阻害とは? わかりやすく解説

そ‐がい【阻害/阻×礙/阻×碍】

読み方:そがい

[名](スル)さまたげること。じゃますること。「生育を―する」


阻害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 06:59 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「阻害」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「阻害」を含むページの一覧/「阻害」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「阻害」が役に立つかも知れません。

関連項目



阻害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 15:02 UTC 版)

カスパーゼ-1」の記事における「阻害」の解説

CARD only proteinCOP)はその名が示す通りCARDドメインのみを持ち触媒活性持たないタンパク質である。インフラマソーム形成にはCARD-CARD間相互作用重要であるため、多くのCOPカスパーゼ活性化阻害因子として機能することが知られているカスパーゼ-1の場合、特異的COPICEBERGCOP1英語版)(ICE/Pseudo-ICE)、INCA(Inhibitory Card))遺伝子全てカスパーゼ-1コードするCASP1遺伝子座近傍位置し遺伝子重複その後触媒ドメイン欠失によって生じたものである考えられている。これらは全てCARD-CARD間相互作用によってインフラマソーム相互作用するが、これらが阻害機能発揮する機構や阻害の効率性それぞれ異なる。 例えば、ICEBERGカスパーゼ-1フィラメント形成となり、フィラメントに取込まれるが、インフラマソーム活性化阻害する能力持っていないカスパーゼ-1他の重要なCARD含有タンパク質との相互作用阻害することでカスパーゼ-1活性化抑制する考えられている。 一方INCAは、カスパーゼ-1CARDドメインオリゴマーキャップをし、インフラマソームフィラメントへのさらなる多量体化を防ぐことでインフラマソーム組み立て直接阻害する同様に一部POP(Pyrin only protein)も、インフラマソーム形成関与するPyrinドメイン相互作用遮断することでインフラマソーム活性化阻害しカスパーゼ-1活性化調節することが知られているが、その正確な機構解明されていない阻害剤 ベルナカサン(英語版) (VX-765) プラルナカサン (VX-740)

※この「阻害」の解説は、「カスパーゼ-1」の解説の一部です。
「阻害」を含む「カスパーゼ-1」の記事については、「カスパーゼ-1」の概要を参照ください。


阻害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/30 04:28 UTC 版)

URAT1」の記事における「阻害」の解説

レシヌラド(Lesinurad )は、痛風治療承認されている尿酸トランスポーター阻害剤 。レシヌラドは尿細管での尿酸再吸収抑制することにより尿酸排泄促進するプロベネシド尿酸分泌促進する

※この「阻害」の解説は、「URAT1」の解説の一部です。
「阻害」を含む「URAT1」の記事については、「URAT1」の概要を参照ください。


阻害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 14:49 UTC 版)

カスパーゼ-3」の記事における「阻害」の解説

カスパーゼ阻害する方法1つは、cIAP1(英語版)、cIAP2(英語版)、XIAP、ML-IAP(英語版)を含むアポトーシス阻害因子英語版を介して行われるXIAPは、カスパーゼ-3活性化直接関係しているカスパーゼ-9結合して阻害を行う。しかしカスパーゼカスケード中では、カスパーゼ3カスパーゼ-9特定の部位切断することで、XIAPによるカスパーゼ-9への活性阻害のための結合防ぎXIAP活性阻害するマンゴスチンGarcinia mangostana)のエキスは、アミロイドβ処理されヒト神経細胞カスパーゼ-3活性化阻害することが示されている。

※この「阻害」の解説は、「カスパーゼ-3」の解説の一部です。
「阻害」を含む「カスパーゼ-3」の記事については、「カスパーゼ-3」の概要を参照ください。


阻害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/11 13:56 UTC 版)

インフラマソーム」の記事における「阻害」の解説

NLRP3阻害剤開発進行しており、ダパンストリル(英語版)、ジアリールスルホニルウレアMCC-950などが開発されている。

※この「阻害」の解説は、「インフラマソーム」の解説の一部です。
「阻害」を含む「インフラマソーム」の記事については、「インフラマソーム」の概要を参照ください。


阻害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/31 14:54 UTC 版)

細胞膜ナノチューブ」の記事における「阻害」の解説

Streamer呼ばれるTNT構造は、F-アクチン重合化合物であるサイトカラシンD英語版存在下で培養されたときには形成されず、また他の研究ではサイトカラシンB英語版)は既存TNT破壊することなくTNT形成影響を与えること示されている。他のF-アクチン重合化合物であるラトランクリンB(英語版)は、TNT形成完全に防ぐことが示されている。アストロサイトによるミトコンドリア移行への関与示唆されているCD38(英語版)をノックダウンすることで、TNT形成大きく減少する。 TNFAIP2はM-Secとも呼ばれTNT形成媒介することが知られている。このタンパク質shRNAノックダウンすることにより、上皮細胞におけるTNT発生は約1/3に減少する

※この「阻害」の解説は、「細胞膜ナノチューブ」の解説の一部です。
「阻害」を含む「細胞膜ナノチューブ」の記事については、「細胞膜ナノチューブ」の概要を参照ください。


阻害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/28 03:54 UTC 版)

プロテインジスルフィドイソメラーゼ」の記事における「阻害」の解説

PDI多数疾患関与しているため、PDI低分子阻害剤開発されている。こうした分子PDI活性部位不可逆的または可逆的に標的化する。 PDI活性赤ワイングレープジュースによって阻害されることが示されており、フレンチパラドックス説明となる可能性がある

※この「阻害」の解説は、「プロテインジスルフィドイソメラーゼ」の解説の一部です。
「阻害」を含む「プロテインジスルフィドイソメラーゼ」の記事については、「プロテインジスルフィドイソメラーゼ」の概要を参照ください。


阻害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/23 02:25 UTC 版)

TOP1」の記事における「阻害」の解説

詳細は「トポイソメラーゼ阻害剤英語版)」を参照 切断され一本鎖DNA3'末端に対しTOP1一過的に共有結合的に結合した構造は、TOP1-DNA cleavage complex(TOP1cc)と呼ばれる。TOP1ccはTOP1阻害剤特異的標的である。TOP1標的とすることが最初に示された阻害剤1つが、イリノテカンである。イリノテカンは、細胞毒性を持つ天然アルカロイドであるカンプトテシンアナログである。カンプトテシンカンレンボクCamptotheca acuminataから得られるイリノテカンはその代謝産物であるSN-38を介して特に有効性を示すイリノテカンSN-38はTOP1ccの一部+1位のDNA配列グアニンである複合体捕捉することで作用するイリノテカンまたはSN-38は、トポイソメラーゼによって誘導され切断部位隣接する塩基対に対してスタッキングし、TOP1酵素不活性化する

※この「阻害」の解説は、「TOP1」の解説の一部です。
「阻害」を含む「TOP1」の記事については、「TOP1」の概要を参照ください。


阻害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/09 00:29 UTC 版)

ホスホピルビン酸ヒドラターゼ」の記事における「阻害」の解説

ホスホピルビン酸ヒドラターゼフッ素によって阻害される。

※この「阻害」の解説は、「ホスホピルビン酸ヒドラターゼ」の解説の一部です。
「阻害」を含む「ホスホピルビン酸ヒドラターゼ」の記事については、「ホスホピルビン酸ヒドラターゼ」の概要を参照ください。


阻害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/06 08:07 UTC 版)

クエン酸シンターゼ」の記事における「阻害」の解説

高濃度ATPアセチルCoANADH存在すると、エネルギー供給細胞にとって高すぎるため、この酵素は、ATP:ADPアセチルCoA:CoANADH:NADが高い比率になると阻害される。また、スクシニルCoAクエン酸によって生成物阻害が起こる。アセチルCoAアナログによるクエン酸シンターゼの阻害は、良く研究されており、単一の活性中心存在する証明するために重要な役割果たしたこれらの実験により、この活性中心2つの形をとり、それぞれリガーゼヒドロラーゼ活性関与することを明らかとした。このタンパク質は、アロステリック制御のモデルとしても用いられる

※この「阻害」の解説は、「クエン酸シンターゼ」の解説の一部です。
「阻害」を含む「クエン酸シンターゼ」の記事については、「クエン酸シンターゼ」の概要を参照ください。


阻害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/03 22:31 UTC 版)

NADPHオキシダーゼ」の記事における「阻害」の解説

NADPHオキシダーゼアポシニンDPI(diphenylene iodonium)で阻害される。アポシニンNADPHオキシダーゼサブユニットの集合妨げる。マウスin vivo研究により、アポシニンによるNADPHオキシダーゼの阻害は、インフルエンザ肺炎軽減することが示された

※この「阻害」の解説は、「NADPHオキシダーゼ」の解説の一部です。
「阻害」を含む「NADPHオキシダーゼ」の記事については、「NADPHオキシダーゼ」の概要を参照ください。


阻害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 02:43 UTC 版)

XIAP」の記事における「阻害」の解説

XIAPDIABLO英語版)(Smac)とHTRA2(英語版)(Omi)によって阻害される。この2つ細胞死シグナル伝達タンパク質ミトコンドリアから細胞質放出されるXIAP負の調節因子であるミトコンドリアタンパク質Smac/DIABLOは、XIAP結合してXIAPカスパーゼへの結合を防ぐことでアポトーシス促進するその結果正常なカスパーゼ活性進行する。Smac/DIABLOのXIAPへの結合カスパーゼ放出には、保存された4ペプチドモチーフが必要である

※この「阻害」の解説は、「XIAP」の解説の一部です。
「阻害」を含む「XIAP」の記事については、「XIAP」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「阻害」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

阻害

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 10:03 UTC 版)

別表記

名詞

そがい

  1. 物事進行邪魔すること。

発音(?)

そ↗がい

動詞

活用

サ行変格活用
阻害-する

「阻害」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



阻害と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「阻害」の関連用語

阻害のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



阻害のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阻害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのカスパーゼ-1 (改訂履歴)、URAT1 (改訂履歴)、カスパーゼ-3 (改訂履歴)、インフラマソーム (改訂履歴)、細胞膜ナノチューブ (改訂履歴)、プロテインジスルフィドイソメラーゼ (改訂履歴)、TOP1 (改訂履歴)、ホスホピルビン酸ヒドラターゼ (改訂履歴)、クエン酸シンターゼ (改訂履歴)、NADPHオキシダーゼ (改訂履歴)、XIAP (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの阻害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS