等水兵二等陸士二等海士二等空士
二等兵OR-1二等兵/二等水兵該当なし
 

階級

資料分類するためにいくつかの幅の等し区間分けたものを階級という。

下の度数分布表では「4050」,「5060」等のことで、また「4060」は40[数式]50のことである。

[度数分布表]
参考

階級

作者井上光晴

収載図書昭和文学全集 22
出版社小学館
刊行年月1988.7


階級

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/04 22:15 UTC 版)

階級(かいきゅう)




「階級」の続きの解説一覧

階級(クラス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/26 14:11 UTC 版)

勇者と魔王のバトルはリビングで」の記事における「階級(クラス)」の解説

ツッコミ役(ライトニングブレイブ) 所持者倉橋和希 任意発動敏捷性上昇する戦闘時全能力を大幅に上昇する色ボケ勇者(ブレイブオブルナライト) 所持者倉橋和希 任意発動全能力を上昇する戦闘時追加上昇する保有する魔力量に比例する)。 夢見がち王女(ナイトメアプリンセス) 所持者リアーナ・イルム・ルアリア 精神系魔術の使用可能にする精神威圧(中)する。 不滅の純情姫(プリンセスオブホワイトナイト) 所持者リアーナ・イルム・ルアリア 特殊系以外の魔術の使用可能にする戦闘時補助魔術永続させる。 目立ちすぎ影姫(プリンセスオブグローリー) 所持者三峰紅音 全能力を上昇する状態異常無効にする。光系と炎系と幻系の魔術効果上昇する永久なる愛憎化身ハイ・エンチャンター所持者倉橋希 所有した武器に、自身の魔術能力上乗せする道具への魔術効果付与可能にする。(効果時間永続) 微ツンデレ(ノーザンウルフ) 所持者フェル系の魔術効果上昇する氷耐性を持つ。 ラテン気質(サザンウルフ) 所持者リル 炎系と強化系魔術効果上昇する炎熱耐性を持つ。

※この「階級(クラス)」の解説は、「勇者と魔王のバトルはリビングで」の解説の一部です。
「階級(クラス)」を含む「勇者と魔王のバトルはリビングで」の記事については、「勇者と魔王のバトルはリビングで」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「階級」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

階級

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:17 UTC 版)

名詞

かいきゅう

  1. 社会での地位身分職制俸給などの順位
  2. 地位身分財産などにおける位置付け同じ人間集団
  3. 統計学度数分布定め範囲
  4. マルクス・レーニン主義一定の社会経済構造の中で異なる地位有る社会集団

発音(?)

  • カ↗イキュー

類義語


「階級」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



階級と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「階級」の関連用語

階級のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



階級のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2022 数理検定協会 All Rights Reserved.
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの階級 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの勇者と魔王のバトルはリビングで (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの階級 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS