コードとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 音楽 > > コードの意味・解説 

コード

読み方:code

コードは、英語の「cord」「codeもしくはchord」のカタカナ表記であり、それぞれ主に「紐」「符号」「和音のような意味をもつ語である。

電源延長コード」と「ドレスコード」および「コード進行」の3語に含まれる「コード」は、それぞれ違う原語由来する同音異義語である。

電源延長コード」のように電線配線などの意味用いられることの多い「コード」は、英語の「cord」に基づく語である。cord は「紐」「縄」「綱」状の、太く細くもない糸状物体を指す。ちなみに、英語ではコードより細い糸string(さらに繊細なthread)、コードより太く頑丈な糸はrope呼ばれる

ドレスコード」や「放送コード」などの語における「コード」は、英語の「code」に基づく。code は「規則」「規定」といった意味の語である。「符号という意味もあり、コンピュータプログラミングにおける「コーディング」やデータ圧縮における「エンコード」、あるいは「文字コード」などの語は code である。

音楽理論楽器演奏における「コード」は、英語の「chord」に基づく語である。chord弦楽器の「弦」、および、その楽器から生み出される和音」を指す。なお、不協和音ディスコードdiscord)という。

和音の意味対応する英単語としては、コード(chord)の他にハーモニーharmony)も挙げられる。ただし harmony は「和声」を指すことが多く楽器演奏における和音もっぱら code である。

作曲メロディー旋律と共にコード進行意識する必要がある。コードの組み合わせ運び方はあらかた体系化理論化されているそのようなコード進行に関する理論をコード理論と呼ぶ

コード【chord】

読み方:こーど

和音2」に同じ。

翼弦


コード【code】

読み方:こーど

規定規則。特に、新聞社放送局内部で設けた準拠すべき倫理規定。「プレス—」「放送—」

略号符号電信符号暗号。「—ブック

情報表現するための記号符号体系。特に、コンピューターデータ命令などを符号表現したもの。「漢字のJIS—」


コード【cord】

読み方:こーど

細い銅線を束にし、ゴム・糸ビニールなどで覆って絶縁した電線屋内配線電気器具接続などに用いる。


コード[chord]

和音のこと。2つ以上の音が同時に鳴ればそれは和音である。一般的には三和音トライトーン)、7度加えられ和音7thコード)、長6度の音が加えられた(6thコード)、その他テンション多く含んだコードなどがあげられる

和音(コード) [code]


コード

名前 CodeCordCoadKord

コード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/07 10:05 UTC 版)

コード(chord, code, codo, cord)




「コード」の続きの解説一覧

コード(呪文)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/20 07:03 UTC 版)

ドキュンサーガ」の記事における「コード(呪文)」の解説

新人類呼ばれる子供たちから発見され人類異形共通の能力。コードと呼ばれる文言述べることで体内器官魔力)を活性化させ、一時的に手から炎を出すなどの超能力を得ることができる。新人類や強い異形最初からこの器官活性化しておりコードを唱えることなし発することができる。種類発火発電爆発治癒肉体強化念動噴霧・毒の8種類

※この「コード(呪文)」の解説は、「ドキュンサーガ」の解説の一部です。
「コード(呪文)」を含む「ドキュンサーガ」の記事については、「ドキュンサーガ」の概要を参照ください。


コード(英語版)(cord)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/20 06:13 UTC 版)

イギリス単位」の記事における「コード(英語版)(cord)」の解説

128立方フィート4×4×8フィート

※この「コード(英語版)(cord)」の解説は、「イギリス単位」の解説の一部です。
「コード(英語版)(cord)」を含む「イギリス単位」の記事については、「イギリス単位」の概要を参照ください。


コード(コード層)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 16:13 UTC 版)

衛星測位システム」の記事における「コード(コード層)」の解説

周期的に変調されたコードを受信側航法信号から分別することによって、伝播時間測定が行われる。

※この「コード(コード層)」の解説は、「衛星測位システム」の解説の一部です。
「コード(コード層)」を含む「衛星測位システム」の記事については、「衛星測位システム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コード」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

コード

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 02:27 UTC 版)

名詞1

  1. 弦楽器の弦。
  2. 音楽和音

語源

英語:chord

名詞2

  1. 規則規定
  2. 符号略号
  3. 暗号
  4. 記号数字記号組み合わせることもある。
  5. プログラム表現する文字列

語源

英語:code

関連語

名詞3

  1. 電線

語源

英語:cord

関連語


「コード」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



コードと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「コード」に関係したコラム

  • FXのXAUやXAGとは

    FX(外国為替証拠金取引)のXAUは、金の通貨コードのことです。XAUは、貴金属証拠金取引で用いられているコードです。XAUは、国内外の一部のFX業者で取引が可能です。また、XAGは、銀の通貨コードの...

  • FXのJPYやUSDの意味は

    FX(外国為替証拠金取引)の通貨ペアで使われているJPYやUSDには次のような意味があります。例えばJPYの場合は「JP」が日本の国名コードでISO 3166-1-alpha-2によって定められていま...

  • ETFの銘柄の取引単位は

    ETFの取引単位は銘柄により異なります。ETFの場合、取引単位は10株単位や100株単位であることが多いようです。また、価格が1万円前後の銘柄は1株単位、100円前後の銘柄は1,000株単位が多いよう...

  • 株式のディフェンシブ株の売買のエントリーポイントは

    株式のディフェンシブ株とは、株式相場全体が弱含みで推移している時に値上がりする銘柄、あるいは、大きな値下がりをしない銘柄のことです。ディフェンシブ銘柄ともいいます。ディフェンシブ株には、食品株、薬品株...

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

  • 株式市場の01銘柄とは

    株式市場の01銘柄とは、4桁の証券コードのうち下2桁が01で終わる証券コードの銘柄のことです。01銘柄は、その業種の代表的な銘柄であることが多く、株価の値動きは市場関係者から注目されています。次の表は...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

コードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリコードの記事を利用しております。
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2022 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドキュンサーガ (改訂履歴)、イギリス単位 (改訂履歴)、衛星測位システム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS